ひかり薬局ブログ 『a・honto!?』

ひかり薬局で起きるいろんな出来事と 管理薬剤師 光田の日々の思い♪

黒田ブログより 若甦ゼロ新登場!

2014年06月29日 | ひかり薬局の商品情報

Photo 今日は、登録販売者 黒田のブログをお届けします。
この日は、開局の日曜日で、ひかり薬局代表として、黒田1人で博多まで研修会に参加して来ました♪

ひかり薬局はスタッフ全員、よく勉強する薬局なんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1407_021私は6月29日 研修会に参加してきました。

その中で、若甦内服液シリーズから新発売になった「若甦内服液Gゼロ」を紹介します!
ゼロというのは糖質が0という意味で、カロリーも1本あたり1・6kalしかありません 。

最初に、薬局のスタッフ皆で試飲してみました。
 
「従来の甘味もあるし、後味がさっぱりしてていいね!」
というのが感想でした。

 試飲されたお客様も、今まで通りの美味しさで、その上 カロリーが低いから良いと人気上昇中です!
 甘味料は体に安全なものを使っているので、安心して飲まれて下さい。
試飲してみたい方は、お気軽に店頭でお声かけ下さいね!




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

命の元気! 長城清心丸

2014年06月25日 | 実践漢方

1407_024毎月、25日過ぎくらいのハードな日、森山さんと私は、ゴオウ300mg配合の金の玉、長城清心丸(一丸税抜3200円)を、半分に分けて、飲みます。(食べます?)

 ちょっと贅沢ですが、気力のみなぎり方、ハッピーな気持ちの盛り上がり、他に類を見ない効果です。
 無理に頑張らせないところが嬉しい~~。売り上げアップも確実!!

長城清心丸といえば・・・脳梗塞や高血圧など、生活習慣病の気になる方に人気なのですが、最近は私たち世代の働く女性のファンがぐっと増えて、愛飲者の大半!

 漢方では、夏は心臓が疲れる季節と言われ、心臓を強めるゴオウの季節とも言えます。 「五苓黄解液+長城清心丸」のコンビは、どんなに暑い日でも、無敵ですよ♪

♪( *^-゜)/⌒●☆

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

グループ会の夜

2014年06月20日 | 協励会での出来事

Kaigi_shifuku_brainstorming 夜、協励会(薬剤師の相談販売を中心とした勉強会の組織のようなものです)の少人数のグループの勉強会に参加してきました。

 唐津から、呼子から、鹿島から、諸富から、もちろん佐賀市内からも、相談販売をガンバロウっと思っている仲間が集まってきました。

キャリアも年齢もバラバラでしたが、真剣にお客様に向き合って行こうという姿勢は一緒で、調剤が主流の今の時代にこんな話し合いが持てるなんて、とっても幸せな時間でした。
 これから2年間。
この仲間(先輩+後輩)と一緒に、薬局のあるべき姿を追求し、深めて行きま~~す♪

蛇足ですが、今週は佐賀方面に夜やって来るのはこれで3回目。
鳥栖~川久保線の夜のドライブにも飽きてきました。
なんか、全く違う道ないかな~~??

 
 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

来ただけで健康になる講座 「食の安全について」

2014年06月18日 | ひかり薬局の出来事

14062 今日は、午後から薬局の奥で「来ただけで健康になる講座」を開催しました。
前回要望の多かった食の安全について、外部から講師を招いての一時間。

対話形式で質問や冗談を交えながら、危険な添加物の話題を中心に、教えて頂きました。・・・本当は、和気アイアイと笑っていられる内容ではないのですが。
ちなみに私がショックだった話は、「キューリは、形と大きさを揃えるために、成長を止めるホルモン注射を打つ」ということ。
何もキューリに限った話ではないということで、ため息。

お刺身の安全な選び方。お茶の農薬を考慮した入れ方。役立つ話が満載。

そして今回のお土産は麦飯石の粉末「ヘルストンパウダー」。
化学物質を分解・吸着するので、野菜と一緒に水に漬けると残留農薬対策になるんです。

さて、次回の「来ただけで健康になる講座」は、8月に予定していますので、お楽しみに♪


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

O-157 心配な方はご相談下さい

2014年06月18日 | 実践漢方

1406夜は、森山さんと二人、佐賀で開催された、JPS漢方の研修会に参加して来ました。

血圧を必要以上に下げすぎることの危険性を復習してきました。

ご存知ですか?

血圧が低いと、脳梗塞・心筋梗塞のリスクは増えるということ。
それは一つには、血栓を流す力が弱くなるからです。

また、認知症のリスクも高まるんですよぉ。

例えば、高齢になるといろんな力が衰えてくるので、脳に運ばれる栄養も減ってくる。
 そこで血圧を上げて、脳にたくさん血液を送ろうとしているのに、それを低く抑えてしまうと、当然、認知症が起きやすくなるんですね。

ちゃんと意味があって、血圧は上がろうとしています。
漢方の考え方は、「自分の体は、自分で治そうとするように働く」。

案外、社会問題になっている認知症の問題解決のヒントはこんなところにあるのかも?

1405_016そして旬の話題は、Oー157、O-111の食中毒。

今度は、馬刺しが原因でニュースになっているそうですが、これは抗生剤を使うと、ベロ毒素を放出する腸管出血性大腸菌なので、治療できません。
でも、五苓黄解液が良いのです。
何だか万能薬みたいでウソみたいですが、本当です。五苓黄解液!
(^^)Y

雨が少ない梅雨ですが、お腹には注意しましょう。
・・・森山さんは、今晩あまったお弁当を、一つ余分に貰っていましたが、くれぐれもご用心!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする