まったり温泉 時々パン(パンお休み中)

宮城の温泉地、特に鳴子温泉が好きです
週末に日帰りで温泉をたのしんでいます

瀬見温泉 小川屋 NO900

2020-11-12 19:37:05 | 山形の温泉

いよいよ900カウントとなりました。1000まで突っ走るじぇい。(ほんと?)山形温泉パスの期限が迫り,ちょいと県境を越え,瀬見温泉まで行ってきました。と・こ・ろ・が!!!!ま,分かってたけど,まず「せみの湯」は地元民のみの入浴に限定。

 
温泉パスには載っていなかったけど,未湯だったので「まごろく」さんに行くも「日帰りはやっておりません」HPに「日帰りも歓迎」的なコメントがあったのに・・・ま,やむなし。

ほていやさんには,「まだお湯が溜まっていない」喜至楼は「本日の日帰りは終了しました」の札。午前中に終わるんかい?もしかしたら,日帰りやっていないのかな?
エビス屋さんは,廃業。奥にある「松葉館」(初めて見つけた謎めいた旅館です。あ,謎めいているというのは,デビャが知らないというだけ。変な旅館じゃないよ)は,誰も出てこない。
完全に瀬見温泉で路頭に迷い,小川屋さんに行くも女将さんが不在で,お風呂に入れるかどうか分からないと従業員のおばちゃんに言われ・・・ちょっと女将さんを待ちました。

瀬見温泉で,唯一温泉パスポートで割引が効く旅館です。
とっても感じの良い女将さんが,わざわざお湯が溜まったか見てくれて「大丈夫溜まってます。一番風呂ですよ~。」と階段を上がってすぐ右手にある小さな内湯に案内してくれました。
(入ったことある~2回目ですね)
奥は静の湯という名前で手前の亀割の湯は貸し切り風呂のようです。
小さな脱衣所です。デビャの敵があって・・・乗っかってみたら1キロも減ってない!こんなに食べるの我慢しているのに・・・くっそー。あ,取り乱してしまった。

町営5号源泉を加水無100%で味わえます。ナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩泉
ですよ。
 
綿棒などが置いてあります。
かわいい~ピンクを基調としたタイル風呂。かわいい。
ヒタヒタと源泉が溢れています。
見て見てこのタイル。萌えるわ。
では一番風呂をいただきまっす。お風呂に入ると一斉にお湯が溢れ,排湯が間に合わない状態になります。掛湯で使った洗面器が排水溝に向かって流れていきます。


熱交換で適温に下げられたお湯は優しく,ツルキシの手触りでほんのりと出汁臭がします。
中山平の三之亟湯さんにちょっと似た感じの香り。
昔の自分のブログをチェックしたら,ちょっとタマゴ臭がしたと書いてある。う~ん,この日はしなかった。温泉は生き物ってことで。
この穴?から源泉が出てます。
カランは2つ。こちらのタイルも芸術的。
昔のブログを見ると,カランは濃厚タマゴ臭だと書いてある。く~確認しなかった。

湯船の深さ,大きさ,湯温・・・よきだわ。


じっくり入ってぽかぽかに。上がってからちょいと隣の貸切風呂亀割の湯をのぞいてみました。
うわ~こちらは青のタイルと木製の壁で好きな色の組み合わせ。デニムみたいでかっこいい。
次はこっちに入れてくれないかな~。




こんなに素敵なお風呂に400円で入れます。山形温泉パスを利用すると300円。瀬見温泉は,なかなか日帰り入浴しにくくなったけど,小川屋さんに頑張ってほしいです。ありがとうございました。
日帰り入浴時間(山形温泉パスポートによる)11:00~15:00
大浴場に入った時のレポはこちら→
 
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 天王寺穴原共同浴場 NO899 | トップ | 赤倉温泉 悠澤の宿 湯澤屋... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

山形の温泉」カテゴリの最新記事