ラークエ

「ラークエ」=「ラーメンクエスト(RamenQuest)」は福岡を中心にラーメン情報をお届けします!

ラーメン 浜虎@中洲

2022年05月01日 21時29分04秒 | 福岡県

こんばんはozeです

 

久々にネタとアップしようとしたら、前の投稿から1か月近くも経っていた。

時が経つのは早いんもんだなー

 

ということで、

先日オープンした、中洲にある浜虎に行ってきました。

中洲でも余り行かない、北側のブロックにあり、一蘭総本店の裏のブロックあたり

と言ったほうが分かり易いか?、この辺は久々に来ますね。

以前はピカデリー等の映画館があったので(何10年前の話じゃ、コノヤロー w)、

来ていたんですが、最近はすっかり行かなくなりましたね。

 

券売機は店の入り口の外にあり、淡麗スープの醤(ジャン)そば(醤油ラーメン)、

濃厚コクスープのコク塩鶏そば(鶏白湯ラーメン)、つけそばがあり、

濃厚なヤツが食べたかったのでコク塩鶏そばにしました。

 

「コク塩鶏そば」

見た目は王道を行く鶏白湯。玉ネギ、チャーシュー、野菜がのり、ニンニクチップのようなもの

が特徴的。スープは鶏のうまみが濃厚で、ガツンと来て、コッテリ感もあり。

モッタリ感が無く、旨みにキレがありモダンなスープです。

麺は太麺に近い、中太のちじれ麺で、厨房に製麺機があったので自家製と思われ、

鶏スープにしては、ガッシリと噛み応えがある麺で、ザクっとした小麦感もあり、存在感がある麺。

濃厚なスープと麺のバランスがよく、うまいですね。

 

後半はニンニクチップのようなもの(醤油玉かな?)がとけ、最初のクリーミーな味から

鶏白湯醤油っぽい味となり、これもバランスがいいですね。

モダンな鶏白湯ラーメンで、福岡では余り見ないタイプなので、新鮮に感じました。

次は醤(ジャン)そばかな。

 

住所:福岡市博多区中洲5-4-6

tel:070-2689-1361

 

訪問日:2022/4/30

評価:85点

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福はこび@姪の浜

2022年04月03日 22時02分08秒 | 福岡県

こんばんはozeです

暖かくなったからか、街の中は人が多かったですねー。

春休みというのもあるんでしょうが、天神はトランクケースを引く

観光者っぽい人が多かったです。

 

さて、姪の浜にある福はこびに行ってきました。

日曜の12:00ころに着くと、店外に1人待ちの状態。

あれ意外に少ないな、こりゃ入るか?ということで、待ち行列に並びました。

以前は待ちが多かったんですが、最近はさすがに落ち着いてきましたかね。

 

今回もラーメン+チャーハンセットの食券を買う。

 

「塩ラーメン」

これまで醤油を数回と塩を数回食べており、今回はでオーダ。

スープは旨みタップリで、この甘みは豚骨ベースかな?、甘みが口の中に広がる。

塩ラーメンなのでちょっとしょっぱ目に塩が効いた味ではありますが、麺をすすった時の、

スープの旨み、油、あと札幌の小林製麺っぽいコリコリとした固めの麺のバランスがよく、

うまいですね。

 

スープの旨みをストレートに味わうには、の方がいいかもしれない。私的にはの方が好み。

ちょっと、以前大丸の北海道物産展で食べた武蔵塩ラーメンを思い出し、

やはりサッポロラーメンに印象が近い。

チャーハンもうまく、満足しました。

 

住所:福岡市西区姪の浜4-11-23

tel:050-5570-6528

 

訪問日:2022/4/3

評価:85点

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラーメンピース@七隈

2022年03月20日 21時34分14秒 | ジロー

こんばんはozeです

う~~~、我慢できん、

バッツン(カンシャクが切れる音)

 

ということで、七隈ラーメンピースに行ってきました。

11:00開店の前に着いたところ、駐車場の方に待ちがあり、ざっと20人くらい。

皆さん好きですなー

皆さんジローに首ったけということで、3連休のなか日だし、絶好のジロー日よりといったところでしょうか。

11:00に開店すると、1巡目が入り、カウンタは12席のため、

2巡目の人たちはすぐに店内に案内された。

 

カウンタには学生っぽいきゃしゃな女の子も居て、はたしてジローを食べられるんだろうか?

