お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

テラビシアにかける橋<試写会>

2008-01-25 | 映画2008・2009
観てきました。
<九段会館>

監督:ガボア・クスポ
原作:キャサリン・パターソン 『テラビシアにかける橋』(偕成社刊)
脚本:ジェフ・ストックウェル デヴィッド・パターソン

5年生のジェスは、学校ではイジメにあい、家では女姉妹に囲まれて面白くない毎日。生活も苦しく、新しいスニーカーも買ってもらえない。ところが、転校生のレスリーがやって来て、彼の孤独な日々は大きく変わっていく・・・。

地下鉄で観たポスターの少女のいたずら好きそうな笑顔に惹かれて、試写会に応募。

良かった。素直に感動しました。

ジェスとレスリー、それからジェスの妹のメイベルがすごく魅力的でした。
どんなことでもポジティブに捉え、「イジメ」でさえ楽しもうとするレスリー。彼女の想像力が教会の中で発揮されるところは、ちょっと神秘的な雰囲気も感じるキレイなシーンでした。

多感な時代のかけがえのない出会い。そして悲しい別れ。思い通りにならない「現実」を認識しはじめる頃の少年少女の心情が、短い上映時間の中に凝縮されて描かれていて。自分の子供の頃を振り返りつつほのぼの、しんみりしてしまいました。

後半、事件を受け入れられないジェスに感情移入してボロボロ泣いてしまいました。映画の冒頭でジェスの日常をつまらなくしていた一因である、厳しく、冷たい教師達や父親が、実はしっかり彼のことを見つめていて、一緒に哀しみを受け止めようと手を差しのべるシーンが胸に迫ります。

ときどき挿入される音楽の授業のシーンでの歌が、ストーリーやジェスの心情を暗示していて「なるほどなー」と感心してしまいました。

85点。

公式サイト

テラビシアにかける橋 (偕成社文庫 3264)
キャサリン・パターソン,岡本 浜江
偕成社

このアイテムの詳細を見る

コメント (4)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« キューティーハニー THE LIVE... | トップ | 機動戦士ガンダム00 #16 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバありがとうございます。いい映画でしたね (よろ川長TOM)
2008-01-26 15:07:45
ちょっと残念だったのは、やはりCGやVFXが発達しすぎてお手軽に使えるので、本来ならライティングなどの撮影方法や役者の演技・演出でできた部分がみな、そういった安易な手段になっていること。
おっしゃっている教会のシーンも、CGのない時代ならきっとレスリーのポーチに強力なスポットライトを実際に当てることで表現したはずなのです。
ほんとならそこに居合わす役者は眩しくて仕方ないけど、そこは演技で「なんもない」状態で平然としていることで、光は二人にしか見えないのだ…と観客を納得させることができるし、実際の光ならではの自然な広がり方はきっと美しいはず。
そういう演出で妖精たちを表現していたらあと10点は上がったのでは?…と思います。
これからもよろしくです!
よろ川長TOMさま (edomu)
2008-01-26 17:59:45
トラックバック&コメントありがとうございます。

よろ川長TOMさまのブログでもおっしゃってた通り、架空の世界をそのまま描かずに、観客の想像力を映像に上乗せさせる演出の方が、より深みが出たかも知れないですね。教会のシーンも「実際の光」だった場合の映像を思い浮かべてしまいました!

もちろんCGバリバリの映画にも好きな作品はありますし、この映画もつなぎ目なく「現実」から「空想」に入っていくトコロが、「今の技術ってすごいなあ」と思って観てましたので、あまり偉そうなことはいえないんデスけど。

今後ともよろしくお願いします。
Unknown (ケント)
2008-02-16 18:26:19
こんばんは
TBお邪魔します

>映画の冒頭でジェスの日常をつまらなくしていた一因である、厳しく、冷たい教師達や父親が、実はしっかり彼のことを見つめていて、一緒に哀しみを受け止めようと手を差しのべるシーンが胸に迫ります。

まさに仰る通りですね。
唐突なレスリーの死は不愉快でしたが、作者が描きたかったのは、結局上記のシーンだったのでしょうね。
ケントさま (edomu)
2008-02-17 01:11:19
トラックバック&コメントありがとうございます。

自分の見方ひとつで世界が変わるってコトも、レスリーがジェスに教えてくれたんですよね。
ジェスが周りの大人達の優しさや思いやりを受け止めることが出来たのも彼女との大切な時間があったからこそなんだと思います。

