I Love Nature

自然の中で見つけたステキなモノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

させぼ時旅黒島ツアーその1(長崎県佐世保市)

2011年12月18日 | 旅のお話

11月27日(日)、生粋のさせぼっ子chieちゃんと佐世保観光コンベンション協会主催のさせぼ時旅というツアーの一つである黒島ツアーに参加してきました~ 9:30に佐世保市相浦港に集合し、ターミナルでガイドさんから説明を受け、10:00初のフェリーに乗っていざ黒島へ出発

黒島までは約50分の船旅です。直行だともっと早いのかも知れませんが、途中高島に寄るのでそのくらいかかってしまうようです。

黒島は面積5.3平方km、周囲約12.5kmの小さな島。人口は500名ほどで、なんとその8割がカトリック信者なのだそうです。今回のツアーは島を歩きながら神社仏閣や教会などを巡り、島豆腐作りを経験するというステキなプランさてさて、どんな旅になるのでしょうか?

期待に胸を躍らせながら黒島港へ到着~ フェリー黒島は車も6台くらい入る立派な船で、なかなか快適な船旅でした~

黒島港ターミナルは本当に小さなターミナル。途中公共のトイレがないので、ここでトイレタイムを済ませていよいよ黒島を歩きます

港のすぐ近くにあるのは黒島神社。まずは神社の手前にある広場にて、ヨガのインストラクターでもあるガイドさんのご指導のもと、みんなで輪になって準備体操。

体操が終わると、さっそく長い石段を上って本殿へ。上は70代くらいの方までいらっしゃったので、最初から息切れ状態の人も

本殿の傍らには大きな岩戸といくつもの祠がありました。辺り一帯の社叢は黒島では唯一の自然林となっていて、縄文の森の面影を残しているのだとか。スダジイをはじめ、タブノキヤブニッケイモチノキハマビワヤブツバキサンゴジュタイミンタチバナなどが自生しており、南方系のモクタチバナに関しては国内自生の北限と言われているそうです。

 

お次は島に唯一のお寺である曹洞宗興善寺へ。隠れキリシタンの島として知られている黒島ですが、この興善寺がある部落の人たちはほとんどが仏教徒なのだとか。仏教徒は隠れる必要がなかったので、港の側に家が密集していたのだそうです。

 

お寺の目の前にバナナの木を発見しっかり実もなっていましたよ~さらにお寺の奥には、幹が縦半分に割れて中身がむき出しになり、途中からぐにゃりと曲がりながらもしっかりと根を下ろしている一本の木を発見特にガイドさんの説明はありませんでしたが、その生命力に一人感心しきりのkero-keroなのでした。しかしなぜこのような姿になってしまったのでしょうね?

興善寺から望む二つの小さな島。左が伊島で右が幸ノ小島です。江戸時代の黒島は平戸藩に属する西氏の所領で、当時は藩の牧場が置かれていたそうですが、18世紀に牧場が廃止された後、跡地開拓のために人々が移住してきたとのこと。この二つの島は古くから黒島の属島とされ、伊島では牛の放牧が、幸ノ小島では海藻の採取が行われていたのだそうです。

島を歩いていると、ガードレールの向こうに朽ちた果てた民家の姿が…。人口の減少によってこのように使われなくなった家屋が廃屋となってしまっているのです。なんとも寂しい光景です。

その一方で真っ赤なクコの実が生き生きと育っていました。朽ちた民家とこの真っ赤なクコの実が、私の目にはとても対照的に映りました。

島で出会うのは笑顔のステキなお年寄り達。デートはトラクターで

次に立ち寄ったのは長崎鼻の断崖絶壁が見える場所。海に突き出た断崖って『長崎鼻』って呼ばれることが多いですよね。福江島にも宇久島にも長崎鼻と呼ばれる場所があったような…

さらに道を歩いていると、懐かしい光景を発見これはかんころといってサツマイモの皮を剥いて薄く切り、大きな釜で湯がいて干したもの。福江島に住んでいた頃、肌寒い時期になると冷たい風が吹き付ける海辺でよくこの光景を目にしたものです。この辺りにも同じような食文化が根付いているのですね。

こちらは黒島の民家。屋根の上にブロックが並べてあるのが特徴的です。海風に瓦が飛ばされないようにするための対策でしょうか。ガイドさんのお話によると、この石垣は住民の方の手作りなんですって。写真では見えづらいかもしれませんが、なんとも立派な石垣です

前方に黒島天主堂が見えてきました~何年も前からその存在を聞いていて、ずっと訪れてみたかった黒島天主堂。次回は遠目にもひと際存在感を放っているその美しい教会に足を踏み入れます

その2へ続く

コメント

大興善寺(佐賀県基山町)

