漢字の音符

漢字の字形には発音を表す部分が含まれています。それが漢字音符です。漢字音符および漢字に関する本を取り上げます。

音符「魚ギョ」<さかな>「漁ギョ」 と 「鮮セン」「蘚セン」「癬セン」

2013年07月28日 | 漢字の音符
 ギョ・うお・さかな  魚部

解字 魚を描いた象形。頭を上に尾を下に描く。甲骨文字は写実的であるが、金文から尾びれが火と同じ形になり、現代字では灬(列火)に変化している。
意味 うお(魚)。さかな(魚)。「魚介ギョカイ」(魚と貝)「魚礁ギョショウ」「魚河岸うおがし」(魚介類の競り市場)「鮮魚センギョ」「幼魚ヨウギョ

イメージ
 「さかな」
(魚)
 「さかなをとる」(漁)
音の変化 ギョ:魚・漁

魚をとる   
 ギョ・リョウ・すなどる  氵部

解字 「さんずい(水)+魚(さかなをとる)」の会意形声。甲骨文は網を手でもち魚をとる形。金文は網がなく水と魚と両手を描く。篆文は水と魚だけになり、現在の字形のもとになった。したがって漁は水中で魚をとること。リョウの音は猟リョウと混同した通俗の音。
意味 (1)すなどる(漁る)。魚や貝をとる。「漁業ギョギョウ」「漁撈ギョロウ」「漁夫ギョフ」「漁火いさりび」 (2)あさる(漁る)。むさぼる。「漁色リョウショク」(女をもてあそぶこと)



    セン <とれたばかりの魚と羊のなま肉>         
 セン・あざやか  魚部

解字 「魚(さかな)+羊(ひつじ)」の会意。とれたばかりの魚と羊のなま肉。
意味 (1)なまで新しい。「新鮮シンセン」「鮮魚センギョ」「鮮度センド」 (2)<転義>あざやか(鮮やか)。「鮮明センメイ」「鮮烈センレツ

イメージ  「生きがいい」(鮮・蘚・癬)
音の変化  セン:鮮・蘚・癬

生きがいい
 セン・こけ  艸部
解字 「艸(くさ)+鮮(生きがいい)」の会意形声。湿気の多い所に生えるみずみずしく生きのいい草であるこけ。
意味 こけ(蘚)。湿地、古木などに生える植物。「蘚類センルイ」「蘚苔センタイ」(蘚も苔も、こけの意)「水蘚みずごけ
 セン  疒部
解字 「疒(やまい)+鮮(=蘚。こけ)」の会意形声。皮膚病の一種。最初は皮膚が赤く痒くなるが、さらに進むと白っぽいこけが生えたようになる病気。
意味 たむし。ひぜん(皮癬)。ヒゼンダニの寄生による皮膚感染症。「疥癬カイセン」(指の間、腋の下、内またなどに生じる伝染性皮膚病。ひどくかゆくなる)「疥癬虫カイセンチュウ」(ヒゼンダニの別称)「乾癬カンセン」(後天性の角化症のなかで角化した皮膚に炎症が生じる病気)
<紫色は常用漢字>





コメント

音符 「習シュウ」 <何度もくりかえす>

2013年07月21日 | 漢字の音符
 シュウ・ならう  羽部    

解字 甲骨文字は「羽+日」の形だが何を表しているか不明[甲骨文字小字典]。簡書(竹簡に書かれた文字の意で、戦国古文ともいう)は、「羽+曰エツ(口に出して言う)」 となり、篆文の下部も曰の変形。曰は口から口気のもれる形で、ものを言うこと。習は、羽を羽ばたかせるように何度も声にだして練習すること。ならう意味になる。現代字は、曰→白に変化した。※古代文字の曰が現代字で白に変化する例には習のほかに皆カイがある。
意味 (1)ならう(習う)。まねる。まなぶ。「学習ガクシュウ」「練習レンシュウ」「習字シュウジ」 (2)慣れ親しむ。「習熟シュウジュク」 (3)ならい。ならわし。「習慣シュウカン

