I Love Nature

自然の中で見つけたステキなモノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

田代原キャンプ場(長崎県雲仙市千々石町田代原)

2012年05月23日 | 山のお話

『今年は登山だけでなくキャンプもしたい

ということで、キャンプ場の下見とshihoちゃんの新しいキャンプ道具を試用を兼ねて、雲仙の麓にある田代原(たしろばる)キャンプ場へ行ってきました

今回のメンバーは同級生コンビtami&shihoちゃん、そして最近アウトドア活動にちょっぴり積極的なうちの旦那さん。ここに泊るわけではないけれど、本番さながらにこの日が初おろしというshihoちゃん持参のテントを立てて、さっそくランチの準備開始~ 

この日のランチは、これまたshihoちゃん持参のおニューのガスコンロとコッヘル(ドイツ語で加熱調理器という意味)を使ったチーズフォンデュ。shihoちゃんがチーズ専門店タチバナフロマージュで買ってきてくれたフォンデュ用のチーズとブルーチーズをミックスし、コンロに点火少し水を足してトロトロになったら、前日に温野菜にしておいた野菜やバケットをチーズにとっぷり浸していただきまーす

これが最高にうまい 新緑の下でウグイスの鳴き声を聞きながら食べるチーズフォンデュはたまらなくうまいのです気の置けない仲間達と過ごすとっても贅沢な時間。今年はこんな時間をもっと持てたら良いな~。

 

食後はこれまたshihoちゃんのおニューのドリッパーを使って美味しいコーヒーを淹れましょう~ しかし一杯めは豆の量を間違ってうす~いコーヒーが入ってしまいました 教訓→「豆はケチるべからず

ランチの後はタンポポの綿毛がゆらゆら揺れるキャンプ場内をゆったり散策。設備も整っていて景観も良くてなかなか過ごしやすそうなキャンプ場です。こちらは有料キャンプ場ですので、使用料等については雲仙市のHPご覧下さいませ田代原キャンプ場

どこから来たのか分かりませんが、牛さん達もモグモグと美味しそうに草を食んでおりました近くに牧場でもあるのかな?

ここでもウラシマソウを発見しましたよ一度見つけると目に入ってくるものですネ

キャンプ場の下見と道具の使い方を覚え、緑の中で食べるチーズフォンデュに味を占めた私達。この数日後、我が家もコンロとコッヘルのセットを購入したことは言うまでもありません(笑)。宝の持ち腐れにならないように、今年は我が家ののおニューのコンロも活躍させなければキャンプシーズンが近づいてきた今日この頃。ワクワクが止まらないkero-keroなのでした~

さてtami&shihoちゃん、次はどこに行こうかね?

コメント (2)

郡岳復習登山(長崎県大村市)

2012年05月08日 | 山のお話

鉄塔を下から写すとこんな写真が撮れました

かなりご無沙汰しています久々の更新です

 

今回はコースの復習と旦那さんの運動不足解消を兼ねて、先月登頂したばかりの郡岳(こおりだけ)を登ってきました。前回と同じく南口登山口から山頂を目指したのですが、前回よりなんと4km以上も余計に歩くハメに…

ま、どうしてそんなことになったかは追々お話しするとして、2度目の郡岳登山の始まり始まり~

歩き始めて間もなく、見慣れない葉を見つけたのでそっと手でめくってみると、なんとウラシマソウ(浦島草)を発見同じサトイモ科のマムシグサにも似ているのですが、花穂の先から細い糸のような付属物があるのが特徴で、それを浦島太郎の釣り糸に見立ててこの名前が付けられました。実際に見たのは初めてでかなり興奮しちゃいました~

前回来た時にはまだ小さかったギンリョウソウを再び発見前回と比べると随分大きくなっていました

 

1月の虚空蔵山登山以来の登山にお疲れ気味の旦那さん。歩き始めてちょうど30分の所にベンチがあったので、ちょっとだけ座って休憩中~

途中、似たような感じのお花を2つ発見左はスイカズラ科のハクサンボクですが、右はよく分かりません。ミズキ科の植物だとは思うのですが…ちなみにハクサンボクは葉に照りがあるのが特徴です。

前回は見つけきれなかった赤いキノコも発見しましたよ~おそらくベニタケ系だと思われます。ベニタケ系には食用になるキノコと毒キノコの両方が含まれるそうなので気をつけましょう

南口登山口から1時間10分程で山頂に到着~この日は私達の他に二組のご夫婦がいらっしゃいました。ちょっと曇ってて青空はあまり見えなかったけど、やっぱり山頂は気持ちよいですな~レジャーシートを敷いて、さっそくランチタイムといきましょう目の前には連なる山々と大村湾。鳥達のさえずりをBGMに、心地よい疲労を感じながらおにぎりを頬張る。これぞ至福の一時。やっぱり山はいいなぁ~

ランチを食べた後は、帰りは前回と同じく来た道と反対側から下ります。前回教わったのと同じように、初めて登る旦那さんに「ここが坊岩だよ~」と若干自慢げにレクチャーし、坊岩の先端に立たせて記念撮影。そしてまた前回と同じように下って行くと…

ゴツゴツとした巨大な岩を発見…って、あれ??この岩見たことないぞ?よくよく岩に近づいて見ると、なんと『坊岩』と書いてあるではありませんかーっ!実はこちらの方が本当の坊岩だったようです

立派な坊岩の姿に感動し、本物の坊岩の上でまたまた記念撮影。見晴らしも最高で、テンション上がりまくり…だったのもつかの間。どこかで道を間違えたせいで、このまま下ると西口登山口の方に下りてしまいます少し登れば南口に下りる道と合流するはずですが、「もう登りたくない」オーラが出まくりの旦那さんの意見に従って、このまま西口へ向かって下ることに。西口の場所を知らない私はかなり不安だったのですが、「南と北なら真逆だけど、西なら大丈夫やろ」という旦那さんの言葉に「それもそうか」と歩みを進めたのでした

下り始めて1時間10分ほどで西口登山口に到着~無事に下りて来られて本当によかったしかしここからまた車を停めた南口登山口までアスファルトの道を歩かなければいけませんとりあえず野岳湖まで2.6km歩きましょう

大村湾カントリー倶楽部の入口を通過~こんな所に入口があったんですね~ 

 

正面に見えるのが郡岳の山頂です。あそこから歩いてきたんだなぁ。写真では分かりにくいですが、坊岩の姿も確認することができます。さて、野岳湖まであともう少し

野岳湖に到着すると『ソフトクリーム』の文字を発見ここからまた南口まで登らなければならないので、一旦ソフトクリームでも食べて休憩することに。ソフトクリームを食べながら、テーブルの上に置かれていた花器を何気なく眺めていると…

ツツジの花の真ん中に可愛らしいアマガエルさんが顔をのぞかせているではありませんか~ お花の中でじーっとしているカエルさん。きっとその場所がお気に入りなのね

ソフトクリームを食べてパワーを充電し、ここからまた坂道を2kmほど登ってようやくゴール私のせいで予定より4km以上も多く歩いてしまいましたが、坊岩も見ることができたし、旦那さんもよく歩いてくれたので、結果的には充実した一日となりましたただやはり素人だけで登る時は、たとえ一度登ったことのある山でも、事前に地図でルートの確認をしておかなければならないと思いました。山の中って目印になるようなものがほとんどないし、似たような景色が続いたりするので、常に道に迷う危険性と隣り合わせなのです。これからも登山ライフを楽しむためにも、これらのことを今後の教訓として肝に銘じておきたいと思います

次は雲仙の麓にある田代原キャンプ場でのチーズフォンデュパーティーをアップします

コメント (2)

乙原の滝(大分県別府市)と音風歌

2012年05月01日 | うたとことばのお話

3月末のことですが、大分県別府市にある乙原(おつばる)の滝に行ってきました

この滝に連れて行ってくれたのは、旦那さんの元教え子で大分県在住のkinuちゃん。旦那さんが友人の結婚式に出席するというのでついでに同行したのですが、披露宴の間一人で観光しようと思っていた私を、お気に入りの滝に連れて行ってくれるというのです以前何度か会ったことがある少し大人になったkinuちゃんと久々に再会し、kinuちゃん号で乙原の滝を目指してLet's go

その滝は別府市にあるラクテンチという昭和の雰囲気が漂う遊園地の近くにあるのだとか。こんな遊園地が別府にあるって知らなかったなぁ

ラクテンチの近くに車を停めて、案内板に従って森の中に入っていきます。

 

 

しばらく歩いていると、頭上に大きな二本の橋を発見kinuちゃんによるとこれは大分自動車道で、高速道路からもその滝をチラッと望むことができるのだとか。あの上から見えるってことはかなり大きな滝なのかな

真っ赤なヤブツバキの花が咲き誇る道をひたすら進んでいくと…

約15分ほどで乙原の滝に到着~岩の上に立つ不動明王の石像が見守る先には…

落差60mの滝がなんと2本も水量からして左が雄滝で、右が雌滝だと思われます。なかなか迫力がある写真でしょう?

 

それもそのはず。実はこの滝、水流のほぼ真下まで近づくことができるのですマイナスイオンをたっぷり浴びて気持ちいい~こんなに近寄れる滝も少ないので、思わず夢中になってシャッターを切ってしまいました(写真提供:kinuちゃん)

まるで滝を上って行こうとしているかのように見えるkinuちゃん。社会人2年目で、いろんな壁にぶつかりながらも、それを乗り越えようと果敢に必死に立ち向っていくkinuちゃんの姿にも見えます。

そんなkinuちゃんが仕事以外に夢中になっているのは…

歌。現在アコースティックユニット『音風歌(おんぷーか)』として、ギター兼ボーカルのTAKmiさんと二人で大分市内を中心に歌を歌っています。この日も夜10時から路上ライブをするというので、旦那さんも一緒に彼らの歌を聴きに行ってきました。オリジナル曲全5曲(現在は6曲)を歌ってくれたのですが、前向きな歌詞もさることながら、心地よく耳に残るテンポの良い曲調と、kinuちゃんの力強くて優しくて伸びのある歌声にすっかり聞き惚れてしまいました


(↑音風歌ブログ『音風歌のオト日記』より拝借)

ユニットを結成してからまだ日は浅いようだけど、この二人、とってもいい感じですもっといろんな人に彼らの存在を知ってほしいので、気になった方は彼らのブログを覗いてみてください。最近の音源のリンクも貼っておきますので、kinuちゃんの歌声を聴いてみたい方はぜひ(音風歌のブログはコチラ!オリジナル曲『birth』の音源はコチラ! )

kinuちゃん、その節は本当にありがとうちょっぴりおとぼけなドライブ、とっても楽しかったよ~(笑)またいつか一緒にドライブしようね!音風歌の今後の活躍を心よりお祈りしています

コメント (2)