お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

キューティーハニー THE LIVE 第17話

2008-01-30 | 特撮
「魔のアンサンブル!」

脚本:犬飼和彦
監督:雨宮慶太

パンサークローみぃーっけ!

中条の人格の一つである“ギザ”に恋したハニー。ギザに会いたいがためにパンサークロー狩りに。
一方、烏川は、ミキを誘き出すために嘗てのミキの恋人、真幸を拉致する。



【今週のなっちゃん】
※「なんかね、恋しちゃってるみたいなの」
いつのまにかミキと普通に話す間柄に。

【今週のハニーフラッシュ】
※キューティーハニー
※シスターミキ
※シスターユキ

【今週の拉致監禁】
※拉致した根本真幸を「音」の拷問で苦しめる。

【今週の萌えポイント】
※黒い飴をなめる部下の娘。 そこらじゅうを叩いて汚いよ。
烏川の部下の女の子はジャスティライザーの澪だったんですね。全然イメージ違う!


※ミキの「暴走」を目撃していた真幸。武器を手に血まみれのミキがコワい。犠牲(?)になったのは一体誰?最後に出てきた白骨?

※ただでさえ天然なのに、恋に狂ってますます奇行に走るハニーが楽しい。CM明けの紙芝居はまさか雨宮監督が描いたの?

うーん。
よく観れば随所に「らしさ」は見受けられるものの、あまり雨宮テイスト全開って感じじゃあなかったですね。脚本の雰囲気もあるのかなあ?
あーでも、烏川の部下の娘の最期はちょっとそれらしかったかな。ちゅか、総集編の螢雪次朗サンといい、今回の娘といい、一回こっきりの出番には惜しいキャラクターですね。

※ついにハニー、ミキ、ユキの三人が変身した姿で対峙。これからどうなっちゃうの?ミキの過去も気になるし、予告を見てたら「彼」も出るみたいだし、次回も大期待ですね!

→ 「ココだよ!!」って書いてある地図! WEB拍手お願いします。



TV東京公式サイト

「キューティーハニー THE LIVE」ボーカルアルバム
TVサントラ
ランティス

このアイテムの詳細を見る

キューティーハニー THE LIVE 1

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る

キューティーハニーTHE LIVE 2

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る

原幹恵Honey (YOUNG SUNDAY VISUAL MOOK)
西條 彰仁
小学館

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (4)

仮面ライダーキバ 第1話

2008-01-29 | 仮面ライダー
「運命:ウェイクアップ!」

脚本:井上敏樹
監督:田竜太
アクション監督:竹田道弘

1986年、教会の葬儀の最中、棺の中の死体が突然起きあがり、蜘蛛のような触手を伸ばして人々を襲いはじめた。

新シリーズ第1話。
石ノ森章太郎生誕70周年記念作品。

1986年というと昭和61年ですね。

定食屋での飯のシーンとか、ライダーに向かって飛んでいく弾丸で「続く」とか、軽くデジャヴを感じつつ、観賞。

たぶん誰もが思うコトでしょうけど、
「なんで22年前と現在を交互に描写するのか」
第1話を観ただけじゃさっぱり判りませんな。

タイトルに音楽記号が入ってることからしても、ヴァイオリンはキーアイテムなんだろうな、ってことは想像に難くないですけど。それがどんな意味を持つのかは今後のお楽しみってカンジ?

まーぼちぼち萌えポイントを探りながら観ていくことにしましょう。
【今週の萌えポイント】
※逆さに装着するキバット。 ああ、コウモリだからそれでいいのか。

【今週の22年前】
冬のオペラグラス
Myこれ!クション 新田恵利ベスト(2)
新田恵利,新田恵利+おニャン子クラブ(福永恵規・内海和子・中島美春)
ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る



テレビ朝日公式サイト

東映公式サイト


→ おかえり、ルナ。 web拍手お願いします。





仮面ライダーキバ 変身ベルト&フエッスル DXキバットベルト

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

仮面ライダーキバ ライダーヒーローシリーズKV01 仮面ライダーキバ(キバフォーム)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

Break the Chain
Tourbillon
エイベックス・マーケティング

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)   トラックバック (27)

銀色のシーズン

2008-01-28 | 映画2008・2009
観てきました。
<池袋HUMAXシネマズ4>

監督:羽住英一郎
脚本:坂東賢治

とある寂れた町営のスキー場。“雪山の何でも屋”を自称する3人組の傍若無人な振る舞いに、町の人々は振り回されっぱなし。ある日、その桃山町スキー場に、3日後そこで結婚式を挙げる予定の女性がやってきて・・・。

