LGBTの家族と友人をつなぐ会ブログ

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの家族や友人による会のブログです。

東京ミーティング(10月7日)レポート

2018年10月15日 | Weblog

3連休中日のためか、出席者は12人と少人数。当事者の他にLGTそれぞれの当事者の親御さんが揃い、忌憚ない話合いで盛り上がりました。

 

序盤は教育談義から。千葉県の中学校がブレザータイプの制服にネクタイ・リボン選択可、ズボン・スカートも選択可を打ち出したというニュース記事が取り上げられ、選択自由はありがたいとの声が出ました。けれども、制服反対の意見の保護者もいて、制服は何故必要かとの話に進展。学生の非行化対策だけでなく、学生が制服を着ていればどこの学校の生徒かまで認識できるので、町中で危険な目に合わないように周囲の目が彼らを守ることができるという安全対策の面も指摘され、更に最近の経済格差の風潮の中では、私服着用となると却って貧富の差が一目瞭然となりやすい。だから、制服がある方が無難との声も。ならば、標準服が一応あって、しかも選択自由、という線がベストでしょうか? 

従来、日本の教育制度は子どもを守る観点がともすると管理の方向に行きがちで、制服指導もその傾向が強かったようにも思いますが、柔軟性をもって制服を活用していけば、誰にとっても有意義なものになるかもしれない。制服ひとつとっても、多角的に考えていくと+面、-面ともに挙げられ、一概に答えは出せません。けれども、そろそろ従来の服装規定を見直して、着用する個々の生徒の思いを汲んだ柔軟性のある運用を考えていく必要はあるでしょう。 

制服談義から派生して、和を持って貴しとなす日本の教育スタイルについて。

近年、これが同調圧力に変化しているように見受けられます。セクシュアル・マイノリティ当事者に学生時代の思い出を尋ねると、自分のセクシュアリティに係る違和感のため周りになじめなくて、ある方は孤立へと向かい、一方なんとか周りに合わせようと努力してきた方からは、当時は大変だったけど今となっては社会の流儀を知る良い経験だったと語られる。いずれにしても学生時代は居心地が悪かった、これはセクシュアル・マイノリティの子どもたちにとって共通の思いでしょう。親からしてみれば、これは切ない。孤立にしろ協調にしろ、そこには子どもなりの心の葛藤があっただろうし、やり過ごすにしろ乗り越えるにしろかなりのエネルギーが必要なわけで、年代相応の夢や希望を持ちにくいのは想像に難くありません。

思春期に子どもたちは自分自身を探り、葛藤し、現実の有り様に反発し、暴走もしやすい。そこにどう対応していくか、セクシュアル・マイノリティの子どもを持つ親自身の悩みも尽きません。まずは話し合い、受容し、同世代の同じ境遇の仲間と出会うよう促すことが思春期特有の狭い視野から抜け出せる道かと思います。それにつけても、学校という一日の大半を過ごす場が多様性を認める場であれば、子どもたちはこんなにも苦しまなくて済むだろうにと思います。

子どもたちがありのままの自分でいられる子ども時代を過ごし、自分らしく生きられる将来を夢見られるように成長していってほしい、とあらためて感じました。                                           

M

 

 


第21回名古屋ミーティングレポート

2018年10月07日 | Weblog

9月9日(日)イーブル名古屋・中会議室にて名古屋ミーティングを行いました。
今回は、合計8名の参加でした。(MTF当事者2名、FTM当事者1名、トランスジェンダーのお母様方3名、レズビアン当事者1名とお母様1名)

まず、初参加のMTF当事者の大学生のお子さんとそのお母様からのご相談について話し合いました。
現在ジェンダークリニックにかかっているとの事で、今後のホルモン療法のタイミングやSRS(性別適合手術)の詳細について、先生に質問しても解り難いとの事でした。
また、日本で健康保険の適用を受けながら治療を受けた方が良いのか?それともタイで手術を受けた方が良いのか?どちらが良いのかについても迷われているそうです。
これに対して、現在、日本で健康保険が適用されるのは、ホルモン治療していない人に限定される事や、またタイで手術を受けるにもアテンド会社への費用負担が大きい等の問題点もあるので
まずは、GID(性別違和)専門医に直接訪ねるのが良いと言う事になりました。

