お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

椿三十郎

2007-12-30 | 映画2006・2007
観てきました。
<池袋シネマサンシャイン>

監督:森田芳光
原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊)
脚本:菊島隆三 小国英雄 黒澤明

古い社の中、自藩の不正を正そうと集まった9人の若侍。城代家老の睦田に相談を持ちかけるも軽くあしらわれてしまった彼らは、大目付の菊井を頼ることに。そこへ、社の奥から一人の浪人が現れ・・・。

オリジナル未見です。

何と言ってもキャスティングが気に入りました。
トヨエツ、織田裕二も頑張っていたし、若侍達の初々しさや、マツケン、佐々木蔵之介のコミカルなアクセントの効いた演技はなかなかのもの。
鈴木杏も、中村玉緒に負けずに世間離れしたお姫様を好演。
そして、風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍の小悪党ぶりも楽しく。
2時間たっぷり「正統派の時代劇」を堪能しました。


それにしても、当時の脚本のおおらかなこと。悪いヤツは悪いまま、チャンと最後に酬いを受ける。今風の脚本だったら、例えば「9人の若侍の中に裏切り者が!」てな展開になったりしちゃうんでしょうね。

75点

公式サイト

椿三十郎<普及版>

東宝

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (43)

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ<試写会>

2007-12-27 | 映画2006・2007
観てきました。
<スペースFS汐留>

監督:北村拓司
脚本:小林弘利
CGプロデューサー:豊嶋勇作
原作:滝本竜彦

平凡な高校生の陽介は、ある晩日々の閉塞感から万引をするがすぐに店員に見つかり、自転車に乗って逃げ出す。そのまま公園に来た陽介は、そこでひとり佇む制服姿の少女の様子に何かを感じ、声をかける。すると突然、二人の前にチェーンソーを持った黒ずくめの不気味な男が現れ・・・。

最近の高校生は大変ですね。女の子の気を引くために不死身のチェーンソー男と闘わなければならないなんて。


殆ど予備知識のないまま鑑賞。
主人公のモノローグのぼそぼそしたしゃべり方がちょっと気になったものの、作品の世界観を損なうほどではなく、次第に引き込まれて観てました。
最初はアクションホラーかと思ってましたが、日常に行き詰まりを感じている男の子と、孤独な女の子の「ボーイ・ミーツ・ガール」なんだと気がついてからは、主人公の目線に合わせることが出来て、楽しく鑑賞。

特に良かったのは同級生の浅利陽介クンと三浦春馬クン。市原隼人クンに負けず、なかなかの存在感でした。

欲を言えば、絵理の心が陽介によって溶かされていく様子にもう少し深い描写が欲しかったかな。関めぐみチャンの役どころがエキセントリックな所為もあり、恋心の描写が薄かったように感じてしまいました。

【ネタバレ】
1.65倍っていうと確かに微妙な感じですが、165%って言い換えると「結構凄いジャン」って思っちゃいますね。


70点

公式サイト

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (角川文庫)
滝本 竜彦
角川書店

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (13)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

2007-11-25 | 映画2006・2007
観てきました。
<新宿バルト9>

監督:山崎貴
原作:西岸良平(小学館ビッグコミックオリジナル連載)
脚本:山崎貴 古沢良太

超混み。

昭和34年、東京下町の夕日町三丁目。相変わらずうだつの上がらない生活をしている茶川のもとへ、淳之介を連れ戻しに川渕がやって来る。一方、鈴木オートには、事業に失敗してしまった親戚の娘・美加がやって来て・・・。

期待通り面白かった。
でも、一作目の感激にはおよびませんでした。前作は、CGで見事に再現した昭和30年代の町並みに素直に感動したのですが、今作ではそれがある意味「当たり前」になってしまっている。経験て恐ろしいですね。

相変わらずのベタベタなストーリー展開に、概ね満足だったのですが、今作は淳之介と一平の直接の絡みが少なかったのが残念。やっぱり二人の身長差が・・・。
どうせCGに金と技術を使うのなら、淳之介の背を低くして欲しかった。なんてね。

あと、やっぱり小日向サンは、金持ちエリートの役をやるより三丁目側にいた方がしっくり来るなあ、なんて思ったり。

85点


公式サイト



ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版

バップ

このアイテムの詳細を見る
コメント (1)   トラックバック (1)

