ひかり薬局ブログ 『a・honto!?』

ひかり薬局で起きるいろんな出来事と 管理薬剤師 光田の日々の思い♪

猛暑対策「長城清心丸+五苓黄解液」!

2015年07月28日 | 実践漢方

今年は、梅雨明けが遅かったためでしょうか。
体が暑さに慣れる前にいきなりの猛暑ですから、連日、熱中症の方が来られます。

いつもたくさん、切花や鉢植えの花を持って来て下さる常連のお客様、Sさん。
健康にもとても気を使っておられます。

今日も暑かったので、なるべく日影を選んで庭仕事をされていたそうです。
それでも午後になると、疲れがひどくなり、気分も悪くなって、座敷に戻ったところ・・・・急に眠くなり、後は覚えていないそうです。
w(*゜o゜*)w
幸い、奥様がすぐに帰宅されて、熱中症だと気づかれました。
以前から、五苓黄解液の熱中症への効果は十分にわかっておられるので、常備している1本を、即、飲まされました。

そして、ほどなく回復して、症状がとれてスッキリして、起き上がれるようになられたそうです。
よかったです!!
(^o^)/

薬局に来店されたのは夕方。

気分は楽になったが、元気が出ないとのご相談。
五苓黄解液がなかったら、救急車を呼ぶほどの熱中症の直後なのですから、仕方ないのですが、顔色が青白く、眼に力がないのが気になって、長城清心丸、1/2丸を飲んで頂きました。

すると、みるみる顔色が戻って、エネルギーが満ちて来こられた様子が感じられました。

「五苓黄解液+長城清心丸」、このふたつがあれば、猛暑も万全!
猛暑から命を守るセットです♪



Sさん、これからは庭仕事の前に、五苓黄解液を1本飲んでおいて下さいね~~。


 

 

 

 


即効性があるので人気! 熱中症対策

2015年07月27日 | 森山ブログ

今日は、登録販売者 森山さんのブログをお届けします。
連日の猛暑で、五苓黄解液のイイシラセです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも内科の処方箋もって見えるOさん。 
土曜日の午後真っ赤な顔で薬局に入って来て

「今多久から帰って来たけど、途中から足がつってきたけん急いでいつもの病院に行ったら午後休診やった。何か薬なかね~」
「Oさん、それ熱中症よ!水分取りよったね。」

Oさんが言われるには、
「車のエアコンかけとって暑くなかったけど~これが熱中症ね!そう言えば水は少ししか飲んどらんやった。」
さっそく『五苓黄解』説明して飲んでもらい、楽になられました。


「良かったですね、これがひどくなったら救急車呼ばなんやったよ~」。

他のお客さんと店頭で世間話していて分かる事は、熱中症が どんなもんか分からない人が多いと言うことですね~~(!!)

Oさんは余分に『五苓黄解』買っていかれました。よかった!よかった(^^)


JPS九州ゼミナール佐賀大会 唐津バスツアー

2015年07月20日 | ひかり薬局の出来事

           

九州ゼミナールの2日目は、ゴルフとバスツアーの2コース。
どちらも、参加希望者が予想を超えて多く、 バスツアーは満員御礼!
実は、バスツアーの行程も佐賀の会員で希望を集めて作成したものです。
(^o^)/

回ったのは、呼子の朝市→海中観光船「ジーラ」→曳山展示場→ イカ活き造りの「海舟」→宝くじが当たることで有名な「宝当神社」→唐津焼窯元「鏡山窯」絵付け体験

ひかり薬局の3人はバスツアーに参加しました。

呼子のウニ!その場で割ってもらって食べたも、活き造りのイカも 美味でした~~。
船で高島に渡って、お祈りして購入した宝くじも当たると良いな~~。

参加した皆さんが、喜んで頂けるツアーになったことと自負しています。

みなさまのおかげで無事、2日間が盛会のうちに終了しました。
ありがとうございます。


JPS九州ゼミナール佐賀大会 in  唐津♪

2015年07月19日 | 西洋医学で病気の答えの見つからない時

v vvv 

 海の日の連休、JPS九州ゼミナールを唐津で開催しました。
2年前から準備して、今回の大会は佐賀が担当県で、私が実行委員長なのです。w(*゜o゜*)w 
最初は、プレッシャーいっぱいでどうなることかとハラハラしていましたが、JPSの佐賀支部
の会員さん・JPSの社員さん、皆さんが一丸となって取り組んで下さって、目標参加人数を超える
方々がお越し下さいました。(^o^)/ 感謝!感謝!

講演内容は、アレルギー反応を抑えるためによく飲まれている「JPS証陽散」の乳酸菌EC-12
菌をつくっているメーカー「コンビ」の学術の先生。
そして、いつも指導下さる、私たちの漢方の師匠。アレルギーだけではない、証陽散のいろんな
効果を習いました♪また現代の「糖質の過剰摂取の食生活」の問題点も再認識!!
さらに、沖縄で調剤薬局をされている先生の漢方薬への取り組みには、大きな勇気を頂きました。

懇親会では、唐津くんちの「曳山ばやし」を堪能。おくんちの映像も流されて、迫力に圧倒され
ました。いっぱいの方のエネルギーが集まって、・・・素晴らしい大会でした♪

 

 

 

 


なぞのビールのような飲み物。

2015年07月12日 | ひかり薬局の出来事

仕事が混んで、ストレスがたまってくると、麦飯石のミネラルウォーターでつくった炭酸水が欲しくなります。
シュワシュワっとした刺激が、 麦飯石のまろやかな水だと一段と美味で、冷たくして500ccくらいは一気飲みしてしまいます。

調子にのって、どんどん飲んでいたら、案の定 胃を冷やし過ぎてしまいました。
吐気や食欲不振、あげくに胃がチャポチャポして 痛みや不快感。(;;)
なんだか夏バテ後遺症の先取りみたいです。

でも、冷たい炭酸水はやめたくないし・・・・ということで、思い出したのが「JPS双参」です。

双参は、薬用人参+エゾウゴキ・・・ざっくり言うと、若甦と五加参を足して2で割ったような栄養剤、医薬品です。
これは、味がほとんどないので、冷水やコーヒーに1包溶かして飲むと、味も変わらず、胃に障らなくなると言われます。
特に、日本人は胃内停水という過剰な水がある人が多いので、温めるニンジンだけではなく、水を排出させるエゾウコギを一緒に飲む事で、胃にダブル効果!

そこで早速、炭酸水をつくるボトルに 「双参」を1包入れてシェイクしたところ、薬用成分のサポニンが白く泡立って来ました。
それに炭酸ガスを注入すると、ブワ~~と泡がたって、そのきめ細かさはビールみたい♪
双参を溶かしたミネラル水の色もビールみたい。

楽しくなって、ビールを飲むような気分で飲んだら、ノンアルコールビールより美味です。(?)

これって楽しくって、胃に良いので、一石二鳥。

ちなみに、ビールは糖質が結構含まれていますので、ご注意ください。ノンカロリー糖質ゼロのものは、人工甘味料が体に有害。
しかし、焼酎やウィスキーのような蒸留酒は、糖質は含まれないので、カロリーはあっても、血糖値も肥満も心配ありません。
炭酸水で割ると、シュワシュワ感は味わえますので、ダイエット中や血糖値の高い方は お試しくださ~~い。