また、大学在学中に戸籍の性別を変更した方が、就活等でより精神的に安定して臨めるのではないか?との考えもあるそうです。
この考えについても、戸籍を変更する事ではなく、これからどの様により良く生きて行くかを考える方がより大切なのではないか?また、性別適合手術を安易に考えてしまうと、今以上に辛くなる事もあるのではないか?自分自身の決断に責任を持つ覚悟も必要だとのご意見がありました。

次にGIDの低年齢化について話題になりました。
まだ幼稚園や小学校低学年の段階では、男性や女性の意識はないと思うので、親としてはまず、一人の人として育てていくことが大切ではないか。しかしながら親として、現状は受け入れ難いものがあり、もっと早く知っていれば、本人が苦しまなくて済んだのかもしれないとご自身を責めてしまうので、親のケアについても必要だとのご意見がありました。

また、親が、当事者の子どもと向き合う姿勢についてご質問がありました。
当事者は目標があると順序立てて考えたり悩んだりできるので、親はそれに寄り添うだけで良く、悩む時間は決して無駄ではなく自分を見つめるための大切な時間であるとの意見がありました。

他に、最近、名古屋でMTF当事者のお医者様が、LGBT専門外来を開院した話や病院による対応の違いについても話題になりました。
病院の中にはホルモンや手術を進める先生がいるので注意した方が良い事や、他の先生によるセカンドオピニオンが必要とのお話もありました。

今回は、性別違和に関する話題が中心になりましたが、来月は、40代以上の方を対象にした「にじいろフォーティズ」を開催する予定ですので、色々なセクシュアリティの方々の参加も期待したいと思います。


第97回神戸ミーティングレポート

2018年09月17日 | Weblog

9月9日(日)13時30分~16時30分、神戸市男女共同参画センター「あすてっぷKOBE」にて神戸ミーティングを行いました。
当日の参加者は23名でした。(当事者のご家族およびご友人13名、バイセクシュアル(パンセクシュアル)の方1名、レズビアンの方1名、トランスジェンダーの方4名、アライ(理解者)の方4名)

今回のミーティングも、当事者のご家族の方の他、ご友人や学校の先輩・後輩がLGBT当事者であるアライ(理解者)の方、自分は別の障がいを持っているがLGBTの事について理解を深めたいお越しになられた方、身体障がいプラスXジェンダーの「ダブル・マイノリティ」の方、また当事者のご両親でお見えになる方も3組いらっしゃいました。

最近は様々な人々が集まるミーティングとなっており、色々な視点からお話を伺う事ができました。
今回はお母様だけでなくお父様の立場からの当事者からのカミングアウトの受け止め方や「意識」の持ち方も様々なご意見を伺う事ができました。

レズビアンのお子さんを持つお父様は、カミングアウトを受けて「子供の真剣さに打たれた。どうすれば良いのか?知らん顔していられない。」とお話しがありました。
お父様方は、会社の仕事に没頭して子供の事から意識を背ける時間がありますが、お母様方は、どうしても当事者のお子様と接する時間が多く、お子さんの部屋から「ゲイ雑誌」を発見して戸惑ったり、FTMトランスジェンダーのお子様を持つお母様は、声変わり等の身体の変化に戸惑いを感じたりするとのお話をされていました。

また、MTXトランスジェンダーのお子様を持つお母様は「彼女には、彼女の人生がある。邪魔してはいけない。」等、ご自身の気持ちの揺らぎを「行ったり来たり」しながら自分なりに消化して行っているとの事でした。
今回は、身体障がいとXジェンダーのダブルマイノリティの方は「自分は、これまで生まれた時からの身体の障がいについて、とても気にしていたが、最近は自分の性自認に対して意識が向くようになり悩み始めた。」とのお話がありました。
私自身も、一昔ほど前に身体や戸籍上の性別を女性に変更したトランスジェンダーですが、4年ほど前に難病になり脚が少し不自由になったり体力が落ちましたが、性別の事はずいぶん昔の出来事であって、自分の心身の健康に意識が向いています。