イメージ 「何度もくりかえす」 (習・褶・摺)
音の変化  シュウ:習・褶  ショウ:摺

何度もくりかえす
 シュウ・チョウ・ひだ  衤部
解字 「衤(衣)+旧字の習(何度もくりかえす)」 の会意形声。着物の布地を細かく何度も折りたたんだ折り目。
意味 (1)ひだ(褶)。はかまや衣服に細かく折りたたんである細長い折り目。しわ。「褶曲シュウキョク」(波状に曲がった地層) (2)はかま。「袴褶コシュウ」(騎馬用のはかま、袴も褶もはかまの意) (3)着物を重ねて着る。あわせ。裏のついた着物。
 ショウ・する  扌部
解字 「扌(手)+旧字の習(何度もくりかえす)」 の会意形声。手をくりかえし前後させる動作。
意味 (1)する(摺る)。こする。印刷する。「摺衣すりぎぬ」(草木の汁を摺りつけて文様を染めた着物)「摺鉦すりがね」(ばちでこするように音を出す金属性の打楽器) (2)たたむ。折りたたむ。
<紫色は常用漢字>

                バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。



コメント

音符「囷キン」 <まるい屋根の穀物くら>

2013年07月18日 | 漢字の音符
 キン  囗部           
四庫全書の囷  穀物倉(囷)
解字 「囗(まるいかこい)+禾(穀物)」の会意。まるく取り囲んで収穫物を保存するくら。

意味 (1)くら。米ぐら。まるい形の米ぐら。円形の穀物倉 (2)まるい。まるく取り囲んだ。

イメージ 
 穀物倉の形から「まるいやね」(囷・菌)
音の変化  キン:囷・菌

まるいやね
 キン・きのこ  艸部
解字 「艸(くさ)+囷(まるいやね)」の会意形声。先がまるいやねのように広がる草状の植物。きのこを意味したが、のち、かびやバクテリアを指すようになった。
意味 (1)きのこ(菌)。たけ。「菌芝キンシ」(ひじりだけ。霊芝)「菌褶キンシュウ」(キノコの傘の裏側のひだ) (2)かび。バクテリア。「細菌サイキン」「殺菌サッキン」「菌糸キンシ
<紫色は常用漢字>

コメント

音符 「角カク」 <つの>

2013年07月15日 | 漢字の音符
 カク・かど・つの  角部

解字 獣のツノの形の象形。角(つの)や角(かど)の意のほか、角で格闘することから、きそう意もある。
意味 (1)つの(角)。「角笛つのぶえ」「触角ショッカク」 (2)かど。かどばったところ。「角度カクド」「角材カクザイ」「三角形サンカクケイ」 (3)すみ。すみっこ。 (4)あげまき。つのまき。髪を左右に分け、つのに似た形に結ぶ。「総角あげまき=角髪つのがみ」 (5)くらべる。きそう。「角力すもう」「角逐カクチク」(角は競う、逐は追い払うで、互いに競争すること)「角牛カクギュウ」(闘牛)
参考 角は部首「角つ の」になる。漢字の左辺や下部に付き、角(つの)の意を表す。常用漢字は3字で、角のほか、触[觸]ショク・ふれる(旧字は「角+音符「蜀ショク」)、解カイ・とく(角+刀+牛の会意)がある。その他に、觜シ・くちばし(角+音符「此シ」)、觴ショウ・さかずき(角+音符「傷の省ショウ」)など。

