LGBTの家族と友人をつなぐ会ブログ

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの家族や友人による会のブログです。

8月東京ミーティングの報告

2020年08月10日 | Weblog

 東京のコロナ感染者数が日ごとに増していく8月2日(日)、ミーティングを開催しました。

 今年はオリンピックイヤーどころか日本中コロナに席巻され、イベントはことごとく中止、あるいはリモート開催に切り替え。けれども、家族の会はリモートでは難しいし、当事者以上に親は孤立気味なのでリアルに会って話したいとの声もあり、開催を決めました。感染者数が500に達しようかという時期の為、参加予約数の半数がキャンセル。けれども親御さん、当事者の方、allyの方、とバリエーションに富む集いとなりました。

 この数か月のコロナ旋風の中出現したマスク警察にみられる様に、日本の社会は相変わらず同調圧力が強い。その一致団結力が日本の強みでもあっただろうと思いますが、その中で黙って耐えてきたのが各マイノリティの方々でしょう。その中でもセクシュアルマイノリティは親とも異なるマイノリティのため、長年、誰にも言えず、自分すら偽って暮らしてきた方が多いと思います。それが近年のセクシュアルマイノリティの可視化に伴いカミングアウトする人たちが増えてきました。若者は彼らに対して受容的ですが、画一的な教育を受けてきた親世代はなかなかそうはいきません。特に我が子となれば尚更。それは、この国の同調圧力を身に染みて感じながら生きてきたからに他なりません。マスク警察の有り様に、今更ながら生きづらさを覚える人も多いことでしょう。

 つなぐ会に出向く親は「理解しよう」と思う親です。が、この社会の荒波の中で可愛い我が子がセクシュアルマイノリティとして生きていけるのか不安に思うのはさもありなん。彼らのロールモデルが水商売か芸能界にしかいないと思い込んでいるからです。いえいえ、現実には彼らはあらゆる場所に存在しており、埋もれて暮らしているだけですが。

 先輩の親曰く、親が心配するほど自立の道は遠のくし、親が支援姿勢をとれば子どもは己の道を突き進む。頼もしい限りだ、と。

 確かに社会の態勢はいまだ旧世代が握っているので、厳しい。けれども、確実に次の世代も育っていて理解者は数年前より格段に増えています。この波を進める為に、親世代は我が子を受け入れるのは勿論、子どもが生きていく社会の地ならしをせねばと思います。幼少児であれ青少年であれ、社会人であれ、どの局面であっても受容され安心・安全な社会が今、求められています。親が我が子を理解するに留まらず、子どもたちが生きていく社会が変わるよう働きかけていく力が必要でしょう。カミングアウトを受けた親同士つながり声を上げていきたい。彼らが再び同調圧力の波に巻き込まれてしまわないように。

 今回もシニア世代の親御さんが久しぶりに顔を見せて下さいました。最初に訪れた時よりも晴れやかな表情で。親子の絆はあるにも関わらず、世間体や常識という枠組みにとらわれて、我が子の有り様を容認するのはなかなか難しい。その苦悩を、身の回りにいる人たちに世間話のようには語れません。でも、つなぐ会なら言いたい放題です。皆、そんな時を乗り越えてきた親達だから✌ 

皆さん、また、お会いしましょう❣                    M


6月東京ミーティングの報告

2020年06月21日 | Weblog

 東京の緊急事態宣言が明け、早々の6月7日(日)、巷間では東京アラートの只中、ミーティング開催を決行しました。コロナ感染者数がなかなか減らない中での開催は如何なものか、世話役としては悩みどころでしたが、自粛期間中の電話相談に切迫感も有り、相談先を求めている方もあろうかと開催を決めました。
 勿論、予防対策は万全に、定員は通常の半数、検温、マスク着用で臨みました。

