波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージⅢ告知。術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

「小学校卒業とともに訪れたつかのまの自由」~少しだけ解放感

2016-03-25 23:35:44 | アッピア亡き後の日常
☆アッピア夫です。小学校生活を終えた息子は、まるで檻を抜け出た動物のようにやりたい放題、行きたいところに行き放題の毎日です。今は自由の身ながら中学生になると、今度は部活や中間試験、期末試験の洗礼を受けることになるので、「今は好きなだけ自由にしていいよ」・・・と言いつつ、「自分も・・・」と言うのが本心です。

毎日のように友達と公園で待ち合わせ、フードコートでお昼を食べ、週に1度のペースでディズニーランや遊園地に遊びに行き・・・これだけ自由に遊びまわっているのを気持ち良く見ていられるのは、自分も解放感を味わっているから・・・でしょうね。

昨日は、仕事から帰って来ると、マンションの入り口で自転車に乗った息子と友達が楽しそうに会話・・・それを見て「やっぱりこれが小学生だよ!」と心の中で呟いていました。私よりも毎日遅く帰ってくる息子の第一声は、「ああ今日も楽しかった」・・・羨ましい位自由を満喫しています。

中学受験を決めたのは、アッピアも含めて3人の合意ですが、元はと言えば、息子が4年生の時に塾に行き始めた友達を見て「自分も行かせてほしい」と言い出したのがきっかけでした。

☆「塾に行くのは中学受験のためなんだよ。」
★「分かってる。俺、受験したい。」(絶対に分かってないね・・・)
☆「私立ってすごくお金がかかるんだよ。」
★「俺、弁護士になりたいから私立でいっぱい勉強する。」(因みに、当時は「弁護士」になりたいと言っていた息子の将来の夢は、「文房具デザイナー」に変わりました)

そういうやり取りがあった後に、「本気でちゃんと勉強するつもりがあるなら塾に行かせてあげる。但し塾もお金がかかるから、4年生で気持ちが変わらなかったら5年生からだったらいいよ」・・・と言うことで本人も納得。

その直後からアッピアは最期の入退院を繰り返すことになり、受験の話はどこかに・・・そして、入塾に向けて4年生の12月に塾の体験を申し込んでいたアッピアはそのひと月前に他界。私は体験の申し込みすら知らず、体験前に塾からの郵便物が届いて初めてそれを知ることに・・・

こうしてアッピアの他界後、まだ気持ちの整理もつかない中で始まった受験生活。私は仕事、家事、学校、塾、ボーイスカウトの5つのことをこなさなければならない日々に突入。それから2年経ち、やっと得られた束の間の自由・・・

・・・と言っている内に、中学入学後は毎日のお弁当づくりが始まります。入学のための準備もやらなければなりません。でも今のこの少しの解放感だけはしっかり味わっておきたいです。

2016年3月25日 アッピア夫


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ブログ復活、そして小学校卒業」~アッピアへの報告を兼ねて

2016-03-18 23:38:29 | ごあいさつ
☆アッピア夫です。随分ご無沙汰をしてしまいました。今日、息子が無事に小学校卒業を迎えましたので、アッピアへの報告も兼ねて約1年振りに更新しました。

アッピアが旅立ってちょうど2年4カ月となる今日この日に、息子が小学校を卒業しました。今は、ほぼ放心状態でこのブログを書いています。卒業式って何でこんなに切なくて、感動的で、感傷的になるのでしょうか。

今日は、自分の息子だけでなく169名の卒業生全員が愛おしく、卒業証書授与では一人も逃さずじっと見つめていました。息子の学校では、6年生の夏休みに「サマースクール」という校舎に泊まって二日に亘り色々なことを楽しむ大きなイベントがあるのですが、その実行委員を務めたことで6年生全員と関わるようになったこと、またアッピアがいない分学校の様々な行事に関わることで、多くの保護者、先生、PTA役員とも親しくなり、学校そのものに愛着を感じていたことから、親子で一緒に卒業するような気持ちで式を迎えました。

式の間、ずっとあふれる涙をこらえながら、「人間だからこうやって感動できるんだよな」「感動って人間の特権だよな」と当たり前のことを考えていました。

また、小学校の卒業式というものを久し振りに経験して、まず服装の変化に驚きました。女子のほとんどが羽織袴。話には聞いていたもののここまでとは・・・多分9割位の女子が羽織袴でしょうか。10年前は数人しかいなかったようなので、この10年くらいの間にどんどん増殖したようです。男子は、スーツかブレザーが圧倒的ですが、中には羽織袴も3~4人いましたので、次の10年後には男子も羽織袴が主流になっているかも知れませんね。

面白かったのは、余興で手品でもやるのかと思うような派手派手のブレザー君や、坊主頭に派手な羽織で、どう見ても「お坊さん?」という子。女子は色とりどりの羽織袴で華やかですが、男子は黒っぽいスーツが多く華やかさに欠ける分、個性的な服装はそれはそれで楽しめました。

「ここにアッピアもいたらなあ」とも思いましたが、多分どこかで見ていたことでしょう。息子は、無事に受験を突破し来月から第一志望であった中高一貫校に入学します。受験生としての1年間は自由が利かずそれなりに大変でしたが、初の中学受験で経験したこと、感じたことは多く、また別の機会に書こうと思います。

また、これから新年度を迎え仕事が忙しくなるのですが、無理のない程度に書いて行こうと思っています。私も息子もこの春は受験から解放されて目いっぱい楽しみたいと思います。もうすぐ桜も咲きますね。一緒に春を楽しんで行きましょう。

2016年3月18日 アッピア夫

男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加