お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

2018 1~3月読んだ本

2018-03-31 | 読書
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
綾辻 行人
講談社


乃木坂文庫。すっかり、すっきりだまされた!面白かった。でも、これってビジュアル化は出来ないよね。あと、殺される側のほとんどが、何故自分が殺されるか知らないまま、ってのは復讐劇としてカタルシスがないなあ。「名探偵」の「さて」も欲しかった、ってのは望みすぎ?

ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)
クリエーター情報なし
小学館


読んでる間ずっと「動いてるタングを映像で観たい!」と思った!モラトリアム男ベンと、不思議な訪問者タングの珍道中。いつしか癒され成長していくベン。二人の旅をハラハラしながら読み。家に着いたところでホッとし。いいお話だと思ったらそれで終わりじゃなく!後半、ベンとタングを中心に家族が再生していくドラマに、さらに感動の上塗りをされ。ホントにコレが処女作なの?素敵なSFをありがとう!

スペードの3 (講談社文庫)
朝井 リョウ
講談社


私は「大富豪」が嫌いです。ババぬき、7ならべ、神経衰弱。数あるトランプゲームの中で、「大富豪」だけ、明確に前のゲームの結果が次のゲームに、明確に影響を及ぼすんですよね。「大富豪」をやると、私は必ず最後は「平民」でした。大勝ちもしないけれど、こずるく出し手を選んで大負けもしない。まるで自分の人生みたい。いやなゲームだ。表BGM:さだまさし「主人公」裏BGM:相川七瀬「Round ZERO~BLADE BRAVE~」乃木坂文庫。

美少年椅子 (講談社タイガ)
クリエーター情報なし
講談社


タイトルみて「いったい美少年が椅子になるって、どんな猟奇的な事件?団員の誰か(きっと生足くん)が椅子になるの?ワクワク!!」って思ったのに、裏切られた!副会長がキャラ変。彼女メインの事件がそのうちおきるかな?そう言えばすっかりトゥエンティーズのこと忘れてた。

木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)
クリエーター情報なし
文藝春秋


推し読書本。ちょっと入り込めなかった。記憶の後出しじゃんけん。

喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社


乃木坂文庫。研究を山登りに例えた部分は非常に興味深かった。養老氏の解説に「自伝的小説」とあるように、主人公は森氏の投影なのだろう。はたしてどこまでが事実でどこからがフィクションなのか。ラストまで読むと「ただ、少しずつだけれど、僕と喜嶋先生との距離は遠くなっていく方向だった」という部分が切なく。
コメント

仮面ライダービルド 第28話

2018-03-25 | 仮面ライダー
「天才がタンクでやってくる」

脚本:武藤将吾
監督:田﨑竜太
アクション監督:宮崎剛(ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督:佛田洋(特撮研究所)

※流石に今の子供はこのタイトルの元ネタ知らねえだろうな。

※第三戦。
ラビットラビットでハザードの力を制御したビルド。
優勢かと思われたが、紗羽の裏切りで窮地に。

※戦兎たちと行動することで、チルドレンの呪縛から逃れることができた紗羽。
泣ける話だなあ。

※人質の鍋島一家も一海によって助け出され!
タンクタンクで反撃開始!

偉そうにイデオロギーを語っていたローグ、哀れ。

※ひええ。
西都の首相になり変わってしまった難波会長。
恐い恐い。

【今週の萌えポイント】
※「さようなら…」

テレビ朝日公式

東映公式
仮面ライダービルド DXフルフルラビットタンクボトル
クリエーター情報なし
バンダイ(BANDAI)
コメント

HUGっと!プリキュア 第8話

2018-03-25 | プリキュア
「ほまれ脱退!?スケート王子が急接近!」

脚本:坪田文
演出:平池綾子
作画監督:松浦仁美
美術:山口大悟郎

※ほまれ編。
スケートの才能を伸ばすため、ほまれをモスクワに誘うアンリ。
まあ、行くわけないよね。
ベタなエピソード来たなあ。

※パップルと一緒にいるのは…?

※わたしはもう一度みんなの頑張れを背負って飛びたい。
ほまれの成長、いいね。

※つぎはエールに新しいミライクリスタルが?

【萌えポイント】
※「ノン!半分じゃない。大和撫子とパリジャンのダブルだからね」
こーゆー表現好き。

東映アニメーション公式サイト

朝日放送公式サイト

HUG(はぐ)っと!プリキュア ハートアクセメーカー
クリエーター情報なし
バンダイ(BANDAI)
コメント

仮面ライダービルド 第27話

2018-03-18 | 仮面ライダー
「逆襲のヒーロー」

脚本:武藤将吾
監督:田﨑竜太
アクション監督:宮崎剛(ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督:佛田洋(特撮研究所)

※第二戦開始。
クローズチャージ対ヘルブロス。
ヘルブロスの言葉に動揺するクローズ。
まあ、ドラマ的にもビルドの出番がなくなっちゃ困るもんねえ。

※難波チルドレンだった紗羽。
新アイテムのデータを!

※一海が向かった先は…?

※戦兎と幻徳のイデオロギーのぶつかり合い!
決着戦にふさわしい重さよ。
朝の子供番組とは思えねえ。

※ラビットラビット!