バイオハザードⅢ

2007-11-25 | 映画2006・2007
観てきました。
<新宿アカデミー>

監督:ラッセル・マルケイ
脚本:ポール・W・S・アンダーソン

ラクーンシティの惨劇から数年、T-ウィルスの感染は世界中に拡がっていた。アンデッドが蔓延る世界の殆どは砂漠と化してしまった。わずかに生き残った人々は安住の地を求めて移動しなければならなかった・・・。

バイオレンスでホラーでSF。
何とも欲張りな設定のバイオハザードも遂に三作目。
今回は世界観を拡げ過ぎて、どっちつかずになってしまった感じ。
文明が荒廃した世界でのサバイバルと、不気味な敵に襲われるコトからのサバイバル。バイオハザードのテーマは明らかに後者にあるわけで。
その意味ではチョット期待はずれだったかなぁ。
ホラーの部分が「音」でドッキリするばっかりなのもイマイチ。

とは言うものの、ミラ・ジョヴォヴィッチの美しさは相変わらず。
いや、むしろ麗しさには磨きがかかってます。
とにかくアップのアリスが美しくって凛々しくって。
アクションの見せ場もたっぷり。満足でした。

あと、タバコの演出は、言わんとしていることは判るのですが、あんなに何度も「探す」シーンを入れなくても良かったのでは?
きょうび、嫌煙家に煙をかけるような演出はいかがなものでしょうか?私自身は喫煙家ですが。

80点

公式サイト



バイオハザード〈廉価版〉

ショウゲート

このアイテムの詳細を見る

RESIDENT EVIL:APOCALYPSE

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント

スターダスト

2007-11-24 | 映画2006・2007
観てきました。
<日劇PLEX>

監督:マシュー・ヴォーン
原作:ニール・ゲイマン 『スターダスト』(角川文庫刊)チャールズ・ヴェス (イラスト)
脚本:マシュー・ヴォーン ジェーン・ゴールドマン

イングランドの片田舎のウォール村には決して越えてはならない壁があった。村の若者ダンスタンはある夜、壁の番人を振り切ってその外へ飛び出す。そこは魔法の国“ストームホールド”。ダンストンはそこで知り合った女性と一夜を過ごす。村へ戻ったダンストンの元に、9ヶ月後、一人の赤ん坊が届けられた。その子供トリスタンが18歳になった時、新たな冒険の扉が開く・・・。

面白かった!
観ている間中ずっと楽しい気分でした。
ドコがそんなに面白かったのか、上手く言葉に出来ないのですが。
言ってしまえばオーソドックスなファンタジー、冴えない青年のサクセスストーリーなワケで。性に合う、とでも言うしかないのですが、世界観、ストーリー、全てが気に入ってしまったのです。
中でも一番のお気に入りは王子達の亡霊。権力という妄執に取り憑かれていた彼らが、お互いの策略によって命を落とした瞬間に、憑き物が落ちたようにあっさりした性格の亡霊=傍観者になってしまうのが何とも言えずツボでした。普通の物語なら、死してなお諦めきれずに怨霊になる、ってのが定番な気がしますが、あまりにあっさりしたその変わりようが、シニカルなスパイスになっていて、彼らが出て来る度に心の中で拍手してました。

全てが気に入ったこの映画ですが、惜しむらくはイヴェインよりヴィクトリアの方が可愛く見えてしまったコト。まあ、この映画の真のヒロインは、誰が何と言おうとキャプテン・シェイクスピアなワケですが。

90点

公式サイト



スターダスト (角川文庫 (ケ7-1))
ニール・ゲイマン,金原 瑞人,野沢 佳織
角川書店

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (19)

映画Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!

2007-11-15 | 映画2006・2007
頑張って観てきました。
<池袋シネマサンシャイン>

監督:長峯達也
脚本:成田良美
キャラクターデザイン:川村敏江 爲我井克美
作画監督:爲我井克美
美術監督:行信三

五人のピュアさに泣けました。

新しくできたテーマパークに遊びに出掛けたのぞみ達。お姫様、王子様の扮装をしてアトラクションを楽しむ一行を「異なる世界」から見つめる影が・・・。

もっと、もっともっと!

プリキュアシリーズ映画化も、早くも四作目。前作が併映有りだったのに対して、ピンでの上映に戻りました。つくづく不憫なスプラッシュ☆スター・・・。

さて肝心の内容は、と言えば「手堅い」のひと言。あまりにもオーソドックスなストーリー。とは言ってもテーマパーク内での小ネタは結構面白かったですし、のぞみの超ポジティブ思考もちゃんとキーポイントになっていて好印象な出来映えではありました。

作画に関しては、相変わらずお見事な爲我井作監のシゴト。もはや神業と言っていいでしょう。黒ドリームの表情の変化が凄い!必見ですよ!!