また、昔、キャッチボールやアウトドア等、活発な事を自由にさせてしまって「育て方が悪かったから」レズビアンやFTMトランスジェンダーになったのではないか?と、どうしてもご自身を責めてしまうお父様やお母様方からのお話もありました。
しかし、私は小学生の頃から機械いじりが大好きだった事が長じて、大学でコンピューターの勉強をして、エンジニアの仕事をずっと続けて来た人生をお話ししました。
確かに、自分の性別の違和感があったけど、勉強や仕事に没頭して違和感へ「意識」を背ける事が出来たし、エンジニアになる事も小さな頃の夢でした。確かに今は女性として人生を歩んでいますが、従来の「男らしさ・女らしさ」ではない生き方です。


LGBT当事者はもちろんですが、ご両親やご友人の方々も、お子さんや親しい人のセクシュアリティについて意識を持つタイミングや、それを消化して行くプロセスも様々であり、ご自身のどこかで「落とし所」を付けると、やがては、あまり意識しない人生を歩んで行くのではないか?と思います。
今回は、参加者のみなさまの様々な視点からセクシュアリティに対しての「意識」の持ち方や「意識」の変化について考えさせられたミーティングとなりました。(あやか)


東京「親の会ミーティング(8月19日 目黒にて)」

2018年09月10日 | Weblog

初めての方も含めて19名参加。親の本音が飛び交う賑やかな会となりました。

 初参加の方は、カミングアウトされて間もない方もいて、まだまだ困惑状態。混乱で涙がちの方も・・・。抱える当事者の子どもは小学生から社会人までと幅広く、それぞれ抱える悩みは違いますが、親として子どもを愛する思いは同じ。愛の方向性が違うかもしれませんが。

 ある方は、子供の将来が心配でカミングアウトが受け入れられない。世間の目、親戚筋に何と説明すればいいのかと思い悩む。別の方は、子どもが自認するセクシュアリティで生きていこうとするなら、なんとかして力になりたいと思う、だから、学校に掛け合ったり、情報収集したりと活動に余念がない。でも、なかなか周りに理解されず苛立つ。どちらも子どもを愛すればこそですね。

 けれども、つなぐ会会員の明るく前向きな意見を聴きながら少しづつ頭の中が整理されたのか、親の心配の種であるジェンダークリニックの選び方や就職等情報を得て少しは肩の荷が下りたのか、来た時よりも表情が明るくなって帰路につかれました。帰ってからが、現実と向き合いまた一苦労かと思いますが、その活力の源につなぐ会がなっていれば、存在価値もあるというもの。

 つなぐ会結成10年を過ぎ、オリンピック開催まであと2年。これからの2年で社会の受容度がどんどん高くなっていってほしいものです。LGBTsの認知度も進み、社会の多様性がどんどん広がり、当事者の生きづらさ、親の苦悩がなくなってくれたらどれほど嬉しいことでしょう。親と子、当事者と支援者をつなぐだけでなく、社会にうずもれている沢山のセクシュアル・マイノリティの嘆きを拾いあげ、訴えていく虹の架け橋になれるよう、つなぐ会は活動していきたいと思います。(M)


名古屋「40歳以上の会(にじいろForty’s)」レポート

2018年09月10日 | Weblog

名古屋で初めての「40歳以上の会(にじいろForty’s)」のご報告です。

参加者は、
息子さんが、ゲイの方のお母様。
11月にSRS(性別適合手術)を受けるMTFトランスジェンダーの方のお母様
FTMトランスジェンダーと思われる方のお母様
MTFトランスジェンダー当事者
戸籍変更済みのFTMトランスジェンダーのご両親
スタッフ4名 計10名でした。