 さて、当日のテーマはトランスジェンダー。しかも百人いれば百通りに分かれると言われるXジェンダーが話題の中心となりました。


 最近の傾向として、幼少期から性別違和を訴える子ども達が増えています。その背景にあるのは、メディア等でLGBTが取り上げられることが増え、社会的認知度も増し、若い親御さん達の理解が進んできたことがあると思います。これが更に思春期に入ると、性自認、性指向の違和感はますます強まり、子ども達は混沌と葛藤の渦に巻き込まれていきます。その中からある子どもはトランスジェンダー、あるいはXジェンダーではないかと自問自答が始まります。(もちろん同性愛で悩む子どもも、自分のセクシュアリティがわからず不安に陥る子どももいます)
 従来、男女二元論が当然、男は男らしく、女は女らしくという教育がなされていた時代は、セクシャリティで悩むこと自体あり得ないこととされ、実際に悩んでいる当事者は誰にも言えず苦しんできました。今やその枷は徐々に薄れ、悩める子ども達はネットで情報を得、自分自身の答えを見つけることができるようになったのは喜ばしいことです。
 ところが、中高生以上の親世代にはXジェンダーの認知はまだまだです。トランスジェンダーのFTMやMTFは男女二元論で理解することができますが、Xジェンダーはそうはいかない。男でも女でもないという無性、男でも女でもあるという両性、他に中性、流動性もあり、男女二元論で生きてきた親世代には理解しがたいものがあります。理解を超えて、そのまま受容するしかない。この理解の壁を、子どもを愛する親心で乗り越えられるといいのですが・・・

 最近は講演会への参加者に、男性然、女性然としながら「長年、性別の違和感で悩んできました」と仰る方が見受けられるようになってきました。潜在的に性別違和の方は多いのではないかという印象です。そういう方々にとっては、Xジェンダーというカテゴリーが現れたのは、自分自身を受け入れる良い兆候と言えるでしょう。

 けれども、依然としてセクシュアリティにおける親子の壁はかなり大きい。それを乗り越えられるのは親子の情しかないのでしょうか。今や社会全体の価値観の変換が求められていると思います。                    M


FTM Female to Male  トランスジェンダー男性
MTF  Male to Female トランスジェンダー女性


1月名古屋ミーティング報告

2020年03月11日 | Weblog

1月26日 名古屋ミーティング 

参加者・トランスジェンダーの子をもつ母 7名
    トランスジェンダー当事者 2名
    xジェンダーの子を持つ母 1名
    レズビアン女性1名
    同性愛者の娘を持つ母1名
    FTMの子を持つ父母姉3名  合計15名

22歳の娘さんから戸籍を変えたいとカミングアウトあり、母は本人を尊重するも手術をしないで済む方法はないかと涙が止まらない様子。子供を否定したくないから、「わかったよ」と答えたが、すぐに手術して、戸籍変更するのは少し、時間が欲しい。
父は手術する必要性を考えたら必要なのかと迷っている。
姉は味方になりたいが、どうしたらいいかわからない。
本人は、小6の時に男の子と気が付いていたが今まで黙っていた。が、現在会社で仕事がやりずらく男になりたい、女扱いされるのがいやで、5月にタイで性別変更手術を予約した。
⇒手術は生きるか死ぬかにかかわるほどのことと知ってほしい、生きるための緩和外科である。手術に重点を置きがちだが、まずコミュニケーション、親子関係の再構築のチャンス。
当事者は、手術をすることは人生が変わることで、その子が自分らしく元気になること。親には誰よりも手術を応援してほしいと思っているはず。


自分は男性ではないという自覚はあるが、トランスジェンダーかはわからない方について、
⇒「あいまいでいいし、わからなくていいし、ゆらいでもいいし、かわってもいいし、かわらなくてもいいし、また戻ってもいい」といわれ、とても、気持ちが楽になった。男か女にきめようとしなくていい。精神科を受診して、整理するのもあり。

決めたいけど決められない自分にしんどくなる。
⇒自分自身のこだわりが自分を苦しめていることもある。自分を解放するといいかも。今日の自分でいい、ノートに思いを書いていくのもいい。


2月東京ミーティングの報告

2020年02月21日 | Weblog

2020年スタート!

