ラークエ

「ラークエ」=「ラーメンクエスト(RamenQuest)」は福岡を中心にラーメン情報をお届けします!

桃花林@ホテルオークラ福岡

2021年04月10日 22時49分18秒 | 福岡県

こんばんはozeです。

 

今回はちょっと志向を変えて、

ネットで見た、ホテルオークラ福岡にある中国料理 桃花林に行って来ました。

4/1から30まで「春の麺フェア」をやっており、高級中華料理店のラーメンに

興味をそそられ、やってきました。

麺フェアのメニューは

かに味噌ワンタンと海老ワンタン二種のつゆそば   2,000円
野菜たっぷり海の幸入り味噌バターラーメン   2,200円
牛フィレ肉の辛味味そば 山椒風味    2,400円
炙りチャーシューとサラダの鰹出汁つゆそば   2,500円
かに肉ときのこのクリーミー和えそば   2,800円

と、この中で王道の醤油ラーメンっぽい二種のつゆそばか、味噌バターラーメンで迷うが

せっかく高級ラーメンを食べるんだからと、味付けが凝ってそうな味噌バターラーメン

にしました。

 

「野菜たっぷり海の幸入り味噌バターラーメン」

見た目はちゃんぽんっぽい。

コーン、キャベツ等の野菜がタップリ入っており、海鮮具材が高級でイカ、エビ、ほたて、しめじ等。

非常に上品なスープで、ラーメン屋の味噌ラーメンのような動物系スープや味噌がガツンと

来る味ではなく、野菜、鶏ガラ?などの上品な甘みがあるスープ。

バターはほんのりと効いており、麺をすすると、バターの香りが鼻を抜ける。

脂感はほとんど無いので、香り重視のバターなのかもしれません。

 

麺は味噌にしては珍しく、細ストレート。この淡麗なスープだと、

細麺のほうがバランス的にあいますね。

 

全体的には具だくさんの高級チャンポンを食べているようで、

スープは動物系と言うよりは、中華スープのようにスッキリしており、スープを飲み干しました。

ラーメン屋のラーメンとは別モノと捉えたほうがよく、高級な雰囲気と味に満足しました。

 

住所:福岡市博多区下川端町3-2
   ホテルオークラ福岡B1F

tel:092-262-1168

 

訪問日:2021/4/10

評価:82点

コメント

鰐 WANI@天神

2021年04月02日 18時34分28秒 | 福岡県

こんばんはozeです

 

イナッキーさんのところで見た、東京油そば鰐 WANIが気になったので、行ってきました。

親不孝通りの入り口(昭和通り側)近くにあり、天神バッカス館を入るとありました。

12:00ごろ着くと、若い年齢層のサラリーマンで満席となっており、

昼休みで来ているんでしょうかね。

 

近くにある油そば 七色もまだ行ったことが無いんだよなー

 

「油そば 大盛り(麺240g)」

半熟卵は無料サービスでトッピング。

開店の説明書きのポスターを見ると「店主が通った東京で人気の油そばを再現し...」とあり、

シンプルな見た目からも、珍珍亭インスパイアなのでは?と思ってましたが、

実際食べてみると、やはり味が似ています。

 

シンプルに油(ラード?)、醤油ダレ、中華麺をあわせたタイプで、台湾まぜそばなどの

今ドキの刺激的で濃厚な味ではなく、油の甘みと、麺の甘みを重視したタイプです。

シンプルに麺のうまみが伝わり、麺が主役となっており、タレの塩分が控えめなのも好み。

珍珍亭はもう少し醤油タレが濃厚だった記憶。

 

3分の2くらい食べたところで、お店の食べ方に書いてある、ラー油と玉ネギを入れてみる。

確かに味変にはなるものの、タレと麺の本来甘みが隠れるので、私的にはそのまま食べる方が好み。

できればトッピングも無しの方がいいかもしれない。

 

この手の油そばは、確実にヤローどもにニーズがある食いもんで、

また来たいと思います。

 

住所:福岡市中央区天神3-4-15

tel:092-739-3100

 

訪問日:2021/4/2

評価:85点

コメント

名門@渡辺通

2021年03月21日 22時44分33秒 | 福岡県

こんばんはozeです。

週末は福岡はずーっと雨でしたね。

夕方には雨は上がったものの、どーも気分が晴れねーなという感じ

 

さて、うまい醤油ラーメンを食べたくなったので名門に行ってきました。

未食の鶏煮干しラーメンが気になっているものの、うまいのでいつも醤油ラーメン

オーダしてしまう。今回も醤油ラーメンをオーダ。

 

「醤油ラーメン」

シンプルな醤油スープにチー油が浮く。

醤油スープは、塩分控えめ、クリアで余分なものが入ってなく、シンプルに鶏ダシを

味わうタイプ。出だしのインパクトは少ないが、食べ進むとじわり、じわりと鶏ダシのうまみと

醤油のうまみが伝わってきて、うまいねー。コレ、コレ、コレだよ~~~

 

