天声人碁

剣正28号が「囲碁」を中心に雑感、独り言を随時書き込みしていきます。
画像をクリックすると拡大されます。

関東高校囲碁/群馬県予選会2021

2021-11-10 21:00:00 | 囲碁群馬

男子・山崎さん(前橋)、女子・宮内さん(高崎女)優勝
第37回関東地区高校囲碁選手権大会の県予選会個人戦が11月3日、藤岡中央高で開かれ、男女計15人が盤上で火花を散らせた。男子は山崎涼真さん(前橋2年)、女子は宮内俐果さん(高崎女2年)が優勝した。
優勝者を含む男女計8人は、来年1月に横浜市で予定される関東大会に出場する。
団体戦男子は、前橋(山崎涼真、藤本隼也、宮沢優希)、同女子は高崎女(宮内俐果、曽根希美、今井凛)が関東大会に出場する。
    (上毛新聞より抜粋)

     ○ ● ○

個人戦の参加者は男女合わせて15名、昨年が24名ですから4割ほど減っています。団体戦は男女各1チームで予選なしと残念な状況です。
小学生、中学生、高校生と上級生になるに従い多忙になるのでしょうか。

個人戦男子の山崎さんは順当、女子の宮内さんは少年少女大会以来の登場です。
団体戦男子の前橋は8月の全国高校囲碁選手権団体戦で優勝しており、関東大会でも有望です。
女子の高崎女子高は個人戦優勝の宮内さんと曽根さん、今井さん、初出場かと思いますが頑張ってほしいですね。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-11-10):第68期王座戦第2局/芝野2連勝、防衛まであと1勝

コメント

全国高校選手権/前橋高が県勢初優勝

2021-08-20 21:00:00 | 囲碁群馬

高校囲碁の頂点を決める、第45回全国高校選手権大会第2日は18日、東京都千代田区の日本棋院で男女団体決勝が行われ、男子で5大会連続9度目の出場となった前橋が、決勝で松本深志(長野)を2-1で下し、県勢初優勝を果たした。女子の四ツ葉中等は1次リーグで敗退した。
前橋は4チームで競った1次リーグで最多9度の優勝を誇る灘高(兵庫)に勝利して決勝トーナメント進出。トーナメント戦では筑波大附属駒場(東京)、準決勝は開成(同)、決勝はともに初優勝を狙う松本深志に2-1で退けた。
   (上毛新聞より抜粋)

     ○ ● ○

高校囲碁界の頂点にたった前橋高校(主将・今井丈、副将・山﨑涼真、三将・藤本隼也)、実力者3名を揃えた総合力の勝利。大輪を咲かせました。
個人戦では藤本さんが唯一のベスト16でしたので、チーム力で他を凌駕したと言えるでしょう。

前橋高の3名は3年前の「第8回首都圏カップこども囲碁団体戦(小中学生・1チーム9名)」で準優勝した「黄金世代」の主力選手。
群馬はこの黄金世代に続く選手層がやや手薄、全国大会でトップを狙える選手育成はムズなところで・・・。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-08-20):映画/犬神家の一族(DVD)

コメント

群馬県高校囲碁選手権/2021

2021-05-19 21:00:00 | 囲碁群馬

全国高校囲碁選手権大会県大会の個人戦が5月8日、藤岡市の藤岡中央高で開かれ、県内10校の23人(男子16人、女子7人)が腕を競った。男子は藤本隼也さん(前橋)、女子は藤井絢音さん(伊勢崎四ツ葉学園)が共に初優勝を果たした。
個人戦の男子上位5人、女子上位4人は県代表として、全国選手権(8月17~19日)や全国高校総合文化祭・和歌山大会(8月3、4日)に出場する。
5月5日に行われた団体戦では、男子は前橋Aが5連覇、女子は伊勢崎四ツ葉学園のみがエントリーし、両校が県代表となった。

