四季菜遊土 菜園倶楽部

週末の菜園、土いじり、採れたて野菜の料理レシピ等々、農と食と環境を考える

菜園日記:2月 第3日曜日:ジャガイモの植え付け準備&ボカシ肥作り(2020年02月21日)

2021-02-21 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温21℃ 最低気温5℃

 今日の南関東地方は、南よりの風が吹き、正午過ぎには20℃を超え、
 4月下旬並みの陽気。畑の周りの梅の花も満開。
 因みに、東京都心で2月までに20度以上を観測したのは2017年以来、4年ぶりとの事。

 

 梅の花が咲いたら、ジャガイモの植え付けをはじめ、春夏野菜の種蒔き等々
 これから、春の野良仕事も忙しくなってくる。

 今年のジャガイモは、キタアカリと

 

 アンデスレッド

 

 そして、ノーザンルビーと

 

 シャドークィーン

 

 あと、今年初めて購入した紫月の5種類を植え付け予定。

 

 先月購入して浴光育芽中の芋を、1片が40~60gになるようにカットして

 

 それを数日、日陰で乾かして、切り口をコルク化させてから植えつける。

 

 

 

 本日、そのあとは、ぼかし肥作り。

 

 材料は、米糠、油粕、牡蠣殻石灰、草木倍、骨粉、畑の土
 市販のヨーグルト、黒砂糖、水(1.5L)、あと、あればEM菌等の有用微生物を含んだ
 嫌気性発酵促進剤(これは無ければ、無くてもよい)

 作り方は、大雑把に
  
 ① トロ舟に米糠(10L)、油粕(3L)、牡蠣殻石灰(300g)、草木灰(300g)、骨粉(700g)、
   畑の土(700g)を入れよく混ぜ合わせ、

 

 ② ペットボトルに汲み置いていた水1500ccをバケツに入れ、
   市販のヨーグルトを200g、黒砂糖(300g)、嫌気性発酵促進剤をキャップ1杯を
   加えてよく攪拌した液を、
 
 

 ③ ①の材料にかけてこね、(握ると団子になり、つつくと割れるくらいの水分状態がベスト) 

 ④ 15Lのポリバケツにポリ袋を被せ入れ、ここに空気を抜くようにしてつめこんでいき、

 

 ⑤ 袋の口を縛り、バケツの蓋をして仕込み完了

 

 できるだけ、温度変化の少ない所で嫌気発酵(酸素を入れない発酵)させ、
 甘酸っぱい香りがしてきたら完成。
 (夏なら2週間、冬なら3~4週間後くらい)


【畑の作業】

 ※ ジャガイモの植えつけ準備(種芋の切断)
 ※ ぼかし肥作り


【今日の収穫】

 ブロッコリ(ハイツ)・ネギ(石倉一本太葱)・ダイコン(冬みねセブン)
 ホウレンソウ(アグレッシブ)・ニンジン(冬採人参)

 

コメント (4)

菜園日記:2月 第2日曜日:畑で堆肥作り(2020年02月14日)

2021-02-14 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温17℃ 最低気温5℃

 2月も中旬にさしかかり、畑の周りの梅の花が綺麗に咲き始めた。

 

 今日は、先週作った新しい堆肥箱で、落ち葉堆肥作りをする。

 

 まずは、古い堆肥箱を撤去し、廃材は、薪ストーブの燃料となる。

 

 新しい堆肥箱を据え付けて、枯草や野菜の残渣、落ち葉を入れ、

 

 その上に米ぬかを振りかける。

 

 更にその上から、畑の土を被せ、

 

 また、落ち葉/残渣を積んで、足で踏み固める。

 
 
 この、落ち葉/残渣 → 米ぬか → 畑の土 を順番に繰り返していく。

   

 下段のコンパネまで積み込んだので、上段のコンパネを差し込んで

 

 

 更に、積み込みを繰り返していくのだが、途中、何回かに分けて、
 バケツ1~2杯の水を満遍なくかけて湿らせながら積み込むのがコツ。

 

 そして、最後にブルーシートを被せて積み込み完了。
 
 

 1~2週間後に、発酵して温度が上がってきたら、何度か切り返しをしてやると
 夏過ぎには、ホクホクの完熟堆肥が出来上がる。

 

 あとは、ホウレンソウ跡の畝を耕して、ジャガイモの植え付け準備にとりかかる。

 

 今月末の植え付けに向けて、春先の野良仕事も、ボチボチ忙しくなりそうだ。

 

【畑の作業】

 ※ 落ち葉堆肥作り

 1-B東西  土づくり:ホウレンソウ/小カブ跡


【今日の収穫】

 ブロッコリ(ハイツ)・茎ブロッコリ(スティックセニュール)・キャベツ(新藍)
 ネギ(石倉一本太葱)・ダイコン(大蔵大根)・ホウレンソウ(アグレッシブ)

コメント (6)

菜園日記:2月 第1終日曜日 堆肥箱DIY(2020年02月07日)

2021-02-07 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温15℃ 最低気温5℃

 2月、最初の週末は、南から暖かい空気が流れ込み、昨日、6日(土曜日)から、
 今日、7日(日曜日)は、4月上旬なみの暖かさとなった。

 2月は毎年、畑の土作りの一環として、堆肥作りをする。

 昨年からためてあった落ち葉や枯れ草、残渣を堆肥として積み込む予定で、
 今年は、劣化して朽ち果てそうな堆肥箱も思い切って新しく作りかえる事にした。

 

