漢字の音符

漢字の字形には発音を表す部分が含まれています。それが漢字音符です。漢字音符および漢字に関する本を取り上げます。

音符「仄ソク・ショク」<体をかたむける>と「昃ショク」

2019年08月28日 | 漢字の音符
 ソク・ショク・シキ・かたむく・ほのか・ほのめかす  人部

解字 篆文の少し前の字体である籀文チュウブンは、「厂(ガケ)+夨ショク・ソク(人が頭をかたむけた形⇒かたむける)」 の会意形声。体をかたむけてガケに身を寄せている人の形で、かたむく意を表す。篆文以降は、「厂+人」の形となった。また、発音のソクは側ソク(がわ・そとがわ)に通じ、中のことが外側にほのかに聞こえる意ともなる。
意味 (1)かたむく(仄く)。「仄日ソクジツ」(日がかたむく意で夕日) (2)漢字音の四声のうち平声以外の音。「仄声ソクセイ」(平声以外の、傾き(上げ下げ)のある発音)「仄韻ソクイン」(仄声の発音=韻)「平仄ヒョウソク」(平らな発音と上げ下げのある発音)「平仄が合わない」(漢詩を作るときに守るべき平声字と仄声字の配列が合わない。転じて、話のつじつまが合わない意) (3)ほのか(仄か)。かすかに。ほのめかす(仄めかす)。「仄聞ソクブン」(ほのかに聞く=側聞)

イメージ 「かたむく」(仄・昃)
音の変化 ソク:仄・昃
かたむ
 ショク・ソク・かたむく  日部

解字 甲骨文字は、午後に太陽が傾き人の影が斜めに伸びてゆくさまを描き、日がかたむく意で午後を表す。金文は「日(太陽)+夨ショク・ソク(人が頭をかたむけた形)」 の会意形声となり、篆文から「日+仄(かたむく)」の形になった。意味は日が傾くことで、午後の時間をいう。
意味 (1)かたむく(昃く)。日が西にかたむく。 (2)午後。日が西にかたむくころの時間。「日昃之労ニッショクノロウ」(昼食も食べずに午後を働く)「昃食ショクショク」(夕食)

   バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。



コメント

音符「虚キョ 」<中身がない>と「戯ギ」

2019年08月24日 | 漢字の音符
   歔キョを追加しました。
[虛] キョ・コ・むなしい  虍部

解字 篆文は、「丘(おか)+虍(コ)」 の形声。丘の字は甲骨文字からあり、それは△△で山が二つ並んだ形。音符「丘キュウ」を参照。篆文では一の上に人が背を向けた形に変化している。この字の丘は乾燥地帯の植物も生えない丘で、それに発音を示す虍(虎の意とは関係ない)をつけた虚コ・キョは、丘の間のくぼんだ所が何もない意を表す。新字体は、虛⇒虚に変化する。
意味 (1)むなしい(虚しい)。中身がない。から。うつろ(虚ろ)。「虚空コクウ」「虚無キョム」 (2)うわべだけの。実がない。うそ。「虚栄キョエイ」「虚礼キョレイ」 (3)すなお。「謙虚ケンキョ」 (4)よわい。「虚弱キョジャク