そして微妙なザ・たっちの起用。せっかく前々作、前作と最小限に留めていた素人起用だったのに、今回は出ずっぱり。正直しんどい。幽体離脱とか要らない。コレがなければもっとイイ作品になったのに・・・。

70点。

公式サイト



映画ふたりはプリキュア・マックスハート (通常版)

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

映画ふたりはプリキュア MaxHeart2 雪空のともだち (通常版)

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

映画ふたりはプリキュア Splash ☆ Star チクタク危機一髪 (初回限定版)

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (5)

仮面ライダー THE NEXT

2007-10-28 | 映画2006・2007
公開初日に観てきました。
<新宿バルト9>

監督:田竜太
アクション監督:横山誠
原作:石ノ森章太郎
脚本:井上敏樹

ショッカーとの激闘から2年。本郷猛は高校の化学教師として生活していた。女生徒の一人、菊間琴美の捨て鉢な態度が気になった猛は、彼女の家を訪ねるが・・・。

前作は大のお気に入り。
横山アクションと田演出が出渕リファインのV3をどう動かしてくれるのか、期待しないわけには行きません。公開と同時に観に行ってしまいました。

期待通りアクションは圧巻のひと言。ダブルライダーキック、V3反転キック、それぞれのバイクアクション、お気に入りのシーンは挙げると切りがありません。

只今回は、主役が3人になったことで視点が分散してしまい、ストーリー的には前作ほどのパワーを感じませんでした。こちらが期待しすぎたのでしょうね。ホラー風味はキッチリ楽しませて(?)いただきました。
敵側も、シザーズジャガー、チェーンソーリザード、6人のショッカーライダーと盛り沢山すぎて・・・。特にショッカーライダーと戦闘員に差別化があまり感じられず、勿体なかったかな。やはりオールドファンとしては、ダブルライダー対6人で決着をつけて欲しかったトコロです。

ちょっと消化不良な今作。ディレクターズカットか続編で溜飲を下げさせて欲しいモノです。

75点



公式サイト

仮面ライダー THE FIRST

東映

このアイテムの詳細を見る

仮面ライダーThe Next 2008年カレンダー

エトワール<ハゴロモ>

このアイテムの詳細を見る

ソフビ魂 仮面ライダー1号 (仮面ライダー THE NEXT)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

ソフビ魂 仮面ライダー2号 (仮面ライダー THE NEXT)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

ソフビ魂 仮面ライダーV3 (仮面ライダー THE NEXT)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

コメント (2)   トラックバック (13)

HERO

2007-10-28 | 映画2006・2007
観てきました。
<シネマート新宿>

監督:鈴木雅之
脚本:福田靖

六年ぶりに東京地検・城西支部に戻ってきた検事・久利生公平。同僚の芝山の代りにある傷害事件を担当することに。その事件の容疑者は犯行を認めているため、裁判も支障なく進むと思われたが・・・。

面白かった!
TVシリーズ当時は面白く鑑賞。昨年のスペシャルも良かったので、期待して観に行きました。ファンにとってはかなり満足行く作品。小日向と大塚寧々のダンスシーンから引き込まれっぱなし。エンディングまで心地よい2時間でした。

気になった点は、イ・ビョンホンの登場シーンがあまりにも短いのと、中井貴一に2回も会いに行く必要ないジャンてのと、八嶋のスローモーションに演出的な意義をあまり感じられなかったことくらい。

映画の間中、児玉清が博多華丸に、角野卓造がハリセンボンの近藤春菜に見えて困った・・・。

85点

公式サイト



HERO ヒーロー2006 (扶桑社文庫 ふ 7-2) (扶桑社文庫 ふ 7-2)
福田 靖/白崎 博史
扶桑社

このアイテムの詳細を見る

HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版

Viictor Entertainment,Inc.(V)(D)

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (7)

幸せのレシピ

2007-10-21 | 映画2006・2007
観てきました。
<池袋シネマサンシャイン>

監督:スコット・ヒックス
脚本:キャロル・フックス
オリジナル脚本:サンドラ・ネットルベック

ケイトはニューヨークの一流レストラン「ブリーカー22」の料理長。完璧主義者の彼女は、そのプライド故に周りに合わせるコトが苦手。たった一人の姉の死によって、その娘のゾーイと一緒に暮らすコトになった彼女が数日ぶりに出勤すると、そこには見知らぬ副シェフが増えていて・・・。

