LGBTの家族と友人をつなぐ会ブログ

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの家族や友人による会のブログです。

神戸第121回ミーティング

2022年05月22日 | Weblog

本日のミーティングでは、

性別違和をもつ当事者の親御さんと

お兄さんの立場に当たる方に

初めてのご参加いただきました。

 

ご参加いただく当事者の親族には、

母親が統計的には多いものの、

兄弟の視点ならではの

貴重なお話をお聞きできてよかったです。

 

兄弟は、

本人と親との間の板挟みのような立場と

なって、

本人の心の支えになりながらも、

親の気持ちを本人の代わりに

聞いたりと、

特有な役回りがあるようでした。

 

また、親であれば

子どもからのカミングアウトを

受けたものの

すべてを消化しきれないだけでなく、

世界で自分だけがこのような悩みを

抱えていると感じられるケースは

珍しくありません。

 

ミーティングは、 

心の荷物を軽くするだけでなく、

世界で自分がひとりぼっちではないとう

ことを肌感覚で実感していただくためにも

なりました。

 

性別違和も手術を受けるのも

本人にはなるものの、

「わかろうとする」という意識が

関係性の悩みを乗り越えるために

重要だと改めて感じるミーティングでした。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5月名古屋ミーティング報告

2022年05月04日 | Weblog

令和4年5月2日 いなべ市役所 シビック棟2階研修室2

 

参加者

トランスジェンダー当事者2名
トランスジェンダーの子の親6名
Xジェンダー当事者1名
当事者の友人1名
同性愛当事者1名
同性愛の子の親1名
産婦人科医師1名

計13名

 

○主催者からの連絡・報告

・東京レインボープライドのNHKブースに理事の家族のドキュメンタリーを掲示
・東京レインボープライドに登壇し、三重には条例があること、いなべ市では、医師による相談会があることを発言した
・5月5日18:00から三重テレビで多様な生の特別番組「十人十色」が放送される
・サンフランシスコ州大学、LGBTQの子どもが幸せに育つ言葉かけのポスターのお知らせ

 

○参加者の近況報告

【MTFの子を持つ母】

子どもが理想の体にしたいと食事制限をし、栄養失調状態で髪が抜けるなどしている。SRSを希望するならまず体力をつけないとと話すが、子どもは聞き入れない。

【拒食症を体験した参加者】

食べると罪悪感があった、克服のきっかけは話を聞いてくれる友達ができたこと。

【FTMの子を持つ親】

子どもは声を変えたいとの願望があるが、手術が怖くてできない。3年ほど引きこもっている。

【MTF当事者】

病院にかかるときに、戸籍や体のことをその都度説明しないといけない。

【MTFの子を持つ親】

子どもの生命保険を考え各社に問い合わせたが、ホルモン治療をしていると精神疾患扱いとなり、保険料が高くなり、結局入らなかった。

 

次回は6月6日(月)13:00~ いなべ市役所で行います。

※産婦人科医師にもご参加頂きますので、ホルモンの相談を個別に個室ですることができます。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3年ぶりの東京レインボープライド2022 ご来場に感謝💕

2022年04月29日 | Weblog


 4/22(金)~24(日)の3日間行われたフェスティバル&パレードにお越しいただきました皆様、ありがとうございました。

 今年はコロナ対策により入場制限を設けたため、代々木公園でのフェスティバルには3日間で65,000人強、パレードには8梯団2,000人の参加規模となりました。3日目のパレードはあいにくの雨の中となりましたが、沿道や歩道橋上からの声援も多く、練り歩く側が励まされるようなパレードでした。ハイタッチは禁止でしたが、レインボーフラッグを振って応援して下さる沢山の笑顔に、3年ぶりの繋がりを感じて心強かったです。


 フェスティバルは23(土)、24(日)2日間のブース出展でした。今年はサンフランシスコ州立大学のC・ライアン博士監修の【Family Acceptance Project】のポスターを掲示しました。セクシュアルマイノリティの子どもたちにとって家族の受容とサポートがどれほど重要かということを訴えるポスターです。このポスターに目をとめて熟視する方々は年齢層問わず様々で、家族談義や人権課題について、話が多岐に渡り弾みました。
 【Family Acceptance Project】 は、今回掲示した「LGBTQである子どもがより健康で幸福になれるような家族の行動~家族受け入れポスター」版の他に「LGBTQの子どもの健康に深刻なリスクをもたらす家族の行動~家族拒絶ポスター」もあり、このポスターを家庭に、学校に、病院等人が集まる場所に掲示され大人達に気づきを与えられたらと願っています。詳細は、                           
Family Acceptance Project 
をご覧ください 。

 

 

 ブースの中から見るTRPの風景はレインボーカラーが華やかな賑わいで、その中の片隅にあるつなぐ会ブースはひと際地味で場違いな気がしていました。けれどもその大賑わいに紛れて訪れる家族の相談に耳を傾けたり、「ここに来るとみんな仲間だと思えるから、今日は思う存分楽しんだ!!」と話し来てくれた普段 引きこもりの相談者さんが思いっきりの笑顔を見せてくれたり 、コロナ禍の為交流会もままならず、久しぶりに顔を見せに来てくれた懐かしい顔が嬉しくて、やっぱりブースを出して良かったなぁ!(^^)!

