天声人碁

剣正28号が「囲碁」を中心に雑感、独り言を随時書き込みしていきます。
画像をクリックすると拡大されます。

囲碁フォーカス講座/上野愛咲美のハンマーパンチ

2021-04-13 21:00:00 | テレビ番組

「10代の新講師 上野愛咲美女流棋聖」
新年度は上野愛咲美女流棋聖による新講座「取れると楽しい!上野愛咲美のハンマーパンチ」がスタート。司会は囲碁界のエンターテイナー・下島陽平八段。黒嘉嘉七段の新しいミニレッスン「黒嘉嘉のGOビギナーズ」も始まる。
   (NHKオンラインより)

     ○ ● ○

4月から始まった「囲碁フォーカス・囲碁講座(Eテレ・日曜・12時~)」、今回のテーマは「上野愛咲美のハンマーパンチ」。
オープニングも一新、いきなり上野さんがハンマーを振りかざし・・・。

司会は下島八段、上野さんとの掛け合いもまずまずでしょうか。
黒嘉嘉七段の新しいミニレッスン「黒嘉嘉のGOビギナーズ」ですが、この番組を見て囲碁を始めようとするのは少しムズかな・・・?

第1回~第2回を見ての感触ですが、対象者を若者向けにカジを切った印象ですね。
ただ昭和のオジサン世代からすると、正統的な路線からあまり外れるのはドーモ・・・。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-04-13):NHK囲碁講座「布石は自由で楽しい!」

コメント

第59期十段戦第3局/許が勝利、奪取にあと1勝

2021-04-11 21:00:00 | プロ棋戦

第59期十段戦五番勝負第3局が4月8日(木)長野県大町市 「ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」で打たれ、許家元八段が芝野虎丸十段に黒番4目半勝ちをおさめ、シリーズ2勝1敗としタイトル奪取にあと1勝とした。大注目の第4局は4月20日(火)に東京都千代田区「日本棋院東京本院」で打たれる。
   (日本棋院HPより抜粋)

「許家元 燃ゆ、間一髪で逃げ切り」 「追い込まれる芝野、次局踏ん張れるか」
   (週刊碁見出しより)

     ○ ● ○

タイトル奪取にあと1勝とした許八段、激闘のコウ争いを気迫で制したようです。
カド番に追い込まれた芝野十段、勝負手連打も及ばず・・・。

令和三羽烏の対決は許八段が一歩リード、両者の熱いライバル意識が伝わってくるようです。

     ○ ● ○

今回の対局地は長野県大町市 「ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」。
これまで「くろよんロイヤルホテル」として十段戦を行ってきましたが、ホテル系列が変わり名称変更したようです。

本局では黒四ダムにちなんだ「黒四ダムカレー」がスタッフの昼食用に提供されたそうです。
全国に「ご当地ダムカレー」があり、群馬県では「みなかみダムカレー」「草木湖ダムカレー」「八ッ場ダムカレー」「下久保ダムカレー」があるそうです。
味はカレー屋さんのカレーとどう違うのでしょう・・・?


黒四ダムカレー

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-04-11):NHK朝ドラ/エール

コメント

よそゆきの手

2021-04-09 21:00:00 | 囲碁

AIの登場で布石や定石など従来の常識が壊れつつあります。
そんな中で、一般のアマ囲碁ファン(高段者除く)はどう対応していくか?

ザル碁党も囲碁雑誌などで得たAI流を使ってみますが、勝率はイマイチ・・・。
手慣れてない「よそゆきの手」では、心理的に不安定な気分ですね。
時代遅れと言われようと普段着の「昭和流」が似合っているかも・・・。

シニア世代ともなると「よそゆきの服」を着る機会はメッキリ減りますね。
コロナ禍の影響でホームウェア(部屋着、普段着)の売り上げが好調とのことですが、ナルホド・・・。
田舎のオジサンにとって「よそゆきの服」は難問ですね。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-04-09):第75期本因坊戦/芝野虎丸名人が挑戦者に

コメント

プロ棋士/勝ち星ランキング(2021/4/2現在)

2021-04-07 21:00:00 | プロ棋戦

「週刊碁」に掲載の勝ち星ランキング(4/2現在)、3カ月が経過しましたがいつもと変わった顔ぶれになっています。
ベスト9のうち女流棋士が6名、これは女流名人戦などの女流棋戦が集中した結果でしょうか。
ベスト3は上野愛咲美(18勝5敗)、牛栄子(15勝7敗)、仲邑菫(14勝2敗)の3名が独占しています。

この結果、何か違和感があります。(女流、若手棋戦を含む)とありますが、ドーモ・・・。
最終的な年間ランキングでは‏井山さん、令和三羽烏などの実力者が上位を占めると思われますが、女流、若手の成績も気になるとこです。