暖かい気分になりたくて観に行って、暖まって帰ってきました。満足。

こういう映画って、子役の「出来」が映画の「出来」を左右すると思うのですが、ゾーイ役のアビゲイル・ブレスリンはとても良かったデス。かのじょの演技だけでもこの映画を観る価値がありました。

ストーリー自体はありがちな展開で、イマドキの映画にしてはひねりが足りなかったかなとも思いましたが、その分安心して観ていられたので、終始心地よい時間を過ごすことが出来ました。ラストシーンでは、とってもホンワカした気分になりました。

オーソドックスな良作、ご馳走様でした。

70点

公式サイト



恥ずかしながらリメイク作品であることを知りませんでした。

マーサの幸せレシピ

東芝デジタルフロンティア

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (22)

サウスバウンド

2007-10-14 | 映画2006・2007
観てきました。
<新宿ガーデンシネマ>

監督:森田芳光
原作:奥田英朗 『サウスバウンド』(角川書店刊)
脚本:森田芳光

上原二郎、小学6年。元過激派の父、一郎はとにかく反体制。区役所の職員に、二郎の担任に、とにかくかみつきまくる毎日。ある日、二郎と妹の桃子が通う小学校に一郎が乗り込んできて・・・。

トヨエツ、天海祐希、松山ケンイチ、北川景子というキャストに惹かれて観に行きました。

前半の東京編は、とにかく始終ニヤニヤしながら観てしまいました。
自分が学生の頃、一郎みたいな学友がいたなーと思いつつ。
とにかく反体制でプライドが高くて議論好きで・・・。
なんだか不思議な懐かしさと共に鑑賞。

一転、後半の沖縄編ではスローライフが始まるのかと思えば、恰好の敵が現れて、一郎が昔取った杵柄とばかりに闘争を始めてしまいます。
徹頭徹尾、生きづらい男のストーリー、堪能しました。

息子の二郎が父親と同様に「自分の正義」を貫く男に描かれていたのも好印象。
はためーわくな父親に翻弄されつつも、根っこのところで信頼がある家族のドラマとしても、楽しめました。


75点

公式サイト



サウスバウンド 上 (1) (角川文庫 お 56-1)
奥田 英朗
角川書店

このアイテムの詳細を見る

サウスバウンド 下 (3) (角川文庫 お 56-2)
奥田 英朗
角川書店

このアイテムの詳細を見る
コメント (4)   トラックバック (30)

プラネット・テラー in グラインドハウス

2007-10-08 | 映画2006・2007
ようやく観てきました。
<日比谷みゆき座>

監督:ロバート・ロドリゲス
脚本:ロバート・ロドリゲス

テキサスの片田舎。米軍基地から生化学兵器のガスが漏れだした!そのガスを浴びた人々は凶暴化して・・・!!

グロい!グロすぎる!!全編これスプラッタ!!
ただし作品のノリがギャグなので、残虐なシーンも次第にコメディシーンにみえて来ちゃいます。
頭空っぽにして堪能出来ました。面白かった!
この手の映画につきものの安っぽいお約束も満載で、ホラーとバイオレンスとギャグが絶妙に絡み合った逸品でした。

それにしても、アメリカでは「デス・プルーフ」とセットになって公開されてるんですよね。こんな濃い映画を2本も続けてみるなんて、アメリカ人はタフですねぇ。


80点。

公式サイト/




シン・シティ スタンダード・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

フロム・ダスク・ティル・ドーン

東芝デジタルフロンティア

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)   トラックバック (31)

ファンタスティック・フォー 銀河の危機

2007-09-23 | 映画2006・2007
観てきました。
<池袋HUMAXシネマズ4>

監督:ティム・ストーリー
キャラクター創造:スタン・リー ジャック・カービー
原案:ジョン・ターマン マーク・フロスト
脚本:マーク・フロスト ドン・ペイン

地球全土に謎の異常気象が起こっていた。スーザンとの結婚式を数日後に控えたリードは、アメリカ陸軍のヘイガー将軍に異常気象の調査への協力を要請されるが、結婚式の準備を理由に断わってしまうのだった。

絶望した!ジェシカ・アルバのサービスシーンのしょぼさに絶望した!!