息子さんからゲイとのカミングアウトされたお母様は、息子さんがゲイでは?と薄々感じられていましたが、カミングアウトの時「息子が今までどんな気持ちだったか考えると、言葉が詰まる思いで、寄り添えなかった事にショックだった。」との事でした。
しかし、とても前向きで明るい発言の多いお母様で、こちらまで元気をいただく事ができました。

また、11月にSRS(性別適合手術)を予定されてるMTFのお母様は「(当事者の)兄への配慮や言葉掛けをどうしたらいいか?」に悩まれていましたが、「親ができるのは祈るだけで心配するのではなく『何があってもお母さんは味方だよ。』と寄り添う支援が大切なのではないでしょうか。」と言うご意見がありました。

胸だけをとりたいと10年間訴えている娘さんのお母さまは「自分の子育ての仕方が悪かったのか?」と、どうしてもご自身を責めてしまうとの事。

「カミングアウトを受けて親子関係をやり直しのきっかけになるのでは?」や「親の愛は無償、これから向き合った分だけ向き合ってくれるのでは?」と言ったご意見があり、私も参考になりました。


第96回神戸ミーティングレポート

2018年07月19日 | Weblog

7月15日(日)13時30分~16時30分、兵庫県勤労市民センターにて神戸ミーティングを行いました。
参加者は22名でした(当事者のご家族12名、バイセクシュアル(パンセクシュアル)の方2名、トランスジェンダーの方3名、アライ(理解者)の方5名)

今回のミーティングでは、学校での当事者や当事者をサポートする生徒さんや先生、職員の方が多く、当事者をテーマにした映像作品の報告やサークル活動の報告がありました。
これまでは、当事者のお子さんを持つご両親や家族の方が多く、比較的年齢層も高かったのですが、当事者と同年代のアライの立場にいる方も多く参加されたので、年代的にも幅が広がった印象を受けました。
7月に学生によるドキュメンタリー映像コンテストの全国大会が開催されるとの報告で、関西地区と東海地区からの代表としてLGBTをテーマにした映像作品が出展されるとの報告をいただきました。
いずれも、つなぐ会のメンバーや出席者が作品に大きくかかわっている事に大変驚いたと共に期待を高さを実感しました。
また、制作に携わった学生さんたちのアライ(理解者)としての熱意が伝わる力作でした。いずれの作品も全国大会で優秀な成績を収める事をお祈りしています。

久々にミーティングの後半、2つに分けてグループミーティングを行う事にしました。
1つは、主に若い当事者の方や学生さんを中心としたグループ、もう1つは、主に当事者のご両親を中心としてグループに分れて話し合いました。
若い当事者、学生さんを中心としたグループでは、学校での授業や学校生活での話題が中心になりました。参加者の方より、名簿だけでなく、体育も男女混合で授業を受けたとの報告や、ジェンダーに関する教育のやり方(「あって良い違い」と「あってはいけない違い」でのアプローチ)について、就活の事や就職後での職場で不自由を感じた事等、特に若い世代が直面する問題や経験をシェアする事ができました。
また、当事者のご両親を中心としたグループでは、自分の子どもの悩みについては、近所の「ママ友」に話す事の出来ない息苦しさがあり、その悩みや相談事はお金で解決する事はできない事。
そして、このミーティングが、そんな悩みや息苦しさを吐き出す事のできる場である事を再確認したとの事でした。

ジェンダーやセクシュアリティだけでなく年代や置かれている立場等もそれぞれ異なりますが、それは「あって良い違い」であり、そんな「違い」をみんなで共有する場であり続けたい。
そんな事を再認識した夏のミーティングでした。(あやか)


