漢字の音符

漢字の字形には発音を表す部分が含まれています。それが漢字音符です。漢字音符および漢字に関する本を取り上げます。

音符 「ヒ ヒ」 <さじ・女性の祖先>

2016年12月26日 | 漢字の音符
 ヒ・さじ  ヒ部 

解字 甲骨文字は、手を曲げている人の側面形。甲骨文では二世代以上前の女性祖先の意味で使われている。女性の何らかの仕草を表したと思われる[甲骨文字辞典]。何の仕草かは不明(手を合わせて拝む姿かもしれない)。金文で同じ発音の「さじ」の意に仮借カシャ(当て字)された。のち、女性祖先の意は女をつけた「女ヒ=妣」に分化した。また、さじや杓子は食べ物をすくったり、とりわけることから、食事に使う小刀もさすようになり、のち「ヒ首あいくち」の意となった。
意味 (1)さじ(ヒ)。匙とも書く。しゃもじ。「ヒ箸ヒチョ」(さじとはし) (2)あいくち。短刀、また短剣。「ヒ首ヒシュ・あいくち」(鍔つばがなく柄口と鞘さや口がぴったり合うようにできた短刀。両方の口が合うことから、あいくちと言う)

イメージ  
 「さじ」
(ヒ・匙)
 原義である「女性祖先・女性」(妣・牝)
 「ヒの発音」(匂)
音の変化  ヒ:ヒ・妣  ヒン:牝  シ:匙  におう:匂

さじ
 シ・さじ  ヒ部
解字 「ヒ(さじ)+是シ(さじ)」の会意形声。是は、さじを表した象形文字であるが、仮借カシャ(当て字)され「ただしい・これ・この」の意に使われる。本来のさじの意を表すために匕(さじ)と組み合わせた匙の字が作られた。(匙の音符は是となる。参考のため重出した)
意味 さじ(匙)。液体や粉末をすくいとる道具。スプーン。「茶匙ちゃさじ」「小匙こさじ」「匙加減さじかげん」(薬を調合する際の加減。状況に応じた手加減)
 
女性祖先・女性
妣[女ヒ ヒ  女部

解字 甲骨文字は腕を曲げている人の側面形。甲骨文では二世代以上前の女性祖先の意味で使われている[甲骨文字辞典]。金文第2字で女がついた「女+ヒ」の字があらわれ女性祖先の意味をはっきりさせた。篆文から、死去した母親の意となり、ヒが同音の比になった「妣」となり現在につづく。
意味 なきはは(亡き母)。はは。「先妣センピ」(亡き母)⇔先考センコウ(亡き父)。「考妣コウヒ」(亡き父と母)「祖妣ソヒ」(亡くなった母と先祖)
 ヒン・めす・め  牛部
解字 「牛(うし)+ヒ(女性)」の会意形声。メスの牛の意。甲骨文字からある字。ヒは女性祖先の意であり、これに牛をつけて牛のメスを表した。甲骨文では羊や豕ぶたにヒをつけた字があり、それぞれの動物のメスの意を表した。のち、牛のメスである牝が、動物のメスを表す字となった。
意味 めす(牝)。⇔牡(おす)。鳥獣のめす。「牝馬ヒンバ」(めすの馬)「牝鶏ヒンケイ」(めすのニワトリ)「牝牡ヒンボ」(動物のメスとオス)

ヒの発音
<国字> におう  勹部  
解字 匀キンを書き変えた国字。匀は韵インの原字で、調子のそろったよい響きのこと。匂は二の代わりに「ニホヒ」のヒを入れ、よい香りの意とした。平安時代中期ころから用いられた[大修館漢語新辞典]。
意味 におう(匂う)。におい。よい香りがする。「匂い香においが」「匂袋においぶくろ
参考 いやなにおい「臭シュウ」に対して、いいにおいの意に用いる。
<紫色は常用漢字>

  バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。




コメント

音符 「昏コン」 <日暮れ>

2016年12月19日 | 漢字の音符
 コン・くれ・くらい  日部  

解字 甲骨文第1字は、「右向きの人が体をかがめている形+日(太陽)」 の会意で、かがんだ人よりも低い位置に太陽があることで日暮れの様子を表す。甲骨文第2字に、人の手に横線をつけて強調した形がある[甲骨文字辞典]。篆文に至りこの線がのびて、右向きの人⇒氏に変化した昏コンになった。日がくれる、くらい意となる。
意味 (1)くれ(昏れ)。日暮れ。たそがれ時。「黄昏たそがれ」「昏冥コンメイ」(くらやみ) (2)くらい(昏い)。道理にくらい。「昏愚コング」(道理にうとくて愚か) (3)くらむ。目がくらむ。まよう。「昏倒コントウ」(目がくらんで倒れる)「昏睡コンスイ」(深く眠る。意識を失い目覚めない)

イメージ  「日暮れ・くらい」 (昏・婚・
音の変化  コン:昏・婚・

日暮れ・くらい
 コン  女部
解字 「女(おんな)+昏(日暮れ)」 の会意形声。女を迎えて日暮れに行なわれる結婚式。古代では日が暮れてから結婚式が行なわれた。
意味 夫婦になる。縁組をする。「結婚ケッコン」「婚姻コンイン」「婚儀コンギ」「既婚キコン」「未婚ミコン
 コン  忄部
解字 「忄(心)+昏(くらい)」 の会意形声。心がくらくて道理がわからないこと。
意味 (1)くらい(い)。「コング」(道理にうとくて愚か=昏愚) (2)ぼける。ぼうっとしてわからなくなる。「コンボウ」(ぼうっとして忘れる)「コンゼン」(①心がぼんやりするさま。②くらいさま)
<紫色は常用漢字>

                バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。


コメント (3)

音符 「褱カイ」 <別れを惜しむ> と 「懐カイ」 「壊カイ」

2016年12月16日 | 漢字の音符
 カイ  衣部      

解字 「眔(目からたれる涙)+衣」の形。衣は上下に分かれている。死者の衣の襟もとに涙をたれる形。別れを惜しむ意で死者との儀礼を意味する。新字体に含まれるとき、上から「十罒衣」の形に変化する。褱を音符に含む字は、「別れを惜しむ」イメージがある。
意味 なつかしい(=懐)。

イメージ 「別れを惜しむ」(懐・壊)
音の変化  カイ:懐・壊

別れを惜しむ
 カイ・なつかしい・なつく・いだく・ふところ  忄部
解字 旧字は懷で、「忄(心)+褱(別れを惜しむ)」 の会意形声。別れを惜しむ心。なつかしい意から、さらに転じて、なつく・したしい、いだく・ふところの意ともなる。新字体は、懷⇒懐に変化。
意味 (1)おもう。おもい。なつかしい(懐かしい)。「懐旧カイキュウ」「懐郷カイキョウ」 (2)なつく(懐く)。したしむ。「懐柔カイジュウ」(てなずけ従わせる) (3)いだく(懐く)。ふところ(懐)。「懐紙カイシ」(たたんで懐にいれた紙。菓子などを取るのに使う)「懐妊カイニン」(妊娠する)
覚え方  こころ()に、とめころも(十罒衣)でしい
 カイ・エ・こわす・こわれる  土部
解字 旧字は壞で、「土+褱(別れを惜しむ)」 の会意形声。戦いなどに敗れ、住んでいた土地を去る時、別れを惜しみながら土地の神を祀る社を壊すこと。新字体は、壞⇒壊に変化。
意味 (1)こわす(壊す)。こわれる(壊れる)。やぶる。「壊滅カイメツ」(こわれてすっかりなくなる)「全壊ゼンカイ」「決壊ケッカイ」(堤防などがきれて壊れる)「壊血病カイケツビョウ」(血がこわれる病。ビタミンC の欠乏によって起こる貧血や出血の症状)「壊死エシ」(壊れて死ぬ。体の細胞や組織の一部が死んだ状態) (2)やぶれる(壊れる)。「壊走カイソウ」(やぶれにげる=潰走カイソウ
覚え方  つち()に、とめころも(十罒衣)で
<紫色は常用漢字>

  バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。

コメント

音符 「巳シ」  「己キ」 「已イ」

2016年12月14日 | 漢字の音符
 (み)は上に、(おのれ)(つちのと)下につき、半(なか)ば開(あ)くれば、(すで)に(や)む(のみ)

    シ <へび>
 シ・み  己部 

解字 蛇のかたちの象形。丸い形の頭に長く細くのびた胴を描く。干支の6番目に当てられ、蛇のほか時刻や方角を表す。
意味 み(巳)。十二支の第六。動物ではへび、時刻では午前10時ごろ、方位では南南東をさす。「巳の刻みのこく」「巳の日の祓い」(陰暦三月上旬の巳の日に行われる祓いの行事)

イメージ 
「へび」
(巳・祀)
音の変化  シ:巳・祀

へび
 シ・まつる・まつり  示部
解字 「示(祭壇)+巳(へび)」の会意形声。へびを神として祭ること。
意味 まつる(祀る)。まつり。神としてまつる。「祀廟シビョウ」(祖先や先人を祀った建物)「合祀ゴウシ」(合わせ祀る)「祭祀サイシ」(神や祖先をまつること)



    キ <ひもの象形>
 キ・コ・おのれ  己部     

解字 甲骨文字はフツ (二本の棒などを紐でしばりあわせた形)の字の棒を省いた形と似ており、紐の象形であると考えられる[甲骨文字辞典]。しかし、甲骨文字では、十干の第六番目に仮借カシャ(当て字)された。また、のちに「おのれ」の意にも仮借された。
意味 (1)つちのと(己)。十干(甲コウオツヘイテイコウシンジン)の第六番目。五行(木火土金水)では戊とともに土に当てる。「つちのと」は土の弟の意で、土に当てられた戊(つちのえ・土の兄)の次にくることから。 (2)おのれ(己)。自分。「自己ジコ」「克己コッキ」(おのれにかつ)「知己チキ」(自分を理解してくれる人)

イメージ  
 「ひも」
(己・紀・記)
 「同体異字」(起・改・忌・配・妃)
 「キの音」(杞)
音の変化  キ:己・紀・記・杞・起・忌  カイ:改  ハイ:配  ヒ:妃

ひも
 キ・のり  糸部        
解字 「糸+己(ひも)」の会意形声。己は、もともと紐の意味であり、これに糸をつけて元の意味である紐を表した。糸を何本もよりあわせた細い綱(つな)を表す。つなは人民をコントロールする意があり、転じて、統治するための、のり・きまりの意となった。また、紐の初めの意から、紀元という語で年代の意となり、さらにその年代の出来事をしるす意ともなる。
意味 (1)細いつな。「綱紀コウキ」(太いつなと細いつな。大小のつなで人民を統治する)(2)(統治するための)のり(紀)。きまり。すじみち。「紀律キリツ」「軍紀グンキ」「風紀フウキ」(風俗・風習の紀律)(3)紐のはじめ。いとぐち。「紀元キゲン」(紀も元も、はじめの意で、基準となる最初の年をいう)「紀元前キゲンゼン」「世紀セイキ」(最初の年からの世の中の意。100年を指す)「紀年キネン」(最初からの年数)(4)(最初からの年数を)しるす。記録する「紀事キジ」(事実の経過を記述する)「紀行文キコウブン」(旅行の行程をしるした文)「紀要キヨウ」(研究論文を収載した定期刊行物)
 キ・しるす 言部     
解字 「言(ことば)+己(しるす)」の会意形声。紀の意味(4)のしるす意を、言(ことば)をつけて表した字。おぼえる意ともなる。
意味 (1)しるす(記す)。おぼえる。「記録キロク」「暗記アンキ」「記憶キオク」 (2)記録や文書を司る役目。「書記ショキ」 (3)しるし。「記号キゴウ

