お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

2008年 10~12月 読んだ本

2008-12-31 | 読書
マリア様がみてる卒業前小景 (コバルト文庫)
今野 緒雪このアイテムの詳細を見る

短編集といいながら、しっかり次巻への余韻と期待を持たせる構成はサスガです。嗚呼、続きを早く読みたい気持ちと、まだまだソコを描いてほしくない気持ちのせめぎあい!

ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫)
海堂尊このアイテムの詳細を見る

何だか、桜宮署の新キャラクターが違和感。歌がおこす奇跡ってなんでしょう?

ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫]
海堂尊このアイテムの詳細を見る

ちょっとファンタジーっぽい謎解き方法と、適度にドロドロしてる人間関係がミスマッチな感じ。田口もっと頑張れ。

稀覯人の不思議 (光文社文庫)
二階堂 黎人このアイテムの詳細を見る

なんか読後がすっきりしない。被害者に感情移入出来なかったせいかな?

容疑者Xの献身 (文春文庫)
東野 圭吾このアイテムの詳細を見る

ガリレオの長編。映画を観てから読んだけど、そんなに違和感なかったな。
トリックがわかってる分、登場人物の描写に入り込めた感じ。

ケータイ捜査官7 滝本壮介の事件簿 (トクマ・ノベルズEdge)
藤咲淳一このアイテムの詳細を見る

う~ん。いまいち。

人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)
田中 ロミオこのアイテムの詳細を見る

またまた癒された。次回はもっと助手クンが活躍して欲しい。
コメント

マリア様がみてる 4thシーズン第1話先行試写

2008-12-31 | アニメ
行ってきました。
<リリアン板橋校(ワーナーマイカル板橋)>

大画面で観る新作第一話、とっても良かったデス。
またまた楽しみな3ヶ月が過ごせそうです!

そしてなにより、3Dで観る伊藤美紀さんと植田佳奈さんがド迫力で!!
素敵でした~。

公式サイト

もらったタンブラー

コメント

仮面ライダーキバ アドベンチャーバトルDVD

2008-12-30 | 仮面ライダー
今年も申し込みました。てれびくん特製DVD。

音也と渡と名護が、キバ志望の子に特訓するってシチュエーション。
途中で選択肢が出るのが新しい(?)かな。

何はともあれ193サイズ。マジメにやったらかなり疲れそう。
そしてジェニファー。
あのマネキンはコレだったのね。
コメント

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

2008-12-29 | 映画2008・2009
観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:佐藤嗣麻子
アクション監督:横山誠、小池達朗
原作:北村想『完全版 怪人二十面相・伝』
脚本:佐藤嗣麻子
脚本協力:山崎貴

BDバッヂ、懐かしすぎ。

第二次世界大戦が回避された世界。1949年、19世紀から続く華族制度により、貧富の差が激しい格差社会となっている「帝都」。富裕層の富を狙う「怪人二十面相」が世間を騒がせていた。

ROBOT制作、アクション監督横山誠と聞いただけで、観る前から三重マルの期待感で一杯。
そしてイザ鑑賞。その期待は全く裏切られるコトが無く、むしろより以上の満足感で劇場を後にすることが出来ました。2008年最後の劇場鑑賞がこの作品で良かった。大満足。

ドコをとりあげても素晴らしいこの作品の中で、特筆すべき点があるとしたら、私にとっては「松たか子の存在感」に尽きます。お転婆(死語)な良家の子女を見事に演じきってくれました(昔の洋画とか、よくいましたよね、こーゆーキャラクター)。
彼女のキャラクターを含めて、作品全体から昔の宮崎駿作品へのオマージュを感じてしまったのは、私だけではないでしょう。

85点

<ちょいネタバレつっこみ>
平吉の“修行”、なにも全ルート「上」にこだわる必要は無いんじゃないかなあ、と思ってしまった。要は、効率よく最短の「位置」を選択すれば良いわけで。

公式サイト

K-20 怪人二十面相・伝 公式ガイドブック
K-20製作委員会
角川グループパブリッシング

このアイテムの詳細を見る
コメント (4)   トラックバック (28)

WALL・E ウォーリー(日本語吹き替え版)

2008-12-29 | 映画2008・2009
観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:アンドリュー・スタントン
原案:アンドリュー・スタントン、ピート・ドクター
脚本:アンドリュー・スタントン、ジム・リアドン

誰もいない都市の廃墟で、毎日黙々と瓦礫の整理をする、作業ロボットのWALL・E。ある日、いつものように作業をしていると、一隻の宇宙船が空から降りてきて・・・。

初めて「日本語吹き替え版」なるものを劇場で経験したのですが、画面上のちょっとした文字情報まで「日本語」になっているコトにビックリ。フルCGなので比較的差し替えも楽に出来るのでしょうが、徹底してます。流石ディズニー&ピクサー。
もともと、主人公の二人(?)は台詞が少ないし、カリカチュアライズされたCGアニメーションということもあり、そんなに違和感なく鑑賞できました。