第20回名古屋ミーティングレポート

2018年07月19日 | Weblog

名古屋のミーティングレポートです。

レズビアン当事者1名、FTM当事者2名、MTF当事者4名、親4名。計8名の参加。
自己紹介を兼ねて、近況報告として、三重県でダイバーシティ推進がスタートしたこと
寄り添いホットラインの年間報告書にセクシャルマイノリティのピックアップの事例があったこと
三重の高校でセクシャルマイノリティのドキュメント番組を作成され、その作品が全国大会に出場決まったこと
名古屋で新しい取り組みとして、40歳以上の交流会(にじいろフォーティーズ)を開催予定のこと
FTM当事者の母親から、地元の方に少しずつ話せるようになったこと
そのなかで、近所の方にカミングアウトしていない方、相手が知っているのか知っていないのか分からず複雑な心境になること
クラス会に出席したいが、当時の先生が偏見があり、気持ちが進まないこと
男性から女性にかわったが、戸籍が男性なので、説明困難な場所(医療現場)で周囲の反応が気になること
職場の恋愛話で嘘をつきたくないとカミングアウトしたこと
大阪市で同性パートナーシップが始まること等報告ありました。

職場のトイレ事情で、非常に困っているMTFの方の相談で多目的トイレを利用していて、障害をお持ちの方から、ご本人に「健常者が使っている」と言われ、その後、上司からも男性用トイレを利用するように言われて、誰でもトイレの名称に、変更したいと常常思っているが、現実はかなり難しいとの事。ご本人は精神科のお医者様からも、そろそろ女性用トイレを利用しては?とお墨付きを頂いているが、制服が男性用なので、多目的トイレを利用しているのに・・・との事でした。

コンビニのトイレ表示で、女性用と男女兼用のところがあるが、それは利用しやすいとの意見が多かったです。
ハード面だけでなく、心のバリアフリーが必要です。
一人で戦うのは大変。仲間を増やすとストレスは減る。勇気がいることだが、伝えることが大切。自分の勇気が誰かの勇気になることもある。との意見がありました。

ほかのMTFの方の体験談として、男性として雇われましたが、自分らしく働くため事業所や職種を変えることを考えたとの事。雇われる前に、カミングアウトしておくことで、対応はしやすくなる。変わろうと思うのならある程度のリスクは必要では。(あくまで、参考程度とのことです。)
終わりに、溜め込まず、はきだしたり、情報交換したり、雑談は大切で、つなぐ会がそんな場所になればいいと思いました。


東京ミーティング(6月17日)の報告

2018年07月14日 | Weblog

 新宿アクタにて、6月東京ミーテイングが開かれました。 

今回は子どもも含めて20名の参加でした。親御さんの参加が多かったです。 

親の思いはそれぞれ。幼少期当事者のお子さんを持つ親御さんなら、小学校は受け入れてくれるだろうかという心配、小中学生当事者の親なら、学校側の対応への要望、思春期の当事者を抱える親御さんは暴走気味の子どもに困惑、成人した子どもに対しても独り立ちするまで不安で仕方ありません。いずれにしても、世のパターンにそぐわないセクシュアルマイノリティの子どもを持つ親の心配は絶えません。

そんな親御さんの不安、悩みに寄り添いながら10年余り、つなぐ会は歩んできました。その間世相は緩やかに好転してきたようです。なんといっても、悩みながらも受け入れ態勢ができている親御さんが少しずつではありますが増えてきたように思います。更に嬉しいのは、数年間悩みながら紆余曲折してきた親子が久しぶりに姿を現し、とりわけ晴れ晴れとした当事者を目の当たりにすると、本当に良かったねと、抱きしめたくなります。まだまだ半人前、ようやく前を見て歩き始めたばかりでこれから先は長いけれども、クローズの世界から飛び出すことができただけでも大きな進歩、喜びです。

長年、そんな出会いを繰り返し、沢山の涙と同じくらいの笑顔を見てきました。

だから、今、悩みの渦中にある親も子も、いつか悩みを乗り越えて、誰かの相談に乗れる日が来るのではないでしょうか。その日まで一緒に、目の前のハードルをひとつづつ乗り越えていきましょう。

 