同体異字
 キ・おきる・おこる・おこす  走部    

解字 篆文・旧字は「走(体の動作)+巳(へび)」の会意。へびが鎌首をもちあげるように、起きあがること。転じて、おこる・はじめの意ともなる。現代字は、巳⇒己に変化した起になった。
意味 (1)おきる(起きる)。たつ。「起床キショウ」「奮起フンキ」 (2)おこる(起こる)。おこす(起こす)。「起業キギョウ」「起工式キコウシキ」 (3)はじめ。はじめの句。「起句キク」「起源キゲン
 カイ・あらためる・あらたまる  攵部

解字 甲骨文は「攴(棒でたたく)+巳(へび)」の会意。へびを棒でたたき殺すことを示す。点線はへびから出た血であろう[甲骨文字辞典]。篆文で、巳⇒己に変化し、現代字は、攴⇒攵に変化した改になった。へびをたたいて殺すことから、敵を攻撃する意となり、その結果、(討ち)改める意となった。
意味 あらためる(改める)。「改革カイカク」「更改コウカイ」(改めかえる)「改宗カイシュウ」「改元カイゲン」(元号を改める)
 キ・いむ・いまわしい  心部      
解字 金文から「心+己」の形であるが、いろんな字典を見るも納得できる解字がみつからない。そこで、改とおなじく己を巳(へび)と解釈するとぴったりの意味がでるので、覚え方としていいのではないだろうか。己は紐のかたちなので、紐をみて「へび」だと思ったのかもしれない。
覚え方 「心+己(へび)」の会意形声。へびを見て怖れ避けること。
意味 (1)いむ(忌む)。いまわしい(忌まわしい)。おそれさける。「忌避キヒ」「禁忌キンキ」「忌憚(きたん)なく」(忌み憚ることなく) (2)喪に服する。「忌中キチュウ」 (3)死者の命日。「忌日キジツ」「年忌ネンキ
 ハイ・くばる  酉部

解字 甲骨文・金文は、酒壺のそばに人がひざまずく形(卩セツ)で、人が酒壺から酒をくばる(配膳)意。転じて、ならべる、つりあわせる、つれあい(夫婦)などの意となる。篆文から卩⇒己に変化した配になった。
意味 (1)くばる(配る)。わりあてる。「配達ハイタツ」「分配ブンパイ」 (2)ならべる。とりあわせる。つれあう。「交配コウハイ」「配偶者ハイグウシャ」 (3)したがえる。「支配シハイ
 ヒ・ハイ・きさき  女部

解字 甲骨文字は「女+巳(へび)」の会意で、意味は女性の名を表す。巳は祀(祭祀・まつり)に通じ巫女の意とみなす説もある[甲骨文字辞典]。金文で巳が、字形が近く発音を表す己に置き換わった妃になった。意味は金文で妣(亡き母)の名に用いられ、その後、身分の高い女官、そばめ等の意から、きさき・つれあいの意になった。
意味 (1)きさき(妃)。皇族・王族の妻。「王妃オウヒ」「正妃セイヒ」「妃殿下ヒデンカ」 (2)身分の高い女官。そばめ。「妃嬪ヒヒン」(身分の高い女官)「妃妾ヒショウ」(側室)

キの音
 キ・コ  木部
解字 「木+己(キ・コの音)」の形声。キという名の木。
意味 (1)木の名。かわやなぎ。水辺に生える柳のひとつ。「杞柳キリュウ」(高さ2~3メートルの落葉低木。茎を行李コウリ(荷物入れ)に編むのでコリヤナギともいわれる)「杞柳細工キリュウザイク」(兵庫県豊岡市のコリヤナギで編む伝統工芸品) (2)枸杞クコに使われる字。「枸杞クコ」とは、中国原産のナス科の落葉低木で、実は食用や薬用に利用される。 (3)周代の国名。現代の河南省杞県にあった。「杞憂キユウ」(無用の心配。杞の国の人が天が落ちてきたらどうしようと心配した故事から)


