KOMIのブログ

金井一薫の周辺に起こった出来事や、学会、FN看護研究所関連の記事を紹介します。そして私のつぶやきをお聞きください。

今年度の基礎理論セミナーが始まりました!

2018-11-26 09:56:59 | 日記
11月24日(土)~25日(日)

いよいよ今年度の「基礎理論セミナー」が始まりました。
会場はお茶の水・ソラシティカンファレンスセンターです。JRお茶の水駅の聖橋口の目の前にある高いビルです。
全国から参加される方にとっては、とても利便性の高い場所にあります。新しくて、会場のマイクや機材も使いやすいです。



さあ、開始10分前です。
今回もまた、新たなメンバーとの出逢いがたくさんありました。地域・在宅領域で働いておられる方々の参加が目立ちました。これも時代の変化を反映しているのだと思います。ナイチンゲールKOMIケア理論は、生活と人間を重視し、個別の生活に適した実践を展開していくところに特徴がありますから、病院から在宅まで、幅広く活用していただけると思います。教育畑からのご参加もあり、多彩なメンバーが集いました。



1日目は「ナイチンゲール看護論」を『看護覚え書』を通してお伝えしました。新たな側面から、内容を強化しての講義です。
2日目は「KOMIケア理論の特徴と構造」をわかりやすくお話し、「目的論」と共に「対象論」の主軸の1つ、「いのちのしくみ」の基礎編をお伝えしました。
「植物器官と動物器官」の話が面白かった!との感想が、たくさん寄せられました。ケアは回復過程として体内の乱れたとところをメンテナンスしている「植物過程」を助けるために、働きを休止している「動物器官」の代行をするところにある、という点を理解していただけれればと思います。
KOMIケア理論の根拠にもなる学説です。この視点は、今後のセミナーでもしばしば出てきますから、しっかりと復習をして次回に臨んでください。

夕方4時を過ぎると、辺りはもう真っ暗です。間もなく12月に入る東京。カンファレンスセンター前の広いエントランスにも、きれいなイルミネーションが灯りました。
ホ~とした気持ちになって、2日間を終えました。





12月のセミナーのプログラムが一部変更になりますので、ご了承ください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 東京藝術大学で開かれている... | トップ |