KOMIのブログ

金井一薫の周辺に起こった出来事や、学会、FN看護研究所関連の記事を紹介します。そして私のつぶやきをお聞きください。

解散総会が成立し、いよいよ3月で学会は閉じることになりました!

2019-03-25 15:24:18 | 日記
3月24日(日)

22年間続いた「KOMIケア学会」ですが、その使命を終えて、今月でその幕を閉じることとなりました。
応援してくださった皆さま、本当に有難う!!


良く晴れた24日、お茶の水にあるソラシティカンファレンスセンターにおいて、解散総会が開かれました。


今回は、9年間続いた「NPO法人・ナイチンゲールKOMIケア学会」解散のための総会です。NPO法人の設立や解散に際しては、厳しい規約が存在します。その規定に則り、必要なすべての手続きが行なわれるわけです。解散に関しては、すでに昨年6月に開催された「第9回ナイチンゲールKOMIケア学会」の総会において可決されていますが、今回は1年間の活動報告や決算報告がなされ、解散に関して、改めて会員の4分の3以上の合意が必要とされたために開催されたのでした。
総会にに先立ち、記念講演会がもたれました。テーマは小南吉彦による「看護と医学」、金井一薫による「KOMIケア理論の新たな展開」、石川惠子と青木智子による「いのちのしくみと疾病論の研究報告」でした。ナイチンゲールKOMIケア理論は、今後ますます充実・発展していくだろうという期待が膨らみました。




最後に総会です。持丸晴美さん、杉山恵子さんによる議長、副議長のリードで、「解散の承認」が全員一致で可決されました。


この後は、6月30日までに清算人の立ち合いのもと、法人解散のための全ての事務処理が行なわれます。
最終の報告は、4月中旬に発行される『KOMIケア通信』(最終号)にてお伝えします。同時に会員の皆様には冊子『いのちのしくみと疾病論』もお届けします。
ご期待ください!!



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« KOMIケア学会最後の教育実践... | トップ | 平成が終わり、令和の時代へ... »