LGBTの家族と友人をつなぐ会ブログ

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの家族や友人による会のブログです。

2月東京ミーティングの報告

2020年02月21日 | Weblog

2020年スタート!

コロナウイルス情報が出始めた影響かキャンセルが相次ぎました。参加人数が少ないと、一人一人が思う存分話せる、という思わぬ+効果がありました。

親の対応は年代によって違います。若い親御さんは子どもの有り様に対して理解が早い。
親自身が学生時代に知識を得ていたり、メディア情報で理解を深めていたりで、子どもの言い分を素直に受け止めようとするお母様が増えているようで嬉しい限りです。ただ、周りはそうとも限らず孤軍奮闘になりやすく、ミーテイングでの援護射撃で力を得ているようです。


年代が上がるにつれ、また、当事者のお子さんの年齢が上がるにつれ、親の思いは千々に乱れるようです。ただでさえ思春期世代は気難しく、親と衝突しがちなのに、そこにセクシュアリティの悩みが入ってくると親子の意思疎通もうまくいかず、緘黙か爆発、あるいは暴走と、子どもの振る舞いに親は戸惑うばかり。


これらの年代の親子関係の悩みは、その年代にふさわしいコミュニティを紹介し、ジェンダークリニックが必要な場合には地域の病院を紹介、かつ情報収集に見合う書籍や映画等もお知らせしています。そして当事者が語る学生時代の思い出、彼らが語る苦悩と苦闘の思い出が、親にとっても子どもにとっても、一番の良薬かもしれません。

さて、一番大変なのは、シニア世代の親と成人した当事者の子どもでしょう。
この世代の親は、性的少数者に対する知識は皆無、ミーテイングや講演会に出席して初めて理解した、という方が多い。理解型の親御さんの場合でも、両親間で理解の温度差があったり、親戚や隣近所との関係に苦慮する方も多く、世間体と子どもへの愛情との板挟みになりやすい。勿論、理解なんてあり得ず、拒絶、勘当も相変わらず多いのです。

「あなたのセクシュアリティは受け入れるけれども、他人がいるところでは開示しないでね」という態度には世間体を気にする親の困惑が顕れていますが、子どもの側からすると「わかってないなぁ」ということになる、よくある親と子のすれ違いです。すれ違いが溝になり、その溝が段々深くなっていき、疎遠になるのはよくあることです。

長年の価値観、プライドを脱ぎ捨て、その溝ひとっ跳びしてみませんか?
自分の思いを傍らに置いて、お互い、相手の苦悩やジレンマを想像してみる・・・
相手の心情に心を寄せる時、人と人との距離はぐんと近くなるものです。
親と子が更に親密になり、理解を深める時、豊かな世界が広がります。

・・・跳びたくないって⁉ 躊躇・・・(>_<)
自分の可能性を閉じ込めないで❕

M

 

 


第36回 福岡ミーティング&学習会

2020年02月10日 | Weblog

2020年1月19日(日)に第36回福岡ミーティングが開催されました。

午前の学習会の部では、今九州で行われいている同性婚訴訟について、弁護士さんお二人をお招きして現状をお話ししていただきました。

しかし今このブログをご覧のみなさんにまずお伝えしたいのは、

 

『2020年2月17日(月) 14:00~ 九州訴訟』於:福岡地方裁判所(福岡市中央区六本松)

 

上記の傍聴に来てほしい、ということです。

ぜひふるってご参加ください。

人が集まれば集まるほどいいのです。

傍聴券の抽選(13:15頃から配布されます)に外れてしまったとしても安心してください、ダブルチャンスです。

この日、意見陳述が終わったあとに予定されている『報告会』なるものがあるのです。

 

その日の内容についての説明や報告、今後の予定などが話される予定です。

裁判所の中で行われていることについての説明や訴訟の内容など、中のなんやかんやが終わるまでの時間に色々聞けちゃいます。

 

とにもかくにも人を集めたい、そんな気持ちです。

社会全体がこの訴訟に興味関心を持っている。

そんな雰囲気をビシバシと裁判官に伝えるためです。

その為には、なんかめっちゃ人いる……、そう思わせることが肝心なのです。

だから人は多ければ多いほどいい、そういうわけです。

今日誰かのライブ?というくらいが理想でしょうか。

 

 

午後の部の福岡ミーティングの内容については私実はもう記憶がおぼろげで……

福岡の弁護士会の中で、同性婚について積極的に支援していこう的な委員会ができた、というのをなんとなく覚えています。

良いことだと思います。

同性婚?したい人はすればいいんじゃない?というちょっと突き放したような傍観者スタンスではないところが。

同性婚?したい人がいるなら応援しちゃう、という現場の第三者スタンスは大切だと思います。

 