という疑問が、また沸いてきた w

首都圏のジローでは見ない光景だなー

 

「汁なし ニンニク/麺少なめ」

味わって食べたかったので、今回も麺少なめでオーダ。

1口目は醤油が控えめで、ちょっと薄口かな?と思ったが、食べ進めると粒コショウが全体に

馴染んできて、ピリっと味がしまり、バランスがよくなってきた。とは言え、ちょっと物足りなさは

変わらず、バランス的にもう少しインパクトが欲しいところ。アブラ、カラメが推奨かな。

 

麺は平打ちの極太麺で、少な目で300gくらいか?、満腹になる位でちょうどいい量でした。

ラーメンと同じく、ヤサイの量が多いので、ボリュームが多く感じられる。

 

やはり汁なしもうまいですねー。麺が伸びずに最後まで味わえるのもいいし、

卵黄、フライドガーリック、粒コショウなどを混ぜて食べると、ジャンクな味で

麺好きにはたまらない。私的には、汁なしの方が好みかな。

 

住所:福岡市城南区七隈7-5-34

tel:-

 

訪問日:2022/3/20

評価:88点

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飯田商店監修しょうゆらぁ麺@セブンイレブン

2022年02月27日 21時07分09秒 | ワークスペース

こんばんはozeです

今日はだいぶ暖かくなりましたね

昼間、大濠公園や天神の警固公園に出かけたところ、

今までのうっぷんを晴らせとばかりに、多くの人が外に出てました。

今年は寒い期間が長かったからなー

 

気になっていた、セブンイレブンのラーメンを買ってきました

TVCMでやっていたので気になってました。価格は税込¥594と、¥600近くにもなり、

コンビニのラーメンとしてはかなり強気な価格設定。

¥600なら普通にラーメン屋に行くのと変わらんのじゃないか、とも思ってしまうが、

こだわった商品、プレミアム感を出した商品ということでしょうか。

 

調理方法は丼をそのまま電子レンジで温め、その後、上ブタに乗っている麺と具を

下のスープに入れます。

 

調理後がこちら

湯気からいい鶏の香りが漂ってきます。これは食欲をそそりますねー

湯河原の店舗は行ったことがないので、味の比較はできないのですが、

スープはモダンシンプルタイプの醤油で、1口目はあっさりとした口あたりで、

食べ進むうちに、鶏ダシの旨みと醤油のコクがジワリ、ジワリと来て、

澄んだ味の中から、鶏と醤油の旨みだけがクっと来て、モダン醤油っぽい味ですね。

油とスープのバランスもよく、鶏ではない甘みがあるので、豚骨が入っているのかな?

 

麺は細ストレート。なめらかな食感でモダンな麺。インスタントだからか、ちょっとコシが弱いか。

 

スープがうまいので、飲み干してしまった。モダン醤油が手軽に味わえ、

インスタントの醤油ラーメンとしてはよいデキではないでしょうか。

 

住所:最寄りのセブンイレブン

tel:-

 

訪問日:2022/2/27

評価:82点

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラーメンピース@七隈

2022年02月05日 22時16分46秒 | ジロー

こんばんはozeです

福岡は雪がチラついており、寒かったですねー

この寒さ、いつまで続くんだろうか?

 

さて、昨年オープンしたこちらラーメンピースに行ってきました

11:00開店の11:15着で、店外に1人待ち。

この時間なので待ちはこんなもんか?と思っていたら、店内に待ち席があり、

店内に5人待ち。開店直後なのに、こりゃ凄い人気ですね、

 

しばらくすると、店内の待ち席に案内され、その際に食券を買う。

結局、待ち時間は30分弱くらい。

 

「大学の近くにジローあり」との定石通り、近くには福大があり、客はほぼ全員が学生でした。

そう言えば、行列の中に小学生もおり、小学生がはたしてジローを完食できるんだろうか?

という疑問がわいてきた w

胃袋の大きさより、明らかにヤサイ+麺の量が多く、物理的に無理なのでは?

ちょっと食べ終わるところを見てみたかったが、

その後は不明 w

 

 

「小ラーメン ニンニク/麺少なめ」

関内出身の店主さんということで、見た目は直系ジローと同じ。

スープはジロー王道の醤油豚骨で、醤油主体のスッキリした味にアブラの甘み、ニンニクのパンチが加わる。

九州の醤油を使っている?からか、スープは甘め。これは首都圏のジローでは無い味で

九州の味覚に合わせたのかな?これまで食べた記憶だと、中山店に近い。

私的には関東のキリっとしょっぱい味の方が好み。

 

麺もジロー王道の極太+平メンで、ゴワゴワとした食感。

少なめコールで麺の量は250gくらいか?。ヤサイの量がコールなしでも多いので

ボリュームが多く感じられるが、多めのラーメン大盛り+αくらいの量なので

男性なら食べられる量でしょう。

 

丼ぶりがカウンタの上にドンッと置かれると、豪快にワシワシと食べて、味わうよりも

スピード重視で食べ進める。最後に丼ぶりをカウンタの上にあげ、フキンでテーブルを拭いて、

サッと帰る。

という一連の動きも、ジローそのもの。

 

スープが甘いのを除けば、首都圏のジローと同じ味。これまで九州のジロー系は

熊本の大仙1強というイメージでしたが、やっと首都圏レベルの店ができて、嬉しい限り。

こりゃ、楽しみが一つ増えたな  w

 

住所:福岡市城南区七隈7-5-34

tel:-

 

訪問日:2022/2/5

評価:88点

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする