波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージⅢ告知。術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

「足が機能停止となり『緊急入院』そして『緊急手術』」~1ヶ月と1週間振りにブログ復活します

2018-04-14 22:09:39 | ごあいさつ
アッピア夫です。

前回の「脊髄腫瘍」発症の記事から、約1ヶ月と1週間振りにブログを復活しました。
実は、ちょうど1週間前の土曜日に退院したのですが、背中の手術跡が痛くてブログが書けず、
やっと今日更新できた次第です。

前回の記事に対して、たくさんの励ましのコメントをいただき、本当に有難うございました。
また、同じ病気で手術を受けられた方や、同じような症状の方のコメントは大変有難かったです。

前回の記事を書いた後は、このブログのタイトル通り正に「波瀾万丈」の1ヶ月となりました。

あの後も、背中から脇腹、肋骨にまたがる胸部全体の痛みは激しさを増すばかりで、
痛みで朝3時~4時頃に目が覚めていたのが、眠っていられる時間がどんどん短くなり、
ついに夜中の1時~1時半位に目が覚めるようになり、睡眠時間は2時間位しか取れないように・・・

目が覚めると相変わらず横になっても座っても激痛が襲ってくるため、
朝の用意をする時間までは立ちっぱなしで痛みが少しでも治まるのを待つことになるのですが、
じっと立っているのも辛く、憑かれたように家中のあらゆるところを片付けながら時間をつぶしました。

更に、仕事では激痛のため座っての仕事が困難となり、研修室にある講師用の少し高いデスクに、
空き箱を組み合わせて急ごしらえの立ちデスクを造り、PC作業は終日そちらでやることに・・・
それでも、人との面談だけは立ってやる訳にもいかず、痛みとの闘いでした。

夜中の1時頃から家で立ちっぱなしの上、会社でも終日ほぼ立ちっぱなしで仕事をするので、
当然のことながら夕方には疲れ果て頭が朦朧として来るのですが、足だけは全く疲れない・・・
つまり、その頃には足は疲れさえ感じない程の麻痺状態となっていました。

足が麻痺状態のためまともに歩くことも困難となり、登山用のストックを杖代わりにして、
ヨロヨロと何とか会社まで辿り着き、仕事が終わればまた家まで何とか辿り着く・・・
そんな状態を1週間ほど続けていました。

4月2日入院、4月4日手術と予定が決まったので、何としてでもそれまで持ちこたえなければ・・・
との思いだけで何とかこなしていたものの、そんなハチャメチャな生活が長く続く訳もなく、
ついに3月20日の夜中に目が覚めると足が機能停止状態に・・・

背中が激痛のため起き上がりたいのに、足が全く動かないため起き上がることも出来ず、
何とかリビングまで足を引きずって這って行き、朦朧とした状態でリビングの床に転がっていました。

その日は幸い息子は学校が休みだったため、明け方に起きて来た息子に
「足が全く動かなくなったため、入院準備を手伝って病院まで連れて行って欲しい」旨を伝える。

息子に簡単な朝食を用意してもらい、動かない足を引きずりながらカバンに入院用品を詰め、
着替えをして会社や病院に連絡を入れ・・・

そうこうしている内に、たまたまその日が2週間に一度のハウスクリーニングの日だったために、
外国人のクリーニングスタッフの方が来訪・・・

日本語が充分ではない上に、こちらの事情も全く判らないクリーニングスタッフの方は、
「後よろしくお願いします。事情があってこれから病院に行きます。」とだけ言われて、
床を這いながらあたふたと出かけて行く親子にさぞビックリしたことでしょうね。

そして、その日はそのまま入院し、その日の夜に緊急手術を受けることになります。

前回、「桜が咲く頃、私はもしかしたら病院のベッドの上にいるかも知れません」と書きましたが、
本当にその通りとなりました。

長く書いていると背中の手術跡が痛んできますので、入院後のことは改めて書きたいと思います。
色々と後遺症があり現在は自宅療養中ですが、まずは無事に退院したことをご報告します。

2018年4月14日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「10万人に1人と言われる『脊髄腫瘍』を発症」~治療に専念のためしばらくお休みします

2018-03-08 22:33:13 | ごあいさつ
アッピア夫です。

「脊髄腫瘍」・・・と言う病気をご存じでしょうか?