この映画の見どころは、何と言ってもウォーリーとイブのキャラクター造型と、その演技の愛らしさにつきます。
あることが原因で動きが止まってしまったイヴに対するウォーリーの献身。そしてそのエピソードが生きるクライマックス。人間の芝居だったらベタベタなシーンになるところが、簡略化された造型のCGロボットが演じることで、逆に胸に迫ってきます。

ウォーリーとイブの宇宙遊泳のシーンが特にお気に入り。いかにもファンタジーって感じで観ていてホンワカしてきました。

80点。

公式サイト

ファインディング・ニモ [DVD]

ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント

このアイテムの詳細を見る

ハロー・ドーリー! スタジオ・クラシック・シリーズ [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
コメント (4)   トラックバック (50)

フレッシュプリキュア、キャラクター発表

2008-12-28 | プリキュア
公式でキャラクターが発表になったようです。

※メイン三人に対してハートの色は四色。と、いうことは・・・?

※三人の学校は同じじゃないようです。学園ドラマは期待できないかな?


公式サイト
コメント

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) #13

2008-12-28 | ガンダム
「メメントモリ攻略戦」

脚本:黒田洋介
キャラクター作画監督:しんぼたくろう
メカニック作画監督:高瀬健一
絵コンテ:寺岡巌
演出:高橋正典
演出補:角田一樹

「久し振りだな、ロシアの荒熊」

カタロン宇宙艦隊によるメメントモリ攻略が始まった。が、その戦力ではアロウズに一矢報いることも出来ない。万策尽きたかに思われたその時、ツインGNドライヴの光が・・・。

【今週のサジくん】
※マリーから、ルイスがアロウズでモビルスーツに乗っていることを聞く。

【今週の亡国の皇女】
※「次の時代に、残すべきもの・・・」

【今週の萌えポイント】
※「お嬢様、女の嫉妬も見苦しいんじゃない?」毒づく王留美をあざ笑うネーナ。

第十三話。
※ネーナ・トリニティがエー仕事した!
メメントモリのデータをトレミィに送り、ダブルオーの脱出を援護。
未だ飛行形態のままの、その乗機はやはりガンダムなのでしょうか?

※トランザム三連発!!燃える!!!
マリーの量子察知能力?まで利用する、なりふり構わぬスメラギの戦術が小気味良い。
前衛で頑張ってる三人と比べて、ひとりエンジン扱いのアレルヤ。結構重要な役割を果してるのに見せ場的にショボク感じてしまうのは何故なんでしょう。

※ブシドーもパトリックもアリーもアンドレイもいない戦場。視聴者的にピリッとしませんな。
そして矢尾声のアーバ・リント少佐、退場?
憎たらしいヤツばかりのアロウズのお偉方、なのに居なくなると寂しい感じがするのは何故?

※最後に親父キャラ新規参入。
屋良声のパング・ハーキュリー大佐。セルゲイとはどんな関係が?

セカンド・シーズンもいつの間にか折り返し点に。
大型兵器攻略が終って、いよいよモビルスーツ戦が激しくなる予感。
ブシドー&ビリーコンビの新型機の活躍もそろそろでしょうか?

→ トランザム中のトレミィ、船酔いしそう・・・。 WEB拍手お願いします。


公式サイト



ROBOT魂<SIDE MS> ダブルオーライザートランザム

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

ROBOT魂<SIDE MS> ガデッサ

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

ROBOT魂<SIDE MS> セラヴィーガンダム

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

ROBOT魂<SIDE MS> ケルディムガンダム

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

ROBOT魂<SIDE MS> アリオスガンダム GNアーチャーDXセット

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (62)

マリア様がみてる ハローグッバイ

2008-12-28 | 読書
ついにこの日が来てしまいました。
アニメから入った新参ですが、五年くらいお付きあいしてきた、長い物語に一区切りがついて、やはり一抹の寂しさを感じずにはおられません。
今野先生、ひびき先生、お疲れ様でした!素敵な物語をありがとうございました。
ごきげんよう。

マリア様がみてるハローグッバイ (コバルト文庫 こ 7-60)
今野 緒雪
集英社

このアイテムの詳細を見る
コメント

魔法遣いに大切なこと

2008-12-28 | 映画2008・2009
観てきました。
<シネマート新宿>

監督:中原俊
脚本:山田典枝

魔法が日常に存在する世界。16歳になり、「魔法士」になるための研修を受けに東京の魔法局へ来た鈴木ソラは、そこで自分と同じ目的の三人の研修生に出会う。

ほんわかファンタジー・ラブストーリーとでも言うべき作品。ソラ役の山下リオちゃんの初々しい演技が光ります。
映画としては、最近観た同じ中原監督の「櫻の園-さくらのその-」よりは観やすかった感じです。こちらの方が好みかな。

ただ、この手の作品の弱点としてありがちだと思うんですが、この作品でも「魔法」についての世界観的なルールが見えてこなかったコトで、肝心の「魔法遣いに大切なこと」が何だったのか、胸に落ちなかったンですよねえ。
だから主人公にあんな重い運命を課す必要があったのか、ちょっと疑問に思ってしまいました。

あ、でも一番疑問だったのは、「窓」の位置を優先した(であろう)ために、ソラと豪太の下宿の構造が変に複雑になっちゃってるように(私には)見えたコトかなあ。

70点

公式サイト

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ (1) (角川コミックス・エース 209-1)
山田 典枝,よしづき くみち
角川グループパブリッシング

このアイテムの詳細を見る

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ (2) (角川コミックス・エース 209-2)
よしづき くみち
角川グループパブリッシング

このアイテムの詳細を見る

魔法遣いに大切なこと DVD-BOX

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント

好きなハリウッドスター<モニタープラザ>

2008-12-28 | 映画
好きなハリウッド・スター(?)は、何と言っても“サミュエル・L・ジャクソン”です!

彼を初めて(意識して)観たのは、タランティーノ監督の「パルプ・フィクション」。
トラボルタと組んでる大柄な黒人の、エキセントリックなキャラクターにすっかり魅せられてしまいました。

以来、「ダイ・ハード3」「ジャッキー・ブラウン」「交渉人」「アンブレイカブル」と、どれも彼を目当てに観に行ったほど。
最近では「ジャンパー」と「アイアンマン」ですね。
あと、忘れちゃいけない「STAR WARS」新三部作。

いつまでも頑張って欲しい役者サンです。

ハリウッドの最新映画をドドンと紹介 新レーベル「HQ」好きなハリウッドスター教えて!【DVD『あいつはママのボーイフレンド』】
コメント

MASKED RIDER KIVA X'mas LIVE & SHOW

2008-12-26 | 音楽
~HOLY FANG PARTY~
聴いて、観て来ました。
<東京国際フォーラム ホールA>

193サイズに爆笑!

楽しかった~。
でも、会場広すぎ。2階席だった所為もあって夏ほどの一体感は無かったな~。

でもでも、念願のゆり&恵のデュオも聴けたし。
前回いなかったキング&クィーン&ビショップも嬉しそうで、観てて幸せになりました。

ガルルのソロ、格好良かったッス。
それにキングとビショップ、歌うまかった。

あーゆー広いところでやるんだから、どうせキャストサン達がステージから降りてきてくれるんなら、最初っからキャストサンやスーツアクターサンが2階に出て来るような演出を入れて欲しかったなー。

あと、グッズ売り場狭すぎ。
来場プレゼントのペンダントヘッド、後でチェーン別売りしてるのセコ過ぎ。

ちっちゃい子いっぱい来てたなー。
これで、今後ライブやコンサートに興味持つ子が出てきたら、キャストサン達やスタッフサン達は本望でしょうねえ。
コメント

トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!

2008-12-25 | 映画2008・2009
観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:岩本晶、江良至
アクション監督:大道寺俊典
脚本:川崎ヒロユキ、江良至


長生きはするモンですなあ。
まさかあのお方の「変身」(ホントは「着装」ダケド)をこの目で再び観られる日が来ようとは。

それにしちゃあ敵が小者過ぎるのがバランス悪いね。

最後に出てきた3人組+αが懐かしかった。

75点。

公式サイト

長谷川恵美 追憶 [DVD]

ビデオメーカー

このアイテムの詳細を見る
コメント

フィギュアとフィギュア

2008-12-25 | 二十世紀青年
誰もが思い付くネタですが、実際にビジュアルにしちゃうと、ヒドイと言うかある意味凄まじいですね。
コメント

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) #12

2008-12-23 | ガンダム
「宇宙で待ってる」

脚本:黒田洋介
キャラクター作画監督:池田佳代
メカニック作画監督:有澤寛
キャラクター作画監修:千葉道徳
絵コンテ・演出:長崎健司

「これが連邦の、いやイノベイターのやり方!」

発現したダブルオーライザー・トランザム。その力の影響か、敵同士として同じ戦場にいることを知ってしまった沙慈とルイス。そして、ツインドライヴの真の力は、イノベイターをも凌駕し・・・。

【今週のサジくん】
※失意のズンドコ、いやどん底。
※刹那の説得にも耳を貸さず、殴る。

【今週の亡国の皇女】
※中東がメメントモリで消されていくなか、何を思う・・・。

【今週の少尉とルイス】
※アンドレイ空気読めず・・・。フェミニストぶりはやっぱり親子ですねん。


【今週の萌えポイント】
※「黙っていろ、意地汚い小娘が」リボンズに叩かれる王留美。 よくやったアムロ!!

