お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

ドリル魂-YOKOHAMAガチンコ編-

2010-02-28 | 舞台
観てきました。建築ミュージカル。
<神奈川県立青少年センター>

作・演出:横内謙介

昨年から幾つか作品を観賞している扉座の、定番(?)公演。
入場の際に立体メガネのようなものを渡され、二列目の見習い席に着席するとヘルメットと防塵マスクを渡されます。
メガネは、劇中、舞台上で「光る」演出の際にそれをかけると、光がハート型に偏光してみえる。ただし、光とメガネの「向き」があってないとあまり効果なし。
マスクは、舞台上で「埃が出る」演出があるので、実用的に使用。
そしてヘルメットは、総勢でのダンスシーンなど、舞台と客席の一体感を演出してくれる。
もう何度も上演されているだけあって、中にはマイヘルメットを持参する人も。
そーゆーコアなファンには、有料作業員証なるものが配られてました。

ストーリー的には、中盤設計士が「ワルモノ」っぽく描かれるため、身内に設計関係者が居る身としては複雑な気持ちでしたが、落としどころの配慮に脱帽。
熱い漢(オトコ)達のパワフルな舞台、堪能しました。

【萎えポイント】
※AKBファンの野太い声援。
気持ちは判るがTPOをわきまえよう。

扉座ホームページ
コメント

ハートキャッチプリキュア 第4話

2010-02-28 | プリキュア
「早くもプリキュアコンビ解散ですか?」

脚本:米村正二
演出:川田武範
作画:川村敏江
美術:須和田真

「プリキュアになる資格というものがあるのだとしたら、優しい心と強い心!」 

砂漠の使徒の新しい幹部、クモジャキーがプリキュアの前に現れた。マリンの活躍でなんとかデザトリアンを浄化したものの、足を引張ってしまったブロッサムは・・・。

【今週の砂漠の使徒】
※クモジャキー。
テニス部のまおが、ペアの相手あゆみに愛想を尽かされたと誤解し、弱った心の花を、「重いコンダラ」デザトリアンに。

土佐弁流行なのか?

【今週の変身】
※同時に二人(制服)。

【今週の必殺技】
※ダブル・プリキュア・キック(不発)
※マリン・インパクト!
花よ燦めけ!
※プリキュア・ブルー・フォルテウェーブ!!
※ダブル・プリキュア・パンチ(不発)
集まれ、ふたつの花の力よ!
プリキュア・フローラルパワー・フォルテッシモ!!

【今週の萌えポイント】
※ダブル変身!
※合体必殺技!!


※一人ずつでもキマッてたのに、二人絡んでのポーズとか、ステキすぎる!
変身の時、お互いにパフュームの霧をかけ合ったり、可愛いことこの上なし!
(大きい)視聴者に対する破壊力強すぎ!!
今週の感想はまずコレに尽きますな。

※フレッシュの娘達が初っぱなからこともなく決めていた「ダブル・プリキュア・パンチ」。今作のプリキュアは比較的簡単なそのハードルにさえつまずいてしまう「最弱」ぶり。お子ちゃまにもわかりやすい比較ですね。

※テニスとプリキュアとの違いはあれど、心の種を狙われたまおと、つぼみの悩みがシンクロして、「すれ違いの誤解」というテーマがわかりやすい、今回も胸に迫るオハナシでした。悩みの解決方法もソフトな仕上がりで、とても米村正二氏の脚本とは思えません。やれば出来るんじゃん!

【今週の花言葉】
※ブルースター。
「信じる心」

※コッペ様になりたい。
メガネ付のつぼみに抱きつかれるなんて、なんて羨ましい。

→ 二人目の幹部登場、ってことはサソリーナしばらくは続投かな?ヨカッタ! web拍手お願いします。

東映公式

ABC公式

映画オールスターDX2公式



「ハートキャッチプリキュア!」OP&EDテーマ::Alright ハートキャッチプリキュア!/ハートキャッチ☆パラダイス

Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (16)

