南会津流半農半スキー 和泉屋AK.T

夏は南郷トマト農家、冬はテレマークスクール&ガイドの和泉屋AK.T~~
南会津流半農半スキーのブログでーす!

5月18日 今日の畑

2022-05-18 18:55:59 | トマト

今日は久しぶりに朝からの全力快晴です!昨日までしばらく曇天、そして低温…。

今朝の最低気温は2.4℃でした。寒かった~

苗を育てているビニールハウス内は4℃台まで下がりました。う~む、あまりよろしくない低温条件でしたね…。

尾白山の残雪もあと少し。そろそろエゾハルゼミの鳴き声が聞こえてくる頃です。

さて、トマト苗はとってもシビアな水管理の時期です。

今日みたいなてっかてかの晴れた日ならば、どんどん水を欲するので気前よくガツンと水をあげれられるのですが、

昨日までの曇天や低温の日は、毎日の水やりにとても気を遣います。潅水(水やり)の量が多いと、腰の弱い徒長苗になってしまいます。

ただ水をやればいいのではありません。その日の欲しい分だけあげるのです。

苗にあげる水の量は、苗の成育ステージと天候(日照、湿度)によって変わってきます。

ちなみに今日は70㏄をあげることに。計量カップを傍に置き、エンジンポンプの微妙な出力調整、そして1株当たりに注ぐ時間を脳内メトロノームで調整します。

結果は…。日中の予想外の乾いた風の吹き付けで蒸散が進み水は全然足りませんでした~

今日の午後は、所属している山岳ガイド協会の総会を自宅でウェブ参加していたので、終了後、慌てて追加の水やりをしました…汗。

こんな感じでシビアな水管理はまだまだ続きます。

その間に畑では苗植え付けの準備を進めています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5月7日 今日の畑

2022-05-07 19:40:18 | トマト

連日、最高気温が25℃を越える夏日が続いております。

尾白山の残雪の白も、日に日に小さくなって行きます。麓からはナラ・クリなどの新緑がどんどんと先行するブナの新緑に追いつこうと必死です。

日中は暑いとはいえ、早朝は氷点下の日も珍しくありません。4日の朝はー0.3℃まで冷え込みました。

この時期は苗の温度管理に神経をとがらせます。

さて、畑では苗の定植に向けて着々と準備が進められています。

ミュージカルに陶酔した駅弁の売り子ではありません。一生懸命に秘密の特性肥料を撒いているのです。

施肥設計に基づいた肥料も大切ですが、やはり土つくりはもっと大事ですね。

今年はMMtBクラフトビールの麦芽カスや、キノコ菌床、米ぬか…、といろいろ試しております。

そして、赤いトラクター。

必ずといっていいほど僕の頭の中には、あの歌が脳内再生されます。

赤いトラクターの次は、畑のセグウェイの登場です。

今年もテンポよく鎮圧作業まで終わりました。

専務は防虫ハチネット張りに夢中です。

畑の準備のかたわら、そろそろトマト苗のシビアな水管理が始まります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5月3日 今日の畑

2022-05-03 18:12:31 | トマト

世の中はゴールデンウィーク後半に入ったようですね。畑の向こうの桜はほとんど散り、ブナ以外の樹々も芽吹きはじめ山も笑い始めました。

今朝は寒気が入り時雨模様。尾白山の1,100m以上は雪が降ったようです。どうりで寒いと思った~

でも、去年も5月3日に雪が降ったんですよね。この時期の寒気。特段、珍しいことでもありません。

さて、5月1日に待望のトマト苗が畑にやって来ました。ポットへの仮植です。

畑事業の強力な助っ人を交え、今回は2,000本を植えました。

根元の空隙を無くすための水極めを行い、活着を待ちます。

さーて、また今年も質実剛健、良質なトマト苗を育てるぞー!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月27日 今日の畑

2022-04-28 19:00:16 | テレマーク

4月下旬の南会津は晴れたり雨が降ったり交互に天気が入れ替わります。

27日の今日は雨。

畑から見える尾白山のブナの芽吹きは、標高1,100m付近まで登っています。

今年は残雪が多いので白と緑が良く映えています。

畑のお隣にある老後施設のソメイヨシノは、昨年より4日遅い満開となりました!

去年は鳥に食べられすっかすかの咲き具合でしたが、今年は密々の満開です。

さて、畑ではポットの土入れ作業が始まりました。

今年も東京営業部長が来場し、土入れ作業を手伝ってくれました。

専務との部長の作業掛け合いは、息がぴったりです。

本畑での屋根ビニール張りも同時進行です。さあ、トマト苗がそろそろやって来ます。それまでどんどん準備を進めます!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月22日 今日の畑

2022-04-23 18:42:10 | 里山の暮らし

さて、春熊猟ばかりに心血注いでるわけではありません。

畑の雪もすっかり解け、スズメノカタビラが緑の芝生のようになって来ました。

昨年のトマトのモダ樹もからからに乾いています。

モダ樹を集めて火入れの準備です。

消防署に揚炎の申請をし、燃やします。燃えた灰は土つくりの材料になり、病害の消毒にもなります。

今年は雪解けも遅く、乾燥があまいため燃えが悪いな…。

モダ燃やしが終わったら、今度は南会津マウンテンブルーイングMMtB関根くんからもらった麦芽カスを撒きます。

この麦芽カスを土に混ぜ込み、育ったトマトはクラフトビール「トマトセゾン」へと生まれ変わります。

地元のトマトを使ったトマトのクラフトビール、またこの夏も楽しみだ!

 

畑から見上げる尾白山では、ブナの芽吹きがどんどんと駆け上がっています。

畑に行く途中の用水路際には、カタクリが咲いていました。

そろそろ桜も満開です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする