お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

夏に美味しい「熱烈担々麺」が3年ぶりに再来!【らあめん花月】<モニタープラザ>

2009-07-31 | イベント
夏に美味しい「熱烈担々麺」が3年ぶりに再来!【らあめん花月】 ←参加中

こんにちわ!らあめん花月です。
http://www.kagetsu.co.jp/index.html

全国30県1府に展開している人気ラーメン店です♪
らあめん花月では毎年様々な期間限定ラーメンを発売しています。

★☆★今回のモニター試食は、「熱烈担々麺 」★☆★

夏に美味しい「熱烈担々麺」が3年ぶりに再来します。
7月に登場する3度目の「熱烈担々麺」は、初代の日本式と二代目のアジア式を掛け合わせて作られた、良いとこ取りとなるハイブリッド担々麺である。自動車業界では最先端の技術により、ガソリンと電気の二つの燃料で動かすというハイブリッド。果たしてラーメンにおけるハイブリッドとはいかなるものか?新たな可能性を秘めたハイブリッド担々麺をどうぞこの夏お楽しみに!!

らあめん花月

熱烈担々麺


コメント

MW-ムウ-

2009-07-26 | 映画2008・2009
観てきました。
<池袋東急>

監督:岩本仁志
原作:手塚治虫
脚本:大石哲也、木村春夫

パンフ売り切れてた。

16年前、ある島で島民全員が一夜にして死亡する事件が発生。この事実は政府によって隠匿された。だが、奇跡的に生き残り、島を脱出した二人の少年がいた。

日曜の午後の劇場は、玉木クンか山田クン目当てらしい女の子ばっかり。
ワタクシの目当てもその二人の演技だったりして。

その目で観ても惜しい作品。
玉木クンのオーラ、山田クンの演技力。
二人の輝きを充分に発揮できているとは言い難い。
ツッコミどころは各所で言われているので省略。

【萌えポイント】
※公式サイトのトップビジュアル。エロ過ぎる。

70点。

公式サイト

MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
手塚 治虫
小学館

このアイテムの詳細を見る

MW(ムウ) (2) (小学館文庫)
手塚 治虫
小学館

このアイテムの詳細を見る
コメント

仮面ライダーディケイド 第26話

2009-07-26 | 仮面ライダー
「RX!大ショッカー来襲」

脚本:米村正二
監督:金田治
アクション監督:宮崎剛
怪魔ロボットデザイン:雨宮慶太

「アポロチェンジ!」

RXの世界。クライシスの怪魔ロボットに狙われた士達の前に現れた人物は、仮面ライダーブラックRXに変身した!

【今週の変身】
※ブラックRX
※RX ロボライダー
※ディケイド
※DKアギト グランドフォーム
※クウガ マイティフォーム
※ディエンド
※DEケタロス
※DEへラクス
※RX バイオライダー
※ディケイド コンプリートフォーム
※ハイパーカブト
※ブラック

【今週の萌えポイント】
※仮面舞踏会 昔加山雄三が司会していた紅白歌合戦で、少年隊の「仮面舞踏会」を紹介するとき間違って「仮面ライダー」って言っちゃったのを思い出した。

※倉田てつをサンの登場はもの凄く感激なんですが、アポロガイスト役の「伊丹」サンは反則。インパクトあるなあ。映画にも出るのでしょうか?

※二年ぶりに「映画」と連動(?)したストーリー展開(ですよね?)。楽しみではあるけれど、こーゆーやり方って「いつまでに観に行くか」タイミングが難しい。

※2週連続でユウスケがクウガに変身。これまた映画の前振りっぽい匂いがします。だって先週までそんな設定忘れてましたよ。

【今週のカードGET】
※無し。

【今週のタイツ】
※ハイソックス。紫と黒のツートン。

→ アイロンを押しつけられるキバーラ。 web拍手お願いします。

テレビ朝日公式

東映公式

映画公式

Journey through the Decade
Gackt
エイベックス・マーケティング

このアイテムの詳細を見る

Masked Rider series Theme song Re-Product CD SONG ATTACK RIDE Third featuring DEN-O KABUTO HIBIKI