コロナウイルス情報が出始めた影響かキャンセルが相次ぎました。参加人数が少ないと、一人一人が思う存分話せる、という思わぬ+効果がありました。

親の対応は年代によって違います。若い親御さんは子どもの有り様に対して理解が早い。
親自身が学生時代に知識を得ていたり、メディア情報で理解を深めていたりで、子どもの言い分を素直に受け止めようとするお母様が増えているようで嬉しい限りです。ただ、周りはそうとも限らず孤軍奮闘になりやすく、ミーテイングでの援護射撃で力を得ているようです。


年代が上がるにつれ、また、当事者のお子さんの年齢が上がるにつれ、親の思いは千々に乱れるようです。ただでさえ思春期世代は気難しく、親と衝突しがちなのに、そこにセクシュアリティの悩みが入ってくると親子の意思疎通もうまくいかず、緘黙か爆発、あるいは暴走と、子どもの振る舞いに親は戸惑うばかり。


これらの年代の親子関係の悩みは、その年代にふさわしいコミュニティを紹介し、ジェンダークリニックが必要な場合には地域の病院を紹介、かつ情報収集に見合う書籍や映画等もお知らせしています。そして当事者が語る学生時代の思い出、彼らが語る苦悩と苦闘の思い出が、親にとっても子どもにとっても、一番の良薬かもしれません。

さて、一番大変なのは、シニア世代の親と成人した当事者の子どもでしょう。
この世代の親は、性的少数者に対する知識は皆無、ミーテイングや講演会に出席して初めて理解した、という方が多い。理解型の親御さんの場合でも、両親間で理解の温度差があったり、親戚や隣近所との関係に苦慮する方も多く、世間体と子どもへの愛情との板挟みになりやすい。勿論、理解なんてあり得ず、拒絶、勘当も相変わらず多いのです。

「あなたのセクシュアリティは受け入れるけれども、他人がいるところでは開示しないでね」という態度には世間体を気にする親の困惑が顕れていますが、子どもの側からすると「わかってないなぁ」ということになる、よくある親と子のすれ違いです。すれ違いが溝になり、その溝が段々深くなっていき、疎遠になるのはよくあることです。

長年の価値観、プライドを脱ぎ捨て、その溝ひとっ跳びしてみませんか?
自分の思いを傍らに置いて、お互い、相手の苦悩やジレンマを想像してみる・・・
相手の心情に心を寄せる時、人と人との距離はぐんと近くなるものです。
親と子が更に親密になり、理解を深める時、豊かな世界が広がります。

・・・跳びたくないって⁉ 躊躇・・・(>_<)
自分の可能性を閉じ込めないで❕

M

 

 


第36回 福岡ミーティング&学習会

2020年02月10日 | Weblog

2020年1月19日(日)に第36回福岡ミーティングが開催されました。

午前の学習会の部では、今九州で行われいている同性婚訴訟について、弁護士さんお二人をお招きして現状をお話ししていただきました。

しかし今このブログをご覧のみなさんにまずお伝えしたいのは、

 

『2020年2月17日(月) 14:00~ 九州訴訟』於:福岡地方裁判所(福岡市中央区六本松)

 

上記の傍聴に来てほしい、ということです。

ぜひふるってご参加ください。

人が集まれば集まるほどいいのです。

傍聴券の抽選(13:15頃から配布されます)に外れてしまったとしても安心してください、ダブルチャンスです。

この日、意見陳述が終わったあとに予定されている『報告会』なるものがあるのです。

 

その日の内容についての説明や報告、今後の予定などが話される予定です。

裁判所の中で行われていることについての説明や訴訟の内容など、中のなんやかんやが終わるまでの時間に色々聞けちゃいます。

 

