漢字の音符

漢字の字形には発音を表す部分が含まれています。それが漢字音符です。漢字音符および漢字に関する本を取り上げます。

音符 「盾ジュン」 <たて>

2013年09月29日 | 漢字の音符
 ジュン・トン・たて  目部   

解字 甲骨文は盾(たて)の形の象形。金文の一字に目の上におおいのある形のものが出現し、篆文の「おおい+十(集中させる)+目」 の形となり現代字につづく。十は「針」のように先を集中させる意味があり、盾は、おおいの後ろで目を集中させて敵に注意をはらう形の象形で、たてを意味する。
意味 (1)たて(盾)。矢・槍などを防ぎ、からだを隠す板状の武器。「矛盾ムジュン」(矛ほこと盾たて。つじつまがあわないこと) (2)自分の立場をまもること。「~を盾にする」「~に盾突く」(反抗する=楯突く)

イメージ 
 「たて」
(盾・楯・循) 
 「たてにかくれる」(遁)
音の変化  ジュン:盾・楯・循  トン:遁

たて
 ジュン・たて  木部
解字 「木+盾(たて)」の会意形声。木製の盾。
意味 (1)たて(楯)。盾とも書く。弓矢・槍などを防ぐ武具。「楯突(たてつ)く」(はむかう) (2)記念・賞の杯。「優勝楯ユウショウたて
 ジュン・したがう・めぐる  彳部
解字 「彳(ゆく)+盾(たて)」の会意形声。軍隊が盾を持って行進すること。各地を行くので人心を安んじる・人々が従う意となる。また、巡ジュンに通じ、めぐる意もある。
意味 (1)安んじる。なでる。「循撫ジュンブ」(人心を安んじる) (2)したがう(循う)。「循例ジュンレイ」(前例に従う) (3)めぐる(循る)。「循環ジュンカン」(めぐり回る)「悪循環アクジュンカン」「循行ジュンコウ」(めぐり行く)

たてにかくれる
 トン・シュン・ジュン・のがれる  辶部
解字 「辶(ゆく)+盾(たてにかくれる)」の会意形声。盾にかくれるようにこっそり逃げること。常用漢字でないため、二点しんにょう。
意味 (1)のがれる(遁れる)。かくれる。「遁走トンソウ」(逃げ走る)「遁世トンセイ」(俗世間との交渉を断つ。仏門に入る)「隠遁イントン」(世間をのがれて隠れる) (2)しりごみする。あとずさりする。「遁巡シュンジュン」(=逡巡)
<紫色は常用漢字>
コメント

音符 「備ビ」 <えびらを背負う>

2013年09月26日 | 漢字の音符
[僃(正字) ビ・ヒ・そなえる・そなわる  イ部           
  
解字 正字は僃で「イ(人)+えびらの形」の会意形声。えびらは矢をいれて背負う武具で、人がえびらを背負って戦いに備えることをいう[字統]。備は俗字。
意味 (1)そなえる(備える)。そなえ。「準備ジュンビ」「備品ビヒン」「備蓄ビチク」 (2)そなわる(備わる)。そろっている。「完備カンビ」「具備グビ」 (3)つぶさに。みな。
覚え方 人()は21(廾一)の()よう()にえる。

イメージ 
 「そなえる」
(備・糒) 
 「えびら」(鞴) 
 「同音代替」(憊)
音の変化  ビ:備・糒  フク:鞴  ハイ:憊

そなえる
 ビ・ほしいい  米部
解字 「米(こめ)+備の略体(そなえる)」の会意形声。兵糧米として備蓄する米。
意味 ほしいい(糒)。米を蒸して乾燥させたもの。水に浸せばすぐ食べられる。「糒糧ビリョウ」(ほしいいの兵糧)

えびら
 フク・ヒ・ふいご  革部
解字 「革(かわ)+備の略体(えびら)」の会意形声。革製のえびら(矢をいれるもの)。我が国では、ふいごの意に使う。
意味 (1)えびら。矢入れ。 (2)[国]ふいご(鞴)。ふいごう。風を送り火をおこす革製のふくろ。金属の精錬や加工に必要な火を起こすのに古代から用いられた。「鞴祭ふいごまつり」(鍛冶屋や鋳物師が旧暦11月8日に行なう祭。たたら祭。

同音代替
 ハイ・つかれる  心部
解字 「心(こころ)+備(ハイ)」の形声。ハイは備ビ・ヒの転音。疲(つかれる)がハイに転音したもので、心のついた憊ハイは疲れた状態をいう。
意味 つかれる(憊れる)。力も尽きる程くたびれる。「困憊コンパイ」(苦しみつかれる)「疲労困憊ヒロウコンパイ」「倦憊ケンパイ」(あきてつかれる)「衰憊スイハイ」(衰えつかれる)
<紫色は常用漢字>

   バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。



コメント

音符 「侯コウ」 <身分の高い人>

2013年09月23日 | 漢字の音符
 コウ・きみ  イ部               

解字 甲骨文は「厂(石の略体)+矢」 の会意。[甲骨文字辞典]は、「甲骨文字では地方領主の意味で用いられている。厂は反ハンにおいては(石器の武器を手でもつ形で)石製の武器として用いられているので、地方領主を石器や弓矢のような原始的な武器を持った勢力と見なした文字と考えられる」としている。金文は甲骨文と同じ形で、意味は諸侯(天子から受けた封土の人民を支配した人)および、官爵名として用いられている。
 篆文で上に人がつき、地方領主が人であることを示したものであろう。現代字は篆文の人の腕と厂のタテ線がむすびついてイとなり、人の残りと厂のヨコ線⇒ユに変化した侯となった。音符イメージは「身分の高い人」に設定した。
意味 (1)きみ(侯)。封建時代の領主・大名。「諸侯ショコウ」「王侯オウコウ」 (2)爵位の第2位。「侯爵コウシャク」 (3)まと。弓矢のまと。「射侯シャコウ」(まとを射る)「侯鵠コウコク」(まと、方十尺なるを侯といい、四尺なるを鵠という)
覚え方 「ひとゆや(イユ矢)で」と覚えると書きやすい。

イメージ  
 「身分の高い人」(侯・候・喉・猴)
音の変化  コウ:侯・候・喉・猴

身分の高い人
 コウ・そうろう・うかがう イ部
解字 「イ(人)+侯(身分の高い人)」 の会意形声。身分の高い人のそばについて仕える人。イ(にんべん)が重なるので、真ん中のイをタテ線にした候となった。意味は貴人のそばにつかえる意のほか、貴人をまつ、貴人の安全のためまわりの様子をうかがう等の意となり、さらに転じて「きざし」などの意に拡がった。
意味 (1)貴人のそばに仕える。「伺候シコウ」(おそばに奉仕すること) (2)まつ。待ちむかえる。「候補コウホ」(補任を待つ) (3)うかがう。ようすをみる。さぐる。「斥候セッコウ」「測候ソッコウ」 (4)きざし。しるし。「気候キコウ」「兆候チョウコウ」 (5)そうろう(候)。有る・居るなどの謙譲語・丁寧語。「候文そうろうぶん
 コウ・のど  口部
解字 「口(くち)+侯(=候。待つ・待ち迎える)」 の会意形声。口の奥で待ち迎えるところ。口の奥から、食道と気管の別れ口まで(のど)をいう。
意味 (1)のど(喉)。のどぶえ。「咽舌コウゼツ」(のどと舌。転じて、言論・言語のたとえ)「喉頭コウトウ」(のど仏の部分。ここを動かして食道へゆく物と気管にゆく空気を切り換えている)「喉笛のどぶえ」(のどの気管へ入るところ)「喉元のどもと」 (2)かなめ。要所。「喉衿コウキン」(のどと、えり。物事の中心になる部分)
 コウ・さる  犭部
解字 「犭(けもの)+侯(身分の高い人)」 の会意形声。身分の高く衣冠をつけている人が、ケモノのように礼儀がないさまを言ったことから、転じてサルの意となった。
意味 さる(猴)。ましら。「猿猴エンコウ」(猿も猴も、さるの意)「沐猴モッコウにして冠す」(服装が立派でも野卑で粗暴な人のたとえ。沐猴はサルのこと。サルが立派な冠をかぶる)「狙猴ソコウ」(さるの異称)
<紫色は常用漢字>



コメント

音符 「族ゾク」 <ひとつの旗のもとで誓うなかま>

2013年09月22日 | 漢字の音符
 ゾク・やから  方部

解字 「旗の略体(はた)+矢(や)」の会意。甲骨文の第一字は矢を二本描き、旗の下にたくさん矢をならべた形。旗は氏族(同じ血統の者)の旗であり、また、氏族軍の象徴である。矢は誓約するときに用いる。族は氏族旗のもとで誓約する氏族の構成員の軍士・族人をいう[字統]。
意味 (1)やから(族)。みうち。血つづき。「家族カゾク」「親族シンゾク」 (2)家柄。血統上の身分。「王族オウゾク」「豪族ゴウゾク」「貴族キゾク」 (3)なかま。同類。「民族ミンゾク」「語族ゴゾク」「カミナリ族」 (4)矢じり。(=鏃)