◎個人戦成績
【男子】①藤本隼也(前橋)②山崎涼真(前橋)③宮沢優希(前橋)、市村直太郎(高崎)、川井遥太(館林)
【女子】①藤井絢音(伊勢崎四ツ葉学園)②近藤董(前橋女)③及川悠(太田女)④大隅まき(伊勢崎四ツ葉学園)
    (上毛新聞より抜粋)

     ○ ● ○

昨年の本大会はコロナ禍で中止、2年ぶりの開催となりました。
一昨年の参加者は10校の32人(男子24人、女子8人)でしたので、男子の減少が気になります。

男子個人戦優勝は藤本さん。強豪が揃う中で抜け出しました。
女子個人戦優勝は藤井さん。女流アマ県代表にもなっており、順当な結果でしょう。

男子団体優勝は前橋高校で5連覇。選手層も厚く一強時代が続きそうです。
女子団体優勝は伊勢崎四ツ葉学園。参加校が一校のみとは寂しいですね。

参加者の顔ぶれを見ると、ほとんどが少年少女囲碁大会で活躍したメンバーです。
少年少女大会の参加者数からすると、もっと増えてもいいと思います。中学、高校になると囲碁から離れる生徒も多く残念ですね。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-05-19):絶対王者・井山裕太

コメント

アマ名人戦群馬県大会2021/羽柴さん、群馬県代表に

2021-05-17 21:00:00 | 囲碁群馬

第15回朝日アマチュア囲碁名人戦群馬県大会の決勝大会が16日、同県高崎市足門町の市民活動センター・ソシアスであり、前橋市の羽柴鳳斗(ほうと)さん(18)が優勝した。7月に日本棋院会館(東京)で開かれる全国大会に、県代表として出場する。2位は山崎涼真さん(16)、3位は藤本喬也さん(19)だった。
   (朝日新聞群馬版より抜粋)

    ○ ● ○

予選(5/9)には22名が参加、3回戦行い3名(羽柴さん、山﨑さん、藤本さん)が決勝に進出しました。
決勝進出の3名はいずれも10代、県内の勢力図も大きく変わりましたね。
予選参加の22名も3分の1(8名)が10代、少年少女囲碁大会で活躍したメンバーです。

優勝した羽柴さんは元院生、黒の上下に黒マスクで精悍なイメージでしたが、マスクを取った笑顔は少年時代と変わっていない・・・。


予選(5/9)


決勝(5/16)

大会の詳細は「群馬県の囲碁情報」

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-05-17):ミスを相手に悟らせない

コメント

第76期本因坊戦第1局(高崎対局)/関連イベント

2021-05-15 21:00:00 | 囲碁群馬

【第76期本因坊戦 高崎で第1局開幕】
◎1日目(5/11)/「指導碁」も熱く、プロ棋士らがファン手ほどき
高崎芸術劇場(同市栄町)ではこの日、関連イベントの「指導碁」が開かれ、中学生以上の囲碁ファン18人がプロ棋士らの手ほどきを受けた。
指導者は、第72期本因坊戦挑戦者の本木克弥八段と、星合志保三段、長井多葉紗インストラクターの3人で、それぞれが一度に3人ずつを担当。
     
◎2日目(5/12)/「解説会」プロの解説に湧く、愛好家、戦い見守る
高崎芸術劇場では関連イベントの「大盤解説」があり、囲碁愛好者ら約70人がプロの解説を聞きながら、戦いの行方を見守った。
解説は地元群馬出身の本木克弥八段、聞き手はNHK杯聞き手でおなじみの星合志保三段。特別ゲストとして、対局を旧井上邸で解説する河野臨九段と立会の二十五世本因坊治勲も相次いで来場した。
   (毎日新聞より抜粋)

     ○ ● ○

本因坊戦第1局の関連イベント(1日目:指導碁、2日目:解説会)は高崎芸術劇場で行われました。
指導碁は事前の申し込みで即一杯になったようです。県内でのプロ棋士指導碁は、機会が少なく人気が集まったのでしょうか。
指導を受ける人は棋力アップが目的でしょうが、置石の設定に悩みますね。