イメージ 
 「中身がない」
(虚・戯・墟・嘘・歔)
音の変化  キョ:虚・墟・嘘・歔  ギ:戯

中身がない
 ギ・ゲ・たわむれる  戈部
解字 「戈(ほこ)+虚(中身がない)」 の会意形声。武器である戈を、にぎやかにふざけて振り回すこと。本当でなく、あそびや戯れにすること。
意味 (1)たわむれる(戯れる)。たわける(戯ける)。ざれる(戯れる)。あそぶ。ふざける。「遊戯ユウギ」「戯画ギガ」(たわむれに描いた絵。こっけいな絵)「児戯ジギ」「戯事ざれごと」「戯歌ざれうた」 「戯作ゲサク」(①たわむれに書いた作品。②江戸時代後期の通俗小説の総称。黄表紙・洒落本など)(2)しばい。演技。「雑戯ザツギ」(奇術・軽業などの演技。民間の雑多な演技)「戯曲ギキョク」(雑戯の歌曲の意。演劇の脚本)
 キョ・あと  土部
解字 「土(土地)+虛(中身がない)」 の会意形声。地上に残った中身のない荒れはてたあと。
意味 (1)あと(墟)。昔あったものが朽ち果てて、空の廃墟だけが残ったところ。「廃墟ハイキョ」「殷墟インキョ」(甲骨文字などが出土した殷の都があった遺跡)「墟里キョリ」(荒れ果てた村里) (2)おか。大きな丘。
 キョ・うそ  口部
解字 「口(くち)+虚(中身がない)」 の会意形声。口から中身のない(言葉にならない)ものを出す意で、息をふくが原義。日本では中身のないことを口にする意で、うそ・いつわりの意となる。
意味 (1)[国]うそ(嘘)。いつわり。「嘘言キョゲン」「嘘うそも方便ホウベン」(嘘も時には必要な場合もある) (2)ふく。ながく息をはく。「吹嘘スイキョ」(息をはく)
 キョ  欠部
解字 「欠(口をあける)+虛(中身がない)」 の会意形声。口をあけて中身のない(言葉にならない)ものを出す意。嘘と同じ構造で息をはく意だが、歔は、すすりなく・ため息をはく意味で使われる。
意味 (1)すすりなく(歔く)。むせびなく。「歔欷キョキ」(歔も欷も、すすりなく意=欷歔キキョ)「歔泣キョキュウ」(すすりなく) (2)ため息をはく。「長歔チョウキョ」(長いためいき)
<紫色は常用漢字>   

    バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。

コメント

音符「離リ」<はなれる>と「离チ」「禽キン」

2019年08月19日 | 漢字の音符
  解字をやり直しました。
 リ・はなれる・はなす  隹部

  上は離、下は离
解字 離の甲骨文は取っ手のついた鳥網で鳥を捕獲したかたち。春秋戦国時代になると鳥が隹となって分離し、鳥網は上に山のような形が付いて変形した。篆文の鳥網は上部が屮になり、楷書は亠となった离となり、これに隹がついた離となった。楷書の离のうち、亠を除いた部分が甲骨文字の「柄の付いた鳥網」である。
 この字は本来、鳥網で鳥を捕獲する意味であるから網に「かかる」意味をもつ。しかし、後に「はなれる」意で使われるようになった。なぜ離れる意になったかは定かでないが、捕獲した鳥を網から「はなす」意からか。
意味 (1)はなれる(離れる)。はなす(離す)。「分離ブンリ」「別離ベツリ」「離宮リキュウ」「隔離カクリ」「離婚リコン」 (2)かかる(離かる)。つく(離く)。とりつく。「離殃リオウ」(わざわいに取りつかれる)「離騒リソウ」(騒=憂いに取りつかれる。屈原クツゲンの叙事詩の題名)

イメージ 「はなれる」(離・籬)
音の変化 リ:離・籬
はなれる
 リ・まがき  竹部
解字 「竹(たけ)+離(はなれる)」 の会意形声。竹と竹の間隔が離れている垣根。
意味 まがき(籬)。竹や柴をあらく編んだ垣根。「籬垣ませがき」「籬下リカ」(まがきのそば)

      チ <山の神獣> 
 チ・リ  禸部ぐうのあし

解字 春秋戦国文は「林+鳥あみを手でもつかたち)」 の会意。林の中で鳥網を使う形だが、どんな意味で用いられたか不明。篆文に至り、後漢の許慎は「獣の形をした山の神なり」とした。楷書は離の偏とまったく同じ形になった。単独で用いられることなく「獣の形の山の神」のイメージとなる。
意味 (1)山の神獣。魑と同じ。 (2)はなれる。離と同じ。

