お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

2010年 10~12月 読んだ本

2010-12-31 | 読書
お釈迦様もみてる S-キンシップ (コバルト文庫)
今野 緒雪
集英社

「本当かよ」 アンドレはホント憎めないキャラクターだなあ。そして小林の家庭環境がちょっとショック。

ランジーン×コード (このライトノベルがすごい!文庫)
大泉 貴このアイテムの詳細を見る

独特な設定。楽しく読めました。「遺言詞」この言葉に行き着いた作者の、小躍りして悦に入る姿が目に浮かびます。でも、老い先短いオヤジは、どーしても「ゆいごん」て読んじゃうのですよ。後書きに「続編」的な記述があった。この「設定」を手放したくない作者の気持ちは察するが、一発アイディアものにしか思えない。いろんな詞族の短編集なら「あり」か?

機動戦士ガンダムUC(6) 重力の井戸の底で (角川スニーカー文庫)
福井 晴敏このアイテムの詳細を見る

これまでの巻にくらべると、まあまあ読みやすかった。「~したのも一瞬、~」という表現が一杯目に付いた。雑誌連載の時は一話に一回でも、一冊の本になると「同じ表現の多用」が気になるのですよ。あと、「細かい描写」をしてるつもりなのでしょうが、チョイ役の人物の「背景」は要らない。

イナイ×イナイ PEEKABOO (講談社文庫)
森 博嗣このアイテムの詳細を見る

字でかッ。話みじかッ。なんだろう。「ZOKU」のノリに近い文体か。動機スルーな結末は相変わらず。

牙狼暗黒魔戒騎士篇 新装版
小林 雄次,雨宮 慶太
ホビージャパン

再読。前読んだときより面白かった。でも、やっぱり副読本に過ぎないよね。

ゾラ・一撃・さようなら (集英社文庫)
森 博嗣
集英社

他シリーズに出てくるアイテムや人物に惑わされる。推理物ではないが、相変わらず犯人の動機とかはあまり詳しく語られない。

“文学少女”と恋する挿話集 2 (ファミ通文庫)
野村 美月
エンターブレイン

本編の切迫した状況のウラ(?)で起きていた物語。反町&森カップルに癒された。最後のななせの話は・・・、涙。
コメント

仮面ライダーオーズ 第16話

2010-12-26 | 仮面ライダー
「終末とグリードと新ライダー」

前回の三つの出来事。
ひとつ。メダル争奪戦に映司とアンク、そして比奈が巻き込まれる。
ふたつ。仕掛けたのは、メダルシステムの開発者真木と、グリードであるカザリだった。
そしてみっつ。ガメルを使って、ある実験が開始された。


脚本:小林靖子
監督:諸田敏
アクション監督:宮崎剛

「いい子ね。いらっしゃい。あなたが全部欲しいのよ!」

【今週の変身】
※オーズ。タカ・トラ・バッタ、
※オーズ。クワガタ・カマキリ・バッタ、ガタキリ
※バース。


【今週のケーキ】
※なし。

【今週の衣装】
※「クリスマス」

【萌えポイント】
※ミニスカサンタの比奈!!

※今週の三つのビックリ!
ひとつ。メズルとガメルが!?早すぎないかい?
ふたつ。2号の適格者が後藤クンじゃなかった!!
そしてみっつ!比奈のサンタ姿、足を映さんか、足を!!

※2号ライダー、バース登場。
て、ベルト「ガシャポン」かよ。
「パカッ」って擬音がナンカ情けないよ。そのうち慣れるんだろうけど。

※いっぺんに二人幹部グリードが退場して、人間側には新ライダーが登場。パワーバランスが悪くなったように見えるのはワタシだけ?
その最期は、用心深くて頭が切れるメズールらしからぬ言動でしたね。あの姿を見れば、ガメルに「何か起きてる」ことぐらいわかりそうなものですが・・・。

テレビ朝日公式

東映公式

→ メズール。人間態も中のヒトも、もう出てこないのかなあ。 web拍手お願いします。

高田里穂 FLOWERS [DVD]
クリエーター情報なし
ワニブックス

甲斐まり恵 初水着写真集『TURN』
樂満 直城
学研パブリッシング

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (18)