エイベックス・エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


仮面ライダー オープニングテーマソング集

コロムビアミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーBLACK

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーBLACK RX

バンダイ

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (26)

フレッシュプリキュア 第25話

2009-07-26 | プリキュア
前回の感想をアップしたあと、WEB拍手のメッセージに「フレッシュ」「フレッシュじゃない」と一件ずつご意見をいただきました。そこで

<緊急?アンケート>
果たして「熟れたて」はフレッシュなのか?

ご意見を皆さんにお聞きしたいと思います。

アンケート頁はコチラ
キャラの印象、語感、いろんな考え方があると思います!
お気軽にポチッとお願いします。
※補足
ログインしないと投票できないんですね。仕組みを良く判ってませんでした。
その場合はお手数ですがコメント欄にご記入いただけると嬉しいです。


「イース対パッション!?私は生まれ変わる!!」

脚本:赤尾でこ
演出:川田武範
作画:飯島秀一
美術:須和田真

「一番カッコイイ赤いプリキュアの名前から取ったんだ!」

桃園家に住むことになったせつな。ラブと手分けして必要なモノを買いに行き、カオルちゃんのドーナツカフェで待ち合わせを。先に着いたせつなはそこで、自分がイースだったころFUKOにしたタケシと、犬のラッキーに出会い・・・。

【今週のラビリンス】
※サウラー。
せつなの影をナケワメーケ“イース”に。

【今週の変身】
※四人同時。私服ver. 

【今週の必殺技】
※トリプル・プリキュア・キィーック! 前座か。
※プリキュア・ハピネス・ハリケーン!

【今週の萌えポイント】
※せつなの似顔絵ケチャップデコレートのオムレツ。 新婚か!

※「やっと相談してくれた」
なんだかラブが大人です。
でも、商売柄大勢のヒトを観てきたカオルちゃんと違って、中学生のラブに含蓄のある言葉をイキナリ言わせても説得力が薄いですね。ここは「解決できないかもしれないけど、いつでも悩みを聞いてあげる」くらいで良かったのでは?

※「赤いプリキュアが一番カッコイイ」
タケシKY?
ピンク・青・黄。先輩の目の前で何てコトを。
以前ラッキーを助けてもらった恩は?
そりゃ新人は焦って赤くもなりますよ。
後ろで笑ってる三人の気持ちを深読みしちゃうシーンでした。

※なんだかなし崩しに四人組になっちゃいそうな感じ。
美希と祈里が良い娘過ぎる。影薄いし。
もっとせつなとの魂の語りあいを希望。

【今週の大食い娘】
※桃園家の晩ご飯。
※ラブのモーニング・スペシャル。

→ 影をナケワメーケにしたシーン。最初良く判らなかった。 WEB拍手お願いします。


東映公式

ABC公式

映画公式



「Let’s!フレッシュプリキュア!」(新バージョン)&新ED「H@ppy Together」

Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)   トラックバック (17)

涼宮ハルヒの憂鬱 第17話?

2009-07-26 | アニメ
  ンド   
「エ  レス  ト」
      エイ

脚本:武本康弘
絵コンテ:北之原孝將
演出:北之原孝將
作画監督:門脇未来

わかった!
きっとDVDは、「エンドレスエイト全パターン入り特典山盛り超高額限定版」と、『「エンドレスエイト最初の一話+間の一話+解決編の三話構成」の通常版が、放映パターン数分』出るに違いない!!