ひさしぶりにスキー場に行ってみたくなりました。

おバカなノリの中にも、ピュアなハートで結ばれた仲間達。スキーを裏切って、スキーに裏切られて、それでもゲレンデから離れることの出来ない不器用な男達の青春映画、さわやかでした。3人組が気持ちよさそうに滑るシーンが格好良くて。

欲を言えば、七海が初めて滑れるようになるシーンとか、クライマックスの演出にもう一工夫盛上がりの仕掛けがあった方が、より感動が深まったかな、と。

個人的には、デカブルーガオシルバーを「先輩」って呼ぶシーンがカナリお気に入りでした。

70点。

公式サイト

銀色のシーズン
サントラ,佐藤直紀
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)

このアイテムの詳細を見る

銀色のシーズン (角川文庫 は 35-1)
坂東 賢治
角川書店

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (12)

Yes!プリキュア5 第49話

2008-01-28 | プリキュア
「夢と希望のプリキュア5!」

脚本:成田良美
演出:岩井隆央
作画:河野宏之
美術:井芹達朗

※ブンビーは?

遂に自ら動き出したデスパライア。無数のコワイナーを操り、プリキュア達に襲いかかる。いよいよ最後の戦いの時・・・。


【今週のナイトメア】
※デスパライア。絶望しないプリキュア達に・・・。
※カワリーノ。デスパライアに拒否されたあげく、ブラッディに・・・。

【今週の必殺技】
※プリキュア・アクアトルネード!!by キュアアクア
※プリキュア・ミントシールド!!by キュアミント


【今週の萌えポイント】
※お別れで、最初に泣いちゃうりん。

概ね納得のラストエピソードでした。
嬉しかったのは、のぞみ達がデスパライアを単純に倒すのではなく、その宿業から解き放ってあげようとしたコト。のぞみが変身解除したのを見て、他の四人が迷いもなく変身を解いていく姿は、見ててゾクゾクしました。

プリキュア達を見て、デスパライアが「仲間」の存在を意識したところでカワリーノ復活。ところが、せっかく仲間が戻ってきてやり直しの糸口が見えたと思ったのも束の間、もうひとりの仲間=ブラッディと文字通り足の引っ張り合いで自滅してしまっては、デスパライアが「絶望の力」を押さえられなくなっても仕方ありません。そして、カワリーノがデスパライアの孤独を理解できなかったままで再び消えてしまったのが哀しいですね。

のぞみの将来の夢がやっと出てきて、それが「先生」だってコトにはちょっとビックリしましたが、のぞみらしい夢だと思います。きっと若い頃のおタカさんみたいな、生徒に人気の先生になるんでしょうね。

【最終回の大食い娘】
みんなでお弁当。
※りんはオレンジジュース
※かれんはグレープジュース
※あまーい卵焼き

「夢と希望」対「絶望」の物語、これにて終了。
五人と三匹がちゃんと時間をかけて、かけがえのない仲間になっていく展開がなにより好きでした。特に、かれんが最初は変身できない(=仲間になれない)エピソードを、一話まるまる使って描いたのが印象的で。それ以降グッと観賞意欲が高まったのでした。
反面、メンバーが五人(+三匹)もいることでその間の関係性を描くのが精一杯に見え、コレまでのシリーズより家族やクラスメートとのエピソードが少なめだったのが残念(個人的には恋バナよりそっちを濃くして欲しかったデス)。

敵方が会社組織なのも、シリーズとしては新しかったですね。どうやって収入を得ていたのかが不思議ですが。「結果が全て」の実力主義に振り回される幹部達に、ついつい主人公側より感情移入して観てしまいました。

ともあれ、一年間楽しく見続けてこられました。
新シリーズでさらに彼女たちの成長が観られるのを期待しています。


→ マスコミカは? WEB拍手お願いします。


ABC公式

東映公式

映画公式 ロングランですね。





映画Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!【初回限定版】(初回限定生産)

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

Yes!プリキュア5 キャラクターミニアルバム~ココ&ナッツ 2
アニメ
Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (17)

獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その47

2008-01-27 | 特撮
「ピカピカ!俺の道」

脚本:荒川稔久
監督:竹本昇

ゲキブラックとゲキグリーン! み、観たい・・・!!

【今週の真咲美希主任】
※「もうコレで最後!」
一年間お疲れ様でした。え?気が早い?

【今週の萌えポイント】
※生きてたバエ。 今までドコにいたの?