イメージ   
 「獣の形の山の神」(魑・螭)
 「はなれる」(黐)
 「リの音」(璃)
音の変化  チ:魑・螭・黐  リ:璃

獣形の山の神
 チ  鬼部
解字 「鬼(おに)+离(獣形の山の神)」 の会意形声。鬼のような獣形の山の神。
意味 すだま。ばけもの。もののけ。山の精。「魑魅チミ」(山林の気から発する怪物)「魑魅魍魎チミモウリョウ」(さまざまなばけもの)
 チ・みずち  虫部
解字 「虫(へび)+离(獣形の山の神)」 の会意形声。大蛇と獣形の山の神を合わせた伝説上の猛獣。
意味 みずち(螭)。あまりょう(雨竜)。黄色い竜。角のない竜。「螭魅チミ」(=魑魅)

はなれる
 チ・もち・とりもち  黍部
解字 「黍(もちきび)+离(=離。鳥が離れる)」 の会意形声。黍はここで「もちきび」で粘る意。飛び立って離れる鳥を捕らえる粘っこいもちをいう。
意味 もち(黐)。とりもち(黐)。ねばる。「黐竿チカン」(とりもち竿)「黐樹チジュ」(もちの木)

リの音
 リ  玉部
解字 「王(玉)+离(リ)」 の形声。リと呼ばれる宝玉。
意味 (1)玉の名。「瑠璃ルリ」(青色の宝石。また、ガラスの古名)「玻璃ハリ」(仏教用語で七宝の一つ。水晶) (2)「浄瑠璃ジョウルリ」に使われる字。仏教用語で、清らかで透明な瑠璃の意。また、三味線伴奏の語り物音楽のひとつ。


      キン <とり>
 キン・とり  禸部 ぐうのあし

解字 甲骨文第1字は、取っ手のついた網のかたち。第2字はさらに狩猟の対象である隹(とり)を加えた字[甲骨文字辞典]。金文は発音を表す今キンが追加され、この字の発音がキンであることを示している。特に金文第2字は横線の先を又(手)にして手でもつ意を加えた。篆文は金文第2字が変化したかたちで、上から「今キン+鳥あみ+手の変化した形」となり、楷書の禽キンとなった。禽の上から4画目までが今を表している。
 本来の意味は鳥あみだが、この字が「とり」の意を表すのは甲骨文第2字で分かるように、鳥を捕まえることを前提とした網だからと思われる。なお、禽と离の両者が似ているのは、字のなかに「取っ手のついた鳥網」が含まれているためである。「人やね+离=禽」と覚えると書きやすい。
意味 (1)とり(禽)。鳥類の総称。「家禽カキン」(家で飼う鳥。ニワトリ・アヒルなど)「猛禽モウキン」(性質が荒い肉食の鳥)「禽獣キンジュウ」(鳥とけもの) (2)とらえる。いけどる。「禽獲キンカク

イメージ  「とり・とりあみ」(禽・擒・檎)
音の変化  キン:禽・擒  ゴ:檎

とり・とりあみ
 キン・とらえる・とりこ  扌部
解字 「扌(手)+禽(とりあみ)」 の会意形声。手で禽(とりあみ)をもち、鳥を捕まえること。
意味 とらえる(擒える)。とりこ(擒)。いけどりにする。「擒縦キンショウ」(捕えたり放したり、自在にあつかうこと)「擒獲キンカク」(生けどりする)「生擒セイキン」(生けどり)「縛擒バクキン」(とらえ縛る)
 ゴ・キン  木部
解字 「木+禽(とり)」 の会意形声。禽(とり)が来る木の意。
意味 「林檎リンゴ・(リンキン)」 に使われる字。林檎とはバラ科リンゴ属の果樹、およびその果実。名前の由来は「林檎リンキンの果実は味が甘く、能く多くの禽(とり)をその林に来らしむ[本草綱目]」からとされる。つまりリンゴの実は甘く多くの禽(とり)がその林に来るから禽(とり)の来る木の林の意。
<紫色は常用漢字>

    バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。



コメント

音符「央オウ」<まんなか>と「英エイ」「映エイ」

2019年08月14日 | 漢字の音符
  霙エイ・みぞれ、を追加しました。
 オウ・なかば  大部

解字 正面を向いた人(大)の首に枷(かせ)をはめた形の象形。人の頭が首かせの中央にあることから中央の意を表わす。
意味 (1)なかば(央ば)。真ん中。「中央チュウオウ」「震央シンオウ」(地震の起きた真上の地点) (2)(首かせをはめられ死ぬことから)尽きる。やむ。「未央ビオウ」(尽きない)

イメージ 
 「まんなか」
(央・英・霙・瑛・鴦)
 「くびかせをはめる」(殃・鞅)
 「同音代替」(映)
音の変化  オウ:央・鴦・殃・鞅  エイ:英・霙・瑛・映

まんなか
 エイ・はなぶさ  艸部
解字 「艸(くさ)+央(まんなか)」の会意形声。葉の中央からのびた柄の先に咲く大きな美しい花のこと。転じて、うつくしい・すぐれた意となる。
意味 (1)はな。はなぶさ(英)。 (2)うつくしい。すぐれている。すぐれた人物。「英才エイサイ」「英傑エイケツ」「英雄エイユウ」 (3)国名。英吉利イギリスの略。「英語エイゴ」「英訳エイヤク
 エイ・ヨウ・みぞれ  雨部
解字 「雨(あめ)+英(はな)」 の会意形声。雪がとけて、花(英)のような雨となって降るもの。
意味 (1)みぞれ(霙)。雪が空中でとけてふんわりとした雨のようになって降ってくるもの。 (2)みぞれ(霙)。かき氷のメニューのひとつ。氷を削って雪のようにして蜜をかけたもの。 (3)「霙酒みぞれざけ」とは、麹(こうじ)がみぞれのように浮かんでいる酒。
 エイ  王部
解字 「王(玉)+英(はな。うつくしい)」 の会意形声。美しい玉。また映エイ(照りはえる)に通じ、玉の光をいう。
意味 美しい透明な玉。玉の光。「玉瑛ギョクエイ」(水晶の別称)「瑛瑶エイヨウ」(瑛も瑶も、美しい玉の意)
 オウ・おしどり  鳥部
 鴛鴦 (左がオス、右がメス)
解字 「鳥(とり)+央(まんなか)」 の形声。水鳥の背のまんなかが少しふくれた鳥。「鴛鴦エンオウ・おしどり」に使われる字。背のくぼんだ鴛エンがオス鳥(夗エンに、くぼんで曲がる意がある)、背がふくれた鴦オウがメス鳥をさす。
意味 「鴛鴦おしどり・エンオウ」とは、カモ科の水鳥の一種。おしどり。雄は後方のイチョウ葉形の羽が立つので背がくぼんで見える。逆に雌は、背がくぼまずふっくらとしている。雄雌むつまじく離れないので、夫婦仲のむつまじいことに例える。「鴛鴦夫婦おしどりふうふ」 

くびかせをはめる
 オウ・わざわい  歹部
解字 「歹(しぬ)+央(くびかせをはめる)」 の会意形声。首かせをはめた人が、それによって死にいたること。
意味 わざわい(殃い)。とがめ。災厄。「殃禍オウカ」(殃も禍も、わざわいの意)
 オウ・むながい  革部
解字 「革(なめしがわ)+央(くびかせをはめる)」 の会意形声。馬の首につける(首かせをはめたようにみえる)革ひも。
意味 (1)むながい(鞅)。むなかき(胸掛き)の変化した語。馬の首下から鞍にかけわたす革ひも。鞍が移動するのを防ぐ馬具。 (2)(むながいを付けて)せわしく働く。「鞅掌オウショウ」(せわしく働いて暇のないこと)