コメントを投稿

映画2008・2009」カテゴリの最新記事

33 トラックバック

テラビシアにかける橋/ Bridge to Terabithia (我想一個人映画美的女人blog)
どこか懐かしい感じのする、良作{/kirakira/} 1月の映画リストでも書いたけど 主演は、 去年公開の『リーピング』でイナゴ少女を演じたアナソフィア・ロブちゃん。 ティム•バートンの『チャーリーとチョコレート工場』では 常にガム噛んでる小憎らしい子をや...
テラビシアにかける橋/信じる者の前にのみ、その扉は開く。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
少年の淡い恋心と成長の映画。だからこそお話を知っている人は別として、予告編もメイキングも絶対に観たり聴いたりしてはダメ!魔法がこわれてしまいますから。
映画 【テラビシアにかける橋】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「テラビシアにかける橋」 キャサリン・パターソンの同名児童小説を映画化。 おはなし:いじめられっ子の少年ジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)と転校生の個性的な少女レスリー(アナソフィア・ロブ)は親友となり、近所の森に美しい空想上の王国テラビシア...
感想/テラビシアにかける橋(試写) (EDITOREAL)
キラキラ少年時代ってやっぱ大好きだわ! 『テラビシアにかける橋』1月26日公開。学校ではやや劣等生、家族の間でも小さくなるばかりの少年ジェス。隣に越してきたのはアカ抜けた自由少女レスリー。クラスで浮いてしまったもの同志、気の合った2人は自宅の側の森へ入り込...
『テラビシアにかける橋』 (Sweet*Days**)
監督:ガボア・クスポ CAST:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ 他 貧しい家に暮らし学校でもいじめられっ子のジェス...
テラビシアにかける橋 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この橋を渡れば、 またきみに会える』  コチラの「テラビシアにかける橋」は、"全世界が涙した児童文学の最高傑作"キャサリン・パターソンの同名原作を映画化したアドベンチャー・ファンタジーなのですが、本日1/26公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~...
テラビシアにかける橋(東京シネフェスティバル) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  この王国で僕らは勇気と絆を手に入れた  
[映画『テラビシアにかける橋』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
▼さて、午前中にも来たMOVIX昭島に、この日、再び、参上!^^ 『テラビシアにかける橋』は、ファンタジー映画と思いきや、家族ドラマであり、学園ドラマであり、少年の成長ドラマであった。 それは悪い意味ではない。 非常に良作であった。 主人公は、裕福でな...
映画 『テラビシアにかける橋』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を映画化。いじめられっ子の少年と風変わりな少女が空想の王国テラビシアを作り上げ、友情を育んでいく姿を描く。女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った小学5年生のジェス(...
テラビシアにかける橋 (小部屋日記)
Bridge to Terabithia(2007/アメリカ)【試写会】 監督 :ガボア・クスポ 出演 :ジョシュ・ハッチャーソン/アナソフィア・ロブ/ズーイー・デシャネル/ロバート・パトリック この橋を渡れば、またきみに会える 今年最初の試写会にいってきました! 原作は国際アンデ...
テラビシアにかける橋 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
子どもを連れて鑑賞―【story】女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った10才のジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)と、引っ越してきたばかりの個性的な少女レスリー(アナソフィア・ロブ)。学校を牛耳るいじめっ子のターゲットにされてばかりの2人はやがて親友同士となり、近所...
テラビシアにかける橋・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
キャサリン・パターソン原作の児童小説「テラビシアにかける橋 "Bridge to Terabithia"」の映画化。 原作は未読なので、予告編やポスターの印象にだ...
テラビシアにかける橋 (利用価値のない日々の雑学)
のっけからいきなりで恐縮であるが、今年は素晴らしい作品が本当に多い。この作品は、所謂分類としてはファンタジーに入るのであるが、兎に角、他のファンタジー映画が消えてしまうほど、というよりも一体ファンタジー映画って、そもそもどんな意味があるのだろうかという...
テラビシアにかける橋 (映画を観たよ)
子どもの力。
テラビシアにかける橋 (ネタバレ映画館)
女先生の色香に戸惑う・・・
テラビシアにかける橋 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
この橋を渡れば、またきみに会える。子供時代の懐かしい日々、あのころの思い出が甦る! 田舎町の貧しい家庭で育った小学5年生の少年ジェスにとって、人生は厳しいものだった。女ばかりのきょうだいの中で、両親からは顧みられない。ボロボロになったスニーカーも新...
心にかける優しさの橋。『テラビシアにかける橋』 (水曜日のシネマ日記)
国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を実写版映画化した作品です。