 まずは、近所のホームセンターで、コンパネを購入してから、作業に取り掛かる。

 
 
 簡易堆肥箱を作る為の調達資材は、以下の通り。
 
 

 これを、91cm×91cmのコンパネ3枚、45.5cm×91cmのコンパネ2枚、
 91cmにの長さに切った角材(2×2材)が6本と、45.5cmを長さの角材が4本
 に裁断する。

 

 

 そして、左、右側面のコンパネの両端に角材をビスでとめ、奥側のコンパネは
 両端から角材1個分をあけてビスで固定する。
 同様に手前のコンパネも両端から角材1個分をあけて、ビスでとめる。

 

 奥のコンパネの角材と左右のコンパネの角材をかみ合わせて、ビスで固定し、
 さらに、角を金折で補強しておく。

 

 手前のコンパネは、堆肥を入れやすいように下は固定して、上のコンパネは
 抜き差しが出来るように、手前の金折は、左右側面のコンパネのみビスで固定しておく。

 これで、大方の簡易堆肥箱は完成。

  

 防腐、防水用の塗料は塗らず、かなり手抜きのDIY作業となったが、
 2~3年使えれば良しとして、来週は落ち葉堆肥の積み込み作業を開始する。

  

【畑の作業】

 ※ 堆肥箱作り


【今日の収穫】

 ブロッコリ(ハイツ)・ホウレンソウ(アグレッシブ)・ネギ(石倉一本太葱)
 キャベツ(新藍)・ミズナ(早生水天)・ニンジン(冬採人参)

コメント (6)

菜園日記:1月 最終日曜日(2021年01月31日)

2021-01-31 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温10℃ 最低気温-2℃

 2021年の1月も今日まで、明日から2月に入る。
 農閑期の冬の菜園は、来春の作付け計画をたてながら、
 畑の「寒起し」をしたり「堆肥作り」や「ぼかし肥作り」と
 もっぱら「畑の土づくり」が主流になる。

 

 今日は、会社で一杯になった生ゴミ発酵容器を畑に持ち込み、

 

 発酵容器に溜まった生ゴミ液を採り、これを水で薄めて使えば、液肥として再利用できる。

 

 残りの一次発酵中の生ゴミは、堆肥作りの資源として堆肥箱へ投入。

 

 堆肥箱が劣化しているので、今年は、堆肥箱を新しく作りかえてから、
 堆肥作りを行う予定で、今日は、近所のお米屋さんから米ぬかを調達し、
 2月に向けて堆肥作りの準備をした。

  
 そのあと、休憩小屋を掃除して、古いマルチやビニール、劣化して折れた支柱等
 畑で出た、土に戻せないゴミをまとめて持ち帰り、分別して市役所のゴミ回収に出す。

 有機無農薬栽培にこだわって、野菜を育ててはいるが、ゴミゼロは、中々難しい。 
 

【畑の作業】

 ※ 休憩小屋 掃除
 ※ 生ゴミ液回収


【今日の収穫】

 ブロッコリ(ハイツ)・ダイコン(大蔵大根)・ネギ(石倉一本太葱)
 ホウレンソウ(アグレッシブ)・キャベツ(新藍)・春菊(さとにしき)
 ミズナ(早生水天)・ニンジン(冬採人参)

 

コメント (4)

菜園日記:1月 第4日曜日 (2021年01月24日)

2021-01-24 | 週末菜園日記

【畑の天気】雨(最高気温7℃ 最低気温2℃

 暦の上では、大寒(20日)も過ぎ、1月も残すところ1週間余りとなった。

 

 昨夜から、今日の午前中にかけて、関東甲信越は、大雪の予報だったが、
 南部を中心に雨となり、心配していた畑の雪かきは、やらずに済んだ。
 
 この雨では、野良仕事も出来ないので、休憩小屋の薪ストーブに火をおこし
 秋に集めていた落ち葉や枯れ枝で、草木灰作りをする。

 

 

 もともとが、廃材で自作した急ごしらえの掘っ立て小屋なので、薪ストーブの炭火で
 小屋を燃やさないよう、火を起す前には必ず床にバケツ1~2杯分の水をまいておく。

 

 こうすると、埃もたたず、薪ストーブの熱とあいまって、小屋の中の湿度も上がり、
 心地よく作業する事ができる。

 暖かいコーヒーを沸かして飲みながら、来春の畑の作付け風景を思い描きつつ、

 

 草木灰を回収して撤収する。

 

 帰りに近所のホームセンターに立ち寄ると、園芸売り場の前には、
 早くも、ジャガイモの特設コーナーが出来ていた。
 
 

 毎年、春の野良仕事は、ジャガイモの植え付けから始まる。
 今年は、どのジャガイモを育てようか?
 ジャガイモの品種選びも、また楽しい。
 
 

 

 こんな雨の日の休日は、自宅に戻り、畑の野菜とスーパーで買い込んで来た食材で、
 ごそごそ親爺料理を作りつつ一杯やる。

 

 「日々是好日」。今日も、そこそこ好い一日を過ごすことが出来たようだ。  

【畑の作業】

 ※ 草木灰作り。


【今日の収穫】

 ブロッコリ(ハイツ)・ダイコン(大蔵大根)・ニンジン(本紅金時人参)
 ネギ(石倉一本太葱)・ホウレンソウ(アグレッシブ)・ミズナ(早生水天)

コメント (6)