南会津流半農半スキー 和泉屋AK.T

夏は南郷トマト農家、冬はテレマークスクール&ガイドの和泉屋AK.T~~
南会津の楽しい田舎暮らしのブログです!

初冬の尾白山、周回ルート。

2018-11-25 15:19:29 | 

この3連休前半の冬型で、里にも待ちに待った初雪をもたらし尾白山もすっかり白くなった。

農業モードだった身体を、早く山モードに戻すべく初冬の尾白山へ向かった。

今回は宮沢登山口からの周回ルート。(2年前には小塩口からの周回ルートを登っている)

宮沢登山口へ車を置き、宮沢入川を遡る。

山頂へそのまま向かう尾根に取りつき、ヒメコマツ主体の尾根をひたすら辿る。

おそらく昨日のものと思われるクマの足跡の先には、ヒメコの樹皮を引っ掻き、樹液を舐めまくったと思われる跡が。

3年前の同じころ、裏山の杉林で同じものを目撃し、直後に子連れのクマに追っかけられるという憂き目をみたので用心する…。

ブナに刻まれた大正15年のナタ目。90年以上前のナタ目だ。

昔の人は山と密接に関わっていたのだろうな。でも、昔だから…と片付けたくはない。自分も南会津で暮らすなら、スキーでも鉄砲ぶちでも舞茸とりでも昔の人(といっても今の70歳代以上の先輩たち)と変わらず奥山と関わって生きたいものだ。

木々の間から尾白山の1,278m峰が見えてきた。あの尾根には登山道が通っている。

それにしてもこの宮沢尾根は、姫小松の巨木揃いだ。胸高が直径1m以上もある松がずんぐりと立っている。

ようやく山頂が見えてきた。まだ松尾根の藪こぎが続く…。

振り返ると辿ってきた松の尾根。集落の向こうには唐倉山が見えた。

山頂が近づくにつれ、中途半端に倒れた笹や灌木のラッセルとなり、スピードが上がらない。黙々と藪こぎラッセル。

やっと山頂へ! 登り出して4時間半。時間以上に藪尾根は長く感じた。気温0℃、積雪30~40㎝ほど。

漕いできた尾根を振り返る。

東の遠くに甲子峠の旭岳がくっきり見えた。

風の無い山頂でゆっくりコーヒータイム。日が傾きかけて来る頃、高速道路のような登山道を降り始めた。

登山道にはフレッシュなクマの足跡が!いつか猟で対峙したいものだ。

今日は降りずに尾白山のブナ森でゆっくり過ごす。

ウィスキーをちびりちびり、NHKラジオを聴きながらいつの間にか寝た。が、濡れて冷たく何度も起きた…。

尾白山からの美しい朝焼け。しばし見入る。

先行するカモシカの後を追うように下山。

麓はまだ茶色い世界。

無事、宮沢口に下山。お疲れさまでした~!

2018-19 テレマークスクール&スキーガイド和泉屋AK.T

コメント

畑仕舞い、完了! そして狩猟解禁!

2018-11-23 21:37:41 | 里山の暮らし

怒涛のトマト農園畑仕舞い、やっと完了しました~!

やっとほっとできますね。さて、これからテレマークスキーやスキーガイドの準備を進めていきたいと思います。

そして、トマト事業終了と同時期に狩猟が解禁されましたよ!

鉄砲のメンテナンスやら、負い環の取り付けやら、準備を整え解禁日を迎えました。

猟友会の先輩たちに連れられ、カモ打ちに行ってきました。

腕のいいみなさん、次々とカモを撃ち落としましたが、私はハズレ三昧…。一羽も打ち取れず~!残念…。

でも、とても勉強になりました。羽毛のむしり方から、内臓出しや血抜き、そしてさばき方。出汁のとり方まで!

単純に焼いて食べるのも美味しかったし、ガラで出汁を取ったそばも美味しかったね~

早く初獲物をいただきたいと、裏山へ出掛けてみるが…。私の腕は、まだまだです。

半農半スキー、そして狩猟。自分なりの目指すべき南会津流の暮らし方が、いよいよ出来上がって来ました!

2018-19 テレマークスキー&スキーガイド和泉屋AK.T

コメント

トマト収穫終了&畑仕舞い、急ピッチ!

2018-11-09 19:27:47 | トマト

朝日に染まる尾白山は、もうすっかり落葉し冬の覚悟は出来ているようだ。

俺はまだ冬の覚悟はできてねえ。早くしねーと!

急ピッチで畑仕舞いを進めている。

東京からやって来たトマト応援隊のみなさんの力添えもあり、ここまで順調だ。本当に毎年ありがとうございます…。

今年は最後まで沢山のトマトが成った。

もったいないけど、採りそびれたトマトはまた畑に帰っていただこう。また来年のトマトの素になってくれますように…。

今シーズンは猛暑で大変な年でしたが、和泉屋トマト農園はなんとか大きな減収もなく切り抜けられました。

トマトを楽しみにしてくださったみなさん、今年もありがとうございました。

変動の大きい気候との駆け引きを楽しみながら、また来年もたくさんトマトが取れるように工夫してがんばりますのでよろしくお願いいたします。

11月1日に尾白山が初冠雪。昨年とほぼ同じ。

でもその後は気持ち悪いくらいの暖かい日が続いている。南米赤道付近ではエルニーニョ現象が始まってしまったようだが、

庭のカマキリ卵塊は平年並みに高いし、カメムシも異常に多い。

今年の冬はどちらに転ぶのか?