解説会は70人ほどが参加、大会などでお馴染みの人も結構いました。
特別ゲスト・趙治勲さんのトークは面白いのですが、やや脱線過ぎか・・・。
本木八段と星合三段の解説、井山さんの長考時間では話題が尽き、持て余し気味の様子でした。

イベントは平日開催なので学生や勤労者は無理、休日開催も検討してほしいですね。
群馬県でタイトル戦は19年ぶりとのこと、今後も積極的に開催招聘を進めてほしいですね。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-05-15):県内の囲碁大会中止・延期

コメント

2021年度群馬県/囲碁大会日程

2021-04-15 21:00:00 | 囲碁群馬

先日、日本棋院群馬県支部連合会、群馬少年少女囲碁協会の総会が行われ、大会日程が決まりました。

■連合会主催の主な大会
 ・アマ名人戦県大会 :【予選】5月9日(日)、【本戦】5月16日(日)
 ・アマ本因坊戦県大会:【予選】6月13日(日)、【本戦】6月20日(日)
 ・日本棋院支部対抗戦:10月3日(日)
 ・群馬県女流囲碁大会:1月23日(日)

■少年少女囲碁協会主催大会
 ・少年少女囲碁県大会 :6月27日(日)
 ・少年少女秋季囲碁大会:9月23日(木・祝)
 ・伊勢崎少年少女囲碁大会 :12月12日(日)
 ・ジュニア本因坊戦群馬大会:2月20日(日)

■群馬県で行われるタイトル戦
 ・第76期本因坊戦第1局(高崎対局):5月11日(火)、5月12(水)

◆中止が決まった大会
 ・世界アマ代表決定戦 ・群馬県民囲碁大会
 ・小・中学校囲碁団体戦 ・小中学生囲碁団体戦(秋季)

※開催日程は「群馬県の囲碁情報」にも掲載

     ○ ● ○

コロナ禍の影響で中止を決定した大会もあり、残念に思う囲碁ファンは多いかと・・・。
大会の会場は、収容人員の半分程度に限定して開催とのこと、やむをえないですね。

いつになったら平常に戻るか? ワクチン頼みか・・・?

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-04-15):囲碁業界用語/梅鉢(うめばち)

コメント

須藤斉さんを悼む/上毛新聞

2021-02-20 21:00:00 | 囲碁群馬

囲碁観戦記720局、教養裏打ち
上毛新聞特選碁欄で、44年間にわたって観戦記を執筆し続けた須藤斉さんが2月11日、旅立った。92歳だった。
自宅近くの囲碁会で師範を務めていた48歳の時、上毛新聞記者に勧められて自戦記を連載したのを皮切りに、91歳まで執筆した観戦記の数はおよそ720局。ギネス級の鉄人といえる。
    (上毛新聞より抜粋)

     ○ ● ○

須藤さんは上毛新聞・観戦記の他に、高崎市の公民館で活動する「高崎市囲碁振興会」の中心人物として、囲碁普及活動を進めてきました。
観戦記720局は凄いですが、指導を受けた囲碁愛好者の数も半端ない数だと思います。

私がお会いしたのはこの10年ほどですが、大先輩なのに丁重な物腰でこちらが恐縮するほどでしたね。
群馬県の囲碁界にとって、また一人重鎮を失うことになりました。
須藤さんの遺志を継いで囲碁界発展を担うのが本筋ですが、ムズなところで・・・。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-02-20):依田九段の対局停止問題

コメント

関東高校囲碁/群馬県予選会2020

2020-11-04 21:00:00 | 囲碁群馬

第36回関東地区高校囲碁選手権大会の県予選会個人戦が11月3日、伊勢崎市民プラザで開かれ、男女計24人が白熱した頭脳戦を繰り広げた。優勝は男子が山崎涼真さん(前橋1年)、女子は藤井絢音さん(四ツ葉中等5年)がそれぞれ輝いた。優勝者を含む男女計8人は来年1月に千葉県で予定される関東大会に出場する。
11月1日には団体戦も開かれ、計5チーム(男子4、女子1)が出場。男子は優勝の前橋(今井丈、山崎涼真、藤本隼也)と準優勝の高崎A(市村直太朗、小松佳広、羽鳥裕太朗)、女子は樹徳(木部綺乃、平野叶恋、日野朱莉)が関東大会へ進む。
    (上毛新聞より抜粋)

     ○ ● ○

個人戦の参加者は男女合わせて24名で昨年と同数、団体戦は男女で5チームと昨年の9チームから減ってしまいました。コロナの影響もあったのでしょうか・・・。

個人戦の山崎さん、藤井さんの優勝は順当な結果ですね。
団体戦男子の前橋、高崎も予想通りでしょうか。団体女子は常勝の前橋女子が不参加・・・?

群馬県の囲碁大会は3月以降、ほとんどの大会が中止でしたが本大会のニュースを見て少しづつ回復の気運かと・・・。

     ○ ● ○

1年前の記事(2019-11-04):第38期女流本因坊戦第2局/上野愛咲美女流棋聖がタイに

コメント

小中学生と高校生との合同練習会/群馬・2020冬

2020-02-12 21:00:00 | 囲碁群馬

先日(2/19・日)、「小中学生と高校生との合同練習会」が藤岡中央高校で行われ、30名ほどの生徒が練習碁に励みました。
参加者は高校生は10名(高崎高校:5名、前橋高校:3名、他2名)。小中学生は18名(伊勢崎:7名、玉村:7名、富岡・高崎:4名)で高校生が少なめでした。
ピアノやスイミングなどの習い事もそうですが、中学、高校と高学年になるにつれて減っていきます。
囲碁人口の拡大には中学生・高校生が「対局が面白い・楽しい」と実感できるような環境づくりが大切かと・・・。

小学生中心の囲碁教室では上の世代との対局の機会は少なく、お兄さん・お姉さんとの対局は新鮮だったと思います。
一方、高校生としてはやりずらい面もあったでしょうが、小学生の奔放さに学ぶこともあったかと・・・。

     ○ ● ○

1年前の記事(2019-02-12):囲碁書籍/「お悩み天国4」

コメント

第33回群馬県女流アマ囲碁大会/2020

2020-01-29 21:00:00 | 囲碁群馬

県女流囲碁大会/藤井さん(四ツ葉中等)初優勝
第33回県女流囲碁大会が1月26日、高崎市中央公民館で開かれ、県代表戦は藤井絢音さん(四ツ葉中等4年)が初の頂点に立った。準優勝の野村京子さん(前橋市)と共に3月に都内で開かれる全日本女流アマチュア選手権に出場する。
15人が参加した親睦戦は半谷東子さん(前橋市)が優勝、村松希咲さん(高崎市)が準優勝した。
    (上毛新聞より抜粋)

     ○ ● ○

県代表戦の決勝は藤井さんと野村さんの二人。優勝の藤井さんは一昨年に準優勝、若手の代表格として今後の活躍が期待されます。
準優勝の野村さんは全国大会代表の常連、県女流囲碁団体「こまくさ会」の会長としても頑張っています。
親睦戦の決勝は半谷さん(小学6年)と村松さん(小学4年)、前橋の半谷さんが高崎の村松さんに勝利しました。

今回の参加者は22名(代表戦7名、親睦戦15名)。昨年の20名(代表戦8名、親睦戦12名)より微増ですが少ないですね。
親睦戦は級位認定をするなどPR方法を考えないと・・・。


代表戦入賞者


親睦戦入賞者

     ○ ● ○

1年前の記事(2019-01-29):第32回群馬県女流アマ囲碁大会/2019

コメント