あらためて、ブースに来て下さった皆様、ありがとうございました。                                         東京/M

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

神戸第120回ミーティング

2022年04月24日 | ミーティング

本日は、

2022年初の神戸ミーティングを行いました。

 

久々にご参加された会員の方や、

3組の方々にご参加いただけました。

 

話しの中では、

性自認・性別違和の低年齢化が

挙がりました。

 

昔の世代では、統計的に

自分の性別に関係なく、

まわりの友達の性別に関係なく

一緒に遊び、

小学校3年・4年ほどで

意識が芽生えるそうですが、

小学校就学前に芽生えることも

珍しくなくなりつつあるようです。

 

また、発達障害や自閉症などの

別の困難事情も相まっての

悩みも挙がりました。

 

「障害」という概念や向き合い方についても、

様々な意見が出ました。

 

コロナ禍で蔓延防止や兵庫県内の感染者増加により

しばらくミーティング開催できておりませんでしたが、

ようやく開催でき、

改めて心のガス抜きとして重要な場だと

感じました。

 

性別違和のことで、

病院関連や家族関係のことで

うろたえられる方も多いため、

是非ミーティングで心の荷物を

軽くしていただけましたら幸いです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4月名古屋ミーティングの報告

2022年04月08日 | Weblog

令和4年4月4日 いなべ市役所 シビック棟2階研修室5

 

参加者

FTMの子の親1名
MTFの子の親4名
MTF当事者1名
同性愛当事者1名
同性愛の子の親1名
友人がFTM1名

計9名

 

【初参加 MTFの子の親御さん】

半年ほど前に子供からカミングアウトを受けた。三重テレビの十人十色の番組をみて、ミーティングに参加した。カミングアウトの時、多様な性のことを理解していると思っていたが、友達や親戚など世間体が気になってしまう。

 

【カミングアウトから4・5年たっている親御さん】

手術しようとする子に対して、理解しているように接してきたが、本当は「やめてほしい」と言いたい。カミングアウトを受けた時には「いい親」をしていたが、今になって、手術をしてほしくないという思いが強くなり、自分がうそをついてきたように感じてつらい。

 

【つなぐ会スタッフより】

カミングアウトは生きるか死ぬかにかかわる大きなこと。
自分自身の偏見に気づかせてくれて感謝している。

 

【MTFと思われる子の親御さん】

子どもが、カミングアウトなしで、消息を消してしまい、心配と悲しみ、怒りまで感じている。子どものことを色々調べてみると、どうも性別変更をしているようで、戸籍も別になっていた。本人が幸せに元気でいてくれればいいと思うが、やはり心配。本人が話してくれないことに対して、悲しさや寂しさがある。

 

【半年ほどつなぐ会に参加の親御さん】

子どもが性別に違和感があり、ひきこもっていたが、最近は自分で色々とできるようになってきた。
子どもの体験に「失敗はない」と思っている。色んな経験をしてほしいと思う。

 

次回は5月2日(月)13:00~ いなべ市役所で行います。

※産婦人科医師にもご参加頂きますので、ホルモンの相談を個別に個室ですることができます。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3月名古屋ミーティングの報告

2022年03月13日 | Weblog

令和4年3月7日 いなべ市役所 シビック棟2階研修室5

 

参加者

MTF当事者2名
MTF自認の子の親2名
FTM当事者2名
FTM自認の子の親1名
同性愛当事者1名とその親1名

計9名

 

【MTF当事者とその親】

半年くらい交流会に参加してたMTFさんから、学校へ行けるようになったと報告がありました。その子の親御さんから、今まではしゃべらない笑わない日が続いていたが今は一人カラオケにも行ったり、バイトも探しているようで、非常に驚いている。

参加者全員で笑顔になり、本当に幸せな時間を共有できました。開催者冥利に尽きます。

 

【MTFの親】

女性ホルモンを半年くらい続けている子が、とても明るくなり、ありがとうなど感謝の言葉や優しくなった。この夏タイで性転換手術も計画している。親として心配だが、もう本人に任せるしかないと思えるようになった。

【MTF当事者】

職場が田舎にあるので、自分のことがうわさになっているのが、嫌とのこと。自分のことというより、みんなに、多様な性のこと知ってほしい。MTFや、MTFでレズビアンなど、どの人にも知識を備えてほしい。