いやー、イイ最終回でした。
ロン、戦隊モノに相応しいラスボスぶり(マクのが強そうだったなんて、口が裂けても言えません)。

想いが通じた(?)メレのデレっぷりが可愛い。「いつかの江戸時代の時みたいに」って、やっぱりだめんず好きだったのですね。

最後の販促でゲキビーストフル登場。ゲキバズーカもむりくり登場。だれか、ゲキヌンチャクとゲキトンファーのコトも思いだしてあげてクダサイ・・・。


→ 自分の進むべき道をついこないだまで野生児だったジャンに教わる、いい年の(はずの)理央って・・・。 WEB拍手お願いします。


テレビ朝日公式

東映公式




電影版獣拳戦隊ゲキレンジャー特別限定版

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

このアイテムの詳細を見る

獣拳戦隊ゲキレンジャー 全曲集
TVサントラ,石原慎一,串田アキラ,谷本貴義,宮内タカユキ,齋藤謙策,Sister MAYO,成田賢,マスター・シャーフー(永井一郎),ヤング・フレッシュ
コロムビアミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (6)

機動戦士ガンダム00 #16

2008-01-26 | ガンダム
「トリニティ」

脚本:黒田洋介
キャラクター作画監督:今泉良一
メカニック作画監督:松田寛
絵コンテ、演出:北村真咲

「では挨拶と行こうじゃないか、ガンダムマイスター同士」「ヘイヘイ」「了解」

4機のガンダムが三大陣営によって捕らえられてしまった。刹那が死を覚悟したその時、新たな機体が現れ・・・。

前半は新機体&新キャラお披露目、後半は総集編(公式メルマガの粗筋に思いっきり【総集編】て書いてあって萎えた)。


【今週のサジくん】
※夜中ソレスタルビーイングのニュースを視ていて寝不足。

【今週のアザディスタン第一皇女】
※回想シーンのみ。

【今週の乙女座】
※ガンダムスローネ・アインにフォーメーションを乱され撤退。
「まさか他にも機体があったとは!聞いてないぞ、ガンダム!!」
おっしゃるとおり。

【今週の中佐と乙女】
※ガンダムスローネ・ツヴァイのファングの攻撃を受け、キュリオスを逃す。
「通信遮断領域の拡大だと。そんなことが出来るなら、何故今までやらなかった!」
ごもっとも。

【今週の萌えポイント】
※「シャーネーナ、シャーネーナ」 紫のハロ!
※「どうやって帰りゃイインだよ?」「大佐ー!!」 機体真っ二つでも生きてるパトリック。


アレハンドロの他にも監視者がいて、折に触れ合議しているらしいですね。
プトレマイオス一行はもちろん、監視者達にも3機のガンダムの情報はもたらされていなかった。
新たなガンダムとそのマイスター達はどんな目的で活動しているのか?ヴェーダではないとしたら、その指令はドコから出ているのか。そして、今まで何をしてたのか?
次回、ソレスタルビーイングの真の目的が語られる?


→ ちゅか、キャラクター多すぎ。誰かリストラされるのでしょうか? WEB拍手お願いします。


公式サイト




機動戦士ガンダム00 マスコットロボ ハロ

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

ちびボイス 機動戦士ガンダム00 (BOX)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

1/144 HG ティエレンタオツー (ソーマ・ピーリス専用機) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

機動戦士ガンダムOO 特典 ガンプラ FG「ガンダムエクシア ロールアウトカラー」付き

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (82)

テラビシアにかける橋<試写会>

2008-01-25 | 映画2008・2009
観てきました。
<九段会館>

監督:ガボア・クスポ
原作:キャサリン・パターソン 『テラビシアにかける橋』(偕成社刊)
脚本:ジェフ・ストックウェル デヴィッド・パターソン

5年生のジェスは、学校ではイジメにあい、家では女姉妹に囲まれて面白くない毎日。生活も苦しく、新しいスニーカーも買ってもらえない。ところが、転校生のレスリーがやって来て、彼の孤独な日々は大きく変わっていく・・・。

地下鉄で観たポスターの少女のいたずら好きそうな笑顔に惹かれて、試写会に応募。

良かった。素直に感動しました。

ジェスとレスリー、それからジェスの妹のメイベルがすごく魅力的でした。
どんなことでもポジティブに捉え、「イジメ」でさえ楽しもうとするレスリー。彼女の想像力が教会の中で発揮されるところは、ちょっと神秘的な雰囲気も感じるキレイなシーンでした。

多感な時代のかけがえのない出会い。そして悲しい別れ。思い通りにならない「現実」を認識しはじめる頃の少年少女の心情が、短い上映時間の中に凝縮されて描かれていて。自分の子供の頃を振り返りつつほのぼの、しんみりしてしまいました。

後半、事件を受け入れられないジェスに感情移入してボロボロ泣いてしまいました。映画の冒頭でジェスの日常をつまらなくしていた一因である、厳しく、冷たい教師達や父親が、実はしっかり彼のことを見つめていて、一緒に哀しみを受け止めようと手を差しのべるシーンが胸に迫ります。

ときどき挿入される音楽の授業のシーンでの歌が、ストーリーやジェスの心情を暗示していて「なるほどなー」と感心してしまいました。

85点。

公式サイト

テラビシアにかける橋 (偕成社文庫 3264)
キャサリン・パターソン,岡本 浜江
偕成社

このアイテムの詳細を見る
コメント (4)   トラックバック (33)

キューティーハニー THE LIVE 第16話

2008-01-23 | 特撮
「禁じられた恋!」

脚本:井上敏樹
監督:田竜太 横山誠

ご注意!今回はネタバレ満開です!未見の方はお気をつけクダサイ!!

渡、中条、田中のパンサークロー3幹部に捕まったハニー。気を失ったままのハニーの体を幹部達が調べようとしたまさにその時、マント姿の男がアジトに乱入してきた!


【今週のなっちゃん】
※「これってもしかして!」

【今週のハニーフラッシュ】
※キューティーハニー
※シスターミキ
※シスターユキ

【今週のトリオ】
※仲間割れ。ハニー争奪戦。
※田中のダンナも只者じゃなかった!

【今週の萌えポイント】
※冷凍ヒラメを拾うギザ。

【今週の超萌えポイント】
※ハニーが変身できたときのミキの嬉しそうな顔。
やっぱり良い娘だったんだね。


※ハニーを捕まえるために一時協力したモノの、やっぱり仲間割れした3幹部。
大漁旗をマント代わりに翻して堂に入ったアクションを魅せる田中のダンナ(喜多川務サン)とか、中条(ギザ)にも裏切られてバンに往復で体当たりされる渡とか、必ず先回りしてる追手とか、前半のテンポが最高で!役者さんたちのアクションも凄かったけど、こーゆーたたみ掛けるような繰り返しシチュエーションは井上脚本と田崎演出の真骨頂ですね。

※追手から逃れるために乗ったバスの中が全員パンサークローなのもお約束。
走るバスからぽいぽい下っ端を投げ出してたけど、運転手もグルなら直ぐ止めればいいのに。

※余剰エネルギーを放出すると、一定時間変身できないハニー。ミキの変身時のエネルギーをペンダントで受けて変身できたときのハニーの過剰な喜びの表現が、これまた田崎監督っぽくてGOOD!

※ハニーが変身できないことを知って、蛤学園まで烏川を訪ねに行くミキが素敵。
(ってゆーか烏川はやっぱり自分の学園に戻ってたのですね)
何だかんだ言ってミキはハニーのことが心配でしょうがないんですね。
もうすっかり息のあったアクションもお見事。

※実の父親と思っていた如月博士の愛情が自分一人のモノではなかった?
アイデンティティーを揺さぶられたユキの壊れッぷりが恐ろしい。
その狂気の矛先は、偶然出会った渡に向けられ・・・!

※渡・・・。ハニーとミキにズタボロに負けてなければ、あるいは・・・。


キャラクターの人間関係が大きく入れ替わった今回。こんな展開になるなんて。
ユキはこのままミキの敵になってしまうのでしょうか?そして彼女がハニーの正体を知ったとき、さらに恐ろしい事態になるであろうコトは想像に難くありません。
そしてハニーの恋の行方も、苦難の道に違いないわけで。
どーなっちゃうの?

と思ったところで次回はミキ編。しかも雨宮演出!ミキと烏川の因縁も更に深まる?

→ 中条と渡の扱いの差は井上敏樹のお気に入り度? WEB拍手お願いします。



TV東京公式サイト

「キューティーハニー THE LIVE」ボーカルアルバム
TVサントラ
ランティス

このアイテムの詳細を見る

キューティーハニー THE LIVE 1

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る

キューティーハニーTHE LIVE 2

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る

原幹恵Honey (YOUNG SUNDAY VISUAL MOOK)
西條 彰仁
小学館

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)   トラックバック (4)

仮面ライダー電王 最終話

2008-01-21 | 仮面ライダー
「クライマックスは続くよどこまでも」

脚本:小林靖子
監督:長石多可男
アクション監督:宮崎剛

終っちゃった。

カイは再び空を開き、全てを滅ぼそうとしている。デンライナーは、良太郎は間に合うのか?

いつだかわからない未来から、イマジンという「持たざるモノ」が現在にやってきました。
イマジンは、この時間の“特異点”に取り憑くと、「名前と姿」という「個性」を彼から与えて貰いました。でも、このままでは本当の「存在」になることが出来ません。彼と契約して、「過去」を手に入れなければならないのです。そうしなければいつか自分は消えてしまうのです。
“特異点”は「今」という時間を守るために、他のイマジンと闘っていました。
イマジンは、彼と行動を共にするうちに、いつしか自分も「今」を守りたい、と思うようになっていました。するとどうでしょう。イマジンはいつの間にか「本当の体」を手に入れていました。


砂のような存在、上半身と下半身が逆転している曖昧な存在であったモモタロス達は、良太郎やハナ、侑斗との関わりの中で、アイデンティティーを確立させていったのですね。
電王の世界において「自我」とは、「他者との関わり=時間=記憶」によって成り立っているのだ、と。この検証だけで本が一冊書けそうなくらい。

余談ですが、アイデンティティーをYahoo辞書で検索すると
自己が環境や時間の変化にかかわらず、連続する同一のものであること」
とあります。ここまで狙って話を創っていたんでしょうか。小林靖子サン、恐るべし。

【最終回の変身】
※ゼロフォーム
※ライナーフォーム
※ガンフォーム
※アックスフォーム
※ロッドフォーム
※アルタイルフォーム
※ベガフォーム
※ソードフォーム
ありゃ 「てんこ盛り」と「ウィング」がないよ。


【最終回の燃えポイント】
※「俺の必殺技!ファイナルバージョン!!」

【最終回の萌えポイント】
※手書きの「俺、参上」のプラカードまで用意したのに、出て行くタイミングを失いオロオロしてるタロス達。

うむ。面白かった。お約束満載のベタベタな最終回でしたが、「電王」という「おとぎばなし」の締めくくりには相応しかったと思います。

思えば、「いーじゃん、イージャン、スゲージャン」のオープニングに度肝を抜かれ、憑依人格が変身する「電車」に乗った仮面ライダーという変化球に驚かされた一話二話。が、タロス達の登場編以外は「契約=本筋に関わらないトラウマ話」に2週もかけるローテーションに、中盤まで正直なところ乗り切れずにいたのですが、映画とのシンクロあたりから「契約」の比重が軽くなったこともあって俄然面白く感じてきて、その後は毎週ノリノリで観ていました(自分が「キャラ萌え」な見方が好きなことにあらためて気付かされました)。
何と言っても、このシリーズが成立したのは、佐藤健クンと高岩成二サンの「五(六)役」の見事な演じ分けに尽きます。この二人がいなかったら、(自分にとっての)「電王」の面白さは半減していたと思います。

あーあと、客演も含め声優サン達のノリノリの演技も楽しかった。昔からのアニメファン、特撮ファンにとっては、ゲキレンジャーも含めかーなーり耳福な一時間を過ごせた一年間でした。

ああ、続編とかスピンオフとか映画第二弾とか、やらないかなぁ。まあでも、ここで終るから美しいのかも知れないし、多くは望まないようにしましょう。

→ ちなみに、映画のDVDを購入して早速視聴したのですが、オモシロ懐かしい感じには浸れたのですが、リアルタイムでシンクロを体感していた半年前のテンションには戻れませんでした。やっぱりあの「時間」は特殊だったのですね。 web拍手お願いします。





TV朝日公式


東映公式

DEN-O PERSPECTIVE 仮面ライダー電王 公式読本

大洋図書

このアイテムの詳細を見る

仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX(DVD付)
V.A.
エイベックス・マーケティング

このアイテムの詳細を見る

ちびボイス 仮面ライダー電王2 (BOX)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (41)

Yes!プリキュア5 第48話

2008-01-20 | プリキュア
「希望VS絶望 最後の対決!」

脚本:村山功
演出:大塚健 座古明史
作画:奥山美佳
美術:飯島由樹子

※今年も謎マスコットに泣かされた!

ドリームコレットがデスパライアに使われてしまった!カワリーノに囚われたミルクの運命は?プリキュアに絶望の闇が迫る!!


【今週のナイトメア】
※カワリーノ。デスパライアに見限られそうになり、暗黒巨大化。

【今週の必殺技】
※プリキュア・ミントシールド!!by キュアミント
※プリキュア・アクアトルネード!!by キュアアクア
※プリキュア・ルージュバーニング!!by キュアルージュ
※プリキュア・レモネードシャイニング!!by キュアレモネード
※プリキュア・クリスタルシュート!!by キュアドリーム
「夢と希望の力と共に」「五つの光を今ここに!」
※プリキュア・ファイブエクスプロージョン!!