仮面ライダーダブル 第24話

2010-02-28 | 仮面ライダー
「唇にLを/嘘つきはおまえだ」

脚本:三条陸
監督:田竜太
アクション監督:宮崎剛

「今日、初めて気付いたわ、これって、ラブソングだったのね」

ジミー中田を勝ち抜かせていたのは、墨田ゆきほがライアードーパント=電波塔の道化師に依頼していたから。その事実を知ってしまったジミーは泣き崩れ・・・。

【今週の変身】
※アクセル。
※ダブル。ルナ×トリガー
※ダブル。サイクロン×ジョーカー
※ダブル。サイクロン×メタル
※ダブル。サイクロン×トリガー


【今週のスリッパ】
※二刀流
「おにょれー!×どりゃー!」
「うりゃー!×ほわちゃ!」

【今週の検索】
※「POET」
ライアードーパントの正体を検索。

【今週の萌えポイント】
※フィリップの女装に嫉妬する亜樹子。 翔太郎の「変装」も、グラサンに背広の竜も可愛く(?)て、萌えポイント大杉。

※CD販促編の後編。
3週目も同じ審査員の衣装の巻。
予算無いのかと思ったら、後半のコスプレ合戦の凄さ、お見逸れしてました。ペコリ。

※おおっと、あっさりダブルがアクセルに乗っちゃいました!
ちょっとさりげなさ過ぎる感じ。個人的には、「アギト」でマシントルネイダーに相乗りしたG3-Xのエピソードくらいの「重さ」を期待してたんですが。

ま、いっか。
きっと、後半か劇場版で、アクセル×ジョーカーとかファング×アクセルとかの隠し球があるんだよ。
うわ、自分で言ってて凄く観たくなってしまった。

“ミュージアムの計略で変身不能になってしまったフィリップ。絶体絶命の翔太郎の危機に駆けつける竜。しかし竜のアクセルドライバーも破壊され・・・。
二人に迫るドーパント軍団!
翔太郎「しょうがねえ、今日だけは俺とお前で仮面ライダーダブルだッ!!」
アクセルメモリを握る竜の腰には、いつの間にかダブルドライバーが!”


おお、燃える展開!
実現しないかなあ、ポワワワ・・・。
村枝コミカライズでも可。
仮面ライダーSPIRITS (1) (マガジンZKC (0054))
石ノ森 章太郎,村枝 賢一
講談社

このアイテムの詳細を見る

こんくらい“熱い”ヤツね!

※「君の体を見せてくれないか?」
なにこのアダルトな展開。ニチアサに相応しくないゼエッッ!!
なかなか変質的なお医者さんの登場で、敵方のドラマもぶ厚くなってきましたね。
それにしても霧彦サンの立場無いのう・・・。

※今回は、縦軸のレギュラー達のストーリーも横軸のゲスト達のドラマも濃い仕上がりの上に、大ネタ小ネタのお遊びも満載。ホントに出し惜しみしない作品ですね。

→ 「電波塔の」って異名ほど、ソコに居ないジャン。後付けの命名だよねえ? web拍手お願いします。

テレビ朝日公式

東映公式

仮面ライダーダブル エンディングテーマ4(仮)
園咲若菜(飛鳥凛),藤林聖子,鳴瀬シュウヘイ
エイベックス・マーケティング

このアイテムの詳細を見る

Love♥Wars 初回限定生産盤A(仮)

エイベックス・エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

Love♥Wars 初回限定生産盤B(仮)

エイベックス・エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (21)

なにわバタフライ N.V

2010-02-27 | 舞台
観てきました。
<三軒茶屋 シアタートラム>

作・演出 三谷幸喜
出演 戸田恵子

五年前にPARCO劇場で観たときよりも、舞台がコンパクトになり、装置も簡略化。
でも、二度目なのにとっても面白い。
演出も良い意味でシェイプアップしている感じ。

そしてなにより、戸田恵子サンの存在感が以前よりも増していて、素敵でした。
構成こそ三幕にはなっていましたが、幕間になるべきトコロも舞台上で観客とコミュニケーション取りながら、といったスタイルだったので、出ずっぱり、話しっぱなしの2時間。お疲れ様でした。

