医科栄養学・栄養医学ブログ

医学部で医科栄養学を学んだ経験と最新の栄養医学をこのブログに反映したいと、考えています。

ガンの炎症指数(CRP)の改善へのビタミンC療法の効果について その二 日本ビタミンC研究会 藤井毅彦

2023-02-02 16:11:38 | 健康・病気

前回に引き続いて、ガンの炎症指数(CRP)とビタミンCの関係について考えていきたい、と思います。リオルダン博士によると、炎症は前立腺ガンにおいて根源的で、慢性炎症は、前立腺ガンの化学的予防と治療への指針となると考えられ、炎症のプロセスは、組織学的には良性の前立腺の増殖の進行に役割を演じます。急性と慢性の炎症性浸潤は、良性前立腺肥大(BPH)の男性から得られた前立腺組織の標本で通常見られ、より高い炎症値は、さらに大きくなった前立腺で観察されます。

このように、ガンの診断と炎症マーカーは深い関係にあり、ガンのビタミンC療法による点滴の場合、その効果を確認するのに大変参考になる、と博士は述べています。また、ビタミンC点滴の場合、50g/回、あるいは70g/回を点滴するかは、腫瘍マーカーのデータやQOLをチェックしながら、臨機応変に点滴量を調整することも重要、と考えられます。

References

Nina Mkirova, et al. Effect of high-dose intravenous vitaminC on inflammation in cancer patients. Journal of Translational Medicine. 2012, 10:189

Roxburgh CS, et al. Role of systemic inflammatory response in predicting survival in patients  with primary operable cancer. Future Oncol. 2010, 6:149-163

 


ガンの炎症指数(CRP)の改善へのビタミンC療法の効果について その一 日本ビタミンC研究会 藤井毅彦

2023-01-29 16:40:54 | 健康・病気

ガンのビタミンC療法は、長年にわたって大変多くの基礎研究があり、臨床研究も増えています。特に、Pauling博士とCameron博士の共同研究が有名ですが、それ以前に、その元となる基礎研究は、Stone博士、ケーダN プラサド博士、M,Eポイドイック博士、レント博士、サッコマン博士、Thomas G博士、クルザコスキーM博士、サムエルD博士、ヘンリーC リコー博士、ウエルナーB博士,それに山口博士など多くの研究者が、ビタミンCのガンへの効果を研究し、報告しています。

また、Pauling博士らの報告からしばらくして、リオルダン博士らは、ガンのビタミンC療法の臨床研究を実施し、ビタミンcの点滴(50g/回、あるいは70g/回)が実施され、その結果、ガン患者のビタミンC血漿濃度を高め、ガン患者のガン細胞やガン幹細胞を生存しにくくさせると、報告しています。また、ガン独特の倦怠感、気分の落ち込み、痛みなどを改善し、延命効果、炎症指数の改善なども報告しています。さらに、CRP(炎症指数)も報告しています。

リオルダンクリニックの臨床研究によると、C-反応性蛋白質(CRP、腫瘍マーカー)は、ガン患者45名のうち15名で上昇が認められ、炎症がガン患者で広く認められます。また、CRP値の上昇は悲惨な予後を暗示しています。博士によると、ビタミンC点滴開始前のCRP値が10mg/Lより高い亜人口群(ガン患者の被験者の76±13%)でのビタミンC点滴では、CRP値が下がり、改善が認められました。また、ガン患者のCRP値の上昇が28名から14名に減少しました。 

ビタミンC点滴の期間中、CRP値の低下は腫瘍マーカーの低下と相互関係があることが分り、血漿CRP値が膀胱ガン患者の血清PSA値と強い相互関係があることが、他の研究でもわかり、この研究結果と一致しています。さらに、この研究において、前立腺の感染と炎症は、前立腺の特異的血清抗原値を高める可能性があります。また、血漿CRP値の測定は、血清PSA値の上昇を伴う前立腺ガン患者のガンが良性か悪性か区別するのに役立つ可能性があります。