【今週の萌えポイント】
※「どんな時でも、諦めちゃいけないってプリキュアが教えてくれたココ!」
※「人を、仲間を信じることをプリキュアが思い出させてくれたナツ!」


以前、一度は心を折られ、闇に囚われてしまったプリキュア達。
その、同じ闘技場を舞台に、今回は決して「絶望」を寄せ付けない強さを見せてくれました。なんとも逞しくなったコトです。
前回は、のぞみを中心に「希望」を取り戻した彼女たちですが、今回「希望」をなくさずにすんだのは、かれんとりん、こまちとうらら、直接のぞみを介さなくても支え合っている、仲間としての成長に他なりません。
いやー、これが観たかったんですよ。
一年間見続けてきて良かった!

もうね。今回はココの「良かったココ」から泣きっぱなし。まさか、ナイトメア社の仮面の社員達が、パルミエの国民達だったなんて・・・。
「みんながいれば、もうドリームコレットは要らない」逆に言えば、国があってもそこに住む人々がいなければ何の意味もない。

そして、カワリーノが倒され、パルミエの人々が元に戻って、ドリームコレットの力で望みを叶えたデスパライアの周りには誰もいなくなりました。彼女が描く絶望の世界には、住むヒトがいないのです。なんて寂しい世界であることか。

でも、きっとのぞみの、プリキュア達の折れない「希望」は、デスパライアをも暗黒から救ってしまうのではないでしょうか。
そんなラストをきっと見せてくれるでしょう。


→ パルミエの人(?)達はミルク以外全員擬人化可能って解釈でいいのかな? WEB拍手お願いします。


ABC公式

東映公式

映画公式 ロングランですね。





映画Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!【初回限定版】(初回限定生産)

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

Yes!プリキュア5 キャラクターミニアルバム~ココ&ナッツ 2
アニメ
Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (17)

獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その46

2008-01-20 | 特撮
「ギャワギャワの記憶」

脚本:荒川稔久
監督:竹本昇

空気読まないゴリラが素敵。

【今週の真咲美希主任】
※「濁流に飲まれたショックで記憶を無くしてたのね」
バナナ食べようよ。

【今週の萌えポイント】
※メレを、ロンの攻撃から身を挺して庇う理央。 ヒーローっぽい!

全ての出来事の黒幕はロンでした。ある程度の仕掛けはしてるんだろうと思ってましたが、まさか、マクの反乱まで計略の内だったとは。

でも、そのロンの陰謀と唯一関わりない存在がメレ。
だからメレだけが前回理央を助けることが出来た。
だから理央は今回ロンの攻撃からメレを守った。

あああ、もうスッカリこの二人が主役ですね。先週までのジャンの葛藤すら、理央の過去バナの前座に見えて来ちゃいます。こんな展開になるなら、大葉健二サンは理央のパパの役の方が良かったんじゃない?

→ シリアス展開に象と鮫の出番はなさそう? WEB拍手お願いします。


テレビ朝日公式

東映公式




電影版獣拳戦隊ゲキレンジャー特別限定版

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

このアイテムの詳細を見る

獣拳戦隊ゲキレンジャー 全曲集
TVサントラ,石原慎一,串田アキラ,谷本貴義,宮内タカユキ,齋藤謙策,Sister MAYO,成田賢,マスター・シャーフー(永井一郎),ヤング・フレッシュ
コロムビアミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (7)

機動戦士ガンダム00 #15

2008-01-20 | ガンダム
「折れた翼」

脚本:黒田洋介
キャラクター作画監督:森下博光
メカニック作画監督:大塚健
絵コンテ:西本山紀夫
演出:うえだしげる

「ガン…ダム、ガン…ダム…、ガン…ダァーム!」

三大陣営合同のガンダム鹵獲作戦が始まった。キュリオス、デュナメスとヴァーチェ、エクシアに分かれて介入行動を開始するソレスタルビーイング。しかし、圧倒的な物量と各陣営のエースパイロットによって、次第に追いつめられていく・・・。


【今週のサジくん】
※12万円のペアリングをねだられる。ルイスってホントは落ち込んでないよね。

【今週のアザディスタン第一皇女】
※刹那が会いに来た意味を悟る。

【今週の乙女座】
※「抱きしめたいなぁ!ガンダム!」「正に、眠り姫だ!」
先週グラハムに文句言ってたヤツはやっぱりヤラレ要員でした。

【今週の中佐と乙女】
※「今度こそ、今度こそ任務を完遂させる!超兵として!」


【今週の萌えポイント】
※「大人は嫌いだね」 なんか意味ありげなリボンズ。

★AEU対ヴァーチェ
★人革連対キュリオス
★ユニオン対デュナメス
★PMC対エクシア
因縁ある者同士の組み合わせ。ここら辺の構成は流石「観たいモノ」を魅せてくれますね。

