波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージⅢ告知。術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

「緩和治療」の第一人者の講演会に出席

2013-07-09 12:20:30 | セミナー・講演・情報
梅雨明けで暑過ぎ、でも昨日はオープンスクールなので学校へ。
こういう日は自転車なしだとキツイです。焼けつくような日差しの中、日傘さしてトボトボ往復しました。
家に帰ったらお楽しみはとりあえずアイスしかないでしょ。

一昨日は、「痛みを取り、寿命をも延ばす、緩和治療」の講演会に行き、とても勉強になったのでご紹介します。
講師は、第一人者である、向山雄人 Dr.(がん研有明病院 緩和治療科部長)です。

まず開口一番、「緩和治療」は、がんの3大治療法の次にくる第4の治療法、つまり「積極的治療」だということ、
そして最近のアメリカでの試験で、抗がん剤治療に緩和治療を加えるグループと加えないグループとの比較で、
緩和治療を加えたグループの方が3ヶ月延命できたという結果がでた、ということ。これは抗がん剤の新薬登場と
同じぐらい画期的な試験結果である、らしい。
そういう意味で、第4の治療法といえる。決して、抗がん剤など治療法がもうなくなった
末期の人が死ぬまでの時間を楽にしてあげるケア、ではない。

・日常に楽しいことがあれば、苦痛の敷居値が上がる。負のスパイラル・・・心に苦痛があれば
 肉体の苦痛も増す。だからいつも楽しい気分でいよう。

・緩和治療の3つの課題について。
 まずは『痛み』
 200年実績のあるモルヒネの効果を信じよう、自然界が人間に与えた恵み、とてもいい薬である。
 先進国だけでなく一部の途上国より未だに使用量の少ない日本は、残酷な国ともいえる。
 痛みは、脳が『痛み』を記憶する前に対処しなければいけない。
 モルヒネは、痛みの他に呼吸困難感にもよく効く。

 痛みの伝わり方と薬のブロックするしくみなどをスライドを使って説明。

・2つ目はがんとうつ

 いろいろ薬の名前を出して説明されていましたが、私ちょっとウトウトしていて(リリカのせいよ!)、
 うまくまとめられません、すいません。

 「リフレックス」という日本では比較的新しい抗鬱剤は、食欲も増進されるので、がん末期にも
 使える、とのこと。


・がん悪液質(病気のために食べられないという原因以上にやせすぎ、筋肉も脂肪も、失われていく状態。)は、
 治療薬がなく、世界で、抗がん剤の開発と同じぐらい、改善方法が課題になっている。
 がん悪液質の症状が出始めると、抗がん剤の副作用が強く出る傾向があるが、それは毒素が肝臓で分解されないため。
「インターロイキン6」という物質が多く出ている状態ほど悪い状態。

 がん悪液質を改善するための課題は、薬物療法、栄養療法、リハビリテーションである。
 がん悪液質の改善は、転移・進行の抑制と心身の辛さ(食べても痩せる、強い倦怠感、食欲不振など)の改善である。
 切り札のひとつはステロイドの使用だが、長くは使えないので、最後の切り札的。


・・・・・・・・・断片的で読んでいてチンプンカンプンではないですか?
だいたい「がん悪液質」て聞いたことはあるけど(初めて聞く人も少なくないですよね)、
どんな状態のことをいうのかわかりやすい説明もなく、「インターロイキン6」がどうのこの
 という話を、詳細な図で説明されて、私はリリカのせいでなく眠くなりそうでした。
医学生じゃないし・・・。し、しかーし、患者相手にここまで掘り下げて説明してくれるなんて、
(聴者が理解しているか否かなんてこの際無視でもいいか。)こんな機会は二度とないと思うので、
食らいついて聞き始めましたよ。

私は、事前に先生の著書
「痛みゼロのがん治療」【文春新書】を読んでいたからまだ理解できた方だと思う。
ちなみに緩和ケアに興味ある方は、是非手に取ってみてください。私は夢中になって読みました。

私の拙い文章力と記憶力で断片的な言葉並べただけですけど、私にはとても勉強になりました。

また向山先生の、「患者さんの辛さををなんとかして取ってあげたい。それがQOL向上だけでなく延命にも寄与し、
もっともっと医療者や国にも認識して欲しい。」という主張がとても伝わってきました。

私も、父が亡くなる直前の緩和ケアに疑問や不満があったので、まずは自分自身が最新の情報と
真実を知らないと始まらない、と強く感じました。


帰りは気分を変えて、地下街のセールへ吸い込まれてしまい、気分が変わり過ぎて浪費しそうに
なりましたが、かろうじて踏みとどまりましたよ。





応援クリックお願いします。励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ




コメント (12)

日曜日の講演会 その2・・・がん哲学外来

2012-10-24 18:10:05 | セミナー・講演・情報
講演会第二部、 順天堂大の樋野先生による「がん細胞に学ぶ ~がん化のメカニズムから がん哲学まで~」。

樋野先生の「がん哲学外来」の本は、昨年図書館で借りて読んでいたので、直接お話が聴ける
ということで楽しみにしていました。

私(アッピア)もそうですが、がんになって、初めて死に直面してあるいは死を意識して、哲学的なこと考えたり
しませんでしたか?

ある新聞記事の書き出しにはこうありました。
「死に直面した病を得て、人はどう生きるべきかを問う、21世紀に必要とされるがん哲学」

樋野先生は、独特の語り口で、時にまじめ顔でジョークを飛ばし、とてもユニークな方でした。
『武士道』で有名な新渡戸稲造などをテーマにシンポジウムを開いたり、全国各地で無料で「メディカルカフェ」
と称して「がん哲学外来」を開いたりしているのです。
そして、がん哲学外来コーディネーター養成講座まで作っています。

配られた資料から、いくつか抜き出してみます。

がん哲学外来の基本姿勢

1. 生活環境や言葉が違っても心が通えば友達であり、心の通じ合う人と出会うことが人間の一番の楽しみである。
2. 学問より実行
3. 何人にも悪意を抱かず、すべての人に慈愛を持って。
  (遠友夜学校 1894年-1944年)

奥ゆかしさは最も無駄のない立ち振舞いである。
  (新渡戸稲造)

「がん哲学外来」とは?

 「人のからだに巣食ったがん細胞に介入しその人の死期を再び未確定の彼方に追いやり死を
  忘却させる方法を成就すること。」
 「人生いばらの道however(にもかかわらず)宴会」
 「人は、最後に『死ぬ』という大切な仕事が残っている」

 以上 資料より

何が言いたいかわからないようななんとなくわかるような・・・・だから『哲学』なのか?
だから「お茶」が飲みたくなるそうです。だから「カフェ」なんだそうです。

印象に残った話(これはわかりやすいよ)を二つほど。

□がん哲学外来に来る人の相談内容

 3分の1の人は、死に対する恐怖や病気の悩みなど。
 残り3分の2が、人間関係の悩み。そのうち一番多い3分の1が、家族が嫌になるということ。

 例えば、

「私はがんで苦しんでいるのに、夫は何でこんなに冷たくて何もしてくれないんだろう。」
「がんだからといってわがまますぎるし、やりたいことをやる、などと言って勝手すぎる。」

がんになった側も、その家族の側も、下手をすれば30分同じ部屋にいたくないほど相手を嫌になる。
そういう相談が多い。

しかし、これは家族ががんになったことが原因というよりは、元々(例えば)夫婦の間に会話がなく、
関係がうまくいってないから、という傾向がある。
がんになると、感受性が高まり、健康な時には気づきにくい嫌な事が目についてしまう。

「患者に寄り添う」というのは、「そばにいる」ということ、「支えなくては」なんて考えなくて
よい。

人は、病気になると、「自分は何のために生きてきたか」という人生の目的を考えるようになる。

 
□がんになる原因

 ・全て遺伝子が原因となってがんを発症する人:全体の5%。
 ・遺伝と環境両方が原因(ミックスの比率は様々):70%。
 ・原因がわからない:20%。

 環境要因の内訳は、1位:たばこ、2位:食習慣。

 ※ストレスががんの原因になった説は、はっきりとはわかっていない。
  免疫力云々と言われているが、それが癌化にどうかかわったかは、わからない。
 
 ※「生きる」ために必要な細胞の受容体や特殊なたんぱく質が、「細胞のがん化」に深く関わっている。
   すなわち、「生きて行く上でがんになることは必然。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、珍しく眠くならずに、1時間食い入るように聴いていました。

「がん」から、いろいろな切り口の話題がひろがるものなんですね。
乳がんの私たちは、ダンナの態度がああだこうだ、と愚痴を言ったり、中には離婚に発展する人もいます。
「がん闘病=献身的な家族の支え」は、ドラマの中だけ、とは言わないまでも多数派では
なかったようです。じゃあ、ウチの場合も仕方ないか、と思うのもなんか納得がいかないけれど。

ダンナにこの話をすると、男と女の「価値観・脳、人との距離感」の違い、に片づけられてしまって、
己をかえりみる態度が見られない・・・。

それから、がんの原因やストレス説の話は、私の中でずーっとモヤモヤしていたので、病理医から
数字で示してもらい、しかもわからない部分はわからない、とハッキリ言ってもらえたので、とてもスッキリ
しました。

いろいろ議論したいテーマなので、もしよろしければご感想なりご意見なりコメントでお寄せ下さるとうれしいです。
よろしくお願いします。




2日がかりで書きました。よろしければ労いのクリックを!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


コメント (15)