【FTM当事者】

知り合いの先生からトランスジェンダーの生徒さんのことで相談され、話を聴いた。今後もその子と関わっていきたいと思っている。

 

次回は4月4日(月)13:00~ いなべ市役所で行います。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2月東京ミーティングの報告

2022年03月05日 | Weblog

 令和4年2月20日(日)、オミクロン新型コロナウイルスの勢いが衰えない中、交流会は無事に開催されました。

参加者の親御さんから感想をいただきましたので、お届けします。

 

 初めてのお三方を含めて七組の参加者の皆さんで会は進行しました。FTMの当事者のお一人を除き、あとはお子さんのLGTの問題で来られた親御さんでした。皆さんからお話を伺うことが出来ました。

 マイノリティである子どもが親にカミングアウトするまで思い悩み、どのように打ち明けようかなど、葛藤の日々を過ごしていたに違いありません。「今日こそは言おう」と思いながらも、勇気がしぼみ、言えない言いわけを見つけては先延ばしにしていた子どもがほとんどのはずです。

そしていよいよ親にカミングアウトする時を迎えます。そこでマイノリティは子ども側だけの問題ではなくなります。その親もまたマイノリティという一面が加わった自分の人生を歩み始めることになります。

 親は自分の子どもの様子にどこか不安を感じていたところ、そのようなカミングアウトを受け、思い描いていた未来が思い通りに行かないということを思い知らされます。初めての自分の感情と向き合いながら日々を過ごしていくことになります。

 親子関係も話さなければならない新たな事柄が噴出し、その都度考えの違いもあり、衝突も避けられない場合も出てきます。親は子どものことを思うため、子どもはなんで親はわかってくれないんだ、という感情からお互いに傷つけあう口論に発展することも、どの家庭でも起こりえます。

 FTMの参加者の方の発言でハッとさせられた親御さんがほとんどだったはずです。*子どもは自分でも自分という人間がわからない、自分でも自分の気持ちがわからない、このなんとも言えない不安定なもやもやを言語にすることが出来ない、本当に分からない。それ故、究極に相手を傷つける言葉を吐いてしまう、というようなお話をされました。

本人も分からないのです。そして親も分からないのです。

 

 また、少し社会の変化を感じたのは保育園に通っているお子さんのことで来られた親御さんのお話からでした。4歳半のそのお子さんは2歳の頃から自分の性とは違う好みを示してきたそうです。保育園の先生は理解を示してそのお子さんの意のままを受け入れてくださっているようです。

 この話から派生して、小さい頃から男の子は男らしく、女の子は女らしく、という考えをなくしていこうという動きもあることを知りました。*

これからは教育現場での先生方の意識が大変重要であると感じました。

 

グループワークの後のシェアである親御さんのコメントが印象的でした。

みんな同じなんだ。

まともだから悩むんだ。

死ぬなんて考えないで欲しい。

 

参加者の皆さんは会場に入ってきた時より少し表情を明るくして帰っていかれました。

 

セクシュアリティで悩む子どもの言語と親の言語は違う、という言葉が印象的でした。同じ日本語なのに通じ合えないもどかしさ、セクマイ親子あるあるですね。

にじいろ保育の会(多様性を考える保育士研究会)・・・「~らしさ」というジェンダー規範を幼児の生活から薄めていこうというスタンスの保育士さんは、性別違和の子どもを持つ親にはとても心強い味方です。最近は、ジェンダーニュートラルな個人マークシールの商品開発のクラウドファンディングを立ち上げ、着々と実践に向かっている様。子どもたちの未来を変える為には、子どもに関わる大人たちの意識改革が重要ということですね。        [M]

                                     

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2月名古屋ミーティングの報告

2022年02月11日 | Weblog

令和4年2月7日 いなべ市役所 シビック棟2階研修室5

 

参加者

20代MTFの母1名
FTX当事者1名
20代FTMの母1名
支援者1名

計4名

 

【親の立場】

 20歳MTFの子が、SRS(性別適合手術)をタイで行うことを理解はしているが、数年間、引きこもっていた子がいきなり一人でタイで手術ができると思えない。1時間でも、週に1回でもいいから、働いて見たり何か行動を起こしてみてほしいと思う。

→トランスジェンダーでも、そうでなくても、人として一生懸命頑張っている人のことは応援したいはず。お子さんに伝えてみてください。

【FTX当事者】

 男性ホルモンの投与を迷い、自分なりに色々調べていたが、投与しないことに決めた。理由としては、もし自分と同じ立場の人(見た目が男性っぽく、声が女性っぽい人)を見たら、その人をおかしいと思ってしまうのでは、と思ったことから、自分が偏見を持っているということに気が付いた。今のままの自分で就活しようと思う。