前半は面白かったです。強すぎるシルバーサーファーとか、復活したアイツとか、テンポ良くストーリーが進んでいくので、ワクワクしながら鑑賞(ヘイガー将軍には案の定イライラさせられたし)。

ただ今回は、ジョニーの成長物語のテイストが強く、その分他の3人が、前作に比べると性格が丸くなったように感じて、イマイチ乗り切れませんでした。
もちろん超能力戦の迫力とか、全世界を舞台にしたスケール感とか、前作以上の仕掛けについては文句ナシなのですが。「成長」したヒューマン・トーチの活躍シーンには、いろんな意味で「観たいモノが観られて」スカッとしましたし。

でも、オイシイところをシルバーサーファーが持って行きすぎでしょう。
「3」を作る気満々の終わり方なので、次回は更に4人が活躍する、カタルシスのある展開を希望します。

70点

公式サイト

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] <新生アルティメット・エディション>

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (32)

デス・プルーフ in グラインドハウス

2007-09-17 | 映画2006・2007
観てきました。
<新宿武蔵野館>

監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ

デス・プルーフ。それはスタントマンが乗る「耐死仕様」のスタントカーのこと。

面白かった!ENDマークが出たときはスカッとして思わず大笑いしてしまいました!

前半のなかなか事件らしい事件が起きない展開を「きっとストーリーが進むにつれパズルのピースがキレイにはまるような、何か意味のあるシーンなんだ、タランティーノ流の演出なんだ」と思って食い入るように見ていたのですが、見事に裏切られました。もちろん良い意味で。
前半と後半のぶつ切り感とか、タランティーノらしくもあり、昔のB級映画のテイストありにも見えて、懐かしいような、斬新な映像を見ているような、不思議な感覚でした。

でも、見終わって一番気になったのが、黄色いチアガール姿のコが、あの後どうなったのかってこと。

85点

公式サイト

フォー・ルームス

東芝デジタルフロンティア

このアイテムの詳細を見る

コメント (4)   トラックバック (25)

めがね<試写会>

2007-09-12 | 映画2006・2007
観てきました。
<ヤクルトホール>

監督:荻上直子
企画:霞澤花子
脚本:荻上直子

春。海辺の町の小さな空港に降りたタエコは、予約していた宿「ハマダ」へやってきた。出迎えた宿の主人の商売っけの無さに、とまどうタエコだったが・・・。

奇麗な海辺の町で、「足るを知る」生活をしている人達のお話。
のんびりした暮らしを楽しむコツ。それは上手に「たそがれる」こと。

主人公のタエコと同様に、最初はその町のちょっと変わった登場人物達にとまどいを覚えつつ観賞していたのですが、お話が進むにつれて徐々にその世界観に引き込まれていきました。観ているこちらもいつのまにかのんびりしちゃって。不思議な感覚の作品でした。

とにかく、場面場面で出て来るご飯がゼンブ美味しそう!
観ている間中、「いいなぁ、ズルイなぁ」と(心の中で)よだれを垂らしながら観てしまいました。

そして見終わった後、「あの町に行ってのんびり暮らせたらいいな、自分は上手くたそがれることができるだろうか?」などと思いつつ帰途につきました。明日の仕事を気にしつつ・・・。



75点

公式サイト


かもめ食堂

バップ

このアイテムの詳細を見る

コメント (2)   トラックバック (27)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

2007-09-09 | 映画2006・2007
観てきました。
<ミラノ1>

新約?

原作・脚本・総監督:庵野秀明
監督:摩砂雪 鶴巻和哉
主・キャラクターデザイン:貞本義行
主・メカニックデザイン:山下いくと
新作画コンテ:樋口真嗣 京田知己
総作画監督:鈴木俊二
作画監督:松原秀典 黄瀬和哉(プロダクションI.G) 奥田淳 もりやまゆうじ
メカニック作画監督:本田雄

うーん。今作は大まかに言ってしまえば、TVシリーズと同じ展開なワケで。再編集ではないとは言え、やはり「知らない天井」を“知っている”状態では、新作映画を楽しむ、と言うのとはかなり印象が違いますね。
声優サン達の演技も、良い意味でも悪い意味でも当時より年季が入っていて、ソコには歳月を感じてしまったなぁ。

「逃げちゃダメだ」のシーンと、トウジとケンスケがシンジに電話するシーンで、なぜだか涙腺を刺激されました。歳取ったのかなぁ・・・。
私にとって、観る側の心をハダカにする作品なトコロは変わっていないですね。自分を投影しながら観てしまう。

次作以降のストーリー上の変更点が気になります。

もう一回観に行こうかな。

80点

公式サイト

新世紀エヴァンゲリオン ハンディMAGIシステム

セガトイズ

このアイテムの詳細を見る


コメント