とにもかくにも人を集めたい、そんな気持ちです。

社会全体がこの訴訟に興味関心を持っている。

そんな雰囲気をビシバシと裁判官に伝えるためです。

その為には、なんかめっちゃ人いる……、そう思わせることが肝心なのです。

だから人は多ければ多いほどいい、そういうわけです。

今日誰かのライブ?というくらいが理想でしょうか。

 

 

午後の部の福岡ミーティングの内容については私実はもう記憶がおぼろげで……

福岡の弁護士会の中で、同性婚について積極的に支援していこう的な委員会ができた、というのをなんとなく覚えています。

良いことだと思います。

同性婚?したい人はすればいいんじゃない?というちょっと突き放したような傍観者スタンスではないところが。

同性婚?したい人がいるなら応援しちゃう、という現場の第三者スタンスは大切だと思います。

 

同性婚についてまあ別に反対ではないから賛成、というスタンスがなんだか一番もやっとするのかなと思います。

世の風潮に流されて一見賛成しているようで、実は同調しているだけ、みたいな。

かくいう私もおそらく傍観者スタンスなのであまり他人をどうこう言えませんが……

結局自分がその立場になって初めてわかることなのかな、と。

なのでこの機会にもうちょっと積極的に応援できればと思ったり思わなかったりしています。

同性婚が可能になればもしかしたら自分にもいいことあるかもですしね。

 

 

続いて後半の交流会についてですが、これは毎度のごとく20人?くらい人がいるのを三つのグループに適当にわかれて互いの近況や色々な情報交換をするってぇものです。

毎度のごとくとか言っちゃいましたがこの福岡のブログはなんと3年もの間更新されていなかったのです。

あら、まあ。

しかもこういうのって

「いついつ開催されました」

とか過去形で聞くこと多いですよね。

ニュースとか見ててそんなこと言われると、もっと告知して!という気持ちになります。

なので次からはこのブログでもって交流会の予定なんかもバンバン告知していきますね。

 

でもそうなるとそもそものこのブログ自体の閲覧数を上げないと意味がないということにもなるので、なんか気が向いたときにでも雑記みたいに更新しようかと思います。

開催されていたことを事後報告されてもですね……

 

でまあ私のいたグループはどうだったかというと、私以外当事者の親という立場の方ばかりだったせいか

「井戸端会議かな?」

という感想を持ちました。

こんな話別にここでしなくてもと思いましたが、ぐっとこらえて静かに話を聞くふりをしていました。

 

別のグループの様子を聞いていると、かなり活発にこちらとは違うまさにつなぐ会的な会話が聞こえていました。

全部がここみたいじゃなくてよかったよかった。

 

あの場でしか話せない内容とか、その場でしか話したい気持ちにならないこととかあると思います。

日ごろのモヤモヤを吐き出すとかいう目的で参加していただいてもOKなのです。

もしかしたらなにかのきっかけになるかも……、しれない。

ぜひぜひ一度お越しください。

だいたい ↓

 

アミカス(福岡市男女共同参画推進センター)

https://amikas.city.fukuoka.lg.jp/modules/tinyda1/index.php?id=1

 

ここで開催されています。

 

 

ここに交流会の内容について具体的なことが一切書かれていないのは私の記憶力が残念という理由だけではなく、交流会で話した内容については外部にもらさない、という普遍のルールがあるからです。

これは絶対です。

安心安全です。

何も怖いことないですね。

私もその方が楽ですし。

 

 

というわけでたぶんこのくらいでしょうか。

このブログをご覧のみなさんに伝えたいことがまたあったらまたそのたびに更新していきます。

ではでは。


東京ミーティング(12月1日)の報告

2019年12月18日 | Weblog

今回は、関東近県から親子でのご参加も含めて10名でのミーテイングとなりました。

 

