小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クリムト

2007-05-10 | カ行の映画
Klimt(2006/オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス )
【DVD】

監督 :ラウル・ルイス
出演:ジョン・マルコヴィッチ/ヴェロニカ・フェレ/サフロン・バロウズ/スティーヴン・ディレイン/ニコライ・キンスキー/サンドラ・チェッカレッリ

オーストリアの天才画家クリムトのお話で、興味津々で観ました!

20世紀初頭のウィーン。
画家グスタフ・クリムト(ジョン・マルコヴィッチ)は、病院で寝たきりだった。
見舞うのはエゴン・シーレただ一人。
クリムトは朦朧とする意識の中、世紀末の自分の姿がよみがえってくるのだ・・・


クリムトの絵というと「接吻」が有名ですよね。
知らなくてもどこかで見てるはず。

彼の肩書きは“モダン装飾家”と呼ばれていたんですねえ。
「モデルに触れないと描けない画家」のクリムト。
なのでウィーンには彼の子供がいっぱいいるのです。苦笑
クリムトの描く女性の裸体絵はエロスがにおい、ウィーンではスキャンダルになる。


だが時代の先端をいくパリでは絶賛される。
万博の会場で美しい女性レアと出会い、心を奪われる。
触れなくても描ける唯一の女性レア。
恋人に嫉妬されながらも、クリムトの求める女性はレアだけなんだね。

ウィーンでは、大臣からの助成金を打ち切られる。
ここから現実と妄想が入り交じって、観てる方も???
一人二役状態のクリムト。汗
現実を受け入れたくないクリムトだったのでは・・
精神がおかしくなってることはわかっているのに、運命の女性レアをさがすのです。

女性を愛し、美を愛したクリムト。

う~ん、画家の理想と苦悩の描き方が空回りで、理解できず・・・
意味なく複雑にしているようで退屈な作品でした^^;
画家エゴン・シーレがキモかった。。


オープニングは期待できたのですが、芸術映画としてはもったいない。
それでも女性たちのファッション(特に帽子がユニーク)、ウィーンのサロン、部屋の装飾などの映像は見どころあり。美術はいいです。
カメラがくるくるする場面は見難い。
「R15」なので、おこちゃまは観られません。

★★☆(5段階☆は0.5)

「クリムト」公式サイト

ブログ王ランキング


Comments (14)   Trackbacks (7)   この記事についてブログを書く
« 麦の穂をゆらす風 | TOP | スモーキン・エース/暗殺者... »
最近の画像もっと見る

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
とりあえず… (ちゃぴちゃぴ)
2007-05-11 01:28:02
これね、借りたんですよ。
J.マルコビッチだし!
興味がわいてきてね。

でも、借りたものの、気分がのらなくて
HDDにとりあえずいます。
どっかの感想で、「退屈」っていうのを読んでしまったせいもあるかも(汗)

やっぱし、退屈だったのね…(~ ~;)ウーン
>とりあえず…? (アイマック)
2007-05-11 12:40:16
ちゃぴちゃぴさん、こんにちは!
興味がわく映画ですよね。
しかしながら、途中でやめようかと思ってしまった・・・
ウィーンの雰囲気は悪くないですが、オールヌードで無修正(モデルたち)以上に、へんてこりんな意味不明なシーンが多くてね(苦笑。。)
劇場公開されたというのが、逆に驚きましたよ(_ _;)
くりむと (シャーロット)
2007-05-11 23:43:25
こんばんは。
きちんとレビューを書いていらっしゃるから、すばらしいです。いえ、私は記事にさえなかなかできなかったですし。実はいつもならこういう作品はとってもいい!って言ってるに違いないのですよ。笑
しかしですね、告白すると瞼がずっと閉じたままでしたので、あまり印象がないんです(殴)
もう一回見に行く勇気もなくて。DVDが出たならちょっと見る気になってますー。。。

眠かった (ひらりん)
2007-05-11 23:47:16
この作品・・・
去年見た中で3本の指に入る、睡魔との闘い映画でした。
芸術家もの映画は見るの好きなのに・・・
芸術には縁のないひらりん・・・
天才とは紙一重なので、難しい・・ってことですかね。
Unknown (アニー)
2007-05-12 22:49:36
これ、エロテックか芸術か?の絵描きさんの物語ですね~。そうですかぁ~気合いが空回りですね!
違うって(汗)

でも、オコチャマは禁止と言う事は、描写は赤裸々ですかね
>くりむと (アイマック)
2007-05-12 23:28:12
シャーロットさん、こんばんは!