ハートキャッチプリキュア 第45話

2010-12-26 | プリキュア
「もうダメです…世界が砂漠になりました…」

プリキュアの前に現れたデューン。圧倒的な力でブロッサム達をねじ伏せ変身解除させる。そしてキュアフラワー、薫子を惑星城に連れ去ってしまう・・・。

脚本:伊藤睦美
演出:黒田成美、広嶋秀樹
作画:奥山美佳
美術:浦正一郎、大谷正信

「私は、挫けてしまいそうだった自分自身の心に、堪忍袋の緒が切れました!!」

【今週の砂漠の使徒】
※デューン。
薫子を連れ去り、封印されたパワーを取り戻す。
心の大樹を枯れさせ、世界を砂漠にしてしまう。

【今週の変身】
※四人で変身(制服)。
※四人で二段変身。スーパーシルエット。

【今週の必殺技】
※ブロッサム・インパクト!
※プリキュア・ダブル・インパクト!!
※サンフラワー・イージス!
花よ、咲き誇れ!
※プリキュア・ハートキャッチ・オーケストラ!!

【今週の萌えポイント】
プリキュアの「笑顔」の写真! 最終回に見られるかな?

※全てが砂漠化し、人々がクリスタルになってしまった。
つぼみ達が絶望しかけたその時、現れたのは・・・。

これまでプリキュア達が心の花を救ってきた人達!!

うわ!

不覚にもジンときてしまった!!
各話の中では、決してプリキュア達が「悩み」自体を救済してきたわけではないことが、「ヒーローもの」のカタルシスに繋がってこない点が観ていて消化不良な部分もあったのですが・・・。

全てはこのシーンのためだったのですね。

プリキュアに救ってもらったとはいえ、彼らは自分の力で「心の強さ」を取り戻した。
だから他のみんながクリスタルになっても無事でいられた。

そしてそのことが、萎れかけていたプリキュア達にも「力:心の強さ」を取り戻させた・・・。
つぼみ達がしてきたことが昇華された、素晴らしいシーンでした。

泣けた!!

正にシリーズ構成の勝利!!
丁寧に物語を紡いできたスタッフに脱帽です。

【今週の花言葉】
※なし。

→ つぼみがみんなの前で「堪忍袋」って言ったとき、てっきり「正体バレ」かと思ってしまった。 web拍手お願いします。

東映公式

ABC公式

映画公式



chibi-arts キュアブロッサム

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

chibi-arts キュアマリン

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (15)

K-POP旋風?

2010-12-20 | 音楽
ガールズトーク、ヘビロテで聴いてます!!

KARA、少女時代が新人ワンツー(日刊スポーツ) - goo ニュース

それにしても新人1、2位とは・・・。

KARADISE 2011~SEASON’S GREETING FROM THAI [DVD]

UNIVERSAL SIGMA(P)(D)

このアイテムの詳細を見る
コメント

究極!アニメ店長DECADE ~頂上決戦!!! 兄沢VSブラックアニメイト! 集結9人の戦士~

2010-12-20 | 舞台
観てきました。
<銀河劇場>

原作:島本和彦(「アニメ店長」アニメイト情報誌きゃらびぃ連載、一迅社刊)
作・演出:松田環(しゅうくりー夢)

【舞台あらすじ】

20XX年、世界は未曾有の危機に瀕していた
・・・・・・悪の巨大企業「アニメイト」の手によって!
未来の世界を救うべく、一人の若者が現代へ時空跳躍する。
「アニメ店長は・・・・・・僕が守る!」


アニメ店長。言わずと知れた(?)アニメイトのイメージキャラクター。
その10周年を記念して上演されたお芝居を観に行ってきました。
二列目上手よりの席。かなりの臨場感でした。

土曜日の夜公演なのに、2、3階席はかなり空席が目立ちます。

お話しは、一人の若者が未来の世界から、ある使命を帯びてアニメ店長の元に時間跳躍する導入部から始まります。
その後、「仮面ライダー」のパチモンみたいな「アニメ店長」の主題歌に乗ってメインキャラクター達の紹介。
あくまで「アニメ風」に進行します。

本編は、メインのキャストを声優さん本人が演じる方式。
島本和彦原作に相応しく、ムダに熱血でムダにギャグとパロディが満載。
アニメファンならクスリとするネタだらけで、飽きさせません。
ストーリー自体はベタなSFチックの管理社会未来モノですが、それだけにお芝居に集中することが出来ました。

個人的にはメガブルーの松風雅也クンの活躍が嬉しかった。
でも、あのクライマックスは、ディケイドっちゅうより電王だろう?!