中学高校生は思春期真っ只中。思春期は自分は何者なのかを探る時でもあるので、性別に違和感を覚える子どもにとっては不安と混乱の渦に飲み込まれそうな時期といえるでしょう。学校という場所は性別二元論で成り立っているので、セクシュアルマイノリティの生徒にとっては、性別規範の強制で居心地悪く、自身のロールモデルも見当たらず悶々とするばかりです。

我が家を振り返ってみても、当時の我が子は勉学には身が入らず、自宅にいる時はひたすら眠っていましたっけ。眠ることで、外での傷を癒していたのかもしれません。

 

思春期真っ只中の参加者を前に、皆それぞれの思春期を思い出したことでしょう。

 

先輩の参加者たちは、セクシュアルマイノリティの現状と未来を語ります。望ましいトイレはどうだったらよいか、今ある制服を選択制に切り替えていくにはどういう手順を踏んでいけばいいのか、クラスメートとの距離の持ち方はどうしよう?などなど。はるばる来てくれた若者は何を感じてくれたでしょう、この先なんとかこの荒波を乗り越えていってほしい、今回は参加者皆さんのエールを届けたミーテイングになりました。

 

毎回、関東近県からの参加者があり、電話やメールでの相談も東京、千葉、神奈川以外からが結構あります。当事者を抱える家族が駆け込む場所が地元にないのか、あるいは地元を避けるのか、その辺りはわかりませんが、首都圏以外の関東地域に「出張つなぐ会」として出向き、誰にも相談できずにいる家族の扉を開け、光を届けたいものです。

M

                        

 


三重県津市で講演会

2019年12月15日 | 講演会 つなぐ会 LGBT トランスジェンダー 当事者 アライ


11月のミーティング

2019年12月10日 | Weblog
11月24日 名古屋ミーティング 
参加者・xジェンダーの息子をもつ父と母 2名
    レズビアン女性1名
    同性愛者の娘を持つ母1名
    FTMの子を持つ母1名  合計5名
父母に内緒で、女性ホルモンをインターネットで購入使用している息子(大学3年生)
が心配。
いったん取り上げたが、再度使用しているよう。
本人曰く、自分はⅹジェンダーで、ホルモン使用しているが、女性になりたいわけではなく、今の体を変えたい、自分に合った服を来るのが心地いい、自分に合った体になりたい。
本人は、一番肝臓に負担の少ないものを選んでいるというが、健康でないともともこもないと話し、血液検査だけはしてほしいと諭したら、本人は理解したようだが、その先は進んでいない。子どもとの会話は、どこか他人事のような返事しかなく、確信の話ができない。
ホルモンの話は、本人でなくても、親の立場で病院に相談もできるので、専門医師(女性ホルモンなら婦人科。男性ホルモンなら泌尿器科)に相談してみてはどうでしょう。
イエス・ノーで答えにくい質問ではなく、ほめることからコミュニケーションをとってみては。子供さんの心が緩むような会話から雰囲気づくりを意識してみては。
親が自分を整理する時間も必要。日記を書いたり、ブログ等ではきだしてみてはどうでしょう。
xジェンダーとして就職することへの心配。
今企業は少しづつLGBTフレンドリー企業が増えてきている。また、焦って就職をする必要もなく、猶予期間を設けて本当に自分に合ったことを見つけるのも大切かもしれないとの意見があった。

10月の名古屋ミーティング

2019年11月01日 | Weblog

2019・10・27 イーブル名古屋 9:30~

 

FTM当事者2名(1名は小学生)

トランスジェンダの子を持つ母3名 トランスジェンダの子を持つ父1名

ゲイの子を持つ母1名 ゲイの子を持つ父1名 レズビアンの子を持つ母1名

紀宝町役場職員1名(広報誌作成のため取材)

 

情報として

岐阜大学病院の看護師さんへのガイドラインができた。当事者は病院で名前を呼ばれたときなど辛い思いをしてきたので配慮が嬉しい。

 

参加者より

大学3年生の息子が隠れて、ホルモン剤を購入して飲んでいるよう。対応どうすればいいかわからない、プライドライフや、寄り添いほっとラインへ電話したら、つなぐ会を紹介された。父と母と息子でと話し、いったんモルモン剤を取り上げたが、また、飲んでいるよう。