References

Nina Wikirova, et al. Effect of high-dose intravenous  vitaminC on inflammation  in cancer  patients . Journal of Translational medicine. 2012.10:189

Roxburgh CS, et al. Role of systemic  inflammatory  response in predicting survival in patients with primary operable cancer. Future Oncol. 2010, 6:149-163

Mcsoriey MA, et al. c-reactive protein concentration and subsequent varian cancer risk. Obstet  Gynecol. 2007. 109. 933-941

 

 

 


アレルギー性ゼンソクに対するビタミン、ミネラル、プロバイオティクスなどの効果について 栄養医学ブログ 日本ビタミンC研究会

2023-01-25 11:40:16 | 健康・病気

日本では、患者数の多いアレルギー性ゼンソクについては、アレルゲンを避けることはもちろんですが、体の免疫機構がうまく働いていないことや、高齢化や食生活の偏り、細菌・ウイルスなどへの感染なども原因と考えられ、公衆衛生学的対応や栄養学的対応が必要、といろんな研究で指摘されています。今回は、それらの中でビタミン、ミネラル、プロバイオティクスなどによる、アレルギー性ゼンソクの予防効果について考えて行きたい、と思います。

研究によると、アレルギー性ゼンソクの管理栄養士による食事指導と共に、ビタミン、ミネラル、プロバイオティクスなどの栄養素、乳酸菌などの適正量を長期わたり摂取することにより、アレルギー性ゼンソクの症状は軽快し、普通に生活できるようになる可能性があります。米国の研究によると、肉食中心の食生活では、腸内フローラのバランスが悪化し、アレルギー性喘息になりやすいようです。そこで、野菜や生果物、豆類、雑穀、それに魚介類などを頻回に食生活に取り入れ、出来るだけ農薬や人工添加物を含まない食品を選ぶことも必要です。なお、食品や医薬品には、人工添加物が多く含まれています。

メリーランド大学の研究によると、アレルギー性ゼンソクにはコリン、ビタミンB6、ビタミンC(1g/日)、補酵素Q10、βカロテンなどビタミン類、ケルセチン(抗酸化栄養成分)、それにMg、カリウムなど必須ミネラル類の適正量の日々の摂取が、ゼンソクの寛解に有益、と報告されています。なお、これらの栄養素の適正量は、年齢、体調など、その人の健康度によって変化するので、自分に合った適正量を探してください。

References

Good bacreria key to stopping asthma. BBC NEWS. Oct 1,2015

Deciphering the role of vitaminE in the treatment of refractory asthma. Models to prevent allergies, asthma, and eczema in young children. Dr Green's Blog


L-カルニチンの心筋虚血と末梢血管虚血の改善作用について 栄養医学ブログ 藤井毅彦

2023-01-22 16:50:04 | 健康・病気

動脈硬化や糖尿病などにより、体のいろんな部位や器官で血管の虚血が起り、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などで命と落としたり、また、足の閉塞性動脈硬化症などが起り、足が痛くて歩行困難になる人が多くいます。そして、いろんな研究から、L-カルニチンは心筋の虚血だけでなく、いろんな末梢血管の虚血を改善し、その効果の根拠として、毛細血管を拡張し、その血流を改善することが報告されています。

"Circulation"誌に載ったG Brevetti博士らの研究によると、筋肉機能の改善の目安として、L-カルニチンで治療した末梢血管性疾患患者での歩行距離の延長が研究されました。末梢血管性疾患患者の二重盲検テストによるL-カルニチン(アミノ酸系栄養成分)の作用は、末梢血管性疾患用薬剤が体から完全に排泄された後、20名のこれらの患者で3週間、無作為に、プラセボ、あるいはL-カルニチン(2g/日を経口で)を摂取するよう割り当てられ、3週間、追加的に他の治療法とクロスオーバーして実施されました。各治療期間の終わりに歩行距離がトレッドミルでテストされ、測定されました。

結果では、歩行距離は、プラセボの174+/-63mからL-カルニチンの306+/-122m(p<0.01)へ伸びました。虚血性の筋肉の生検は、4名の追加患者でのL-カルニチンの投与を15日間実施し、この治療投与では、総カルニチン値が著しく増加したことが証明されました。これらの結果から、末梢血管性疾患により影響を受けた、四肢での運動による代謝上の変化は、L-カルニチンがこれらの機能を改善し、歩行距離の延長に繋がったと考えられます。食事の改善や運動と共に、L-カルニチンやその誘導体も、上記疾患に対し補助的に摂取することは、高齢化による心筋機能の劣化を始め、足腰の末梢血管や筋肉機能の劣化の改善に貢献する可能性があります。更なる研究の積み重ねが待たれます。

References

G Brevetti, et al. Increases in walking distance in patients with peripheral vascular disease treated with L-carnitine. Circulation. 1988;77:767-773

R Lango, et al. Influence of L-carnitine and its derivatives on myocardial metabolism and function in ishemic heart disease and during cardiopulmonary bypass. Cardiovascular Research . Vol51, Issue1, 1July 2001. pqge21-29

Craig J McMackin,et al. Effect of combined treatment with alpha lipoic acid and acetyl-L-carnitine on vascular function and blood pressure in coronary artery diseases\ patients. J Clin Hypertens. 2007 Apr;9(4):249-255

 


プロピオニール-L-カルニチンの潰瘍性大腸炎への効果の可能性について その二 栄養医学ブログ

2022-12-17 14:02:38 | 健康・病気

Scioll博士らのPLC(プロピオニール-L-カルニチン)のUC(潰瘍性大腸炎)への効果に関する研究の結果は、PLCを4週間摂取し、そのプラセボに比べて、腸管粘膜多形体の浸潤が低下し、CD+(CD4抗原)白血球、ICAM-1(細胞接着分子)微小血管、INOS+(誘導型NO合成酵素)微小血管が減少しました。PLCの直腸内投与と経口投与は、ニトロベンゼンスルホン酸(TNBS)により急激に憎悪した潰瘍性大腸炎ラットの腸管ダメージ微小血管機能不全を改善しました。また、培養した、TNF-α刺激HIMECsにおいて、PCLはβ酸化を元の状態に戻し、NADPHオキシダーゼ4による酸化ストレスで生じたCAM(細胞接着分子)の発現と白血球癒着を阻害しました。また、L-アミノカルニチンによるβ酸化の阻害は、反応性酸素種産生と内皮機能不全、それに白血球癒に対し、PLCの効果を高めました。結論として、PLCは、TNBSによるラットのUCとHIMEC培養でのiNOS活性と酸化窒素の蓄積を阻害しました。これらの実験から、ヒトへの効果が期待されます。

また、Will Block博士らの報告によると、PCLは、ミトコンドリアを養うのを助け、軽度のUCの補助療法になる可能性があります。Guseppe Merra博士らの研究によると、PLCは軽度から中程度のUCの内視鏡的、組織学的活動度を改善します。結論として、PLCは微小血管系をターゲットにし、その抗酸化作用により、UC患者において内皮β酸化とその機能を回復させ、腸管粘膜の炎症を低下させることにより、UC患者を寛解に導くと、考えられます。なお、L-カルニチンのUCへの寛解効果の研究も待たれます。

References

Maria Glovanna Scioll、et al, Propionyl-L-carnitine is efficacious in ulcerative colitis through its  action on the immune function and microvasculature. the American College of Gastroenterology. 2014

Will Block. Propionyl-L-carnitine dispatches ulcerative colitis. Life enhancement. April 2012

Guseppe Merra. Propionyl-L-carnitine hydrochloride for treatment of mild to moderate colonic inflammatory bowel diseases. World Journal of Gastroenterology. sep28,2012

筆者のgooブログのURLはhttps://blog.goo.ne.jp/h35p39