テラビシアにかける橋 (★Shaberiba ★)
目を閉じて、心を開いて、この橋を渡れば、またきみに会える・・。
「テラビシアにかける橋」:フェリー埠頭入口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あんなところでコスプレして、最近の若者は変身願望があるのか。 {/hiyo_en2/}そりゃあ、年齢に関係なくあるわよ。変身というより、現実とは違うもうひとつの別の世界を持ちたいっていう感じかしら。 {/kaeru_en4/}ああ、「テラビシアにかける橋」の子ども...
映画「テラビシアにかける橋(Bridge to Terabithia)」 (わかりやすさとストーリー)
●ひとりの世界がふたりの世界になったとき、想像力の世界=王国は輝きを増す。試練を経て、受け入れる心を持ったとき、世界=王国はその全貌を露にする●「パンズ・ラビリンス」と「ネバーランド」とセットで観よう。
テラビシアにかける橋 (to Heart)
            この橋を渡れば、またきみに会える― 原題 BRIDGE TO TERABITHIA 製作年度 2007年 製作国 地域: アメリカ 上映時間 95分 原作 キャサリン・パターソン 脚本 ジェフ・ストックウェル 、デヴィッド・パターソン 監督 ガボア・クスポ 音楽 アー...
【劇場映画】 テラビシアにかける橋 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ窮屈に暮らす11歳の少年ジェスの唯一の慰めは、こっそりと絵を描くことだった。学校でも居心地の悪さは同じだったが、ある日、風変わりな女の子レスリーが転入してきてジェスの灰色の毎日は一変する。自由な発想と行動...
テラビシアにかける橋 (C'est Joli)
テラビシアにかける橋’07:米 ◆監督: ガボア・クスポ「ラグラッツ・ムービー」「ラグラッツのパリ探検隊」◆出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ、ロバート・パトリック、 ズーイー・デシャネル ◆STORY◆貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ...
「テラビシアにかける橋」キリスト教大解説 (わかりやすさとストーリー)
日本国内ではだれも教えてくれない!?●「テラビシアにかける橋」キリスト教大解説●~探検隊と祭司でわかるメッセージとは?~「テラビシアにかける橋」に込められたキリスト教のメッセージをわかりやすく解説。
『テラビシアにかける橋』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「テラビシアにかける橋」□監督 ガボア・クスポ□脚本 ジェフ・ストックウェル、 デヴィッド・パターソン □原作 キャサリン・パターソン 「テラビシアにかける橋(偕成社刊)」□キャスト ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ...
テラビシアにかける橋 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作は児童文学で、全世界で500万部出版された名作だという。確かに主人公は少年と少女である。だが、この映画は決してお子様ランチではない。   貧しい家庭で育って絵が好きな少年ジェスと、文学少女でおてんばな転校生レスリーの友情物語を、ファンタジ...
「テラビシアにかける橋」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「テラビシアにかける橋」 監督:ガボア・クスポ 出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アンナソフィア・ロブ、ズーイー・デシャネル、ロバート・パトリック、ベイリー・マディソン、ケイト・バトラー、デヴォン・ウッド、エマ・フェントン 11歳の少年ジェスは、5人姉...
テラビシアにかける橋 (メルブロ)
テラビシアにかける橋 200本目 2008-6 上映時間 1時間35分 監督 ガボア・クスポ 出演 ジョシュ・ハッチャーソン アナソフィア・ロブ ロバート・パトリック ズーイー・デシャネル 評価 9点(10点満点) 会場 吉祥寺バウスシアター  吉祥寺バウスシア...
真・映画日記(1)『テラビシアにかける橋』 (          )
JUGEMテーマ:映画 1月27日(日)◆698日目◆ 前の晩に「Live inn Rosa」でのオールナイトのイベントに行き、朝7時に帰宅。 午前中いっぱい寝る。 午後3時前から外出。 池袋の「シネマロサ」へ。 『テラビシアにかける橋』を見る。 客入りは50人程度。 ...
映画『テラビシアにかける橋』を観て (KINTYRE’SDIARY)
12.テラビシアにかける橋■原題:BridgeToTerabithia■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:95分■鑑賞日:1月26日、新宿ミラノ2(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ガボア・クスポ□原作:キャサリン・パターソン□脚本:ジェフ・....
『テラビシアにかける橋』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ窮屈に暮らす11歳の少年ジェスの唯一の慰めは、こっそりと絵を描くことだった。学校でも居心地の悪さは同じだったが、ある日風変わりな女の子レスリーが転入してきてジェスの灰色の毎日は一変する。自由な発想と行動力を持つレ...
mini review 08322「テラビシアにかける橋」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を映画化。いじめられっ子の少年と風変わりな少女が空想の王国テラビシアを作り上げ、友情を育んでいく姿を描く。監督はアニメ界出身のガボア・クスポ。主人公の少年少女を『ザスーラ』のジ...
テラビシアにかける橋 (Addict allcinema 映画レビュー)
この橋を渡れば、またきみに会える