EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

20200918 Diary アール・ブリュット特別展を観てきたので。

2020-09-18 19:27:30 | Diary


 題「真面目に生きろとオレが言う」

20200918

結局、今日、渋谷公園通りギャラリーの「アール・ブリュット特別展」へ行ってきました。副都心線を使うと自宅のドアを閉めて渋谷に着くまで30分かからないくらいで、どの方法で行くよりこれが早いなと気がつきました。元町中華街にも1時間で行けるらしい。そう考えるとヨコハマ近いな。一昨日か、高速使って、高いパーキング代も払ってヨコハマ行ったのに、その後に気がつきました。

さて渋谷のギャラリー。混雑していると集中して見ることが出来ないから開館時間頃に行ったら観覧者はなんと私だけで、貸し切り状態は30分くらい続いただろうか、おかげでしっかりと鑑賞出来ました。

なぜか無料のイベントで、だからか展示数はそれほど多くはないのだが、しかしどれもレプリカや写真ではなく本物なので、とてもよかった。以前からよく催される中野駅周辺なんかでの展示の時は写真が多くしっくりこないのだが、今回は本物ばかり。とくに澤田真一のあのトゲトゲオブジェの本物を見ることが出来てとてもよかった。
澤田真一検索結果リンク

私の大好きな作家、舛次崇(しゅうじ たかし)の作品があればうれしかったのだが、なかった。残念。彼の作品の本物を見てみたい。いつだったか数年前か、中野区野方の商店街を歩いていた時に、壁に貼られた彼の作品のA4サイズほどの写真に目が止まった瞬間に動けなくなってしまい、しばらくそこに立ち尽くしていたことをよく憶えている。あの公共トイレのとこね。
舛次崇検索結果リンク

それから今回の展示では日本で出版されたアール・ブリュット関連の書籍がほとんど置いてあり閲覧できたので、私は1時間くらい座って全部に目を通してきた。字なんかほとんど読まず、作品にだけに集中した。

アートには関係ないが昨日、白バイに停められて、隊員になぜかピーポくんの絆創膏をもらった私でした。
私はこれでもセーフティなので、もちろん切符は切られませんでした。
「警視庁」と文字の入った絆創膏だから、ちょっとレアかな。
おつかれさま。おやすみなさい。E V O L U C I O

コメント   この記事についてブログを書く
« 20200917 Diary アールブリュ... | トップ | 20200919 横浜の放送ライブラ... »
最新の画像もっと見る