未来に向かって

M


「子どもの性同一性障害に向き合う」(日東書院本社)刊行記念トークイベントのご案内

2018年06月16日 | Weblog

4月4日に、日東書院本社から『子どもの性同一性障害に向き合う』が刊行されました。
これを記念し、6月26日(火)に著者の西野明樹さんを招き、トークイベントを開催します。


当事者自身の目、支援を求める声、受け止める側のバランスを持った
全国でも珍しい臨床心理士、かつ性同一性障害当事者の話が聞ける貴重な機会です。

おおっぴらには聞きにくい様々な話題を、司会者から西野さんにぶつけます。
書籍には載せられない本音と生の声を引き出す挑戦的な対談です。

性同一性障害の知識がなくてもお聞きいただけますので、
是非ともご家族、ご友人お誘いあわせのうえお越しください。

詳しくは こちらを見てください。

 

 


第95回神戸ミーティングレポート

2018年05月31日 | Weblog

5月27日(日)13時30分~16時30分、兵庫県勤労市民センターにて神戸ミーティングを行いました。
当日の出席者は24名(当事者のご家族の方13名、レズビアンの方2名、バイセクシュアルの方2名、トランスジェンダーの方4名、アライの方3名)でした。
まずレズビアンのお子さんを持つご両親より、最近、自分のお子さんが同性カップルの結婚式を挙げた模様をテレビの取材を受けた時のお話を映像を交えてのお話を聞くことができました。
ご両親ともに「子どもは親にとっての宝物である。」、「(親として)子どもの一度きりの人生を応援している。」との事。とても前向きにお話されているのが印象的でした。
また、学校の先生をされているトランスジェンダーのお子さんを持つお母さまからも、学校の部活でのビデオ作品として、自分のお子さんを題材にしたビデオ作品を学校のクラブ活動の一環として制作、全国コンテストに出展したとのお話がありました。今後、様々なメディアで紹介される事もあるかも知れないし、親子共々プレッシャーを感じる事もあるけど、親としてしっかりした態度で臨んでいきたいと話されていました。

ゲイのお子さんを持つお母さまからも、お子さんが海外に留学後そのまま現地で就職、現在はパートナーと一緒に暮らしているとのお話で、お母さまとしても、自分のお子さんについて誇りを持っているとの事でした。

そんな当事者の親御さん方のお話を聞いていますと、最近進みつつあるLGBTについての理解は、当事者の社会での活躍だけでなく、そんな当事者のご家族の支援が大きな役割を担っているのだと再認識しました。
それにはLGBT当事者よりカミングアウトを受けたご家族の方々のメンタル面でのサポートは必須であり、つなぐ会のミーティングが家族にとっての「心の癒しの場」となっているとのご感想も頂戴しました。
この春より神戸ミーティングを運営して行くスタッフを始めたばかりの私たちにとって、とても嬉じる一方、そんな居場所づくりをこれからも確実に続けて行こうと改めて決意した次第です。
また日本での法整備についても話題となり、全国各地で始まりつつある同性パートナーシップ条例も、効力面での弱さがある事や、現状での大きな選択枝として考えられる養子縁組での問題点、14年前から施行されている「性同一性障がい特例法」についても、戸籍上の性別を変える要件の厳しさが未だに改善されていない現状等、日本の法整備はまだまだ遅れており、生活環境面でのハードルが高いままであり、生きづらい世の中であるのが現状です。
ただ、今回のミーティングでは、当事者のお父さまの参加人数の多さが注目されました。これまでは、当事者のお母さまが出席されることが多かったのですが、家族ぐるみでしっかりと当事者をサポートしていこうと言う姿勢が感じられ、とても頼もしく感じました。
まだまだ、生きづらい世の中ではあるけれど、少しずつ良い方向に向かっています。
そろそろ梅雨入りのシーズンとなりますが、雨が降る時があるからこそ、雨上がりの虹がより美しく感じるに違いない。
そんな希望を感じる今回の神戸ミーティングでした。(あやか)