イメージ 
 「つの」
(角) 
  角張る意から「四角い」(桷・斛・槲)
音の変化  カク:角・桷  コク:斛・槲

四角い
 カク・たるき  木部
解字 「木(き)+角(四角い)」 の会意形声。四角な木材の意、棟(むね)から軒(のき)にわたす角材の垂木にあてる。
意味 (1)たるき(桷)。屋根板を支えるために棟から軒にわたす角材。丸木の垂木を椽テンという。「朱桷シュカク」(朱色のたるき)「椽桷テンカク」(たるき。椽も桷も、たるきの意) (2)[国]ずみ(桷)。ひめかいどう。
 コク・ゴク  斗部
 四角い斛    後漢の円い斛
解字 「斗(ます)+角(四角い)」の会意形声。四角いますの意。容量の単位を表すのに用いる。
意味 (1)容量の単位。一斗の十倍。石コク。一斗はいまの日本で約18リットル。1石は180リットル。日本で10斗の意味に石を用いるが、石をコクと読むのは斛コクの字音を借りたもの[大修館漢語新辞典]。「斗斛之禄トコクノロク」(一斗一石の俸禄。わずかな俸禄の意。=斗升之禄) (2)ます。量器の総称。四角いますだけでなく、円いますにも言う。 (3)草花の名。「石斛セッコク」(ラン科の常緑多年草。デンドロビウム)
 コク・かしわ  木部
 円い斛(ます)の上に実が乗った形のカシワ
解字 「木(き)+斛(まるいます)」の会意形声。実(ドングリ)がまるい斛(ます)の上に乗った形をしているカシワの木。
意味 かしわ(槲)。ブナ科の落葉高木。葉は大きく周辺が波うつのが特徴で餠などを包むのに用いる。日本では柏とも書く。
※日本語でドングリといわれるのは、ブナ科の果実の内、普通クヌギ・カシ・ナラ・カシワである。クヌギは「櫟・橡」、カシは「樫・橿」、ナラは「楢」と書かれるため、どんぐりのお椀を意味する斛がつく字は、かしわ(槲)になる。
<紫色は常用漢字>


コメント

音符 「舄セキ」 <カササギが出入する> と 「写シャ」

2013年07月14日 | 漢字の音符
 セキ・シャク  臼部

解字 カササギの象形で、鳥のカササギを表わす。本字はは俗字。また、発音の藉セキ(しきもの・しきものをふむ)に通じ、大地をふむ「くつ」を表す。カササギは留鳥であり一つの場所を「出入りする」イメージをもつ。
意味 (1)かささぎ。鵲ジャクにおなじ。(2)くつ。

イメージ  カササギは留鳥であり、人が住む場所で来たり去ったりして棲息している。
       そこで 「出たり入ったりする」 (潟)
       「出る・移る」 (写・瀉)
音の変化  セキ:潟  シャ:写・瀉

出入りする
 セキ・かた  氵部
解字 「氵(水)+舄(出入りする)」 の会意形声。海水が出たり入ったりする所。
意味 (1)かた(潟)。海水がさしたり引いたりするひがた。「干潟ひがた」(遠浅の海岸で潮が引いて現われたところ) (2)砂丘などによって外から隔てられた海や湖。「潟湖セキコ」(外海から砂州などで分離した湖。外海とは水路でつながり潮の満ち干の影響をうける)(3)地名。「新潟にいがた」(信濃川河口の都市。県の名前にもなる)

出る・移る
[寫] シャ・うつす・うつる  冖部
解字 旧字は寫で 「宀(やね)+舄(移す)」 の会意形声。家から物を外へ移しかえること。転じて、文字を他の紙に「書き写す」意となった。新字体は、旧字の宀 ⇒ 冖に、 舄⇒ 与と大幅に簡略化された。
意味 (1)うつす(写す)。書きうつす。「筆写ヒッシャ」「写本シャホン」 (2)そっくりそのまま表わす。「写実シャジツ」「写真シャシン」「謄写トウシャ」(①上から紙をあててそっくり書き写す。②謄写版で印刷する)「謄写版トウシャバン」(原紙をやすりの上におき鉄筆で文字などを書いて、その部分のロウを落とし、インクをつけて印刷する) (3)写真や映画をうつす。「映写エイシャ
 シャ・そそぐ・はく  氵部
解字 「氵(水)+寫(=舄。移る)」 の会意形声。水や液体が内から外へ、または、上から下へ移ること。 
意味 (1)そそぐ(瀉ぐ)。そそぎ流す。流れ出る。「瀉出シャシュツ」(そそぎ出る) 「一瀉千里イッシャセンリ」(一たび流れると一気に千里も流れる。物事が速やかにはかどること)「瀉血シャケツ」(治療の目的で患者の静脈から血液を体外に移すこと) (2)はく(瀉く)。はきだす。くだる。下痢をする。「水瀉スイシャ」(水のような激しい下痢をする。水様性下痢)「吐瀉トシャ」(嘔吐と下痢。はきくだし)
<紫色は常用漢字>

                バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。



コメント