◎2021年/勝ち星ランキング(4月2日現在)
 ①上野愛咲美女流棋聖 18勝5敗
 ②牛  栄子三段 15勝7敗
 ③仲邑  菫二段 14勝2敗
 ④近藤登志希初段 13勝2敗
 〃福岡航太朗二段 13勝3敗
 ⑥許  家元八段 12勝5敗
 〃鈴木  歩七段 12勝7敗
 〃加藤 千笑二段 12勝7敗
 〃向井 千瑛六段 12勝8敗
 (女流、若手棋戦を合む)

◎2020年/年間勝ち星ランキング
 ①一力  遼二冠  53勝13敗
 ②井山 裕太三冠  38勝14敗
 ③許  家元八段  36勝23敗
 ④藤沢里菜女流四冠 35勝15敗
 〃芝野 虎丸二冠  35勝21敗
 ⑥上野愛咲美扇興杯 34勝23敗
 ⑦大西 竜平七段  35勝15敗
 ⑧山下 敬吾九段  30勝20敗
 ⑨関 航太郎三段  29勝 8敗
 〃六浦 雄太七段  29勝13敗
 〃牛  栄子三段  29勝16敗

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-04-07):山下九段、スランプか?

コメント

第76期本因坊戦/芝野が2年連続挑戦

2021-04-05 21:00:00 | プロ棋戦

本因坊文裕(=井山裕太九段)への挑戦権を争う、 第76期本因坊戦挑戦者決定リーグ戦最終節一斉対局が4月2日(金)に打たれ、芝野虎丸二冠(王座・十段)-羽根直樹九段戦は芝野が黒番中押し勝ちした。この結果、6勝1敗で芝野が2年連続2回目の挑戦権を獲得した。許、一力は5勝2敗、羽根は4勝3敗でリーグ残留、黄、鶴山、佐田、大西のリーグ陥落が決まった。
本因坊文裕との挑戦手合七番勝負は5月11日(火)に群馬県高崎市「旧井上房一郎邸」で開幕する。
   (日本棋院HPより抜粋)

「芝野挑戦、2期連続、打倒文裕へ」 「許、一力 届かず」 
   (週刊碁見出しより)

     ○ ● ○

最終戦(羽根九段戦)で挑戦権を決めた芝野二冠。苦手な羽根戦でしたが序盤のコウ争いで優勢を決定づけたようです。
敗れた羽根九段、勝てばプレーオフとなるところですが無念・・・。

リーグ残留した4人は在籍組で、陥落の4人は予選勝ち上がり組。在籍組の実力が優ったようです。

七番勝負は群馬県・高崎対局、昨年予定されていましたがコロナ禍で中止。地元としては二年越しの開催となります。楽しみですね。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-04-05):本因坊戦リーグは【芝野 ― 許】の挑戦者決定プレイオフへ

コメント

月刊「囲碁未来」、来年3月号で休刊

2021-04-03 21:00:00 | 本と雑誌

月刊「囲碁未来」の今月号(5月号)に、休刊のお知らせがありました。
来年3月号までということですが、囲碁教室のスタッフにとっては困ったことです。

囲碁教室(入門~初級者)の教材として重宝しており、これに替わる囲碁誌は見当たりません。
囲碁普及に関わる人たちにとって、同じ思いだと思いますね。

初級者向けの単行本は色々ありますが、定期刊行物の方が間口が広く新鮮味があります。
棋院の経営上、休刊やむなしとの決定でしょうがドーモ・・・。

「こども囲碁教室」は3月以降、各地で徐々に再開されてきました。
「囲碁未来」は休刊となりますが、囲碁界の未来は明るいものにしたいものです。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-04-03):サルコスミ & サルトビ

コメント

女流ティーンエージャー戦/仲邑菫優勝!

2021-04-01 21:00:00 | プロ棋戦

SENKO CUPワールド碁女流最強戦2021のサイドイベントとして「女流ティーンエージャー棋士トーナメント戦(非公式戦)」が 3月23日(火)、24日(水)に行われた。
女流棋士の年少順に8名が参加する棋戦で決勝は、仲邑菫二段が上野梨紗初段に白番6目半勝ちをおさめ、優勝を飾った。仲邑は、公式戦、非公式戦含めプロ棋士のみが参加する賞金大会で初優勝。
   (日本棋院HPより抜粋)

「スミレ開花宣言、前進の大きな一歩」
   (週刊碁見出しより)

     ○ ● ○

本棋戦は「SENKO CUPワールド碁女流最強戦2021」のサイドイベントとして行われたようですが、日本ではメインイベントを凌ぐ記事になっています。
次世代を担う日本期待の仲邑菫さんですから必然か・・・?