     イ <仮借カシャ(当て字)>
 イ・やむ・すでに・のみ  己部 

解字 人が物を携える形(以)から人を省いた携える物の象形。しかし、その原義に用いるられることなく、字形も「已」と「以」に分化して別の字となった。已は、仮借カシャ(当て字)され、やむ・すでに・のみ等の意に用いられる。
意味 (1)やむ(已む)。やめる。 (2)すでに(已に)。「已然イゼン」(すでにそうなっている)「既已すでに」 (3)のみ(已)。だけ。ばかり。「而已のみ」 (4)はなはだ。
<紫色は常用漢字>
       

         



コメント

音符 「黄コウ」 <黄色の佩玉> と 「広[廣]コウ」

2016年12月11日 | 漢字の音符
 黄は、これまで火矢の火の色である黄色説と、佩玉ハイギョクを帯びたかたち説があった。私はこれまで火矢説で解字していたが、佩玉の意と思われるコウがあるので、今回、佩玉説で解字した。しかし、火矢であっても佩玉であっても、黄色の意味の解字だけにとどまり、黄を音符とする字は、コウを除くと同音代替になる。  

[黃] コウ・オウ・き・こ  黄部

解字 甲骨文第一字は、人の腰のあたりに丸いものを巻いた形で、腰に佩玉ハイギョク(礼服着用のときに腰におびた玉)を帯びたかたちとされる。殷代の玉器には黄色いものが多く、そこから黄色の字義を表したと思われる[甲骨文字辞典]。第二字は腰のまるい線が田になった字でこれが後世に伝わった。金文になると上部に廿のかたちがつき、篆文で「大」の両手の部分が⇒八になり、さらに旧字で、八⇒一に変化した黃になった。新字体は、旧字上部の廿⇒艹に変化した黄になった。黄は黄色の佩玉であり、璜の原字。
意味 (1)き(黄)。きいろ。「黄土オウド」「黄河コウガ」「黄金オウゴン・こがね」「黄昏たそがれ」(夕焼けが黄色に染まって暮れるころ) (2)きばむ。黄色みを帯びる。「硫黄イオウ」「黄変オウヘン
参考 黄[黃]は部首「黄き・きいろ」になる。しかし、主な字は黌コウしかない。この字で黃は、部首であるとともに音符ともなっている。

イメージ 
 原義である「黄色の佩玉」(黄・
「同音代替」 (横・黌)
音の変化  コウ:黄・璜・黌  オウ:横 

黄色の佩玉
 コウ・オウ  王部
 七璜組玉佩   七璜組玉佩の下部
解字 「王(玉)+黃(黄色の佩玉)」の会意形声。黃コウが黄色の意となったため、原義である「黄色の佩玉」の意を、王(玉)をつけて表した字。佩玉の璜は、薄くて円く中央に穴のあいた璧玉ヘキギョクを半分にした形とされている。写真は七つの璜を組み合わせた七璜組玉佩シチコウソギョクハイ(河南博物院藏)。西周晩期のもので璜は黄色味を帯びている。璜と璜の間は赤色のメノウと青色のルリの貫玉で飾っている。
意味 儀礼用の玉器の名。璧を半分にした形で、祭礼に用いたり、腰に帯びる佩玉にする。「玉璜ギョクコウ」「璜璜コウコウ」(輝くさま)