いよいよ狩猟が解禁となる。

狩猟登録もしたし、今年から雪の山で獲物を追いましょう。今シーズンからテレマーク&狩猟を実践していきたいと思う。

コメント

矢ノ原湿原、尾白山

2018-10-23 19:49:14 | 

10月17日。天気予報通り、寒冷前線の通過で朝は大粒の雨。

せっかく東京から電車とバスを乗り継いでお越し下さったI徳さんとS部長。紅葉の尾白山を諦め、昭和村にある矢ノ原湿原へと向かいました。

この日の矢ノ原湿原は、まだ紅葉がちょっと早い感じです。

静かな空間に、沼に生息する大きなコイの水面を叩く音が時々響きます。

沼と湿原のほとりの道を、ゆっくりと1時間かけて一周しました。

真っ赤へと向かうヤマモミジも、また美しい。

足元のゼンマイ縁取り紅葉も、また味があります。

木道から水面をよーく見ると、ムラサキミミカキグサが咲いていました。これ、食虫植物。タヌキモの仲間です。

日本在来のスイレンであるヒツジグサ。徐々にワインレッドに紅葉するでしょう。

いつの間にか空は青空に。代官清水でお昼を食べ、静かな矢ノ原湿原を後にしました…。

10月20日。今日はS部長、タカノ氏、ユキちゃん、チサさんと尾白山へ向かいました。

尾白山名物の急登&急登。うつむきながら黙々と登ります。

1,100m付近のブナ森も色づき、明るい森となっていました。

ヒトツバカエデの黄葉が、さらに森を明るくします。

稜線からはいったん視界が開けるものの、あっという間にガスに包まれてしまいます。

ガスが無ければ紅葉の大斜面なのですがねえ…。

霧に包まれた紅葉も、また良いものです。

みなさん、お疲れさまでした!また来年も晴れた紅葉を楽しみにお越しくださいませ~!

ありがとうございました。

10月22日。赤い尾白山がくっきりの朝。初霜が降りました。

コメント

トマト登山部、部活動はじまる

2018-10-14 18:15:50 | 

早朝、トマトハウス越しに見える尾白山も日に日に秋色になってきている。

我々トマト登山部メンバーも収穫のピークを終え、冬に向けて気持ちが少しずつ目覚めてきた。

今年の猛暑のせいか、トマト農家はみないつも以上にに疲労している。かくある私もスキーガイドでありながら情けないほどの疲労&運動不足で腰まで痛めた。これではいかん!と冬に向けて部活動を開始!

10月9日。まずは阿久津・マサ・ハギマのメンバー3人で尾白山へ。それぞれ朝の収穫を終え、阿久津の和泉屋トマト農園に集合。宮沢登山口から尾白山へ。

1,100m付近のブナ尾根は、まだ色付き始めたころ。10月15日の週からは見頃になるだろう。

1200m付近では、オオカメノキが赤く染まりヒトツバカエデの黄色が鮮やかになりつつある。

1,278m峰の斜面の紅葉はまだちょっと早いかな~。10月15日の週が見ごろになりそうだ。

尾白山の稜線は景色がいい!今朝集合した我が和泉屋トマト農園もよーく見えるよ~

標高1,390mの山頂付近はご覧の通り。ミネカエデ、ミヤマナラ、マルバマンサクなどが色とりどり染まっている。

この山行後、麓は毎朝一桁の最低気温になている。15日以降が見ごろになるだろう。

10月13日。今度は阿久津・岩崎&Jr・ハギマのメンバーで大嵐山(おおあれやま)へ。

湯ノ花温泉のすぐそばの山で、会津でもかなり渋い山だ。

行程の半分は清々しいサワグルミの美林を歩く。

林床のシダ群落は鮮やかな緑。紅葉がぱっとしない森を引き立たせている。

沢が終わると、稜線まで急登が続く。疲れた様子の岩崎Jr。しかし、このあと驚くほどの怪童ぶりをみせる!

1,450mから山頂までの尾根に出ると、やっと視界が開けた。

ヤマグルマ、ヒメコマツ、クロビの緑とドウダンの紅葉コントラストは、なんか今一つ。

猛暑や大型台風の影響か、紅葉ならず落葉してしまっている感じ。

登山口から2時間40分ほどで山頂へ。細長く広い山頂からは南郷トマトの水源の山々が見渡せる。

自分たちが作る美味しい南郷トマト。その源の山々を農家だって知りたいのだ。そして、滑りたいのだ。

トマト登山部、今シーズンの部活動の始まりです!

コメント (2)