贋作・アニメ店長 [DVD]
クリエーター情報なし
マリン・エンタテインメント

贋作・アニメ店長 DESTINY!! DVD
クリエーター情報なし
マリン・エンタテインメント
コメント

静岡ホビーフェア

2010-12-20 | 音楽

GUNDAM&GAGAGA、行ってきました。

観たモノはこんな感じでした。



お昼過ぎに会場につくと、ステージ前のベンチはかなりの人が。
どちらにしても座れそうもないので、とりあえず目的のひとつ“1/1GUNDAM”のコーナーへ。
なんとなくお台場の時より色が濃くなっているような・・・。
マーキングはかなり変ってます。
継ぎ目や関節のディティールも、より細かくなっているかも・・・。記憶が定かでないのですが・・・。

お昼は会場内のラーメンパークへ。
東京のラーメン屋さんばかりの中、富山ブラックの麺家いろはサンへ。
当然のように一番人気の行列です。
醤油ブラックとマヨチャーシュー丼をいただきました。
美味しかった。

ご飯も食べ終わってステージ前に。
待つこと小一時間。
ついにステージが始まります。

トミドコロという芸人さんと女性の二人が司会で、前説にしては妙に間延びしたトークが繰り広げられ、観客ちょっと困惑気味。
これならなちゅを連れてきた方が盛り上がったんじゃないかな?

そして選抜メンバーの登場。今日は全員揃ってます。
嬉しい。
まずは「孤独なランナー」でスタート!
自己紹介の後
「ガンバリーナ」「Black boy」ときて、最後に「GAGAGA」。
静岡の人達はミックスに驚いていたんじゃないかな?

こうしてみると、やはり劇場公演用の楽曲を発売して欲しいなあ。
もしくは公演そのもののDVDとか出ないかなあ。

そして30分ちょっとで一回目のステージが終わり、次の展示が始まる前に、模型の展示を観て、ショップで買い物。
ステージ前に戻ったときには、一回目より人が集まっていて、後方から眺めることに。
めーたん、「夜になりました」って。

基本一回目と同じリストで進む中、ガンダムのライトアップが始まり、曲の合間に大急ぎで撮影。
遠距離な上に、モードが合わず、ブレブレの写真になってしまいました。

東京に帰る時間になったので、メンバーの最後の挨拶は聞かずに会場を出ました。
久し振りにメンバーを間近に観れて嬉しかった。
新幹線で行った甲斐がありました。
コメント

仮面ライダーオーズ 第15話

2010-12-19 | 仮面ライダー
「メダル争奪と輸送車と器」

「全てのメダルをひとつの器に集めたら・・・」真木とカザリはその実験のために、鴻上ファウンデーションからメダル5,000枚を輸送させる。

脚本:小林靖子
監督:諸田敏
アクション監督:宮崎剛

「親しき仲にも請求あり」

【今週の変身】
※オーズ。タカ・トラ・バッタ、
※オーズ。クワガタ・トラ・バッタ、ガタトラ
※オーズ。サイ・ゴリラ・ゾウ、ゴー
※オーズ。ライオン・トラ・ゾウ、トラ
※オーズ。ライオン・トラ・チータ、トラータ


【今週のケーキ】
※なし。

【今週の衣装】
※「クリスマスの準備」

【萌えポイント】
※廃工場にまで置いてあるライドベンダー。

※この手の敵味方入り乱れての「キーアイテム争奪戦」が好きな私はやはり555信者ですね。
今回は結構目まぐるしく所持メダルのやり取りがあったので、飽きずに観られました。
でも、誰がどのメダルを持ってるのか、イマイチ把握してなかったり。

※ひっくり返って起きれない亀ヤミー。結構芸細かいッスね。

※メダル取られすぎて人間態になっちゃったメズール。絵的には納得させられるんだけど、設定的には微妙に間違ってる気がする・・・。「人間態」って「手に入れた」ものでしょ?パワー&能力の元のコアメダルが減って「戻った」みたいな描写は・・・?

※来週は2号登場。その資格者はやはり・・・?

テレビ朝日公式

東映公式

→ この時期の「水落ち」は寒そうッス。 web拍手お願いします。

高田里穂 FLOWERS [DVD]
クリエーター情報なし
ワニブックス

甲斐まり恵 初水着写真集『TURN』
樂満 直城
学研パブリッシング

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (28)

ハートキャッチプリキュア 第44話

2010-12-19 | プリキュア
「クリスマスの奇跡!キュアフラワーに会えました!!」

街のみんなで飾った、植物園のクリスマスツリーに「プリキュアにあえますように」とお願い事を書いたまゆか。それを見たつぼみは、次の日まゆかのもとを訪れ・・・。

脚本:栗山緑
演出:畑野森生
作画:小島彰
美術:田中美紀

「聖なる光に輝く、一輪の花。キュアフラワー!」

【今週の砂漠の使徒】
※コブラージャ&クモジャキー。
プリキュアファンの男が、彼女がいないクリスマスに落ち込んでいるところを狙って、雪だるまデザトリアンに。
二人でデザトリアンと合体、プリキュア達を凍らせる。

【今週の変身】
※最初にいつき(変身済み)。あとから三人(変身済み)。
※薫子(変身済み)。
※四人で二段変身。スーパーシルエット。

【今週の必殺技】
※プリキュア・ゴールド・フォルテ・バースト!!
※プリキュア・クリスマス・インパクト!!
※プリキュア・フラワーキャンドル!
※プリキュア・フラワーカーニバル!!
※サンフラワー・イージス!
花よ、咲き誇れ!
※プリキュア・ハートキャッチ・オーケストラ!!

【今週の萌えポイント】
キュアフラワー!!

※ああ。
今週はキュアフラワー登場でオナカイッパイ。
まゆかの悩みも、デザトリアンの心の花も、正直ちょっと霞んでしまいましたな。
キュアフラワー、「フォルテウェーブすら出せない」状態であの強さ。完全に幹部二人inデザトリアンを圧倒。
流石デューンを倒した伝説のプリキュア。
全盛期ならどんだけ強かったのでしょう?他シリーズも含めて、歴代最強は間違いなし!?

※と、思ったらその“デューン”登場で一気に緊迫した場面に!
予告も凄いことに。
まだ一ヶ月以上放送があるのに、こんなに盛り上げちゃって大丈夫なのでしょうか?

【今週の花言葉】
※解説無し。

→ 色紙にちゃんと「キュアフラワー」のサインが!! web拍手お願いします。

東映公式

ABC公式

映画公式



chibi-arts キュアブロッサム

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

chibi-arts キュアマリン

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (22)

ハートキャッチプリキュア 第43話

2010-12-12 | プリキュア
「 あたらしい家族!私、お姉さんになります!!」

つぼみのお母さんが入院!だけどそれは・・・。

脚本:米村正二
演出:うえだひでひと/岩井隆央
作画:爲我井克美
美術:佐藤千恵

「つぼみはやがて美しい花を咲かせる。その花はきっと、みんなに幸せを運ぶ。だから名前を“つぼみ”にしたいって」

【今週の砂漠の使徒】
※クモジャキー。
妹に両親を取られた気持ちになって落ち込んでいるカスミの心の花を騎士デザトリアンに。

【今週の変身】
※最初につぼみ(私服から)。
※あとから三人(変身済み)。
※二段変身。スーパーシルエット。

【今週の必殺技】
花よ、咲き誇れ!
※プリキュア・ハートキャッチ・オーケストラ!!

【今週の萌えポイント】
懐かしい一人変身!!

※つぼみ誕生秘話。
それにしても米村脚本とは思えない・・・。(褒め言葉)
ほんわか良いオハナシでした!!