母は体が心配で、ホルモン剤の投与はやめてほしい。父は本人の意に沿って、金銭面でも応援したいが、ネット購入は心配。当事者は医療機関には行きたくない。体が男であることがいや。でも、スーツで就活するのはできると言っている。

親は、必ず力になるから、ホルモンを投与するなら、血液検査だけはしてほしい、量や期間を自分勝手に服用すると精神も体もバランスが崩れるから、危険と諭すのはどうですか?と提案した。

 

小学校6年生のFTM当事者と母親、当事者は男の子になりたい、中学での制服が不安で、リストカットや家出もあり、現在保健室登校、校長先生から「心配するな。中学校には、学ランで行けるように掛けあう。」と認められた。が、自分は、女でも男でもない自由人としていきたい。一人でいるのが楽と思っている。

母は学ランをきて、入学後が未知の世界が心配、MTF当事者で、中学の教師をしている方に相談したら、「あなたが前例となりなさい」と言われた。

 

息子からゲイとカミングアウトがあった母。納得したつもりでも、将来が心配。本人に了承をえて、夫にカミングアウト。父は、本人から聞きたかったが、理解したいとつなぐ会に参加。母は息子が人前で好きな人と、イチャイチャしたりしないか周りの目が気になり心配。父は病気が心配。

人を好きになったりなられたりすることはとても素晴らしいこと。息子さんは自分の将来を心配してほしくてカミングアウトしたのではなく、応援してほしいのでは?また、人前で、イチャイチャしないと思いますよ、子供を信じて。病気ことも、当事者は知っている。心配より信じることが大切では。




9月の名古屋ミーティングレポート

2019年11月01日 | Weblog

事元年9月23日ミーティング

参加者

FTM当者の母3名 FTM当事者2名 女性同性愛者1名 女性同性愛者の母1名

MTF当事者の母2名 MTF当事者の父1名 男性同性愛者の母1名 NHK記者 計12名

 

連絡事項、

  1. 10月22日三重レインボープライドと11月3日奈良レインボーフェスタに参加します。

  2. 滋賀県が各種申請書の性別欄を削除しました。

 

相談内容

父親の声として、子供から女性になりたいとのカミングアウトを、母親から聞いた。

一晩中泣いた。子供が自分の前からいなくなるのではないかと思った。子供との温度差があってつらい。性の揺らぎもあるので手術が怖い。

 

胸オペ済の母親は、手術をする前に当事者(手術をした人)の話をたくさん聞いて、質問して、不安をなくした。

 

手術を親が助けてしまうと、本人の力が育たないかも、親は支えてあげるだけでいい。自分で判断して、自分で行動することが大事。

 

親が思う幸せと、子供が思う幸せは違う。

 

見た目が自認の性に近づいてくると、病院とかで、戸籍の名前で呼ばれるのが、苦痛で仕方ない当事者に、氏名変更の準備に、新しい名前で、ポイントカード等を作っておいたり、郵便物に新しい名前で届けてもらうと、改名しやすい。また、先手を打つのも大切で、

病院で名前を呼ばれる前に、新しい名前で呼んでほしいと、メモを渡しておくのも有効。

 

中学校の制服を自認の性での着用について、学校から断られた場合、文科省からの合理的配慮の通達があるや、教育委員会に相談したらいいと、現役中学の教員をしているMTF当事者からのアドバイスがありました。

例えば、目が悪いので、眼鏡かコンタクトをつかいたいくらいの感覚で、いいそうです。

性別に違和があるので、ズボンかスカート迷っています。どちらも試して、いいほうを着用したいと、当たり前のように伝えたらいいとのこと。

 

医療費・保険適用につて、実際保険適応でのSRSできた方は、数名しかいないということは、せっかくの保険適応はあってないようなこととのよう。