公式サイト
コメント

麺屋 臥龍

2010-02-27 | グルメ
三軒茶屋にお芝居を観に行ったついでに、いろいろ美味しそうな店がありそうなこの地でランチを。

田園都市線の駅から出て迷路のような商店街を探すこと数分。見逃しそうな路地を抜けたところにお店発見。

土曜の昼間とあってか、小さい子を連れた家族でほぼ満席の店内。メニューを観て、
鳥チャーシュー麺 800円をオーダー。

軍鶏白湯のラーメンは、細麺がちょっと塩加減の強い軍鶏白湯のスープと程よいバランスで、美味しゅうございました。ももとむねの二種類の鶏チャーシューも、それぞれ柔らかい中にも程よい歯ごたえで。
ご馳走様でした。

http://garyu23.com/

コメント

ゴールデンスランバー

2010-02-27 | 映画2010
観てきました。
<渋東シネタワー>

監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎
脚本:中村義洋、林民夫、鈴木謙一

金田首相が仙台でパレードを行う日。青柳雅春は、大学時代の友人森田から呼び出しを受け、パレードが行われる街道の側の指定場所に向かうのだが、そこで彼はとてつもない陰謀に巻き込まれ・・・。

うーん。
中盤までは息もつかせぬ展開で面白かったんですが、観終ってみれば多少モニョっとした感じが残ります。
大筋は文句ないんですが、何というか、139分もあるのに語り足りない、と言うか。
メインの四人は役者の好演もあってそこそこの印象にはなっているのですが、いかんせん他のキャラクター描写が弱い、と言うか。まあ、早々に退場する吉岡秀隆クン位じゃないと、香川照之クンや濱田岳クンの存在感に負けちゃうてのもあるんでしょうが。
吉岡クンの家族のコトとか、投げっぱなしな設定がいっぱいありますね。

【萌えポイント】
※「びっくりした?!」キルオのキャラはヨカッタですね。

そして、小道具、大道具の「脇が甘い」作品でもありました。
逃避行中、外でテレビ視るのに「チューナー別売りで要充電なゲーム機」を選ぶとか、ないですよね。
総論オッケー、各論残念な作品。

75点。

公式サイト

ゴールデンスランバー
伊坂 幸太郎
新潮社

このアイテムの詳細を見る
コメント

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #07

2010-02-24 | アニメ
「イノセント ブラッド」

脚本:吉野弘幸
絵コンテ:中澤勇一
演出:木村寛
作画監督:大森英敏、中澤勇一

「あの日お前と交わした約束だけが、心のよすがだった」

教会に立て籠もる学園の人達に襲いかかるヴァンパイア。彼らの元へ急ぐアキラの前に、現れた男は・・・。

第七話。
もろもろの疑惑と、ミナの敵の存在が明らかになったオハナシでした。
とりあえず、ここまでのモヤッと感が晴らされて、展開としても一区切り、って感じですね。
今回は各キャラクターの目のアップのカットを多用し、それぞれの登場人物の立場人々の緊迫感と不安感がカッチリ描かれていて引き込まれました。
そしてクライマックスのミナとアキラがもう一つの姿をさらしてのバトル。ミナ変身態の描き方もアニメならではの表現だったし、ここまで溜まってきた視る側のフラストレーションを吹飛ばす、迫力の演出が素敵でした。

ちなみに、ここまでで原作コミックの第2巻まで。
放映が1クールとしたら、あと数回でドコまで描かれれるのでしょうか。

【今週の萌えポイント】
※襲われちゃうシスターローラ! アル意味お待ちかねでしたゼ!