【今週の花言葉】
※スズラン。
「幸福の訪れ」

→ カスミ、絵上手すぎ。 web拍手お願いします。

東映公式

ABC公式

映画公式



chibi-arts キュアブロッサム

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

chibi-arts キュアマリン

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント

仮面ライダーオーズ 第14話

2010-12-12 | 仮面ライダー
「プライドと手術と秘密」

脚本:小林靖子
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛

「外科医に必要なのは技術だけではない。命を預かることの恐れだ」

【今週の変身】
※オーズ。タカ・トラ・バッタ、
※オーズ。タカ・トラ・チーター、タカトラーター


【今週のケーキ】
※ホールケーキ10種類。後藤が試食するはずだったのを代りの部下が食べきる。

【今週の衣装】
※「西部劇」

【萌えポイント】
※裏でヤミーを育てていたメズール。

テレビ朝日公式

東映公式

→ 今週のゲストバナシはちょっとホロッとキタ!! web拍手お願いします。

高田里穂 はつりほ [DVD]

ワニブックス

このアイテムの詳細を見る

甲斐まり恵 初水着写真集『TURN』
樂満 直城
学研パブリッシング

このアイテムの詳細を見る
コメント

仮面ライダーオーズ 第13話

2010-12-09 | 仮面ライダー
「シャム猫とストレスと天才外科医」

今回カザリのターゲットは、外科医の田村。院内の力関係で、自分の患者の手術を担当させてもらえないことで、欲求不満が募り・・・。

脚本:小林靖子
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛

【今週の変身】
※オーズ。クワガタ・トラ・バッタ、ガタトラ
※オーズ。タカ・トラ・バッタ、
※オーズ。サイ・ゴリラ・ゾウ、ゴー


【今週のケーキ】
※ホールケーキ10種類。後藤が試食するはずだったのを部下に押しつける。

【今週の衣装】
※「西部劇」

【萌えポイント】
※意外としぶといクズヤミー。

※後藤とアンクがどんどんギャグ要員に。
知世子うぜえ。楽しそうに演じてる甲斐まり恵サン、グッジョブ!

※映司の二度目の変身の時のメダルの持ち方が格好良かった!
それにしても市場にメダルがありませんな。
カンドロイドも。

※真木の持っているベルト。これって?
と言いたいところだけど、映画の宣伝オープニングでネタバレしとりますがな。

※いまのところ、キャラクタの個性だけで話を引っ張ってる印象で、縦軸のストーリーも、横軸のエピソードも「食い入るように観る」までの熱意が出てこないなあ。
比奈とメズール人間体の可愛さは好み。

テレビ朝日公式

東映公式

→ やっぱり、欲望剥き出しの被害者だと、感情移入しにくいッスね。 web拍手お願いします。

高田里穂 はつりほ [DVD]

ワニブックス

このアイテムの詳細を見る

甲斐まり恵 初水着写真集『TURN』
樂満 直城
学研パブリッシング

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (2)

「GAGAGA(通常盤)」発売記念「公演出演メンバー個別握手会」に行こうと思ったのですが

2010-12-08 | 二十世紀青年
よみうりランドで買った12月公演での個別握手会参加券。
先週の告知を後から知って参加出来なかったので、今日のに参加しようと秋葉原まで行ったのですが・・・。

握手会開始は21:30、時間をつぶしてドンキホーテに入ったのは20:40ちょっと過ぎくらい。
劇場の下まで来たものの、エスカレーターは通行止め。
「上に上れませんか?」と警備員さんに聞いたら、「あと5分くらいで公演は終わりですが、それでよければ」と言われてしまい、すごすごと引き下がることに。

しかたがないので5階のAKBショップに。
そこで再販されていた推しタオルを購入。

野呂佳代さんのタオルを指定したところ、窓口のおねいさんに
「こちらでお間違えありませんか?ご確認をお願いします」と念押しされ。
「間違いありません」と答えたのに
「お会計されますと、返品・交換はいたしかねます。ご了承下さい」とさらに念押し。

ノンティー推しのオヤジの何処がいけなかったのでしょう?

なんだかその事務的なやり取りに、ちょっと「我に帰ってしま」って、結局握手会には参加せずに帰ってきてしまいました。
コメント

ハートキャッチプリキュア 第42話

2010-12-05 | プリキュア
「とまどいのゆりさん!ラブレター見ちゃいました…」

植物園を覗く謎の影。気になったつぼみたちが外へ出てみると、人影はすでになく、その辺りに落ちていた手紙を見つける。差出人も宛先も書いてないそれを見て、「もしかしてラブレター!?」と色めき立つつぼみ達で・・・。

脚本:井上美緒
演出:うえだひでと、広嶋秀樹
作画:伊藤智子
美術:渡部葉

「これ、とうとう来ちゃったかな。あたしの時代が・・・」

ちょっと更新の間が空いてしまいました。
抜けてる分は追々・・・。

【今週の砂漠の使徒】
※コブラージャ。
ゆりに想いをわかってもらえず、落ち込むはやとの心の隙を狙って、ラブレターデザトリアンに。

【今週の変身】
※最初にゆり(制服)。あとから三人(変身済み)。
※四人で二段変身。スーパーシルエット。

【今週の必殺技】
※サンフラワー・イージス!
花よ、咲き誇れ!
※プリキュア・ハートキャッチ・オーケストラ!!