名前の通り「脊髄に出来る腫瘍」ですが、10万人に1人の発症率と言われる珍しい病気のようで、
この「病気ブログ」にもカテゴリーが見当たりませんね。

実は、先月に生まれて初めて受けたMRI検査で、「脊髄腫瘍」と診断されました。

昨年10月頃から背中に痛みを感じ「この痛みはなんだろう?」「背筋痛かな?」・・・と思っていたところ、
突然「尿管結石」を発症し、経験したことがないような激痛に襲われ病院に運ばれました。

やっとそれが落ち着いたと思ったら、今度はこの病気が判明・・・

「尿管結石」を機に背中の痛みが強くなり、痛みの範囲は脇腹から胸の肋骨辺りにまで広がり、
この4ヶ月程の間、原因不明のまま泌尿器科~整形外科~内科~整形外科を転々としながら、
CTでも判らず、MRIでやっと原因を突き止めました。

今は、大学病院の整形外科で手術に向けて精密検査中ですが、
「脊髄」は「脊椎」の中を通る神経そのものだけに手術も簡単ではなく、後遺症が残る可能性があります。

スポーツ事故や交通事故の結果、「脊髄損傷」で麻痺症状などが残るのと同じで、
「脊髄」を手術する場合は、その結果としての後遺症はリスクとして受け入れざるを得ません。

ドクターからは相当脅されましたが、リスクも受け入れて手術することを今日即決して来ました。
手術を決めた理由は二つ・・・一つは、広がる痛みが原因で仕事や生活に支障が出ているためです。

もう一つは、神経圧迫の影響が足に来ていて、歩くと少しもつれたりよろけたりします。
階段の上り下りは安全のため必ず手すりをつかみ、小走りさえままなりません。

現在、3種類もの痛み止めの薬を飲んでいますが、完全には痛みを押さえ込むことが出来ず、
朝の3時~4時頃には背中と胸の激痛で目が覚め、立ったまま安静にしている状況・・・

「立ったまま安静」・・・と言うのも変な話ですが、寝ていると背中の激痛に耐えられず、
座っていると胸の激痛に耐えられず、「立っているのがまだまし」・・・なんですね。

目が覚めたらすぐに痛み止めを飲んで1時間程立っていると痛みが和らいできます。
その時には、もうそろそろ朝の用意をしないといけない時間なので、ずっと睡眠不足状態・・・

仕事でデスクワークをしていると、胸の肋骨辺りの痛みがどんどん強くなり、
激痛になったら研修室を1人で歩き回って痛みを緩和してから仕事に戻る状態を続けています。

当然、家にいる時も座ると痛みが激しくなるので、自宅では寝るまで立ちっぱなしです。
そう言う状態でブログを書くのもキツく、集中して書き終わった後は激痛に悲鳴を上げる状態・・・

さすがにこの状態でブログを書くモチベーションを保てず、しばらく治療に専念することにしました。

また、アッピアが他界してもう4年半・・・
いつまでも「アッピアの夫」として書き続ける訳にもいかず、今がそのタイミングかなとも思います。

息子は、私が不在の間は「1人暮らしの練習のつもりでやる」と強気なことを言っていますが、
「手術後のリハビリも含めて1ヶ月程度の入院は覚悟して欲しい」と言われているため、
やはり実家から母親に来てもらおうかと思案中です。

それよりも「何でうちの家庭は病気ばっかりなの?」と言う息子の言葉が刺さります。
アッピアからは「私の苦痛も少しは判った?」と言われているような気がします。

春は、もうそこまで来ていますね。
以前、「桜は寒い冬があってこそ花を咲かせるので、温暖化が進むと咲かなくなる可能性もある」・・・
というようなことを書いた記憶があります。

桜が咲く頃、私はもしかしたら病院のベッドの上にいるかも知れませんが、
今年は厳冬だったこともあり、例年以上に綺麗な花を咲かせることでしょう。

また、今が正にそうですが、春が訪れる前は必ず激しい嵐が吹き荒れた後に、穏やかな春が来るんですよね。
ここで闘っている皆さんにも、それぞれにとっての「穏やかな春」が訪れることを願っています。