【今週のエンドカード】
※屡那。

→ 副会長・・・。 web拍手お願いします。

公式サイト

フレンズ
中野愛子,中野愛子,NOKKO,藤田淳平,是永巧一
flying DOG

このアイテムの詳細を見る

爪痕
hibiku,中野愛子,石川智晶,藤田淳平,河野陽吾
flying DOG

このアイテムの詳細を見る

イノセント・ブラッド [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る
コメント

仮面ライダーダブル 第23話

2010-02-21 | 仮面ライダー
「唇にLを/シンガーソングライダー」

脚本:三条陸
監督:田竜太
アクション監督:宮崎剛

「その程度のシャウトで、人の心は揺さぶれないゼエッッ!!」
tv futo、どこかで見たことある外観だなあ。

今回の依頼者はクイーン&エリザベス。二人は、自分達が出演したオーディション歌謡番組「フーティック・アイドル」で行われている不正をあばいて欲しい、と・・・。

【今週の変身】
※アクセル。
※ダブル。サイクロン×ジョーカー
※ダブル。ルナ×トリガー


【今週のスリッパ】
使われず。

【今週の検索】
※フーティック・アイドル審査委員、大貫一朗太の、客席参加者指名のクセを検索。
※照井の依頼で「電波塔の道化師」の持つメモリの正体を検索。

【今週の萌えポイント】
※色紙。「半人前でもいいじゃん」「金無くったっていいじゃん」 BY さちお

※CD販促編。
それにしても、一応別日の設定なんだから、審査員の衣装くらい替えましょうよ。
予算無いのかなあ?
いつか出るであろう全曲集には、是非初回特典でジミー中田の「風都タワー」を!

※あああ、早くも2号ライダーのネタキャラ化が始まってしまった。
もう全部オモチャ出たんだっけ?
マキシマム・ドライブで斬れたのが、「すこんぶ」の箱一個とは。
騙されたにしても、カッチョ悪すぎる。
後半で渋く決めるほど、反作用になっちゃう。

※言葉の針を刺して、自分の嘘を相手に信じさせることが出来る。
うーん。やっぱりドーパントの能力ってスタンドっぽいですねえ。
次回は知能戦的展開になるのかな?
そろそろダブルとアクセルの息もあってきたみたいなので、更なる競闘がみたいですねえ。

→ スピック。Spinning to Folkって? web拍手お願いします。

テレビ朝日公式

東映公式

映画公式

仮面ライダーダブル エンディングテーマ4(仮)
園咲若菜(飛鳥凛),藤林聖子,鳴瀬シュウヘイ
エイベックス・マーケティング

このアイテムの詳細を見る

Love♥Wars 初回限定生産盤A(仮)

エイベックス・エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

Love♥Wars 初回限定生産盤B(仮)

エイベックス・エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (23)

ハートキャッチプリキュア 第3話

2010-02-21 | プリキュア
「2人目のプリキュアはやる気まんまんです!」

脚本:栗山緑
演出:岩井隆央
作画:伊藤智子
美術:増田竜太郎

「あたしは来海えりか!二人目のプリキュアよ!」 登場的には「五人目」ですがね。

かなり打ち解けたえりかとつぼみ。ある日、えりかイチオシの場所で、ふたりでお弁当をひろげていると、えりかが「最近プリキュアなんちゃらの夢を見る」と言いだし・・・。

【今週の砂漠の使徒】
※サソリーナ。
一年生、上島さやかの心の花を、サッカーボールデザトリアンに。

【今週の変身】
※最初につぼみ(制服)、後からえりか(制服・初変身)。

【今週の必殺技】
集まれ花のパワー!マリンタクト!
花よ燦めけ!
※プリキュア・ブルー・フォルテウェーブ!!

【今週の花言葉】
※ポインセチア。
「私の心は燃えている」

【今週の萌えポイント】
※桑島声の「可愛い」生徒会長。 名前を覚えられてるえりか。
あと「三人」メンバーを集める、だって?(深読みしすぎ?)

※二人目のプリキュア登場の巻。
心の花の犠牲者は一般の少女から出てきました。
赤い髪のサッカー少女、何か懐かしさを感じます。一昨年あたり?
一瞬、三人目のプリキュアになる子かと思っちゃいました。

※世界観と「1号」誕生を二話かけてたっぷり描いた後のハナシとしては、一話完結で「2号」誕生、「ゲストお悩み少女」のエピソード消化と、かなり駆け足になっちゃった印象。
特にマリンの誕生は「夢で見た」「今朝から考えてた」とか“おざなり”?

※今作のプリキュアは、心の花を救う=お悩み解決(?)がフォーマット。
三話目までは、変身前の主人公が他人の悩み解決の為に奔走する、ってスタイルじゃないので、エピソードが有機的に絡み合ってる感がなく、ちょっとフラストレーション。
プリキュアがそのパワーでデザトリアン=心の花を浄化すると、犠牲者が「心の強さ」を取り戻すって解釈で良いのでしょうか?

