ひかり薬局ブログ 『a・honto!?』

ひかり薬局で起きるいろんな出来事と 管理薬剤師 光田の日々の思い♪

麦飯石シリーズ② この夏は、良い水を飲もう!

2013年05月29日 | 全国健康普及の会

1306 今日は薬局の奥で、「全国健康普及の会」の世話役の何人かの方と食事をしながら、勉強会という名目で楽しいおしゃべりタイムを持ちました。

いろんな情報や意見を交換しながら、話題の中心は「良い水を飲む」話に。
参加者全員が、麦飯石内臓のリビングミミの愛用者なのですが、以前は、それぞれに、異なる浄水器を使っておられたとか。

「50万円もする、真水をつくる機械を使っていたの。ミネラルも何もかも取ってしまって、おかげで子供たちは、アトピーになっちゃった。何も知らないって怖いよね~。」

「おじいちゃんもおばあちゃんも、健康法はこのミミの水をたくさん飲むこと。おかげで癌の手術をした後も、元気にしてる~。一日、1.5リッター以上飲んでるかなあ。」

「以前のマンションに住んでいた時は浄水器だったけど、ずっと体調が悪かった。でもミミの水に変えてから、ほとんど病気をしなくなったみたい。飲み水って大切ねえ。」

私も、以前パイウォーターを使っていたのですが、水分子が小さくて、吸収が良いことだけで良い水だと思っていました。
 でも今は、そこに含まれる酸素量やミネラルのバランスなどなど、良い水にはいろんな条件があることを習っています。

 ところで今ひかり薬局でブームのサラシノール茶ですが、これも、ミミの水で煮だす方法がおすすめ。酸素をなるべく残したいので、濃く煮だして、ミミの水で薄めると酸素豊富で脂肪燃焼しますよ♪


麦飯石シリーズ① しみじみ実感!リビング・ミミのおかげ。

2013年05月26日 | 麦飯石の水

1306_2 ひさびさに日曜日に開局しています。
研修や会議が多くて、日曜休業が続いているためか、お客様は少なめですが、本当に困った方の相談が多く、そういう意味では充実しています。

 ところで、先週は、夜の会議が続き、出されたお茶やお冷を飲む機会が多く、さらには、家で水を飲む代わりに、大量に特価で買い込んだ炭酸水を飲んでいたら、おなかがチャポチャポになってしまいました。こういう時は、半夏瀉心湯という漢方薬が合うのですが、とにかく「しばらく水分は摂るまい!」と決めました。

でもフト気づくと、こういう経験って数年ぶりです。なんでかな~と考えて気づいたのは、いつも大量に飲んでる水は、リビング・ミミでつくった麦飯石のミネラルウォーターでした。
リビングミミの水は、一日2リッター飲んでも、そんなことなかったのです。
あ~~あ、調子に乗って酸素もミネラルも適当な水、飲んじゃったな~。
(;;)
試しに、ミミの水を多めに飲んでみたのですが、やっぱり大丈夫でした。
生活の基本の水の大切さを実感。今度、勉強会の時、話そうっと。

ちなみに、リビング・ミミは家庭で水道水からミネラル・ウォーターをつくる活水器です。
一式73,290円!リーズナブル!ひかり薬局で売ってます。

 