同性婚についてまあ別に反対ではないから賛成、というスタンスがなんだか一番もやっとするのかなと思います。

世の風潮に流されて一見賛成しているようで、実は同調しているだけ、みたいな。

かくいう私もおそらく傍観者スタンスなのであまり他人をどうこう言えませんが……

結局自分がその立場になって初めてわかることなのかな、と。

なのでこの機会にもうちょっと積極的に応援できればと思ったり思わなかったりしています。

同性婚が可能になればもしかしたら自分にもいいことあるかもですしね。

 

 

続いて後半の交流会についてですが、これは毎度のごとく20人?くらい人がいるのを三つのグループに適当にわかれて互いの近況や色々な情報交換をするってぇものです。

毎度のごとくとか言っちゃいましたがこの福岡のブログはなんと3年もの間更新されていなかったのです。

あら、まあ。

しかもこういうのって

「いついつ開催されました」

とか過去形で聞くこと多いですよね。

ニュースとか見ててそんなこと言われると、もっと告知して!という気持ちになります。

なので次からはこのブログでもって交流会の予定なんかもバンバン告知していきますね。

 

でもそうなるとそもそものこのブログ自体の閲覧数を上げないと意味がないということにもなるので、なんか気が向いたときにでも雑記みたいに更新しようかと思います。

開催されていたことを事後報告されてもですね……

 

でまあ私のいたグループはどうだったかというと、私以外当事者の親という立場の方ばかりだったせいか

「井戸端会議かな?」

という感想を持ちました。

こんな話別にここでしなくてもと思いましたが、ぐっとこらえて静かに話を聞くふりをしていました。

 

別のグループの様子を聞いていると、かなり活発にこちらとは違うまさにつなぐ会的な会話が聞こえていました。

全部がここみたいじゃなくてよかったよかった。

 

あの場でしか話せない内容とか、その場でしか話したい気持ちにならないこととかあると思います。

日ごろのモヤモヤを吐き出すとかいう目的で参加していただいてもOKなのです。

もしかしたらなにかのきっかけになるかも……、しれない。

ぜひぜひ一度お越しください。

だいたい ↓

 

アミカス(福岡市男女共同参画推進センター)

https://amikas.city.fukuoka.lg.jp/modules/tinyda1/index.php?id=1

 

ここで開催されています。

 

 

ここに交流会の内容について具体的なことが一切書かれていないのは私の記憶力が残念という理由だけではなく、交流会で話した内容については外部にもらさない、という普遍のルールがあるからです。

これは絶対です。

安心安全です。

何も怖いことないですね。

私もその方が楽ですし。

 

 

というわけでたぶんこのくらいでしょうか。

このブログをご覧のみなさんに伝えたいことがまたあったらまたそのたびに更新していきます。

ではでは。


東京ミーティング(12月1日)の報告

2019年12月18日 | Weblog

今回は、関東近県から親子でのご参加も含めて10名でのミーテイングとなりました。

 

中学高校生は思春期真っ只中。思春期は自分は何者なのかを探る時でもあるので、性別に違和感を覚える子どもにとっては不安と混乱の渦に飲み込まれそうな時期といえるでしょう。学校という場所は性別二元論で成り立っているので、セクシュアルマイノリティの生徒にとっては、性別規範の強制で居心地悪く、自身のロールモデルも見当たらず悶々とするばかりです。

我が家を振り返ってみても、当時の我が子は勉学には身が入らず、自宅にいる時はひたすら眠っていましたっけ。眠ることで、外での傷を癒していたのかもしれません。

 

思春期真っ只中の参加者を前に、皆それぞれの思春期を思い出したことでしょう。

 

先輩の参加者たちは、セクシュアルマイノリティの現状と未来を語ります。望ましいトイレはどうだったらよいか、今ある制服を選択制に切り替えていくにはどういう手順を踏んでいけばいいのか、クラスメートとの距離の持ち方はどうしよう?などなど。はるばる来てくれた若者は何を感じてくれたでしょう、この先なんとかこの荒波を乗り越えていってほしい、今回は参加者皆さんのエールを届けたミーテイングになりました。

 

毎回、関東近県からの参加者があり、電話やメールでの相談も東京、千葉、神奈川以外からが結構あります。当事者を抱える家族が駆け込む場所が地元にないのか、あるいは地元を避けるのか、その辺りはわかりませんが、首都圏以外の関東地域に「出張つなぐ会」として出向き、誰にも相談できずにいる家族の扉を開け、光を届けたいものです。

