暮らしの差し色

慢性腎臓病の夫と二人、静かな生活です

コロナワクチン4回目接種 副反応

2022-08-29 13:19:16 | コロナ



2022年8月26日(金)に、市の集団接種で、コロナワクチンの4回目を接種してきた。


コロナワクチン3回目接種 副反応
に、前回の接種の時の、副反応で苦しんだことを書いた。

今回は、接種券が到着した8月5日にクリニックに電話したが、9月までの予約がいっぱいで、それで終了することが伝えられ、集団接種を受けてください、というのだった。

すぐLINEから、モデルナの集団接種の予約を取ろうとすると、その時点では、週末の3日間ずつしか空きがなかった。

家庭の用事などが埋まっていたので、少し先になるが、8月26日を予約した。

当日になり、初めての会場だったが、電車と買い物の関係で、16:45の予約時間より30分近く早めに到着した。

まだ受け付けてないだろうなとは、思ったが、案内の人に、予約時間を告げると、「ご案内できます」ということで、先へ進んだ。

注射は、担当の方の顔まで見なかったが、今までで、一番痛く、「イタイ、イタイ、ものすごく痛い」と声が出た。

本当に痛かった。どこか痛点に、ドはまりでも、したのだろうか。

結局、16:18に接種できて、15分間の待機場所に案内され、待っていた。

16:50のバスに乗って帰りたかった。

掲示物に、激しい運動はしないでください、と書いてあったが、少し急がないと、乗り遅れる。

階段を下りたり、登ったり、小走りで移動し、バスの待ち人の後尾に着けた。


ということで、その後の経過を時系列で、3回目に続き、備忘録も兼ねて、詳細を掲載する。


8月26日 (接種第1日目)
  16:18  35.7℃  ワクチン接種
  18:05  36.5℃
  18:27       接種の会場に行く前に買った海老天の天むすと
            鶏そぼろのおにぎりを食べる
  23:38  37.3℃  発熱が始まった、前回からすると、予定通りの時刻だ
  23:48       アセトアミノフェン飲む。寒い。春秋用のパジャマを着る。
8月27日 (接種第2日目) 
  4:03  38.9℃  暑い、アイスノンで冷やし、冷水も飲む
  7:06  39.8℃   TVを観て、うつらうつらする
  7:21  39.9℃  吐き気も少しする。アセトアミノフェンを飲む
  9:12  38.9℃  バニラアイスを食べる
  9:56  37.9℃  アクエリアスを飲む
  11:41 39.3℃
  12:42 40.0℃   ここまで上がるか
  13:23 39.2℃   アイスノン交換
  13:27       アセトアミノフェン飲む
  14:44 37.0℃   バナナ1本食べる
  15:51 36.6℃   一旦は、下がる
  19:39 40.0℃   また上がる
  20:22 40.1℃   アイスノン交換 アセトアミノフェン飲む
8月28日 (接種第3日目)
   3:29 39.5℃  
   4:32 37.5℃  玉子がゆ食べる
   5:59       アセトアミノフェン飲む
   8:02 36.2℃  バナナ1本、プリン食べる
  10:08 36.8℃
  11:33 37.0℃
  12:45       カップヌードル食べる
  15:07 39.6℃  アセトアミノフェン飲む
  15:40       アイスノン交換、冷タオル載せる
  16:55 37.5℃  コーヒーゼリー食べる
  18:37 36.2℃
  19:45      シャンプーする。 バナナ1本食べる
  20:11 36.4℃  お腹をこわす
  23:00 36.4℃  2時間くらい眠った
  23:07      新タントーゼ(止瀉薬)飲む
8月29日 (接種第4日目)
  1:08 36.5℃   コーンスープ、きんぴらごぼう、さつまいも煮食べる
            アイスノン交換
  5:21 37.5℃   長めに眠った後は、少し熱が出るので、ドラマを観て、様子をみる
  6:47 36.2℃   平熱並みに落ちてきた
  7:32 36.6℃   起床 洗濯 パルスオキシメーター 97
  7:50       玉子がゆ、きゃらぶき、さつまいも煮食べる

一応、快復とした。

朝食のあと、洗濯物も干して、社会復帰した。

寝込んでいた間、夫は、自分の腎臓用の食事については、コンロを汚さない食事を前から予定していてくれ、食器洗いはすべて引き受けてくれた。

「何か買ってきてほしいものある?」
と、聞いてもくれた。

リビングでは、食事の10分間だけエアコンを点けるともったいないから、と言って、冷房しないで過ごしていた。

もともと、夫は自室で、テレビやYouTubeを観るのが日課なので、食事時間以外は出てこない。

世話の焼けない人で助かった。

また、5か月後には、この副反応地獄に落ちるのかと思うと、5回目接種は気が重い。

接種券には、5回目、6回目の空欄があるのを見逃さなかった。





コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 夏休みが終わろうとするころ | トップ | ダイソン コードレス掃除機... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コロナ」カテゴリの最新記事