【今週の萌えポイント】
※「俺は俺のやり方で、葛城巧を超えてみせる!」

テレビ朝日公式

東映公式
仮面ライダービルド DXフルフルラビットタンクボトル
クリエーター情報なし
バンダイ(BANDAI)
コメント

HUGっと!プリキュア 第7話

2018-03-18 | プリキュア
「さあやの迷い?本当にやりたいことって何?」

脚本 井上亜樹子
演出 志水淳児
作画監督 上野ケン
美術 黄国威、本間禎章

※さあや編。
今年の芸能枠はさあやでした。

そしてシリーズにつきものの芸能ライバル、一条蘭世。
ああ、今年はクセモノ系か…。
「らんぜの勢い、止まらんぜ!(違う}」

※偉大な母を持つさあやならではの悩み。
なんのためにオーディションを受けるのか?

※水と戯れる少女、可愛い!

※満を持して?ルールー参戦!
蘭世のトゲパワワをオシマイダーに!

※ルールーの分析に苦戦するプリキュア!
激しい攻撃に負けず、立ち上がったさあやに新たなクリスタルが!

※殻を破れたけど、オーディションには落ちたさあや。
渋い展開だなあ。

※と余韻もつかの間、ほまれに彼氏?

【萌えポイント】
※「♪にんじん兄さん、ねぎ姉さん。野菜は私のかぞくなの」

東映アニメーション公式サイト

朝日放送公式サイト

HUG(はぐ)っと!プリキュア ハートアクセメーカー
クリエーター情報なし
バンダイ(BANDAI)
コメント

仮面ライダービルド 第26話

2018-03-11 | 仮面ライダー
「裏切りのデスマッチ」

脚本:武藤将吾
監督:柴﨑貴行
アクション監督:宮崎剛(ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督:佛田洋(特撮研究所)

※またまた紗羽がスパイしてたの?

※代表戦第一戦はグリス対エンジン。
仲間の想いを背負ったグリスの勝利。

※果たして第二戦の勝敗は?
合体したブロスの強さは…?

【今週の萌えポイント】
※「全ては、難波重工のために!」

テレビ朝日公式

東映公式

仮面ライダービルド DXハザードトリガー
クリエーター情報なし
バンダイ(BANDAI)
コメント

劇場版 Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ

2018-03-04 | 映画2018
観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:松本淳
制作:タツノコプロ
脚本:熊谷純
キャラクターデザイン原案:大暮維人
3DCG制作:デジタル・フロンティア
CGディレクター:池田正憲
CGプロデューサー:豊嶋勇作、吉村剛久
スーツ・メカニックデザイン:中北晃二
ヒーローデザイン原案:さとうけいいち

正義を
見失うな


アラサー無精ひげのガッチャマンも、チャラ男のポリマーも、インテリメガネのテッカマンも、ショタなキャシャーンも。

オリジナル視聴世代としては複雑な気持ちもありつつ。
テレビ版観てたから。
「これはこれであり」な視点で楽しく観れましたよ!

スピード感あふれるアクションもカッコよし!

ただ、南部博士はもっともっとクレバーに描いて欲しかったなあ。

【萌えポイント】
※取り込まれたバードラン!
やっぱりオリジナルTV版のガッチャマン最終話を思い出すよね!
こーゆリスペクト好き。

80点。

公式サイト
コメント

HUGっと!プリキュア  5話まで感想

2018-03-04 | プリキュア
第1話「フレフレみんな!元気のプリキュア、キュアエール誕生!」
脚本:坪田文 演出:座古明史 作画監督:太田晃博 美術:西田渚

第2話「みんなの天使!フレフレ!キュアアンジュ!」
脚本:坪田文 演出:平池綾子 作画監督:増田 誠治/仁井学 美術:今井美紀

第3話「ごきげん?ナナメ?おでかけはぐたん!」
脚本:村山功 演出:村上貴 作画監督:下谷美保/藤崎真吾 美術:中林由貴

第4話「輝け!プリキュアスカウト大作戦!」
脚本:坪田文 演出:田中裕太 作画監督:渡邊巧大 美術:倉橋隆

第5話「宙を舞え!フレフレ!キュアエトワール!」
脚本:坪田文 演出:三上雅人 作画監督:大田和寛 美術:いいだりえ

ついに奇跡は「起こすもの」になった15年目のプリキュア。
みんなの輝く未来を応援します。
チョー佐藤順一っぽいテーマだな!

15年か。
そりゃあ、コミューンも携帯電話からスマホになるよねえ。
スマホがハート型になるの、カッコいい!

今回の敵は「会社」。狙うは「ミライクリスタル」。
操るモンスターは「オシマイダー」。

お店と子育てって。
ど、どれみ…?

突然現れた赤ん坊を中心にプリキュアとして覚醒する少女たち。

去年はライダー、今年はプリキュアが印刷三色なんですね。
2話で出てきたプリハートはエール以外にあと三つ。
てことは、もう一人出てくるんですね。印刷職的にはブラックやね。
ルールーがあやしいな?!

一番大人に見えたほまれが、一番心を痛めてた。
3人揃ったところで感想書こうと思っていたら、いつの間にか5話まで!?
めちょっく!

東映アニメーション公式サイト

朝日放送公式サイト
コメント

仮面ライダービルド 第25話

2018-03-04 | 仮面ライダー
「アイドル覚醒」

脚本:武藤将吾
監督:柴﨑貴行
アクション監督:宮崎剛(ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督:佛田洋(特撮研究所)

※敵と頻繁に会ってる時点で反逆罪じゃねえの?

※赤羽…?
あんなこと言うから…。

※美空になにが起きてるのか?
「エボルト」って?

※ついに美空に手を出してしまったハザードビルド。
まあ、大丈夫だろうけど。

【今週の萌えポイント】
※「今までずっと守ってきてもらったから、私でも力になれることがあるなら一緒に戦いたい!」

テレビ朝日公式

東映公式

仮面ライダービルド DXハザードトリガー
クリエーター情報なし
バンダイ(BANDAI)
コメント