M

                        

 


三重県津市で講演会

2019年12月15日 | 講演会 つなぐ会 LGBT トランスジェンダー 当事者 アライ


11月のミーティング

2019年12月10日 | Weblog
11月24日 名古屋ミーティング 
参加者・xジェンダーの息子をもつ父と母 2名
    レズビアン女性1名
    同性愛者の娘を持つ母1名
    FTMの子を持つ母1名  合計5名
父母に内緒で、女性ホルモンをインターネットで購入使用している息子(大学3年生)
が心配。
いったん取り上げたが、再度使用しているよう。
本人曰く、自分はⅹジェンダーで、ホルモン使用しているが、女性になりたいわけではなく、今の体を変えたい、自分に合った服を来るのが心地いい、自分に合った体になりたい。
本人は、一番肝臓に負担の少ないものを選んでいるというが、健康でないともともこもないと話し、血液検査だけはしてほしいと諭したら、本人は理解したようだが、その先は進んでいない。子どもとの会話は、どこか他人事のような返事しかなく、確信の話ができない。
ホルモンの話は、本人でなくても、親の立場で病院に相談もできるので、専門医師(女性ホルモンなら婦人科。男性ホルモンなら泌尿器科)に相談してみてはどうでしょう。
イエス・ノーで答えにくい質問ではなく、ほめることからコミュニケーションをとってみては。子供さんの心が緩むような会話から雰囲気づくりを意識してみては。
親が自分を整理する時間も必要。日記を書いたり、ブログ等ではきだしてみてはどうでしょう。
xジェンダーとして就職することへの心配。
今企業は少しづつLGBTフレンドリー企業が増えてきている。また、焦って就職をする必要もなく、猶予期間を設けて本当に自分に合ったことを見つけるのも大切かもしれないとの意見があった。

10月の名古屋ミーティング

2019年11月01日 | Weblog

2019・10・27 イーブル名古屋 9:30~

 

FTM当事者2名(1名は小学生)

トランスジェンダの子を持つ母3名 トランスジェンダの子を持つ父1名

ゲイの子を持つ母1名 ゲイの子を持つ父1名 レズビアンの子を持つ母1名

紀宝町役場職員1名(広報誌作成のため取材)

 

情報として

岐阜大学病院の看護師さんへのガイドラインができた。当事者は病院で名前を呼ばれたときなど辛い思いをしてきたので配慮が嬉しい。

 

参加者より

大学3年生の息子が隠れて、ホルモン剤を購入して飲んでいるよう。対応どうすればいいかわからない、プライドライフや、寄り添いほっとラインへ電話したら、つなぐ会を紹介された。父と母と息子でと話し、いったんモルモン剤を取り上げたが、また、飲んでいるよう。

母は体が心配で、ホルモン剤の投与はやめてほしい。父は本人の意に沿って、金銭面でも応援したいが、ネット購入は心配。当事者は医療機関には行きたくない。体が男であることがいや。でも、スーツで就活するのはできると言っている。

親は、必ず力になるから、ホルモンを投与するなら、血液検査だけはしてほしい、量や期間を自分勝手に服用すると精神も体もバランスが崩れるから、危険と諭すのはどうですか?と提案した。

 

小学校6年生のFTM当事者と母親、当事者は男の子になりたい、中学での制服が不安で、リストカットや家出もあり、現在保健室登校、校長先生から「心配するな。中学校には、学ランで行けるように掛けあう。」と認められた。が、自分は、女でも男でもない自由人としていきたい。一人でいるのが楽と思っている。

母は学ランをきて、入学後が未知の世界が心配、MTF当事者で、中学の教師をしている方に相談したら、「あなたが前例となりなさい」と言われた。

 

息子からゲイとカミングアウトがあった母。納得したつもりでも、将来が心配。本人に了承をえて、夫にカミングアウト。父は、本人から聞きたかったが、理解したいとつなぐ会に参加。母は息子が人前で好きな人と、イチャイチャしたりしないか周りの目が気になり心配。父は病気が心配。

人を好きになったりなられたりすることはとても素晴らしいこと。息子さんは自分の将来を心配してほしくてカミングアウトしたのではなく、応援してほしいのでは?また、人前で、イチャイチャしないと思いますよ、子供を信じて。病気ことも、当事者は知っている。心配より信じることが大切では。




