波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージⅢ告知。術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

石垣旅行が・・・まさかのキャンセル

2011-04-29 23:31:19 | 石垣・離島旅行
明日からいよいよ石垣島、というところだったのですが、実は・・・
全キャンセル と相成りました。

今朝までは、行く気満々で、さあ荷造りラストスパート、と張り切っていたんです。
体調はまあボチボチといったところで、心身の不安定さはまだ多少あるものの、
看護師助さんに電話して不安を解消しつつ、今日を迎えた、ハズだった。
もちろん子供も「早く行きたいなあ、待ちきれないなあ。」とそれは楽しみにしていた。

問題なのは、天気!だったのだ。昨日から石垣方面の週間天気予報が不穏な動きを見せて
いたのだが、今朝になって、出発日の明日と明後日がしっかり雨に変わっていた。
その後も曇りと雨マークが続く。なにー?
あわてて、気象庁とウェザーニュースの両方を見る。ウェザーニュースの方は微妙に降水確率が低く、
5/2の天気(この日は西表島に行く予定)が晴れマークが出ている。
気象庁は雨なのに。うーんどちらを信じて良いのか。ただ、沖縄はこの時期
梅雨のはしりで雨がちなことも多いらしい。でも行けば意外と薄日が差していたとか、
6日もあるしなんとかなるだろう、と気を取り直して準備していたら・・・。

ダンナが
「マジで考えた方がいいかも。せっかく高いお金払って天気悪かったらつまらないし、
行く意味ないかも。海と島行くのに雨じゃ全然ダメじゃない?最初の2日間が雨とわかって
いるんだから、これはキャンセルもアリだと思うよ。」

「えーっ、また?そういうこと言うの?ここにきてキャンセル?ちょっと待ってよ、確かに
曇り空で気温も低くければ、せっかくの海がかなーりイマイチになるけどさあ。でもでも
気持ちの整理つかないよ。ここまでこの日に合わせて準備してきたし、体調も何とかなりそうだし、
石垣旅行以降の人生考えてないもん。えーっ!どうしよう。」

息子「えー、行けないの?絶対行きたい、楽しみにしてたもん、やだー。」と泣き出す始末。

重苦しい空気が・・・。

正直私は悩んでいる。確かに青い空が一度も拝めず帰ってくるようなことはイヤだ。
天気悪いと帰って向こうでストレスが溜まりそう。でもでも・・・。

ダンナが「行けばなんとかなるかも。せっかくの機会だから思い切って行こうぜ!」
のノリで背中押してくれれば、私も「そうだよねー」てことで明日出発となっただろう。
でも家族で思いが一致してなければ、旅行はうまくいかないよ。

今回はダメだな。ANAに電話して、「家族が体調崩した」とキャンセルの旨伝えた。
割引チケットだから本来なら診断書がなければ高い手数料取られるところだが、
今回は震災前に予約した人は手数料なしでキャンセル・変更ができるとのこと。

続いてホテル、レンタカー、カヌーとシュノーケルツアーをキャンセル。
ホテルは、前日にもかかわらず、ネットで一日分の宿泊料の20%の7000円弱のキャンセル料で済んだ。
申し訳ないくらいだ。全部のキャンセルが済んだところで、自分も力尽きてヘナヘナ状態。
どう気持ちを立て直していいかわからない。自分的になんか納得できていない。

子供も珍しくだいぶ泣いていたが、もう切り替えできたようで、今はケロっとしている。
当のダンナは、「よし、石垣ダメならGWの後半はキャンプに行こう。石垣は来年また計画立てよう」
とか言ってる。誰が計画立てるんだよ!来年私は死んではいないと思うけど、
元気かどうかわからないし、今回ラストチャンスだと思って準備してたし、
また一から予約取ったりするエネルギーはないな。

と言いつついつまでも凹んでいても前に進めないので、明日は天気良いし、とりあえず
少し遠出して花のきれいなフラワーパークに行くことにします。
「石垣は今頃雨だよね、ここは天気で気持ちいいねえ。」とか負け惜しみ(?)つぶやき
ますわ。

あーあ、やっぱ残念だなあ、カヌーやりたかったなあ、お魚さん見たかったなあ、
きれいなビーチでのんびりしたかったなあ、でも雨ならどれも楽しめないよなあ、
あーあ、これでよかったのかなあ、往生際の悪いワタシ・・・。




1日1回、クリックお願いします。励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


コメント (8)