※ラストに前回の人形についてのオチを持ってくるあたり、上手いなあ。
つぼみとえりかが、お互いのためにした「良いこと」が、回り回って「第三者」を救ったコトになる。これからも、こーゆー何気ないエピソードをキチンと描いていって欲しいですね。

→ 憎めない幹部サソリーナ。例年のように途中退場しちゃうのかな? WEB拍手お願いします。

東映公式

ABC公式

映画オールスターDX2公式



「ハートキャッチプリキュア!」OP&EDテーマ::Alright ハートキャッチプリキュア!/ハートキャッチ☆パラダイス

Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (21)

パレード<初日舞台挨拶>

2010-02-21 | 映画2010
観てきました。
<新宿バルト9>

監督:行定勲
原作:吉田修一『パレード』(幻冬舎刊)
脚本:行定勲
監督補:大野伸介

都内のマンションでルームシェアしている4人の男女。彼らはその居心地の良い居場所を壊さないように、それぞれの生活に深く関わらないようにしてバランスを保っていた。しかし、ある日その関係の中に、新しい住人サトルを迎え入たことで少しずつそのバランスが変わっていき・・・。



キャスティングを知ったときから観たかった本作。
思っていたのとちょっと内容は違っていましたが、見応えのある秀作でした。

バルト9 9番シアターの最前列で観賞。
ワタシが観たのは、本日二件目の舞台挨拶だったので、登壇者はフルキャストではなく。
行定カントク、藤原竜也クン、香里奈サン、林遣都クンの四名。

上映後の挨拶だったので、行定カントク開口一番

「ドンヨリしてますか?」

正に観賞後の感覚は「ドンヨリ」以外に上手い表現のない作品でした。

カントクは、ベルリンの映画祭から昨日帰ってきたばかりで、あちらでの反応について幾つか語ってくれました。
取材で「どうやってこんな役者達を見つけてきたのか」と聞かれたとか。
「見つけるもなにも皆日本じゃ有名な人々だ」
あまりにもナチュラルな演技で、まるで普通の生活を隠し撮りしたみたいだ、と絶賛だったそうです。
さすがに誉めすぎだと思いますが、確かに独特な雰囲気を感じる作品でした。

でも「ドンヨリ」するので他人に薦めたり、誰かと一緒に行く気にはなれないかな。

【萌えポイント】
※劇中ドラマ「カルアミルクで乾杯」
竹財輝之助、黄川田将也、森下千里、水崎綾女って!どこの「ヒーローもの」ですか?

85点。

公式サイト

パレード (幻冬舎文庫)
吉田 修一
幻冬舎

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (11)

三代目(助) MARUSUKE

2010-02-21 | グルメ
久し振りに新宿でランチ。
迷わずこの店へ。


つけめんチャーシュー とんこつ魚介 880円 明太子ごはん 300円

キレイに麺の上に並べられたチャーシューが食欲をそそります。
見た目って大事なんですね。

相変わらず安定した美味しさ。
中太麺が程よくつけ汁に絡んで。
チャーシューも柔らかく。

ただ、明太子は薄味。
バランスは良いのかもしれないけど。

80点。

コメント

機動戦士ガンダムUC<プレミアプレビュー>

2010-02-20 | ガンダム
Episode1「ユニコーンの日」

観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:古橋一浩
原案:矢立肇、富野由悠季
脚本:むとうやすゆき
キャラクターデザイン原案:安彦良和
アニメーションキャラクターデザイン:高橋久美子
メカニカルデザイン:カトキハジメ、佐山善則、石垣純哉、玄馬宣彦

宇宙世紀0096年。シャアの反乱から3年、工業コロニー「インダストリアル7」のアナハイムエレクトロニクス工業専門学校に通う16歳の少年バナージ・リンクスは、ある日、偽装貨物船で密航してきた少女オードリー・バーンの命を救う。