9月の名古屋ミーティングレポート

2019年11月01日 | Weblog

事元年9月23日ミーティング

参加者

FTM当者の母3名 FTM当事者2名 女性同性愛者1名 女性同性愛者の母1名

MTF当事者の母2名 MTF当事者の父1名 男性同性愛者の母1名 NHK記者 計12名

 

連絡事項、

  1. 10月22日三重レインボープライドと11月3日奈良レインボーフェスタに参加します。

  2. 滋賀県が各種申請書の性別欄を削除しました。

 

相談内容

父親の声として、子供から女性になりたいとのカミングアウトを、母親から聞いた。

一晩中泣いた。子供が自分の前からいなくなるのではないかと思った。子供との温度差があってつらい。性の揺らぎもあるので手術が怖い。

 

胸オペ済の母親は、手術をする前に当事者(手術をした人)の話をたくさん聞いて、質問して、不安をなくした。

 

手術を親が助けてしまうと、本人の力が育たないかも、親は支えてあげるだけでいい。自分で判断して、自分で行動することが大事。

 

親が思う幸せと、子供が思う幸せは違う。

 

見た目が自認の性に近づいてくると、病院とかで、戸籍の名前で呼ばれるのが、苦痛で仕方ない当事者に、氏名変更の準備に、新しい名前で、ポイントカード等を作っておいたり、郵便物に新しい名前で届けてもらうと、改名しやすい。また、先手を打つのも大切で、

病院で名前を呼ばれる前に、新しい名前で呼んでほしいと、メモを渡しておくのも有効。

 

中学校の制服を自認の性での着用について、学校から断られた場合、文科省からの合理的配慮の通達があるや、教育委員会に相談したらいいと、現役中学の教員をしているMTF当事者からのアドバイスがありました。

例えば、目が悪いので、眼鏡かコンタクトをつかいたいくらいの感覚で、いいそうです。

性別に違和があるので、ズボンかスカート迷っています。どちらも試して、いいほうを着用したいと、当たり前のように伝えたらいいとのこと。

 

医療費・保険適用につて、実際保険適応でのSRSできた方は、数名しかいないということは、せっかくの保険適応はあってないようなこととのよう。


第107回 神戸ミーティング

2019年10月23日 | Weblog

10月20日(日)13時30分~16時30分、兵庫勤労市民センターにて神戸ミーティングを行いました。

当事者のお母様方以外にも、当事者の方や別のジャンルの少数派・逆境を味わわれた経験のある方からもご参加いただきました。

はじめに挙がった話題には、先週13日に開催された関西レインボーフェスタで当会もブース出展させていただき、その際にご参加いただいた方の感想でした。

本当は12日(土)の2日連続の予定でしたが、台風により土曜日は中止になりました。

ただ、1日だけでも、パレードなどを含めてよかった、楽しかったとの感想もいただけたことが本当にやりがいのあることです。

当事者の方は、親にはまだ言っておらずであるものの、近日手術を控えているので、今一度親御さんの立場の声を聞いて心の準備をしたいとのことでした。

たしかに、親御さんの声にも十人十色あり、何が正解・不正解というわけではありませんが、当事者からみると親の声を間接的に知りたいという気持ちがあることを改めて実感しました。

セクシュアル・マイノリティとは別のジャンルのことで家庭環境や人生でお悩みの方は、テレビの放送をきっかけにLGBTについて関心をもたれての参加でした。

当会は、当事者の親御さんの心のガス抜きの役割が統計的に大きい部分はありますが、当事者でなく関心をもたれての参加はすごくありがたいと感じました。

当事者又はその家族・友人だからではなく、本来性的指向・性自認は人間全員の問題なのだという意識が少しずつ拡がり、その方のような人たちにもご参加いただけることが増えたら本当の意味での啓発だと感じました。

立場が何であっても、性的指向・性自認・ジェンダーなどに関心があってミーティングに参加していただける人も増えていくことも、当会の願いでもあります。


10月東京ミーティング【みんなで学び語り合おうSOGIEとLGBT~多様な生と性、そして人権~】の報告

2019年10月12日 | Weblog

10月6日(日)、すみだ女性センターにおいて、会員を講師として学習会及び交流会を開きました。いつもは、新宿、渋谷、目黒と転々としながらミーティングを開催しておりますが、今回は墨田区の後援もいただき一日つなぐ会となり、参加者も初めての方が多い会合となりました。当事者及び親御さん、アライの方も含め19名でした。

 SO=sexual orientation=性指向 異性に向く人、同性に向く人、両性に向く人、そして誰にも向かない人もいる?

