KOMIのブログ

金井一薫の周辺に起こった出来事や、学会、FN看護研究所関連の記事を紹介します。そして私のつぶやきをお聞きください。

みんなのMITORI研究会・勉強会

2017-05-25 09:45:52 | 日記
5月20日(土)

東大本郷キャンパス内にある医学部図書館333号室において、友人である近藤和子さんが主宰する「みんなのMITORI研究会」が、お二人の講師を招いて講演会を開きました。
講師のお一人は朝日新聞社記者の佐藤陽氏、お二人目は建築家の渡邉健介氏です。
佐藤氏は『日本で老いて死ぬこと』というご著書執筆のお一人です。
2025年問題を間近にひかえて、日本人はこれからどのようにして死にゆくのか・・・というテーマに応えようとした内容です。”朝日新聞 迫る2025ショック取材班”が追いかけた160本近い連載記事が一冊になったものが、この本です。




私も早速購入して読み始めました。
多くの事例が紹介されており、また、様々な前向きの実践も紹介されていて、とても考えさせられる内容です。
私たちKOMIケアの仲間たちも、それぞれの前向きで素晴らしい実践をしていますが、全国には、このように展開している人たちがいるんだと教えられ、心強い限りです。

建築家の渡邉さんのお仕事の視点は斬新で、これからの老いの住処のあり方が示唆されていました。
7月には、近藤さんの仲立ちで、渡邉さんにお目にかかれそうです。とっても楽しみ・・・。

さて、この日は東大の大学祭「五月祭」でした。
私が学んだ頃とは一変して、多くの屋台が赤門からずっと列をなし、大勢の人々でにぎわっていました。
とても暑い日でした!
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 看護の日記念講演:徳島県立... | トップ | 島根県立石見高等看護学院に... »