漢字の音符

漢字の字形には発音を表す部分が含まれています。それが漢字音符です。漢字音符および漢字に関する本を取り上げます。

音符 「犮 ハツ」 <災いを取り除く> と 「抜バツ」

2015年10月08日 | 漢字の音符
犮[友] ハツ・バツ  犬部           

解字 犬を犠牲とした形の象形。「犬+ノ」で、犬に「ノ」印をつけて犠牲(殺す)にしたことを示している。犬を犠牲にして神に供え、災いを取り除く意を表わす。祓フツの原字。部首は犬部。新字体では、犮⇒友に変化する。
意味 はらう。ころす。

イメージ  災いを 「取り除く」 (祓・抜・髪・魃)
       「犠牲にする」 (跋)
音の変化  ハツ:髪  バツ:抜・魃・跋  フツ:祓

とりのぞく
 フツ・はらう  示部
解字 「示(祭壇)+犮(とりのぞく)」 の会意形声。神(祭壇)に祈って災いを取り除くこと。
意味 はらう(祓う)。はらい清める。「祓除フツジョ」(祓い除く)「修祓シュウフツ」(おはらいをすること)
[拔] バツ・ハツ・バチ・ぬく・ぬける・ぬかす・ぬかる  扌部

解字 旧字は拔で、「扌(手)+犮(とりのぞく)」 の会意形声。ものを手で取り除くこと。新字体は、拔⇒抜となる。
意味 (1)ぬく(抜く)。引き抜く。ぬける(抜ける)。「抜刀バットウ」(刀を抜くこと) (2)選び出す。「抜粋バッスイ」「選抜センバツ」 (3)ぬきんでる(抜きんでる)。「抜群バツグン」「卓抜タクバツ
 ハツ・かみ  髟部かみがしら
解字 旧字は髮で、「髟(長いかみ)+犮(とりのぞく)」 の会意形声。髟ヒョウは「镸(長の変形)+彡(細かいものがたくさん並んでいるさま)」で、長く豊かな髪の毛の意。これに犮(とりのぞく)がついた髮は、長いかみの毛を取り除く意で、祓いのため髪の毛を切った形の字と考えられるが、現在そのような意味は残っておらず、髪の毛を表わす。従って、解字は、「髟(かみ)+犮(ハツ)」の形声で、髟(かみ)の発音・ハツを表している。新字体なので下部は友に変化する。
意味 (1)かみ(髪)。かみの毛。「頭髪トウハツ」「毛髪モウハツ」 (2)髪の毛を結った形。「髪型かみがた」「日本髪にほんがみ
覚え方 かみ()は、とも()だちで、
 バツ・ハツ  鬼部
解字 「鬼(鬼神)+犮(とりのぞく)」 の会意形声。鬼神が地上の水分をとり除くこと。ひでり。
意味 (1)ひでりの神。 (2)ひでり。「旱魃カンバツ

犠牲にする
 バツ・ハツ・ふむ  足部
解字 「足+犮(犠牲にする)」 の会意形声。足を犠牲にする、すなわち足が萎(な)えること。本義は足がよろける・つまずく意。のち、ふみつける・ふみこえる意になったのは、よろけて歩く意からの転義と思われる。
意味 (1)つまづく。あしなえ。 (2)ふむ(跋む)。ふみつける。ふみこえる。「跋渉バッショウ」(山野を越え川を渡る)「跋扈バッコ」(扈は街中、街中をふみつけて歩く。我がもの顔にふるまう:のさばりはびこること) (3)(足がよろけて到着が一番最後になることから)あとがき。書物の終りに書く文。「跋文バツブン
<紫色は常用漢字>

                バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。





ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 音符 「飛ヒ」 <とぶ> ... | トップ | 音符 「工コウ」 <ノミで... »

コメントを投稿

漢字の音符」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事