メインの「SENKO CUP ワールド碁女流最強戦2021」は優勝:於之瑩六段(中国)、準優勝:崔精九段(韓国)、3位:上野愛咲美四段(日本)。こちらは世界戦の勢力図を反映する結果になったようです。

仲邑さん優勝の「女流ティーンエージャー棋士トーナメント戦」ですが、「ティーンエージャー」という言葉を久しぶりに聞きました。
言葉にも流行りや廃りがあるようで・・・。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-04-01):第67回NHK杯・決勝/井山3回目の優勝

コメント

第68回NHK杯・決勝/一力が2度目の優勝

2021-03-30 21:00:00 | プロ棋戦

第68回NHK杯テレビ囲碁トーナメント戦の決勝、一力遼二冠(天元・碁聖)- 余正麒八段戦が 3月21日(日)にNHK Eテレで放送された。結果は一力が黒番中押し勝ちをおさめ、2年ぶり2度目の優勝を飾った。
   (日本棋院HPより抜粋)

「一力優勝、早碁王 ここにあり」 「余正麒敗れる、返し技をくらう」 
   (週刊碁見出しより)

     ○ ● ○

2年ぶり2度目の優勝を果たした一力二冠、早碁の強さは抜群ですね。
準優勝の余八段、決勝戦のプレッシャーか・・・?

一力二冠は沼館七段、大西竜平七段、六浦七段、山下九段、余八段を撃破しての優勝。初戦(2回戦)の沼館七段戦は薄氷の半目勝ちでしたが、以降は実力発揮の連勝でした。
余八段は佐田七段、許八段、井山三冠、村川九段を撃破、一力二冠に敗れての準優勝。準々決勝、井山三冠戦での1目半勝ちは価値ある1勝でした。

決勝戦の解説は芝野二冠でしたが、形勢判断が揺れてドーモ・・・。解説者としてはこれからでしょうか。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-03-30):第58期十段戦第2局/村川が勝利!1勝1敗のタイに

コメント

第59期十段戦第2局/芝野が勝利1勝1敗に

2021-03-28 21:00:00 | プロ棋戦

第59期十段戦五番勝負第2局が3月24日(水)、滋賀県長浜市「Hotel & Resorts NAGAHAMA」 で開始した。結果は、芝野虎丸十段が許家元八段に黒番中押し勝ちをおさめシリーズを1勝1敗のタイとした。第3局は4月8日(木)に長野県大町市「ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」で打たれる。
   (日本棋院HPより抜粋)

「虎丸反撃、鋭い牙で噛みつく」 「許、見せ場作れず・・・」
   (週刊碁見出しより)

     ○ ● ○

1-1のタイに戻した芝野十段、充実の好手でとどめを刺しました。
敗れた許八段、致命的な失着で形勢を損じた・・・。

本局は芝野さんの好手、許さんの見損じで決着しました。
勝負としての緊迫感はイマイチでしたか・・・。


今回の対局地は滋賀県長浜市「Hotel & Resorts NAGAHAMA」。
長浜は「日本の夕陽100選」の絶景があるそうです。

「日本の朝日100選」もあるようですが、「夕陽」の方が優勢な気がしますね。
私が見た夕陽で印象に残っているのは、島根県宍道湖の夕陽、羽越本線の車窓から見た夕陽でしょうか。

     ○ ● ○

1年前の記事(2020-03-28):勝因は? 「幸運でした」

コメント

大人になったらなりたいもの

2021-03-26 21:00:00 | 日記・エッセイ・コラム

コロナ禍で人気の職業は男子「会社員」、女子「パティシエ」
第一生命が全国の小学生・中学生・高校生 計3,000 人を対象に行った、第32回「大人になったらなりたいもの」のアンケート調査結果。

小学生・男子
1 位 会社員
2 位 YouTuber
3 位 サッカー選手
4 位 ゲーム制作
5 位 野球選手

小学生・女子
1 位 パティシエ
2 位 教師/教員
3 位 幼稚園の先生/保育士
4 位 会社員
5 位 漫画家
   (第一生命保険株式会社HPより抜粋)

     ○ ● ○

コロナ禍の影響で安定志向が高まり、スポーツ選手や芸能人などの人気は低下したようです。
中学生や高校生になると、より現実的な目標になるのでしょうね。
囲碁ファンとしてはプロ棋士など囲碁関係の仕事を目標にしてほしいのですが、ムズなところで・・・。

私の世代(ほぼ団塊世代)ですと、少年時代に具体的な職業観をもっていた子は少なかったように思います。
ただ、何となくサラリーマンかなという感じで、「自分のやりたいこと」というイメージは湧いてこなかったですね。

    ○ ● ○

1年前の記事(2020-03-26):コレラで逝った本因坊秀策

コメント