川端裕人のブログ

旧・リヴァイアさん日々のわざ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

降矢三兄弟に思いを残してくださっているみなさん、彼らは今もここにいます。

2018-02-24 18:46:08 | 日記

もともと、「太陽ときみの声」は「銀河のワールドカップ」と同じ世界で繰り広げられるブラインドサッカー小説です。

去年、書籍になった「太陽ときみの声」の続編として、「続・太陽ときみの声──明日のもっと未来(さき)へ」を今、朝日中高生新聞にて連載中なんですが、そこにとうとう、降矢虎太くんが登場しました。

これまでも、栗林陽平くんをはじめ「銀河のワールドカップ」と地続きであることを示唆する登場人物やエピソードはあったわけですが、虎太がこんなルックスで登場して、とうとう「銀河へキックオフ!!」ともつながったかんじがありありとします。

原作とアニメは、微妙に違うところありますが、そういうのを全部無視して、おんなじワールドだと思ってください、みたいな。

ぼくもこのイラストをみてちょっと胸アツなう、です。

年内にこの部分も含めて本になります。

去年出た「太陽ときみの声」に「続」が加わります。そして、これにて、ブラインドサッカーのお話は一応のおしまいです。

降矢三兄弟に思いを残してくださっているみなさん。彼らは今もここにいます。プー横丁のプーさんみたいに、そこにいます。

時々、思い出してみてくださいね!

コメント (1)