2011年12月12日 | 旅のお話

佐賀県厳木町にある環境芸術の森を訪れた後は、途中高速道路を使って佐賀県基山町にある大興善寺へと向かいました。紅葉スポットのはしごでーす

大興善寺の山門を潜ると、橙色に染まったモミジの木が私達を出迎えてくれました~これはまたきれいだなぁ

太陽の光をたっぷりと浴びて、キラキラと輝くモミジの葉っぱたち。枝から落ちてしまう前に最も美しい姿へと変貌を遂げます。

紅葉で有名なこの大興善寺はつつじ寺とも言われ、5月には辺り一帯がツツジの花でいっぱいになるそうです。この日はお天気も良くて紅葉狩りに訪れたたくさんの人で賑わっていました。

拝観料500円を払うと、奥の方へと続く森林公園に入ることができます。こちらは園の入り口にある階段の上からの景色。とってもステキでしょう?この公園内には5万本以上のツツジと5百本以上のモミジの他、杉や檜などたくさんの樹木があり、展望所も数カ所設けられていて、その広さはなんと7万5千平方メートル。大正時代以来この場所で園づくりが続けられ、現在に至っているのだそうです。

ちょっとしたお茶屋さんもありました。紅葉を眺めながらお抹茶をいただくのも粋ですよね

 

小さな滝を発見日本庭園独特の繊細さがあちらこちらに見受けられます。夜は期間限定のライトアップも行われていて、遊歩道の脇にはそのための灯籠がいくつも並んでいました。

 

さらに上の方へ上がっていくと花見堂があり、こちらからも山の斜面に広がる見事な紅葉の景色を一望する事ができます。ツツジの季節になると、今とはまったく異なる景色が広がっているのでしょうね

 

さらに遊歩道を上っていくと、石の上に生えている立派なコバンモチの木を発見この木には『石の上にも百年の木』という名前が付けられていました。困難な状況にも挫けること無く、そこにしっかりと根をおろし、天に向かってまっすぐに生き続けるコバンモチの木。私もこのコバンモチのような人になりたいな。

 

この日は夕方までに帰らなければいけなかったので、ライトアップを見ることはできませんでしたが、これらの竹燈籠に灯がともる様子を想像するだけでうっとりしてしまいますその様子はコチラ

茅葺き屋根がノスタルジックな雰囲気をよりいっそう醸し出してくれる大興善寺。こちらの紅葉は本当に見事です今年はもう紅葉の季節を過ぎてしまいましたが、みなさんもぜひ一度訪れてみてくださいね

紅葉見物を終えた後は、出店で焼きたての柏餅に舌鼓。あったかくて美味しかったぁ

駐車場の前にはぽん菓子屋さんが露店を出していました。このおじさまたち、白米・玄米・あられ・黒豆などいろんなものをぽん菓子マシーンでぽん菓子にしてしまいます「ほらっ、食べていかんねー!」と気さく声をかけてくださるので、お言葉に甘えてたくさん試食させていただきました

なかなか目の前でぽん菓子マシーンを見ることがないので、このマシーンに興味津々の私。「ポンッ!ってなる瞬間を撮らせてもらえませんか」とお願いすると、「よかよー。今からいちにのさんでやるけん撮らんね」と快く了承してくれた気前のいいおじさん、…いや、お兄さん(笑)。首から下げていた青い笛を手にとり、「ピピーーーッ!!」と勢い良く鳴らしたかと思うと、「いち、にの、さんっ!!」

実際には「ポンッ」なんて可愛らしい音ではなく、バンッという大きな爆発音と同時に真っ白い煙が上がり、ぽん菓子の完成~お兄さんのお陰で決定的瞬間をカメラに収めることができました

最後に奥にあるお鍋で煮詰めたお砂糖を絡めれば、美味しいぽん菓子の出来上がり~

ポリバケツいっぱいに入ったぽん菓子を持ってきて、「食べんね食べんね~」と言いながらたっぷりと私達の手に乗せてくださるので、お腹いっぱい食べさせていただいちゃいましたもちろんお土産にも一袋購入させていただきましたよ~。すごく気前が良くて、ちびまる子ちゃんに登場しそうな陽気なお兄さん達(←ご本人がそうおっしゃるので)、楽しい時間をありがとうございました~ ちなみにこちらのぽん菓子屋さんは千々石にある橘公園のお祭りにも来られるそうですよ。ぽん菓子好きの方はぜひ探しにいってみてくださいね

今回の紅葉巡りはtamiのリサーチによるもの。お陰でとってもステキな紅葉をたっぷりと観賞することができました tami、本当にありがとうね近場にもまだまだ知らないステキな場所があるということを改めて実感したので、来年も新たな紅葉スポットを発掘すべく、常にアンテナを張り巡らせておこうっと!

さて、この翌日は佐世保にある黒島巡りへ。その様子はまた後ほどアップしたいと思います

コメント