以前に休止する時にも書きましたが、最後はアッピアのブログの最期の言葉で閉めたいと思います。

「必ずや復活するつもりです。いっしょにがんばりましょう。」

2018年3月8日

男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

「学年最後のイベント『合唱コン』」~今年は学年準優勝・・・

2018-03-02 23:36:01 | 最近の出来事
☆アッピア夫です。

今週は、毎年恒例の中学最後のイベントである「合唱コンクール」がありました。
息子のクラスは去年は学年優勝でしたが、今年は準優勝・・・

息子のクラスが学年のトップバッターで「今年もなかなかいいな・・・」と聴いていたら、
次のクラスの合唱を聴いた途端に「こっちの方がもっといい」と思いました。

終わってみると、2番目のクラスが学年優勝で、息子のクラスは準優勝・・・

課題曲と自由曲があり、息子のクラスの自由曲は「スキマスイッチ」の「奏(かなで)」・・・
私も好きな曲ですが、最近の合唱曲は本当にJ-POPが多いですね。

自由曲は、生徒が自分達で決めるため、定番曲よりも馴染みのあるポップス曲になるのでしょうね。

ここ10数年は、NHKの「Nコン」中学生の部のテーマ曲を人気アーティストが提供しているため、
「Nコン」のテーマ曲も多く歌われていました。

去年の息子のクラスも、「Nコン」のテーマ曲であったflumpoolの「証(あかし)」・・・
今年の学年優勝曲は、初代ポップス版「Nコン」テーマ曲でもある森山直太朗の「虹」・・・

セカオワの「プレゼント」
アンジェラ・アキの「手紙~拝啓、十五の君へ」
いきものがかりの「YELL」

・・・などなど、私も「Nコン」テーマ曲で好きな曲が沢山あります。

私の学生時代は、合唱で歌った曲で覚えている曲は1曲もない程、馴染みのない曲ばかりでした。
最近は合唱曲もポップス化して本当に馴染みやすくなりました。

この10年位、「Nコン」中学生の部優勝校とテーマ曲を提供したアーティストの共演を
毎年必ず観ているのですが、自然と涙が出て来ます。

多感で悩み多き中学生が様々な想いを抱えながら真っ直ぐに歌う姿や、
自らも通ってきた複雑な時期に思いを馳せて曲を創ったアーティストが今の中学生に贈るメッセージ
そして大人と子供が音楽を通して時代を超えて想いを共有する・・・

多分、そう言ったことに感動するんでしょうね・・・つくづく「音楽っていいな」と思える瞬間です。

今回のコンクールで、学年最後のクラスが歌った自由曲が「WINDING ROAD」・・・
絢香とコブクロが共同制作して歌った曲で、私も大好きな1曲です。

ジャズテイストの曲なので、相当ハードルが高かったと思いますが、
ノリノリの楽しい雰囲気で最後を締めくくってくれました。

合唱曲としては難しいこの曲に挑戦したその意気込みと、
お陰で楽しい気分で会場を後にすることが出来たことに拍手・・・

「やっぱり音楽っていいな」

2018年3月2日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「最後に『カーリング』の面白さにハマる」~平昌オリンピックの終盤に

2018-02-25 01:31:31 | 最近ハマっていること
☆アッピア夫です。

連日楽しんで来た「平昌オリンピック」も、ついに後1日を残すのみとなりました。

今日は、「高木菜那」がスケート新種目「女子マススタート」の初代女王となり、
「カーリング女子日本チーム」が史上初のメダル獲得と、歴史的な1日となりました。

これで日本は、4個の金メダルを含む過去最高の13個のメダルを獲得・・・
オリンピックは何だかんだ言っても、やっぱりメダルを獲ることで盛り上がるんですよね。

昨日と今日は二日に亘って、「カーリング女子」の試合に釘付けとなりました。
昨日も今日も目が離せない接戦の試合展開で、いずれも2時間半もかかる試合でしたが、
全く飽きることなく試合に入り込んで楽しみました。

カーリングの試合をこんなにじっくり観たのは初めてでしたが、
今回初めて試合中のメンバー間の会話を聞くことができ、ルールや展開が分かりやすかった上に、
選手を身近に感じ、一緒に闘っている気分にさせてくれました。

北海道なまりの軽妙なやり取りや「おやつタイム」にも癒やされましたね。
会話で良く出てくる北海道なまりの「そだねー」が流行語になりそうです。
既に日本女子のカーリングチームは「そだねージャパン」とも言われ始めています。

また、試合直後の泣き笑いのインタビューにも表れている、4人の屈託のない明るい人柄・・・
チームの雰囲気の良さが団結力を強くしているように思います。

今回は、夜にじっくりと競技を観ることができ、これまであまり馴染みのない種目も沢山楽しめました。
今回色々な競技を観ていて、特に印象に残ったのがチーム種目・・・

女子が見事金メダルを獲得したスピードスケートの「パシュート」
同じく今日女子が銅メダル獲得の「カーリング」
これも女子チームのみ出場の「アイスホッケー」

「パシュート」のことを詳しく知ったのも今回が初めてですが、これもまた奥の深い面白い種目ですね。
金メダルに輝いた日本チームのチーム力がいかに優れていたのかを思い知ることが出来ました。