 GI=gender identity=性自認 性別違和を抱える人は真剣に考えるが、cisgenderはほぼ考えたことがない

 E=gender expression=性表現 ~らしくとか~のくせにとか、見た目で判断されるのはどうなのかしら・・・

LGBTについて学ぶということではなく、誰もが持っている各々のセクシュアリティについて考えることで、お互いの違いを知り認め合える良い機会になったのではないかと思います。

 

参加者からメッセージをいただきました。

 

セクシャリティ

この事を思うといつも人とのつながりにいきつく
 
人と社会
親と子
教師と生徒
友人同士
パートナー同士
同僚
そして家族
 
どんなに性の多様化・細分化が進み、頭で理解し、可視化されてきたとしても、
一人一人の 個の本質は、時を超えても揺るぎなく確実にそれぞれの中に、ある(存在する)
 
それを、その時に出会った相手と、今のタイミングで、どんな風に気の(気持ちの)交流をして、
そして関係性をどう続けていくか…ということ、は変わらないんじゃないかな、と思いました。
 
責任を持って、言葉を選択して、感情を表現して、ちゃんと反応して…間違えたらまたやり直して
そしてまた、こんにちは、と始めて…
 
「教育」する側も、「雇用」される側も、
「日本」に偶然生きてしまっているみんなも…
まずは隣の大事な人の「まんま」を感じてみたら、何かちょっとずつ良く変わっていくのかもしれない。
 
自分の性の揺らぎに戸惑いながら、FtMのトランスジェンダーのパートナーと出逢って17年、ぶつかり合いながら関係性を築く中で、そんな風に感じています。
 
今日のつなぐ会では、久しぶりに会えた人や初めて会えた人、顔見知りの親御さんたちに再会し、エネルギーをもらい、またね、と別れた。
また必ず会えると信じて…
 
それでも、もう二度と会えない、ということも起こりうることを噛み締めながら帰途につきました。
 
そう…
だからこそ、今、目の前の人にできる限り全力でいたいと思う。
「時代が…」とか「周りが…」とか言ってないで
 
性別がない人もある人も
対象の性がどのようなあり方でも
今生きていること自体 表現者です
 
ハラスメント発言している人に相対するのは確かに私もとても怖いです
 
でもそこにいることで 伝えられることがある
と背中をおしてくれたから
 
 
みんなへ
Express yourself
限りある人生を 自分らしく
 
テルー

第106回 神戸ミーティング

2019年09月13日 | Weblog

9月8日(日)13時30分~16時30分、兵庫勤労市民センターにて神戸ミーティングを行いました。

この日は、当事者のお母さんに該当される方々がほぼ全体を占めました。

初めて参加される方の中には、お母さんの立場の方以外に、LGBT等の人権分野に関心の高い女性の方からも参加いただきました。

カミングアウトする子の方からは、「自分が存在してはいけない」という思いからバリアを張られているような気がする話や、自死に繋がる可能性などの話が挙がりました。

ただ、まず母親としてカミングアウトをされたということは、それ自体に信頼されていることが故に誇りをもってよいのですが、実際に誇りをもつ考えに至るまでには、様々な心配事でその方向に向かないことが多いようです。

だからこそ負のスパイラルに陥らないようにするためには、このようなミーティングの環境で様々な方と情報共有・交換をすることは本当に重要です。

学校教育の話の展開では、日本社会の多様性のあり方が矛盾している話題も挙がりました。

2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックの影響もあり、今や民間企業など様々なところで取組みが進んでいる中で、その社会に旅立つ人間を育てる学校教育の環境で、取組みに地域格差があるという現状です。

まだまだ学校教育の体制にも、「異質」を避け、「平坦」にさせるという発想が根付いているように思われます。

人間はそもそも誰しもが完璧ではありません。

なので、まず人間の人格形成の過程に影響を与える学校教育で、多様性の取組みが遅いという現状が問題視されるべきではないかと思われます。

とはいえ、10年以上前から会のミーティングの来られている方のお話を伺うと、その当時は概念自体がなかったので、その意味では相対的に進歩はあります。

今回、「多様性」や「普通ってそもそも何?」という話の中から、改めて学校の取組みの重大性と、ローマは一日にして成らずということを実感しました。

また、カミングアウトを受ける捉え方ひとつとっても、気持ちの整理に影響しますので、自責の念に駆られ負の状態に陥らない環境を存続させる使命を感じたミーティングでした。

そして、今回のミーティングのように、LGBT・SOGI以外の他の人権分野の方からも関心をいただいて、ミーティングや活動に参加いただける方が1人でも多く増えていくのが願いであります。