福井晴敏が原作アニメのその後の世界を描いた小説をアニメーション化。全6巻のOVA予定、その第1巻の先行劇場上映を観てきました。

原作の文庫版一巻目を半分ほど読んだ状態で視聴。
冒頭の重要なシーンが、ほぼ解説無しの猛スピードでガンガン描写されていくのを観て、「もしかしてストーリー展開は最後までこんな感じで?」と思っていたら、その通りでした。これは、世界観や粗筋を把握してない人が観たら「何のこっちゃ?」になってしまうんではないかしら?
ストーリーもぎゅっと濃縮なら、「ガンダム」のもう一つの見どころ、モビルスーツ戦も。
こちらは濃密な作画も相まって、テンポというかスピード感というか、現状のアニメーション技術で魅せられる最高のものを観せてもらった感じ。
満腹。
あっという間の一時間でした。

最後に出てきた第2巻のお知らせ。「秋」て。半年待つのか。全巻出るのはいつになることやら。

公式サイト

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [Blu-ray]

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る

機動戦士ガンダムUC(1) ユニコーンの日(上) (角川スニーカー文庫)
福井 晴敏
角川書店(角川グループパブリッシング)

このアイテムの詳細を見る

機動戦士ガンダムUC(2) ユニコーンの日(下) (角川スニーカー文庫)
福井 晴敏
角川書店(角川グループパブリッシング)

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)

赤羽京介

2010-02-19 | グルメ

久し振りに行きました。
新メニュー(?)の京介風まぜそばにチャレンジ。
750円。

店内は六分の入り。着席して待つこと数分。ワタシが入った後、ワラワラとお客さんがやって来て、あっという間に満員に。

出てきた器にこんもりゆでキャベツが載っていてビックリ。
混ぜ混ぜしようと箸を入れたら、キャベツの下から生卵。これも混ぜ混ぜ。

程よく縮れた太めの平麺に醤油ダレが絡まって美味し!
ゆでキャベツと生卵が全体をマイルドな食感にしていてこれまたマル。

満足。

90点。

コメント

旨いもん家 炭まるのイベント<モニプラ>

2010-02-19 | イベント
もう一件応募してみます!

★日替りサービス体験の1000円引券プレゼント★

ジュワッと旨い岩中豚を使用したやきとんをはじめ、
やきとり、やきぎゅうに野菜などの50種以上の炙り串や
家庭的な一品料理におつまみなど豊富なメニューに
芋・麦・米・黒糖・泡盛などの焼酎、
マンゴー梅酒やバナナ梅酒など数十種類もの梅酒も揃う
旨いもん家 炭まる!
カウンター席にテーブル席、ボックス席、掘りゴタツ席、個室と
会社帰りの気軽な1杯から飲み会、デートなどにも利用できる
お席も色々♪

炭まるでは
月曜日から日曜日まで曜日別のサービスを行っています。
お好きな曜日にご来店頂き、その日のサービスを体験して頂ける方に
1000円引券を差し上げます!
【月曜日】炙り串が全品半額!
【火曜日】生ビール何杯でも半額!
【水曜日】焼酎全品半額!
【木曜日】梅酒全品半額!
【祝前日・金曜日】18時半前のご入店で1ドリンク無料!
【土・日・祝日】しゃぶしゃぶ鍋もしくはちゃんこ鍋半額!
上記のサービスに更に1000円引きとなります!!

旨いもん家 炭まるのイベント ★日替りサービス体験の1000円引券プレゼント★

株式会社ブルーム
コメント

魚の居酒屋 今日も大漁やのイベント<モニプラ>

2010-02-19 | イベント
こちらも応募してみます!

お好みの1杯を教えてね★焼酎&梅酒10杯分半額!

毎日直送!鮮魚を使用した刺身や魚料理、おつまみなど
メニューが豊富な魚居酒屋【今日も大漁や】!
夜の漁港に佇む一軒の居酒屋をテーマにした
温かみのある木造の店内は
新鮮な魚介が目の前に並ぶカウンター席と
漁船をイメージした堀ゴタツ席をご用意しています。
会社帰りの気軽な1杯から飲み会などに利用できる
リーズナブルな魚居酒屋です!

こちらの店舗にて
焼酎、梅酒を10杯分半額にてお楽しみ頂けます!
あなたのお気に入り“ベスト10”や
どんなお料理との相性が良かったかなどの感想を
ぐるなび又は食べログにて書き込みしてください。

魚の居酒屋 今日も大漁やのイベント ★焼酎&梅酒10杯分半額券プレゼント!★

株式会社ブルーム
コメント