第十二話。
※はわわ。
ルイス、メモリー消しちゃダメー!!
沙慈とルイス、ファーストシーズンでバカップルなんて言ってゴメンよお・・・。
そうかー。今のルイスの(おそらく矯正?されているであろう)心では、“あの頃”から知り合いであった刹那と沙慈が仲間だったと思っちゃうんですね・・・。

カタロン基地の時と同じ愚を犯すところを、寸前で思いとどまった沙慈。
折角空で巡り会ったのに、ルイスを取り戻す術はなく・・・。

※「大佐の勝利のために!」
良いところで逆転されてこそのパトリック・コーラサワー。
ある意味、視聴者の期待を決して裏切らない、不死身のオ・ト・コ。

※セルゲイの叛旗フラグ来たか?

※地上を、戦場を蹂躙するメメントモリの威力。そしてリボンズのやり方。
次回、マイスター達による徹底的な殲滅を希望。


→ バカップル時代の沙慈とルイスのツーショットを撮らされている“誰か”。いったい誰が?  WEB拍手お願いします。


公式サイト



儚くも永久のカナシ(期間生産限定盤)
UVERworld,TAKUYA∞,平出悟
SMR(SME)(M)

このアイテムの詳細を見る

Prototype

JVCエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

ROBOT魂<SIDE MS> ダブルオーライザートランザム

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

ROBOT魂<SIDE MS> ガデッサ

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

ROBOT魂<SIDE MS> ガラッゾ

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (41)

仮面ライダーキバ 第45話

2008-12-22 | 仮面ライダー
「ウィズユー・最後の変身」

脚本:井上敏樹
監督:長石多可男
アクション監督:竹田道弘

「僕ねえ、この店長いことやってるけど、アンタみたいな暗いヒト初めてだよ」

過去。執拗に音也と真夜を引き離そうとする渡に、音也は・・・。
現在。深央を想う太牙。そこへビショップが「処刑されて当然の女」と言い放ち・・・。


【今週の息子】
※音也にオシリペンペンされる。
※赤ん坊の太牙をキャッスルドランから連れ出す。

【今週のオトヤン】
※「デートの約束に遅刻するような男は、空き缶ほどの価値もないからな」
※ダークキバに変身。

【今週の母親】
※「音也と別れたことはある意味死ぬことだからな。でも、私は後悔していない」

【今週の過去クィーン】
※音也に「二度と闇のキバになるな」と。

【今週のモンスターズ】
※過去の3匹。音也の手でキャッスルドランから助け出される。

【今週の変身】
※イクサ in 音也
※エンペラーフォーム with ザンバットソード
※ライジングイクサ in 名護
※ダークキバ in 過去キング
※ダークキバ in 音也
※キバ飛翔態


【今週の萌えポイント】
※「そんな息子に育てた憶えはない」 そりゃそうだ。
※「この体、その全ての細胞が、正義の炎に燃えている!」 


※えーっと。
「キバットに(撰ばれて)噛まれれば誰でも(ファンガイアじゃなくっても)キバになれる」ってのは、
流石にこの世界の設定を根底から揺るがしちゃっていませんかね?
まあ、明言されたルールじゃありませんが。それ以前に、少なくともクィーンがキバ(ダークキバ)の「力」を与えなければならないんですよね?

というか、カラーリングがキバっぽくなるとか、線を二本にするとか、イメージを変えて欲しかった気も。

※何か今にも死にそうな音也。
現実的な話、渡を仕込む「時間」と「エナジー」は残されているんでしょうか。
また、仮にその時がもうすぐとして。恵はその前にゆりの中に命を宿らせなければなりませぬ。
と、いうことは可能性としてはやっぱり恵のパパは呉服屋のダンナになる人じゃなくて・・・?

※ビショップの裏切り。
てっきり名護イクサに今週やられるんだと思ったのに。
相打ちだけはカンベンデスヨ?

とはいうものの、今週は音也・ゆり・真夜の言葉にこれまでの積み重ねの重みがあって良かった。

→ 最初がスパイダーで最後(?)がバット。過去編はなかなか構成がうまく効いてる。 web拍手お願いします。

テレビ朝日公式サイト

東映公式サイト




小池里奈 2009カレンダー【MM-0926】

株式会社トライエックス

このアイテムの詳細を見る

高橋優 2009年カレンダー

トライエックス (株式会社 ハゴロモ)

このアイテムの詳細を見る

芳賀優里亜 2009年カレンダー

株式会社 ハゴロモ

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (20)