ダイエットに最適! サラシノール茶

2013年05月24日 | ひかり薬局の商品情報

1305_002

今日は、登録販売者 森山スタッフのブログをお届けします♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 先日『サラシノール』のメーカーさんが見えて勉強会がありました。
サラシノール自体は、数ヶ月前から店頭にはお目見えしてたんですが、どんな商品なのか分からなかったんです。
 でも、説明を聞くうちに
 「これは優れものかも(!!)」 
  食事やおやつの15分くらい前に、『サラシノールお茶』を150cc位飲むと 食事中の糖質を30%カットするんだって(^^) 
 お茶だから普段も飲めるし、味もおいしいからこれからのダイエットに良いかもね(笑)
  『サラシノール』を飲む事で、体内に糖質が吸収される部分にフタをしてることになるらしいです。フタをしてる時間は約2時間なんだって
・・・・私は、おやつの前15分なんて待ってられないし、考えたら日頃から飲んで、常にフタをしたらいいかも~~。
 吸収されなかった糖質(オリゴ糖)は、腸内細菌の善玉菌のエサとなり、善玉菌が増えて腸内環境がよくなり、驚くほど便の量が増し気分爽快~~~とか。
\(^〇^)/
  善玉菌が増えると免疫力がアップしますよ~~。 
粉末もあるので外出には最適です。  
 私、森山はサラシノール茶を、毎日1L持参して ちょくちょく飲んで、常に糖を吸収しないようにフタしてま~~す。
  作り方は簡単!!
1.8Lの水に1袋煮だしするだけ・・・試してみる価値あるかもね(^^) 詳しくは店頭で・・・


出ただけシリーズ!

2013年05月21日 | 実践漢方

1305 日曜日に庭の草むしりをした時、私はきっと虫に刺されたのでしょう。
月ようの朝、左眼の下が、赤くポツンとしていました。そしてだんだん痒くなって、日中に無意識に触りまくって、夕方は腫れあがってしまいました。
w(*゜o゜*)w

視力は落ちるし、涙っぽくなるし、痒いし、何よりみっともないし、いろいろ塗りまくって、飲みまくってしまいました。桔梗石膏・黄連解毒湯・タウロミン・・・。
翌朝になって、やっと五苓黄解液を思い付いて、あわてて飲んだのですが、大失態!
  「もしもし、五苓黄解液は持っていても、飲まないと治りませんよぉ。クラゲに刺されても効くのに、何で虫刺されに飲まないのですか~~?」

スタッフの森山さんから、厳重注意を頂きました。(^^;)
ジンマシン、クラゲまでは、すっと結びついても、私の頭の中に、単純な虫刺されは五苓黄解液とつながっていませんでした。勉強不足!

ちなみに、6月6日(木)14~15時、ひかり薬局の奥で、茶話会形式の漢方講座を予定しています。
「出ただけシリーズ」と命名して、第1回目の今回テーマはズバリ、
 
  「出ただけで、治る!防げる!熱中症。五苓黄解液の使い方」


五苓黄解液の多彩な使い方をわかりやすく、お客様を対象に私がお話しさせて頂きます。
今回の私のような失敗がないように、皆さまのお役に立たせて頂きます。
参加希望者は、店頭でお尋ね下さい。無料ですし、お茶とお菓子で、おもてなし致します♪

 


先輩から教わること。 フジンゲ

2013年05月18日 | 実践漢方

Pflp_018日中、暑い日が続きます。
梅雨を飛び越して、夏が来てしまったようです。

さて、今日土曜日の夜、博多の全日空ホテルでJPS漢方の役員会がありました。こういう時は、いろんな薬局の先生たちの生の声が聞かれるので、とても貴重です。
 今回も、会議終了後の懇親会の時、日本で一番「婦人華(フジンゲ)」を売っておられる女性の先生をつかまえて、しっかりお話を聞かせてもらいました。
  フジンゲはJPSのオリジナル漢方薬で、限られた薬局・薬店しか扱っていないのです。
 「これからヒザの痛みが出やすくなるでしょう。麻杏薏甘湯と一緒に併せると、とても評判が良いのよ~。」
他にも、いろいろ教えてもらいました。

そして何よりもその先生が、フジンゲを愛しておられるのだな~と感じました。
その自信と愛情が、効果を出す秘密なのだとわかりました。

以前、焦燥感とイライラ、ホットフラッシュがひどい時、私はJPS加味逍遥散を飲んでいました。すぐに改善したので、服用を終了したら、またしばらくして、同じような症状が出て、服用。
 思えば、そんな時に予防的にフジンゲを飲んでいれば、もっと完治が早かったのかもしれません。

「打ったり、骨折したり、ムチうちの後遺症も、ひどい時期を過ぎたらフジンゲ。」

血の道だけでなく、広く使える漢方薬フジンゲ。

愛して行こう!ひかり薬局も。
(^^)