夏休みもお盆を過ぎたある日、ハルヒからの緊急招集が。SOS団のみんなで市民プールに行って遊ぶことに。その帰り、喫茶店でハルヒが出してきたのは残りの夏休みの「活動予定表」。

「エンドレスエイト」6回目。

ちょっと変化球気味だった前回と比べて、「いつものパターン」に戻った感じ。

もうね、これだけ繰り返されると、初見では筋を追う以前に、「今週もエンドレスか?それとも決着が付くのか?」って時計とにらめっこしながらずっと緊張して観てました。
我ながら歪んだ鑑賞法だなあ。

【今週の萌えポイント】
※レシートをチラ見してキョンの前に置くハルヒ。 

→ 有希がキョンの前で買うお面は「この状況を打開してくれるヒーロー」を求めてるのか? web拍手お願いします。

公式サイト

涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)
谷川 流
角川書店

このアイテムの詳細を見る

Super Driver

ランティス

このアイテムの詳細を見る

止マレ!

ランティス

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (20)

フレッシュプリキュア 第24話

2009-07-20 | プリキュア
「せつなの苦悩 私は仲間になれない!」

脚本:伊藤睦美
演出:座古明史
作画:香川久
美術:飯島由樹子

「精一杯、頑張るわ」

独りぼっちになってしまったせつなを心配して、探しにいくラブ達。何処にも見つからず、時間だけが過ぎていく。
一方、昼間合った女性の言葉を頼ってか、孤独な心を抱え彷徨うせつながたどり着いた光の先には・・・。


【今週のラビリンス】
※ウエスター。
公園の鐘をナケワメーケに。
なーんだ。1人ずつ「ナキサケーベ」カードを使うんじゃないのか。
ただでさえ幹部1人減ってるのに、さらに戦力ダウンて悪の組織としてはどーなの?

【今週の変身】
※最初にラブ。私服ver. 
 次にせつな。私服ver.「真っ赤なハートは幸せの証。熟れたてフレッシュ、キュアパッション!」
 美希と祈里は変身済みで登場。

【今週の必殺技】
※トリプル・プリキュア・キック。
※トリプル・プリキュア・パンチ。
歌え、幸せのラプソディ。パッション・ハープ!吹き荒れろ、幸せの嵐!」
※プリキュア・ハピネス・ハリケーン!

【今週の萌えポイント】
※苦手なモノを同じ顔してかっ込む桃園母娘。

※「私が今まで壊してきたのは、この笑顔だったの・・・」
桃園家の暖かさに、頑なな心を溶かされていくせつなが可愛い。
「みんなでおうちでゆうごはーん」

※ラブ母が言う、「街の力」。
四つ葉(町)のクローバー(タウンストリート)の名は伊達じゃない?!
今日は活躍しなかったけど、カオルちゃんのドーナツとかも含めて、街ぐるみが幸せの象徴って、考えてみれば凄い設定ですね。
そして家族と居場所を得て、せつなは「通りすがりのプリキュア」にならずに済んだようで。
目出度し目出度し。

【今週の大食い娘】
※桃園家、月一回の外食。

→ “熟れたて”は“フレッシュ”なのか? WEB拍手お願いします。


東映公式

ABC公式

映画公式



「Let’s!フレッシュプリキュア!」(新バージョン)&新ED「H@ppy Together」

Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (21)

仮面ライダーディケイド 第25話

2009-07-20 | 仮面ライダー
「外道ライダー、参る」

脚本:小林靖子
監督:柴崎貴行
アクション監督:宮崎剛
チノマナコデザイン:篠原保

なーんだ。シンケンジャーの方は殆どライダー関係ないジャン。

「通りすがってるらいだーなんてみんな同じだ!ていうか通りすがんなよ!!」

シンケンジャーの世界。ディエンドライバーを奪ったチノマナコは、ディエンドもどきに変身する。それを見た鳴滝は、ディケイドが影響を与えたせいだと、シンケンレッド:志葉丈瑠を焚き付ける。

【今週のレシピ】
※似顔絵クッキー。

【今週の変身】
※シンケンブルー
※シンケンピンク
※シンケングリーン
※シンケンイエロー
※シンケンレッド
※シンケンゴールド
※クウガ マイティフォーム
※ディケイド
※DEブレイド
※ディケイド コンプリートフォーム
※ブレイド キングフォーム