今週はまるまる戦闘シーンで、見応えありましたがその分疲れました。
前半のミサイル乱舞の迫力は凄かったですね。後半、各陣営の真打ち登場も、攻撃の方法にそれぞれ「らしさ」があって良かった。
でも、15時間も打つ手なく待機してるだけの、マイスター以外のメンバーにはちょっと違和感を感じてしまった。ミッション成功の確率がかなり低いのは判りきってるわけだし、ただでさえ少ない戦力を全部投入しちゃうのは、作戦の根本が間違ってるような気が・・・。4連発で「ガンダム」が敗れる様を見せられるのは、ちょっとキビシイモノがありますし、ね。

オープニングのシルエットが気になってはいましたが、もう新型(?)ガンダムが出て来るとは思わなかった。ちょっとビックリ。

→ 例によってAEUだけは負けるんだと思ってたのに。 WEB拍手お願いします。


公式サイト




機動戦士ガンダム00 マスコットロボ ハロ

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

ちびボイス 機動戦士ガンダム00 (BOX)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

1/144 HG ティエレンタオツー (ソーマ・ピーリス専用機) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

機動戦士ガンダムOO 特典 ガンプラ FG「ガンダムエクシア ロールアウトカラー」付き

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (68)

キューティーハニー THE LIVE 第15話

2008-01-17 | 特撮
「暴走ハニー!」

脚本:井上敏樹
監督:田竜太 横山誠

寮の自室で3日間眠り続けるハニー。心配になった夏子は、早見の元へ相談に訪れる。それを聞いた早見は、思い当たるところがあるようで急いでハニーのもとへ向かう。同じ頃、中条と渡は、田中の店を訪れ、ハニーを捕まえるために協力を乞うのだった。


【今週のなっちゃん】
※雑誌の恋愛運を観て落ち込む。
※早見が投げ出したモノを体中で受け止める。

【今週のハニーフラッシュ】
※キューティーハニー 暴走モード
※シスターミキ

【今週のトリオ】
※ハニーを捕まえるために3人同時攻撃を。

【今週の萌えポイント】
※豚のマスコットで「男」って書くなっちゃん。

※暴走ハニー。
ハニーシステムの影響を受けて体に変調をきたすのはミキだけではなかった。ハニーも、体にエネルギーがたまりすぎると(ってその理屈がイマイチ判らんのですが)まるで別な人格になって破壊の限りをつくすのだった。

理屈はどうあれ、無敵状態の金髪ハニー、カッコ良かった!通常は一人でも苦戦するパンサークローの幹部3人を手玉に取るパワー。普段の闘いぶりとのギャップも素晴らしく。このシーンのために延々13話かけて「普段はそんなに強くない」ハニーを演出していたのですね。横山カントク、井上脚本、お見事です。

そして先週は新たなシーンの登場がなかったせいか、なっちゃんの活躍にもニンマリ。冒頭の子豚のマスコットの使い方には脱帽しました。それにしても地味な割にはっちゃけた演技を要求されている小松愛チャンの今後の仕事が、へんな役ばっかりになるんじゃないか心配。

忘れちゃいけない3幹部の活躍。ふせえりサンを中心に、最近リバイバル作品の放映が始まったドロ○ボー一味みたいでイカス!
チョイの間だったけど、堀内正美サンの再登場も嬉しかった!

あー、このキャストとスタッフのまま、映画化とかされないかなぁ。観てみたいなー。


→ それにしてもいつの間にかスッカリ情けない立ち位置になってる渡。 WEB拍手お願いします。



TV東京公式サイト

「キューティーハニー THE LIVE」ボーカルアルバム
TVサントラ
ランティス

このアイテムの詳細を見る

キューティーハニー THE LIVE 1

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る

キューティーハニーTHE LIVE 2

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る

原幹恵Honey (YOUNG SUNDAY VISUAL MOOK)
西條 彰仁
小学館

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (6)