麺が変わりましたかね。前回までは中太でガッシリした食べ応えがあるものでしたが、

ちょっと細く、しなやかな食感で小麦感がある麺になっています。

この位小麦感がある麺だと、私的にはスープとのバランス的に、もう少し細いほうが好み。

麺の量は、以前から醤油ラーメンにしては多く、150gくらいあるんではないだろうか。

 

今回も鶏ダシスープはうまく、まだまだ進化しているようなので、今後も通うかな。

 

住所:福岡市中央区渡辺通5-14-21

tel:092-775-8625

 

訪問日:2021/3/20

評価:90点

コメント

ラーメンセンター源龍@立花寺

2021年02月28日 18時32分54秒 | ジローインスパイア

こんばんはozeです

あ~、ジローが食いたい、

あ~、ジローが食いたい、

あ~、ジローラモは最近見ない、

 

と、いつものつぶやきを聞いていただいたところで、

話題の?ジロー系メニューを食べに、ラーメンセンター源龍に行ってきました。

国道3号線バイパス沿いにあり、このあたり、ラーメン屋密集エリアです。

いや、一幸舎密集エリアと言ったほうがいいか。

外観は完全にラーメンショップインスパイアで、

wikipediaより

インスパイア?またはパクリ?で、昭和感を意図的に出していて

面白いですね。

 

今回はこちらのメニューで決まり。

デフォルトで全マシ(背脂、野菜、ニンニク)、麺200gとなっています。

 

店内はフードコート形式となっており、食券を渡すとお知らせベルが渡され、

鳴ると、カウンタに取りに行くシステムです。

 

「考えるな感ジロー」

感ジローとはよく言ったもので、じっくり味わうのではなく、ムシャ、ムシャと胃袋に放り込む

ジローの食べ方をよく表しています。

 

スープは背脂の醤油豚骨で、クリア系の醤油味が強く、スッキリとしている。

豚骨感は薄く、本家ジローと言うより、ラーメン大、ぽっぽっ屋あたりに近い。

また、九州の醤油を使っているため?か、カネシ醤油の、あのキリっとショッパい感じ

は無く、マイルドでまろやかな醤油のうまみ。

 

麺は極太+ゴワゴワとした食感で、口に頬張りながら、ワシワシと食べるのはジローの醍醐味があり、

これはジローに近いですね。オーションが使われているんではなかろうか。

 

途中から、ニンニクラー油

を入れると、ピリ辛の味になり、味変が楽しめる。

途中で食べ飽きた時によい。

 

スープはマイルドながら、うまみに物足りなさは無く、ジロー系としては、満足できるレベルで

特に麺はその醍醐味が味わえる。スープ、麺、具とまとまりがあり、

全体のバランスの良さは、さすが一幸舎でした。

 

住所:福岡市博多区立花寺1-9-31

tel:092-503-5422

 

訪問日:2021/2/27

評価:85点

コメント

名門@渡辺通

2021年01月23日 14時06分52秒 | 福岡県

こんばんはozeです。

福岡は雨でスッキリしないですね

雨でマスクを着けて外出すると、息苦しいったらありゃしない

 

さて、気になっていた渡辺通り名門に行ってきました。

13:00すぎの時間帯にもかかわらず、お客さんは入って来ており、

ほぼ8割の入り。福岡にも醤油ラーメンが浸透してきたということでしょうか。

 

最初は迷わず、デフォルトの醤油ラーメンをオーダ。

 

「醤油ラーメン」

表面にチー油が浮く。

こちらもモダン・シンプルタイプか、ダシ主導タイプか、王道中華そばタイプか、

というところですが、丼ぶりの見た目が昔風なので王道中華そばタイプに見えるものの、

モダン・シンプルタイプでした。

複合的なうまみではなく、シンプルに鶏ダシ、醤油を味わうタイプで、

一口目はアッサリに感じるが、食べ進むうちにジワリ、ジワリと旨みが実感できてくる。

鶏のうまみがシンプルに味わえ、私の好きなトイボックス、ロックンビリーS1の系統に近く、

好きなタイプですねー。

 

麺は中太+平麺タイプで食べ応えがある。モダン醤油だと、しなやかな食感の細麺を

合わせることが多いので、珍しい。麺は昔ながらの中華そばタイプかな。

 

近くにある、うまみ重視のなお人とはまた違ったタイプで、濃厚なうまみを求める人には

物足りなく感じるかもしれませんが、このシンプル鶏ダシタイプは福岡では貴重な存在。

これでまた、福岡の醤油ラーメンのレベルが上がった気がします。

 

住所:福岡市中央区渡辺通5-14-21

tel:092-775-8625

 

訪問日:2021/1/23

評価:90点

コメント