【今週の萌えポイント】
中学生のゆり。つぼみ達と同じ制服なのにやっぱり大人っぽい。 

※年上の女性に恋いこがれ(by コブラージャ)る少年。
男たるモノ一度は通る道。
“憧れのお姉さん”がずっと元気ない。そりゃあ気になるでしょうね。
しかしそれが完璧超人のゆり相手では、想いを伝えるのも一筋縄では行きません。
ちゃんと話をしようとして、はやとを「弟」と言ってしまうゆり。
お約束ですなあ。

※「人の心は美しくない」というコブラージャに「美しさを感じているのはその“心”」と返すプリキュア。サソリーナの次に浄化されるのは・・・?

※再び話題になるゆりの父親失踪の件。そして復活(?)したダークプリキュア。
いよいよ物語は佳境に?!

【今週の花言葉】
※さくらんぼ。
「小さな恋人」。

→ 「お前らみたいなお子ちゃまには興味はない」って隼人が言ったとき、一瞬「ばあちゃん推し」か?と思ってしまった。 web拍手お願いします。

東映公式

ABC公式

映画公式



chibi-arts キュアブロッサム

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

chibi-arts キュアマリン

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (20)

新浄瑠璃 朝右衛門

2010-12-05 | 舞台
観てきました。
<紀伊國屋ホール>

作・演出:横内謙介
原作・小池一夫/作画・小島剛夕『首斬り朝』

小池一夫、小島剛夕と言えばかの有名な「子連れ狼」。
恥ずかしながら、こちらの原作には触れたことがございませんでした。
一人の首切り役人、朝右衛門を中心に描かれるお話し。

流石横内脚本。浄瑠璃のリズムに乗せて紡がれる物語は重厚でした。
正道とは?生きるとは?幸せとは?

舞台を前後に分ける大きな格子の壁。
ある時は建物の扉になり、またある時は「こちら」と「あちら」を隔てる壁になる。
浄瑠璃と今昔を行きつ戻りつ進むストーリーに幻惑されました。

体調的に集中してみられなかったので、ストーリーの流れを追い切れないところがあり、また、登場人物達の心情を追体験したくて、帰りに上演台本を購入。
これからゆっくり読みます。
コメント

SPACE BATTLESHIP ヤマト

2010-12-05 | 映画2010
観てきました。
<新宿バルト9>

監督:山崎貴
原作:西崎義展
脚本:佐藤嗣麻子

必ず、生きて還る。

何しろ世代ですから!
友人が続々と観てて、会うと何か言いたそうにしているので、ネタバレされる前に観てきました!

結論から言うと、面白うございました。
最後まで飽きずに、いやかなり引き込まれて観られました。
去年の「復活篇」より百倍ましな出来!

設定の改変も個人的には許容範囲。
原作リスペクトなキャラクター達の台詞には、ついついニヤニヤしてしまいました。惜しむらくは、真田さんの名台詞が一個足りない!?

キャストに斉藤がいる時点で、もしやとは思っていましたが、まさか「あのラスト」を持ってくるとは。
他に選択肢がなかったのか?評価に迷うところではありますが、脚本の言いたいことはギリ伝わってきたかな、と。

【萌えポイント】
※黒木メイサの「イー!」は最強! キャノピーにキスマークとか、萌え殺す気か!

85点。

件の友人達と話してても、気になるポイントや感想は人それぞれ。オリジナルに対する思い入れが強すぎるのでしょう。「面白い」と言ってる人でも、手放しで褒めてる人はいませんね。

公式サイト

EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る

EMOTION the Best さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち [DVD]

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る
コメント (7)   トラックバック (27)