同音代替
 エイ・うつる・うつす・はえる  日部
解字 「日(ひ)+央(エイ)」 の形声。エイは影エイ(かげ)に通じ、日光によって明暗の境目や形が生じること。
意味 (1)うつる(映る)。光や色が反射する。「反映ハンエイ」 (2)うつす(映す)。影を出す。像をうつしだす。「上映ジョウエイ」「映像エイゾウ」 (3)はえる(映える)。照りはえる。反射する。
<紫色は常用漢字>

   バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。








コメント

音符「弓キュウ」<ゆみ> と「躬キュウ」「窮キュウ」「穹キュウ」「引イン」

2019年08月11日 | 漢字の音符
  蚓インを追加しました。
 キュウ・ゆみ  弓部

解字 弓の形を描いた象形。甲骨文・金文には弦を張った形と、弓体だけの形の二種がある。篆文以降は弓体の形を表わす。弓は部首になるとともに、音符にもなる。
意味 (1)ゆみ(弓)。「弓矢ゆみや」「弓道キュウドウ」「弓箭キュウセン」(弓と矢。武士) (2)弓の形をしたもの。「弓状キュウジョウ」「弓張月ゆみはりづき」(弓の弦を張ったような月。上弦・下弦の月をいう)
参考 弓は部首「弓ゆみ・弓へん」になる。漢字の左辺および下部に付き、弓および「弓なりにまがる」意味をあらわす。常用漢字で11字。約14,600字を収録する『新漢語林』には、58字が収録されている。主な字は以下の通り。
 孤(弓+音符「瓜コ」)・弦ゲン・つる(弓+音符「玄ゲン」)・弾ダン・たま(弓+音符「単タン」)・
チョウ・はる(弓+音符「長チョウ」)・強キョウ・つよい(虫+音符「弘コウ」)・弥ビ・や(弓+音符「尓ジ」)・弩(弓+音符「奴ド」)・弱ジャク・よわい(弓2つ+冫2つ、の会意)
 なお、弟テイ・弗フツは、字形に弓形が含まれることから弓部に属しているが弓との関係はない。また、引イン・弔チョウは弓部であるが、会意文字のため音符「弓キュウ」(本ページ)にも含めている。

イメージ 
 「ゆみ」
(弓・引・蚓・矧・弔) 
 「弓なりにまがる」(躬・窮・穹)
 「その他」(吊・弖)
音の変化  キュウ;弓・躬・窮・穹  イン:引・蚓  シン:矧  チョウ:弔・吊  て:弖

ゆ み
 イン・ひく  弓部
解字 「弓(ゆみ)+タテ線(直線状にひっぱる)」の会意。弓をひくこと。
意味 (1)ひく(引く)。ひっぱる(引っぱる)。「引力インリョク」「牽引ケンイン」 (2)導く。つれていく。「引率インソツ」 (3)ひきだす。ひきよせる。「引用インヨウ」「引証インショウ」(証拠として引用する) (4)しりぞく。さがる。「引退インタイ
 イン  虫部
解字 「虫(むし)+引(ひっぱる)」 の会意形声。引っぱって長くしたような虫で、ミミズを表す。
意味 みみず(蚓)。「蚯蚓キュウイン・みみず」(蚯も蚓も、みみずの意)「蚓操インソウ」(ミミズのみさお(操)。ミミズが土を食い水を飲むだけの生活をしている。それがミミズの操(自分の主義・主張)であって、それ以上のものを求めない生き方)「春蚓秋蛇シュンインシュウダ」(春のミミズや秋のヘビのように、字も行も、うねうねと曲がりくねっていること。字がへたなことのたとえ)
 シン・はぐ  矢部
解字 「矢(や)+引(弓をひく)」の会意。矢を弓で引くこと。矢を射る意であるが、仮借カシャ(当て字)して、「いわんや・まして」の意味となる。日本では、矢を作る人が作った矢を試しに射ることから、矢を作る意で用いられる。
意味 (1)いわんや。まして。 (2)[国]はぐ(矧ぐ)。矢竹に羽をつけて矢を作る。「矢矧やはぎ」(矢を作ること。矢を作ることを職業とする人。矢師。)「矢矧部やはぎべ」(大和朝廷で矢の製作を職業とした人の集団) (3)地名。「矢矧川(矢作川)やはぎがわ」(長野県・岐阜県・愛知県を流れ三河湾に注ぐ河川。名称は矢作橋(愛知県岡崎市)の周辺にあった矢を作る部の民のいた集落に由来している)
 はぐ(矧ぐ)は古くは、はく(佩く)。矢竹に羽を佩かせる意か。
 チョウ・とむらう  弓部           