イメージ  
 旗のもとに氏族構成員が「あつまる」(族・蔟・簇)   
 旗のもとに「あつまった矢」(鏃)
音の変化  ゾク:族・蔟・鏃  ソウ:簇

あつまる
 ゾク・ソウ・まぶし  艸部
解字 「艸(くさ)+族(あつまる)」の会意形声。蚕が繭まゆをつくるとき、群がり集まる草製の巣。ワラなどで人が作る。また、草が群がり生えること。
 まぶし(さいたま市立博物館展示)
意味 (1)まぶし(蔟)。蚕が群がってまゆを作る藁などで作った巣。「蚕蔟サンゾク」(まぶし)「上蔟ジョウゾク」(成長した蚕を蔟に移すこと) (2)あつまる。むらがる。
 ソウ・ゾク・むらがる  竹部
解字 「竹+族(あつまる)」の会意形声。竹がむらがり生えるさま。
意味 (1)むらがる(簇がる)。あつまる。「簇生ソウセイ・ゾクセイ」(むらがり生ずる)「簇簇ソウソウ」(むらがり集まるさま) (2)ささだけ。小さい竹。

あつまった矢
 ゾク・ソク・やじり  金部
解字 「金(金属)+族(あつまった矢)」 の会意形声。あつまった矢のうち、金属でできている先端部分の「やじり」をいう。やじりは古く石製や骨製だったため、金がついた鏃は篆文からできた字。
意味 やじり(鏃)。矢の先のとがった部分。矢の根。「石鏃セキゾク」(石のやじり)「鉄鏃テツゾク」(鉄製の鏃)
<紫色は常用漢字>

   バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。




コメント

音符 「矢シ」 <や>

2013年09月20日 | 漢字の音符
 シ・や  矢部          

解字 甲骨文字は矢の象形で、上部は矢じり(矢の先端のとがった部分)、下部は矢羽を表している。金文は矢羽の上部に肥点がついた形。篆文はかなり変形し、現代字はさらに変化した矢になった。この字形は甲骨文字のおもかげを留めていないが、しいて言えば、上部の𠂉が矢じり、下部の𠆢が矢羽になる。矢は誓いをするときに用いるので、ちかう意もある。
意味 (1)や(矢)。「矢立やたて」「矢面やおもて」「矢鏃やじり」 (2)ちかう。「矢言シゲン
参考 矢は部首「矢や」となる。漢字の左辺について矢の意味を表す。常用漢字では、矢、知(「矢+口」の会意)、短タン(矢+音符「豆トウ」)、矯キョウ(矢+音符「喬キョウ」)の4字。その他に、矩(「矢+音符「巨キョ」)、矮ワイ(女+音符「委イ」)、などがある。

イメージ  「矢」(矢・雉・疾・嫉)  
       「テイの音」(薙)
音の変化  シ:矢  シツ:疾・嫉  チ:雉  テイ:薙


 シツ・やまい・はやい  疒部          

解字 甲骨文字と金文は、大の形の人の脇に矢が刺さっている形で、矢の攻撃で傷を負う意。篆文は、「疒(やまい)+矢(や)」 の会意形声で、矢傷のほか、矢のように速く進む急性や流行性の病気の意。また、矢の意から、はやい意味もある。
意味 (1)やまい(疾)。やましい(疾しい)。急性・流行性の病。「疾病シッペイ」(疾も病も、やまいの意)「疾疫シツエキ」(はやりやまい) (2)はやい(疾い)。「疾走シッソウ」「疾雨シツウ」(激しくふる雨)「疾風シップウ
 シツ・ねたむ・そねむ  女部
解字 「女(おんな)+疾(急性の病)」 の会意形声。急にでる短気や短慮からくる感情をいう。女性に多いわけでないが、男性が漢字を作ったので女性に多いと感じたのだろう。
意味 ねたむ(嫉む)。そねむ(嫉む)。にくむ。「嫉妬シット」(うらやみねたむ)「嫉視シッシ」(ねたましく思って見る)
 チ・ジ・きじ  隹部   

解字 「隹(とり)+矢(や)」 の会意形声。甲骨文の第1字はキジを下から矢で射る形。第2字は矢に糸をつけた「いぐるみ」という矢とキジを描き、キジを矢の糸にからませて獲る形。いずれも矢を用いて捕るキジを表す。金文以後は、矢と隹を並列に描く。
意味 きじ(雉)。キジ科の鳥。山地から平地にかけての山林・農地などに棲む留鳥。歩くことが多く、飛んでも距離は短い。「雉子きじ」「雉兎チト」(きじとうさぎ。また、それらを捕える猟師)

テイの音
 テイ・チ・なぐ  艸部
解字 「艸(くさ)+雉(テイ)」 の形声。テイは剃テイ(そる)に通じ、草をそるように刈ること。
意味 (1)なぐ(薙ぐ)。なぎる。草を刈る。刃物などで横に切り払う。「薙刀なぎなた」(反った長い刃をつけた長柄の武器)「草薙くさなぎの剣つるぎ」(日本武尊が東征の折、草を薙ぎ払った剣。三種の神器の一つ) (2)そる。髪の毛をそり落とす。「薙髪テイハツ・チハツ=剃髪」
<紫色は常用漢字>

                バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。

コメント