一発勝負で決まる個人種目は、それはそれで面白いのですが、トーナメント形式のチーム種目には、
個人力以外にチーム力や他チームとの駆け引きなど別の要素も加わるので、面白さが倍増します。

そうした中で、今回個人種目で強く印象に残ったのが、チェコの「エステル・レデツカ」選手・・・
彼女は、スキーがメインですが、スノーボードとの二刀流で両方にエントリーし、
何と「スキー女子スーパー大回転」と「スノーボード女子パラレル大回転」の両方で
金メダルを獲りました。

「スノーボード女子パラレル大回転」では、有力候補でもなかったため本人も全くの想定外で、
化粧もせずに出場したために、ゴーグルを外せずに勝利者インタビューを受けることになりました。

それ位、全く違う種目の両方で金メダルを獲ると言うのは考えられないことで、
コーチを含め周囲からも一本に絞るよう散々言われ続けながらも、
自分の意欲を押し通してしっかりと結果を残したことに、強烈な尊敬の念を持ちました。

明日はついに閉会式ですが、この盛り上がった後の喪失感は
「春の訪れ」で埋めるしかなさそうです。

2018年2月24日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「強い選手に備わる『平常心』と『逆境力』」~平昌オリンピックで思うこと

2018-02-16 23:53:20 | 最近考えること
☆アッピア夫です。

今週は、北陸地方、中国地方、九州北部で「春一番」が発表され、
福岡では梅の花も咲き始めました。

寒さが厳しく、長く感じられた冬もそろそろ終わりが近づいているようですが、
寒波と強風で体感気温が氷点下20℃以下とも言われる「平昌オリンピック」も中盤となり、
日本選手の活躍とお待ちかねの羽生君の登場で、随分盛り上がって来ましたね。

連日の競技を楽しみながら感じるのは、強い選手に共通している「平常心」と「逆境力」・・・

開幕後すぐに行われた「ジャンプ男子ノーマルヒル」決勝・・・

強風が吹き荒れる中で何度も何度も中断され、2時間の予定が3時間にもなりました。
跳ぶ直前の選手が、中断の間に毛布を掛けられ、スタッフに身体をさすられながら
ずっと待ち続けるのを見て、「本当にこのまま競技を続けるの?」と疑問も感じながら観ていました。

その中で7位入賞と日本人の中で一番の好成績を出したのが、
最も注目されていた「小林潤志郎」ではなく、その弟でオリンピック初出場の「小林陵有」

飄々とした雰囲気で、初オリンピックながら「全く緊張しなかった」とのコメント・・・
プレッシャーを感じないこの「平常心」が、こう言う悪い条件の競技の中で力を発揮するんでしょうね。

「スピードスケート女子1500m」で銀メダル、「1000m」で銅メダルの「高木美帆」
前回のソチオリンピックは落選で出場出来ないと言う挫折を経ての今回のオリンピック・・・
彼女も飄々としたマイペースな性格ですが、落選という挫折を経験して強くなりましたね。

同じく「1000m」で銀メダルの「小平奈緒」
彼女も割と淡々とした性格ですが、これまでのオリンピックでは期待通りの成績を残せず、
単身でスケートの本場のオランダに飛び込んでから、強い精神力を身につけました。

「スノーボード男子ハーフパイプ」で銀メダルの「平野歩夢」
彼も独特の淡々とした性格ですが、人一倍の努力家で大怪我の後の恐怖心を克服してのこの結果・・・

そして、同競技で平野を破った長年のスーパースター「ショーン・ホワイト」
彼も同じく大怪我を克服してのこの結果・・・

そして明日は、開幕直前に怪我をして懸命にリハビリに取り組んで来た「羽生結弦」の
今大会日本人初の金メダルとなるのでしょうか・・・?

彼もソチで金メダルの後、幾度の怪我や体調不良に見舞われましたが、
元々の強い精神力に、さらに逆境力も備わり、より強くなって戻って来たようですね。

私は、冬のオリンピックの時期になると、いつも「トリノオリンピック」で金メダルを獲った
「荒川静香」のエピソードを思い出します。

競技が始まる前の平常心の彼女の様子を見ていたある国の審判員が呟いたひとこと・・・
「金メダルは静香だな・・・」

2018年2月16日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加