【今週の萌えポイント】
※「KAIZIN RIDE」 ホントに何でもアリになってきたな・・・。

※侍戦隊シンケンジャー第21.5話。
ちゅか、終ってみればちゃんと「ディケイド」のお話でした。
ディケイドどころか、ライダーのい(ら)ない世界。
単なるお祭りコラボかと思いきや、いつもの「自分の居場所」の話であり、「戦士の帰る(べき)場所」ってテーマに繋げてくるとは。
お見事。

この共演がOKなら、ロボット刑事とか、キカイダーとか、ロボコンとか、他の石ノ森ヒーローとのも見てみたいなあ。

それよりもいっそのこと、ウルトラマンVS仮面ライダーが観たい!!

・・・あれ?

【今週のカードGET】
※火。ナンダ、折神使役できるようになるんじゃないのか。

【今週のタイツ】
※ニーソ。紫。

→ クレジット順。シンケンは石橋→伊吹でディケイドは伊吹→石橋なんですね。 web拍手お願いします。

テレビ朝日公式

東映公式

映画公式

Journey through the Decade
Gackt
エイベックス・マーケティング

このアイテムの詳細を見る

Masked Rider series Theme song Re-Product CD SONG ATTACK RIDE Third featuring DEN-O KABUTO HIBIKI

エイベックス・エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


ウルトラマンvs仮面ライダー [VHS]

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (22)

涼宮ハルヒの憂鬱 第16話?

2009-07-18 | アニメ
「エ     ド     ス     イ 
    ン     レ     エ     ト」

脚本:武本康弘
絵コンテ:石原立也
演出:石原立也
作画監督:池田和美

「アイス、落ちますよ?」

夏休みもお盆を過ぎたある日、ハルヒからの緊急招集が。SOS団のみんなで市民プールに行って遊ぶことに。その帰り、喫茶店でハルヒが出してきたのは残りの夏休みの「活動予定表」。

「エンドレスエイト」5回目。

えー。
もう書くこと無いんですけど。
今回は終盤にきて「グルグル回る」演出や「繰り返しの中の繰り返し」で緊張感が高まっただけに、ガックリ感も大きいです。

キョンが「パンドラの箱」に残った希望に気がつくには、あと何回繰り返さなければならないの?

【今週の萌えポイント】
※プールの日、行きよりつばがでかくなってる気がするみくるの帽子。 

きっとDVDには「幻の2391回目」が追加されてるんですよ?!

→ ウルトラマン(?)のお面がなんであんなにバリエーションがあるんだ?基本的には「同じ世界」を繰り返してるんだよね? web拍手お願いします。

公式サイト

涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)
谷川 流
角川書店

このアイテムの詳細を見る

Super Driver

ランティス

このアイテムの詳細を見る

止マレ!

ランティス

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (20)

仮面ライダーディケイド 第24話

2009-07-14 | 仮面ライダー
「見参侍戦隊」

脚本:小林靖子
監督:柴崎貴行
アクション監督:宮崎剛

「仮面らいだあ?なんじゃそりゃ?!」

シンケンジャーの世界。士は黒子の姿に。

【今週のレシピ】
※似顔絵クッキー。

【今週の変身】
※シンケンブルー
※シンケンピンク
※シンケングリーン
※シンケンイエロー
※シンケンレッド
※ディエンド
※DEライア
※DEシザース
※シンケンゴールド
※ディケイド
※DK電王 ソードフォーム
※ディケイド コンプリートフォーム
※電王 ライナーフォーム

チノマナコの変身後も「仮面ライダー」にカウントされるんでしょうか?

【今週の萌えポイント】
※「夏海ちゃん、お気楽お気楽。極楽はダメ」 細かいネタ挟んでくるなあ。

※侍戦隊シンケンジャー第20.5話。
ありそうでなかった、ライダーと戦隊のコラボ企画。
そりゃあそうですよ。
仮面ライダーは少年(ぼくら)マガジン(講談社)、秘密戦隊ゴレンジャーは少年サンデー(小学館)。
お互い50周年の今だからこそ実現した企画なんですよね!?