→産婦人科医の先生を紹介。ホルモンのことを詳しく教えてもらった。

【その他】

 今後のいなべ市での活動(イベント等)を話し合った

 

次回は3月7日(月)13:00~ いなべ市役所で行います。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12月名古屋ミーティングの報告

2021年12月17日 | Weblog

令和3年12月6日 いなべ市役所 シビック棟2階研修室5

 

参加者

トランスジェンダー当事者3名
トランスジェンターの子を持つ親2名
同性愛当事者1名
同性愛の子を持つ親1名

計7名

 

最近の報告

・テレビドラマに自然に多様な性の方々の話が出てくるようになった。その出方が好印象で世論がフレンドリー表明をしているように感じる。

・友人の結婚式に参加した時、自認の性の式服で参加した。今までは参加したくなかったが、今回は参加できた。

・企業さんからの、多様な性の方々への手術のための休暇や、同性パートナーの家族としての休暇、手当の付与が広まっている。

 

 

子どもさんのカミングアウトから、覚悟を決めた親御さんの心境

「親をやめるか、受け入れるかの2択」
「迷っている時間がもったいない」
「とにかく笑顔を取り戻さなければ」
「子供の笑顔が親の責務」
「受け入れるのは、親として当たり前」
「プライドはいらない、大事なのは信念」

 

次回は来年1月17日(月)13:00~ いなべ市役所で行います。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12月東京ミーティングの報告

2021年12月11日 | Weblog

 新型コロナで明け暮れ、自粛生活続きだった今年最後の交流会が、12月5日(日)、無事に開催することができました。

 子どものカミングアウトにより現在葛藤中のご夫婦、セクシュアルマイノリティ当事者、きょうだい、先輩の親御さん、支援者含めて合わせて参加14名。セクシュアルマイノリティ当事者が語るライフヒストリーは数多くあるが、親の視点から語られる「カミングアウトとその後」についてはあまり聞かれない、という指摘もあって、もっぱら親御さんが語るカミングアウト談となりました。お子さんのセクシュアリティも年齢もそれぞれで、様々な視点から語られるカミングアウトは、葛藤最中の親御さんにとって、また、当事者はもちろん支援者の方にとっても、自らの課題を問い直す良い機会になったと思います。

 「カミングアウト」は、する側よりも受け取る側の姿勢が問われる、と言われる。社会の認知が進まず、差別や偏見が強い時代は、同性愛や性別違和傾向を吐露しようものなら社会から抹殺されかねなかった。近年、LGBTQという言葉を耳にする機会が増え、人々の意識も少しづつ変わってきており、友人間でのカミングアウトは徐々に増えてきてはいる。けれども親相手はどうだろう? 確かに40代以下の若い親世代は理解が早い。しかし、地方在住やシニア世代の親相手ではそうもいかない。

 親達がカミングアウトを受け入れ難い理由は何なのだろう。まず、セクシュアリティの知識がない・・・男女二元論が当たり前でセクシュアリティの教育を受けていないのだから致し方ない。一人息子、長男の場合は後継ぎ問題、世間体がネックになる。子どもに親の夢を託しすぎて親が子離れができない事例、子育てが親の思い通りに行き過ぎてカミングアウトを裏切り行為のように感じてしまう事例、生まれた性別での成育に思い入れが強く逆の性別を受け入れ難い、あるいは異性愛の親にとって同性愛は理解し難い、など、親は自身の生きてきた過程と同じ「生」を子どもにも投影してしまうので、カミングアウトは思いもよらぬ出来事と言えるだろう。この、予期せぬ出来事を受け入れるか、受け入れないかというのは、親が子に対してどのようなスタンスを持っているかにかかっているように思う。子どもを、親とは別の人格を持った人間として尊重しているかどうか・・・

 概してつなぐ会を訪ねてくる親御さんは子どもを理解したい、けれども頭ではわかっても感情が付いていかないという方が多い。子どもは長い間自問自答しながら自分のセクシュアリティの独自性を受け入れていくが、親はカミングアウトされた時が出発点。その時から、関連書を読んだり当事者や他の親の体験談を聴いたりしながら、自身の親子関係や子の成育歴を振り返り分析しながら、理解を深め、子を受け入れていく。それは同時に自分の生きてきた過程にはなかった新たな価値観を築き上げる旅となる。

 新たな価値観を得た親は異口同音に、沢山の人たちとの出会いが視野を拡げ、ものの見方が変わり、人生の豊かさを知ったと語る。豊かさをさらに深め、拡げていく親達が増えていくことで社会は変容していくのか、社会の変革が親達の意識を変えるのか。相互作用で世界はダイナミックに動き、日本の社会も少しづつ変わろうとしている。もっと、もっと、そのテンポを速められたらいいのだが・・・。                                     M

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする