ひかり薬局ブログ 『a・honto!?』

ひかり薬局で起きるいろんな出来事と 管理薬剤師 光田の日々の思い♪

病気になる前に知っておきたいこと。

2016年05月29日 | 全国健康普及の会

 

二ヶ月に一度開催している「健康普及の会」の健康講座が今回から「勉強会」と名前が変わりました。
一度だけではなく、何回も通って正しい知識を身に着けて欲しいという講師の願いが込められています。

そしてこの勉強会は、まず商品や物の前に知識が必要を持っておくことをお伝えしています。
前回ここに参加されていた方で偶然、その後深刻な病気が見つかり、病院との話し合いがうまく進んだ方が、最近何人かおられて、特に強く感じます。

今回の話で印象に残ったのは、医師から手術と言われた時になんと答えるか?
「お任せします」と答えたらどうなるのか?
なるべく切りたくなかったら
「他の方法はないですか?」
と尋ねるのが正解。

そんなことも学んだ勉強会でした。
多くの方に是非、知っておいて頂きたいな~と思いました♪
(^o^)/


 



 

 


ハーブの苗プレゼント♪

2016年05月27日 | ひかり薬局の出来事

最近わが家では料理に使う、調味料や香辛料の種類が増えてきました。

その理由は、糖質オフのため。
今まで煮物料理は 砂糖・醤油・お酒・味醂での味付けが多かったのですが、なるべく砂糖を使わない味付けを心がけているからです。
多用するのは、バジル。
魚も煮つけの代わりに、バジルソースのソテーとかをつくっています。
・・・・次男が。(^^:)

さて、そんなこんなで親近感のあるハーブですが、薬局にバジル、タイム、ローズマリーの苗が入って来ました。

5/28より2千円以上お買い物をされたお客様におひとつプレゼント。
無くなり次第終了致しますので、お早目にどうぞ~~♪


お腹の気になる季節にパワーアップの証陽散!

2016年05月23日 | ひかり薬局の商品情報


さて、先日から腸内フローラについてアップしていましたが、殺菌乳酸菌であるEC12菌を1兆個配合された証陽散がリニュアルしました。
新たに、ビフィズス菌をBR108菌を200億個配合!


では何が変わったかと申しますと、EC12菌は主に小腸で活躍していましたが、ビフィズス菌の舞台は大腸です。

つまり排便コントロールに期待できるということ!
d(-_☆)
うちでは、アレルギー目的で飲んでいる方が圧倒的に多いのですが、お通じの安定化に良いのは嬉しいですね。

腸の安定は、精神の安定と言いますから。


腸は第二の脳!
心も体もHAPPYにしてくれる証陽散です♪


 


 


 


 


 


 


被災地の熊本に想いを寄せて

2016年05月18日 | ひかり薬局の出来事

熊本で地震があった直後から、薬局店頭では義援金の募金箱を設置しています。
急遽つくったもので格好良くはないのですがスタッフの伊藤が、達筆で仕上げてくれました。
o(^-^)o

するとお買い物をされたお客様が、お釣りから募金して頂くことが多く、心より感謝申し上げます。
薬剤師会を通して、しっかりと被災地に届けさせて頂きます。
m(_ _)m
 

 ところで被災地のニュースを見ると、ここ数日の気温の高さから熊本での熱中症を案じる報道がされています。

佐賀市は今日、今年は初めての真夏日で30.7℃。
なんでも全国最高だったとか。鳥栖市も暑かったですものね~~。
熱中症に好評の漢方薬 五苓黄解液が、本格的に売れ始めました。

家族全員で飲むから・・・と50本単位での購入も4人ほどおられて、一気に品薄状態でした。
 
「被災地で困っておられる方たちに届けたいよね~~。」

本当にそう思いました。

でも、効能効果に熱中症と書かれているわけではないので、効き目をすぐに理解して飲んでもらうことは難しいかもしれませんね。
(; ;)

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り致します。


菌活の決定版はコレ!

2016年05月14日 | ひかり薬局の商品情報

菌活という言葉を耳にするようになって、しばらく経ちますが、食べ物や飲み物だけでなく、身体中全身の細菌叢を整えるなら、やっぱり「バチルス液」!
バチルス菌を始めとした有用な善玉菌が、ギュウギュウに濃縮されている液体です。

いろんな専門データを詳しく勉強すると、口中に数分含んでおくと、難治性口内炎によかったり、歯周病菌や虫歯菌の抑制、口臭にも良いようです。
ごくんと飲む前に、ブクブクすれば、収斂作用で口中が爽やか~~に感じます。

ところで先日、私は生まれて初めて胃カメラを飲みました。
最近、ずっと胃がもたれ気味だったのです。
そしてわかったことは・・・・胃の中に2~3mmの小さなポリープがいっぱいあること!
w(*゜o゜*)w 

こんなにあるのは、家族性でまず心配はないだろうとのこと。
でもこれだけ胃の環境が悪ければ、ピロリ菌も当然いるだろうと医師の先生も、私も思っていたのですが、これは陰性で意外~~。
個人的な予想なのですが、ピロリ菌は「バチルス液」を飲むようになって消えたような気がします。
詳しい高田先生に確認すると
 「ピロリ菌に バチルス液が直接触れたら、有りうる話です。本当に駆除したかったら飲んだ後、飛んだり跳ねたり 寝転がってゴロゴロすると良いですよ。」

また食後に「バチルス液」を飲めば、胃の中で消化酵素を生成するので良いのだとか。
不思議な作用がいっぱいあるんですね。
皮膚に塗ったら、体臭のもとになる雑菌の繁殖やニキビのアクネ菌、水虫の白癬菌もやっつけてくれます。
これらはすべてデータで実証済みのことです。奥が深いです。

さてさてこれから高温多湿の季節。

食品の腐敗防止に、「バチルス液」を十分に振り掛けて、召し上がって下さいね。
6~7時間おくと、バチルス液の善玉菌が食品を発酵させてくれますよ。


腸内フローラ・口内フローラ、人気の「バチルス液」でぜひ、菌活を!