解字 篆文は 「人+弓」の会意。亡くなった人の傍らに弓をおき、死者の霊を邪悪から守ること。転じて、死者の霊をなぐさめる意。のち、人の上部が略されタテ線のみとなった。
意味 とむらう(弔う)。死者の霊をなぐさめる。おくやみを言う。「弔問チョウモン」「弔辞チョウジ」「弔電チョウデン
覚え方 ゆみ()ひいた()やつを(とむら)い、チョウジ読む。(「漢字川柳」より)

弓なりにまがる
 キュウ・み・みずから  身部
解字 「身(からだ)+弓(弓なりに曲がる)」 の会意形声。弓のようにまがる柔軟な身体。
意味 (1)み(躬)。からだ。「躬身キュウシン」(からだ。からだを曲げて礼をする) (2)自分。みずから(躬ら)。「躬行キュウコウ」(自ら行なう)「率先躬行ソッセンキュウコウ」(人の先に立って、自ら物事を実行する)「躬耕キュウコウ」(自ら耕す)
 キュウ・きわめる・きわまる  穴部
解字 「穴(横穴)+躬(み。からだ)」 の会意形声。横穴に躬(み・からだ)を入れること。穴の中で行きづまる意となる。また、穴の中をつきつめて行く意もある。
意味 (1)きわまる(窮まる)。行きづまる。「窮地キュウチ」 (2)生活が苦しい。「困窮コンキュウ」「窮乏キュウボウ」「窮民キュウミン」 (3)きわめる(窮める)。つきつめる。「窮理キュウリ」(真理を窮める) (4)きわみ。きわまり。「窮海キュウカイ」(海のはて)
 キュウ・そら  穴部
解字 「穴(横穴住居・家)+弓(弓なりに曲がる)」の会意形声。天井が弓なりになったアーチ型の家。ドーム形。転じて、広く張って大地をおおう空。
意味 (1)丸天井。ドーム形。「穹盧キュウロ」(遊牧民族のパオ) (2)そら(穹)。「蒼穹ソウキュウ」(あおぞら)「天穹テンキュウ」(おおぞら)

その他
 チョウ・つる・つるす  口部

解字 弔チョウ(とむらう)の俗字として明代から使われた字。現代の中国語では弔う意で使われる。日本では釣チョウ(つる)に通じ、つる意で用いる。
覚え方 (まるい輪)に、(きれ)を通してり下げる
意味 (1)つる(吊る)。つるす(吊す)。つりさげる。「吊橋つりばし=釣橋」「吊輪つりわ」「吊革つりかわ」「吊し柿」(つるして干した柿) (2)とむらう。
<国字> て  弓部
 
解字 氐テイ(=底そこ)の異体字である「弓+人+一」の人を省いて作った国字。漢文訓読に用いるヲコト点で、漢字の四隅にある点を左下から順によむと「て」「に」「を」「は」となることから、四隅の最初の底にあたる「て」に当てた。異体字は「漢典の氐」より 
 ヲコト点
意味 (1)助詞の「て」の当て字。「弖爾乎波てにをは」 (2)人名。「阿弖流為あてるい」(平安時代初期の蝦夷の軍事指導者。789年に胆沢に侵攻した朝廷軍を撃退したが、坂上田村麻呂に敗れて処刑された)
<紫色は常用漢字>

   バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。


コメント