いやいや、私も大したこと書いてないです。。汗
絵画はすきなので、画家にも興味があって
この映画は真剣に観たんですけど・・・
途中から???????
自分でもよく寝なかったなあと思いますよ^^ゞ

何が言いたいのかイライラを越えて、最後はやっと終わった・・という気分でした。
やれやれです。

>眠かった (アイマック)
2007-05-12 23:32:33
ひらりんさん、こんばんは!
ご訪問ありがとうございます!

睡魔との闘い、わかりますよー^^ゞ
芸術家ものは、興味をそそられるはずなのに、これは・・

ここまで難解だと、退屈極まりない作品になってしまいますね。
映像はよかったので、もったいないです。
アニーさん、こんばんは! (アイマック)
2007-05-12 23:37:51
>そうですかぁ~気合いが空回りですね!

空回りもいいとこで、理解不能でしたよ。
R15は絵のモデルの方々はヌードですからね。
それよりもよくわかんないシーンが多くて、困りました・・
苦痛の1時間半だったな。
全部観るのは、忍耐が必要かも^^;
Unknown (hiro)
2007-05-12 23:41:44
アイマックさん こんばんは~!
R-15だと僕は,観れませんね(笑)
かなり辛口レビューかつ低評価!
睡魔が襲ってきそうですね~
これは,スルーで良さそうですね!
hiroさん、こんばんは! (アイマック)
2007-05-13 00:08:11
>R-15だと僕は,観れませんね(笑)

あはは、まあモデルのヌードは美しい芸術の範囲内ですが、
ほかのシーンで頭かかえるシーンがあるのです・・・汗
これは凡人には理解できない範囲だな。
恐いもの見たさで、鑑賞もいいかも^^

post a comment

Recent Entries | カ行の映画

Similar Entries

7 Trackbacks

★「クリムト」 (ひらりん的映画ブログ)
今週は、あまり見たい映画が無かったので、期待薄の作品を・・・。 でも、珍しく早起きしちゃったので、2本見ることに。 その1本目。
映画『クリムト』を観て (KINTYRE’SDIARY)
原題:Klimt(オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス)公式HP上映時間:97分鑑賞日:11月4日 ル・シネマ(渋谷)監督・脚本:ラウル・ルイス出演:ジョン・マルコヴィッチ(クリムト)、ヴェロニカ・フェレ(ミディ)、サフラン・バーローズ(レア・デ・カストロ....
クリムト (八ちゃんの日常空間)
画家という人物を描いているので、一般人のサクセスストーリーを描くのとは違って、どうしてもアーティスティックな内面を映像化することになる。だから興味深いのと同時に映画そのものも独創的になりやすく、難しくしてしまう。 芸術家特有の官能世界に絞った方が面白い...
クリムト (ネタバレ映画館)
眠気を感じたらリレミトを唱えて会場を脱出すればいい・・・
クリムト (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
美神“ミューズ”を描きつづけた画家、グスタフ・クリムト。「エロス」と「タナトス」をテーマに描く究極の愛。1918年、第一次世界大戦のさなかに、病院で死を迎えようとしている男がいた。彼の名はクリムト。ウィーンを代表する天才画家だ。見舞いに来た弟子エゴン・...
「クリムト」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
クリムト デラックス版ジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 1900年、パリ万博に出品されたクリムト(ジョン・マルコヴィッチ)のスキャンダラスな絵画は 保守的なウィーンでの酷評をよそに賞賛をもって迎えられる。その会場で美しい女性レアを 目にし...
『クリムト』 (Sweet* Days**)
クリムト デラックス版(2007/04/25)ジョン・マルコヴィッチ、ヴェロニカ・フェレ 他商品詳細を見る 監督:ラウル・ルイス CAST:ジョン・マルコヴィッチ 他 STORY:191...