お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

WOWOW新番組試写会2000

2000-04-02 | アニメ
行ってきました、「春爛漫!WOWOWアニメ新番組試写会」。4月1日(土)午前中TGSへ行き大急ぎで九段会館へ。開演10分前に着き、座席に座るとすぐにイベントが始まりました。入場時に渡されたプログラムを見ると。


12:30 開場
13:30 開演

13:45 「妖しのセレス」上映
14:10 スタッフ・キャストトーク
(亀垣一、かかずゆみ、千葉進歩)

14:20 「口上!新番組全監督登場」監督座談会
14:50 休憩

15:00 「星界の戦旗」上映
15:25 スタッフ・キャストトーク
(長岡康史、森岡浩之、赤井孝美、大塚昭夫、今井由香、川澄綾子、YUAMU)

15:35 「銀装騎攻オーディアン」上映
15:25 スタッフ・キャストトーク
(大張正己、川田紳司、榎本温子、小林優美)

16:10 「アニメ誌編集長本音トーク」
16:30 休憩

16:40 「ゲートキーパーズ」上映
17:05 スタッフ・キャストトーク
(佐藤順一、山口宏、櫻井孝宏、川澄綾子、松澤由美)

17:15 「BOYS BE・・・」上映
17:40 スタッフ・キャストトーク
(下田正美、金巻兼一、春田克典、鈴木健一、村井かずさ、長沢美樹)

17:50 「NieA_7」上映
スタッフ・キャストトーク
(佐藤卓哉、上田耕行、川澄綾子、川上とも子)

18:00 終演



各第一話上映。長かったっす。ケツ疲れました。監督トークで、殆どの人が「地上波より規制が緩くて良い」と発言。特に、佐藤順一氏が「割とやりたい事が出来る環境なので、もっとターゲットとか混沌とした作品を創りたい。今は住み分けが出来すぎちゃってるので垣根を取りたい。」と言ってたのが印象的でした。

アニメ誌編集長本音トークでは、「WOWOWならではの作品とは?」の問いに、皆「ブレンパワード」と「ビバップ全話放送」をあげてました。「今後に望む事は?」と言うテーマでは、「”国民的キャラクター”が出るといいね。」と。中で一人、「スーパーミルクちゃんを是非。」と押しまくってました。

以下一口インプレ。

「妖しのセレス」
渡瀬悠宇作品を映像化できるのはもはやWOWOWだけとか(監督談)。頑張って欲しいものです。

「星界の戦旗」
唯一のスクランブル放送。面白そうではありました。艦隊戦は迫力。「するが良い!」

「銀装騎攻オーディアン」
うーん、大張ティスト。ロボットがドラグナーに見えるぞ。

「ゲートキーパーズ」
うーん、GONZOスゲー。うーん、佐藤順一うめー。今回の中では一押し。「了解、イージス!」

「BOYS BE・・・」
正直、期待してなかったっす。でも結構よかったな。原作より雰囲気善し。

「NieA_7」
出来てなかった。大丈夫か?ま、放送を待つか。

しかし川澄綾子売れとるのー。3作ヒロインか。「To Heart」効果?
コメント