仮面ライダー電王 第48話

2008-01-15 | 仮面ライダー
「ウラ腹な別れ…」

脚本:小林靖子
監督:長石多可男
アクション監督:宮崎剛

オープニングがウラタロスver.じゃなかった。

キンタロスと別れ、現在に戻ろうとするデンライナー。コックピットにはいつの間にかイマジンが入り込んでいた。それを見つけたウラタロスは・・・。


【今週のアンラッキー】
※過去の自分に会う。
※欠けた記憶の秘密を知る。

【今週のお姉ちゃん】
※カイに襲われ気絶。病院へ。

【今週のオーナー】
※駅長とチャーハン対決続行中。

【今週の青亀】
※実体化し、ロッドフォームに。
「ボク、嘘泣きしかしたことないし」

【今週の赤鬼】
※いつの間にか実体化。
※デンライナーを止めようと、デンバードにまたがるも・・・。

【今週の紫龍】
※いつの間にか実体化。

【今週の黄熊】
※・・・・・・・。

【今週の緑烏】
※病院前でイマジンの大群と交戦。

【今週の変身】
※ゼロフォーム
※ロッドフォーム in ウラタロス


【今週の萌えポイント】
※「今夜は、ボクに釣られてみる?」

なるほど。愛理に赤ちゃんが出来たから結婚式が早まって、生まれるのが「8月」の予定だったのですね。
でも、過去が完全に修復された場合、「現在」は予定日を完全に過ぎてるワケだから、既に赤ん坊が「生まれてる」状態になるのでしょうか。なんか変ですね。
あと、こーゆー展開は倫理的に問題あるって気がするよ。個人的に。

「消える」コトで取り乱しそうな自分を見られるのがイヤだからここでお別れ。見栄っ張りなウラタロスらしいやり方でしたね。いつの間にか爆弾も解体しちゃって、格好良すぎます。

みんなが実体化した理由って、先週良太郎がキンタロスとの契約で「ずっと『みんなと一緒に』」って言ったからだったりして?正しい理由も次回語られるんでしょうから、心配してない!

放送も残すところあと1回。今までと同じように、何度も観返しちゃうんだろうな・・・。

→ 自分でレールを造り出す仕組みなのに「脱線」て? web拍手お願いします。





TV朝日公式


東映公式

DEN-O PERSPECTIVE 仮面ライダー電王 公式読本

大洋図書

このアイテムの詳細を見る

仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX(DVD付)
V.A.
エイベックス・マーケティング

このアイテムの詳細を見る

ちびボイス 仮面ライダー電王2 (BOX)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

このアイテムの詳細を見る
コメント (4)   トラックバック (25)

Yes!プリキュア5 第47話

2008-01-14 | プリキュア
「ドリームコレットを取り戻せ!」

脚本:佐藤勝一
演出:石平信司 大塚隆史
作画:青山充
美術:須和田真

ドリームコレットをカワリーノに奪われてしまった。責任を感じ落ち込む一行を、「まだ空はこんなにキレイ!コレットは使われていない!」と励ますのぞみだった。

【今週のメタモルフォーゼ】
※五人同時。 私服ver.

【今週のナイトメア】
※カワリーノ。異空間の闘技場にプリキュアを誘う。

【今週の必殺技】
※プリキュア・ルージュバーニング!!by キュアルージュ
※プリキュア・レモネードシャイニング!!by キュアレモネード
※プリキュア・アクアトルネード!!by キュアアクア
※プリキュア・ミントシールド!!by キュアミント
※プリキュア・クリスタルシュート!!by キュアドリーム


【今週の萌えポイント】
※仮面を着けられてぐったりしているミルク。 なんかシュール。

珍しく先週のお復習いから始まりましたよ。
コレットを奪われて沈むみんなを元気づけたのはやっぱりのぞみでした。この子のポジティブさには、観ているこちらも救われます。

デスパライアはコレットを使う前に、全ての存在を絶望に落としてしまいたいようです。その意志を受けたカワリーノは、のぞみ達の前に姿を現わし、過去に一度みんなが負けたあの闘技場に誘い込みます。嫌な予感・・・。

全ての攻撃を2本の尾で受け止めて跳ね返すカワリーノ、強すぎます。
心の弱い部分を突いてくる攻撃は相変わらず。今回はミルクがその毒牙にかかってしまいました。このままでは「ファイブエクスプロージョン」が使えないと言うことですね。

みんなの心に「絶望」が忍び込み、遂にデスパライアがコレットを使ってしまいました!ピンキーが飛び出し、石になってしまったドリームコレット。
どうなる?次回。

いやー、ラストに向けてノンストップの展開になってきました。去年はラス前の展開に涙したっけ。のぞみの「希望」はどんな形で奇跡を魅せてくれるのでしょうか。楽しみデス。

【今週の大喰い娘】
※最終回までなさそうですね。

→ マスコミの出番はあるのか? WEB拍手お願いします。


ABC公式

東映公式

映画公式 ロングランですね。





映画Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!【初回限定版】(初回限定生産)

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

Yes!プリキュア5 キャラクターミニアルバム~ココ&ナッツ 2
アニメ
Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (16)