同音代替
 オウ・コウ・よこ  木部
解字 旧字は、「木(き)+黃(コウ)」の形声。コウは衡コウ(よこ・よこぎ)に通じ、門などによこに渡して遮るかんぬきの木をいう。よこ・よこたわる意となる。また、縦が従順であるのに対し、横は横柄・横行など秩序に反する意ともなる。
意味 (1)よこ(横)。「縦横ジュウオウ」 (2)よこたわる。「横臥オウガ」 (3)横切る。「横断オウダン」 (4)わがまま。道理にあわない。「横行オウコウ」(道理にあわないことが平然と行なわれる)「専横センオウ」(わがままを押しとおす)「横柄オウヘイ」(偉そうにふるまうさま。押柄(おしから)の音読したことに由来する。「押柄」は押しの強い人柄という意味で、これが音読されて「おうへい」となり「横」の字を当てるようになったもの。)「横死オウシ」(むだに死ぬ)
 コウ  黄部
解字 「學(まなぶ)の略体+黃(コウ)」の形声。コウは校コウ(まなびや)に通じ、学ぶ校舎の意。
意味 まなびや。学校。「昌平ショウヘイコウ」(江戸幕府の学問所。主に旗本・御家人の子弟を教えた)「済々セイセイコウ」(熊本県立の高等学校の名前)



    広[廣] コウ < ひろがる >
[廣] コウ・ひろい・ひろまる・ひろめる・ひろげる  广部            

解字 旧字は廣で、「广(やね)+黃(コウ)」の形声。广ゲンは、崖ガケを利用して屋根を掛けた形とされる。発音を表す黃コウは黄色の意味なので、ここでは意味に関係なく発音だけを表している。ではコウは何の音を同音代替したのか。私は同音の光コウ(ひかり)だと思う。光は、「ひろがる」イメージがあり、これに广(やね)をつけた廣コウは、ガケ屋根の下に空間がひろがる大きいスペースをいう。転じて、ひろい意味を表わす。新字体は旧字の黃⇒ムに置きかえた広になった。ガケ屋根の下の空間を意味することから、広(廣)がつく音符は、鉱山の鉱や、土壙(はかあな)の壙など、岩や土に関係する字がある。
意味 (1)ひろい(広い)。「広場ひろば」「広大コウダイ」「広角コウカク」 (2)ひろめる(広める)。ひろがる(広がる)。「広告コウコク」「広言コウゲン

イメージ  「ひろがる」(広・拡・鉱・曠・壙)
音の変化  コウ:広・鉱・壙・曠  カク:拡

ひろがる
 カク・ひろげる  扌部
解字 旧字は擴で「扌(手)+廣(ひろがる)」の会意形声。手でひろげること。新字体は拡に変化。
意味 ひろげる(拡げる)。ひろがる。「拡張カクチョウ」「拡大カクダイ」「拡充カクジュウ」「拡散カクサン
 コウ・あらがね  金部
解字 旧字は鑛で「金(金属)+廣(ひろがる)」 の会意形声。地中にひろがる金属の原石のこと。新字体は鉱に変化。
意味 あらがね(鉱)。掘り出したままの金属の原石。「鉄鉱石テッコウセキ」「鉱山コウザン」「鉱脈コウミャク」「鉱毒コウドク
 コウ・あきらか・むなしい  日部
解字 「日(日光)+廣(ひろがる)」の会意形声。日の光がひろがって見通しがよいこと。あきらか・ひろい意となり、久しい・むなしい意も派生する。
意味 (1)あきらか(曠らか)。 (2)ひろい。おおきい。「曠野コウヤ」(=広野)「曠野あらの」(荒野)「曠達コウタツ」(心が広く物事にこだわらない) (3)むなしい(曠しい)。「曠日コウジツ」(無駄に日をすごす) (4)久しい。遠い。これまでに。「曠古コウコ」(昔から前例がない)「曠世コウセイ」(世にまたとない)
 コウ・あな  土部
解字 「土(つち)+廣(ひろがる)」の会意形声。土の中にひろがる穴の意味で、墓穴をいう。
意味 あな(壙)。はかあな。「壙穴コウケツ」(墓あな)「土壙墓ドコウボ」(地表面を堀りくぼめて造られた墓穴)
<紫色は常用漢字>

   バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。



コメント