ゲストハウス・プリ / Guest House Puli

日月潭や廬山温泉に向かう拠点になる町・埔里に住むゲストハウスオーナーの個人日記です。

台湾産の『ナメコ茸』Get です。

2021年07月06日 | 日記

【埔里豐年菇類生態農場で栽培された’ナメコ茸’(菌床栽培品)】

本日は、キノコ農園へ行って来ました。
目的は、上記写真の『ナメコ』です。
Wikipediaによると、ナメコの分布は日本、台湾。となっていますが、こちらの農場以外で生のナメコを販売されて
いるのを見た事がありません。こちらでは、数年前から試験的にナメコの栽培を行っています。
実は台湾では、納豆を初め’粘り気のある食材’は台湾人に対して非常に人気がありません。
たぶんそのせいだと思うのですが、こちらで販売されているナメコもほとんど購入する人がいない様です。
栽培方法の違いかもしれませんが、こちらで栽培されたナメコは、粘り気が日本の物よりも少なくてサイズも大きめです。
※私はナメコが大好物です。いつも売れ残っているので好都合です。



【靈芝】おもしろい形をしたキノコですね。



季節によって多種類の栽培が行われています。

【埔里豐年菇類生態農場では、自分で摘んだ多種類のキノコの量り売りも行っています。】





現在コロナ禍なので、販売コーナーに入る時には入場者のQRコードを記録する必要があります。
こちらの販売コーナーでは、各種菌床や採れたてのキノコの即売も行っています。



明日は早速、こちらのナメコをたっぷり入れたお蕎麦を作ろうと思っています。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 木になる面白い果物。 | トップ | 本日は、奥萬大付近へ昆虫観... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (温泉日和)
2021-07-07 11:15:27
霊芝(漢方?)の2つ下は冬虫夏草ですか?確かに画像を見る限りナメコにぬめりがないですね。日本人からすると不思議な感じがします。美味しい蕎麦で楽しんでください。ちなみに私の台湾人の知人は納豆食います(笑)。ところで、食材の好みの違いということでお尋ねしたいのですが、以前、台北のデパートで売っている寿司を食べたときにシャリの硬さに驚きましたが、台湾の人はご飯(もしくは酢飯)は硬いほうが好きなのですか?
Unknown (渡部健作)
2021-07-07 18:28:53
本日お蕎麦に入れた食べました。
確かに’ぬめり’がほとんど無くて、ちょっと物足りない感じがします。煮込むと’ぬめり’がかなり出て何とか雰囲気を楽しめました。
そうですか、納豆を食べられるご友人がいらっしゃるとはビックリです。納豆を食べられる台湾人を私は見た事がありませんよ。寿司のシャリですが、どうなんでしょうかね?たぶん日本へ行って本場の寿司を食べている人には、基準は日本と同じだと思うのですが。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事