※やっぱり来週は色対決で行って欲しいです。
ブルー対ナイト、グリーン対ゾルダ、レッド対龍騎。あでも、ピンクとイエローは今週出ちゃったなあ。やっぱりゴールドにはオーディンか。ああ、グリーンにはベルデも良いですねえ。
もしくはゴールデンウィークのイベントみたいに、召喚イマジンがシンケンジャーに取り憑く、なんて展開もあったら面白いのに。


【今週のカードGET】
※ナシ。

【今週のタイツ】
※ニーソ。紫。

→ 龍騎、電王とゲストライダーまで脚本の小林靖子さんキャラで統一するとは、お見逸れしました。 web拍手お願いします。


テレビ朝日公式

東映公式

Journey through the Decade
Gackt
エイベックス・マーケティング

このアイテムの詳細を見る

Masked Rider series Theme song Re-Product CD SONG ATTACK RIDE Third featuring DEN-O KABUTO HIBIKI

エイベックス・エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (16)

新浄瑠璃 百鬼丸~手塚治虫「どろろ」より~

2009-07-12 | 舞台
観てきました。
<紀伊國屋サザンシアター>

作・演出:横内謙介

観る前は、題名が「どろろ」じゃなくて「百鬼丸」な点が不安でしたが、見終った後は「この解釈と人物配置なら納得」でした。

大筋はそのままに、百鬼丸の能力とどろろの設定に大胆なアレンジを加えた本作。
最初こそ違和感を感じたモノの、ストーリーが進むにつれ、その違いは気にならなくなっていました。むしろ、その設定を活かしたクライマックスの展開は、演出の巧みさも相まってなかなかの迫力。
秀作、堪能しました。
コメント

フレッシュプリキュア 第23話

2009-07-12 | プリキュア
「イースの最期!キュアパッション誕生!!」

脚本:前川淳
演出:石平信司、黒田成美
作画:伊藤智子
美術:井芹達朗

「ようこそ、プリキュアへ」

親友だと思っていたせつなが、ラビリンスのイースであることを知ってしまったラブ。ショックから立ち直れず部屋で伏せっているところへ、美希と祈里がやって来て・・・。

【今週のラビリンス】
※イース・・・。

【今週の変身】
※ラブ。私服ver.
イースせつな。ラビリンス服ver.?

【今週の必殺技】
※拳の語り合い。
「ヘンね。あれだけ激しく戦ったのに、心が清々しい」

【今週の萌えポイント】
※「あなたたちの仲間になるには、私は手を汚しすぎた」

※燃えた!!
なにこの往年(昭和)の勝負漫画みたいな展開。
魁!プリキュア塾?
案の定、すんなり仲間にならないツンデレパッションもGOOD。

※四人目のプリキュアは、イース≠せつなでした。
うすうす・・・、というか当初から「全くの新キャラじゃなきゃ彼女だよなあ」って光彩のパターンが語ってたわけだし。
それゆえ、敵方の彼女がどうやって仲間になるのかってコトが、視聴のポイントとして重要だったのですが、まさかここまでガチンコのドツキ合い、肉弾戦による結着とは。恐れ入りました。

まあ、「ワルイのワルイの飛んでいけ!」でワルイ部分だけ飛んでっちゃうなんてオモッテマセンデシタケド、ネ。

※覚醒したパッションに対する美希と祈里、調子よすぎ。
二人は、ラブを信じてるから彼女が受け入れたせつなをも信じたのですよね。
彼女たちが真の意味で四つ葉になる時が今後描かれるのかと思うと、楽しみでしょうがありません。

【今週の大食い娘】
※ドーナツ。メロン味。

→ 冷静なウエスターなんて! WEB拍手お願いします。


東映公式

ABC公式

コメント   トラックバック (18)

涼宮ハルヒの憂鬱 第15話?

2009-07-11 | アニメ
「エ   ン   ド   レ   ス   エ   イ   ト」

脚本:武本康弘
絵コンテ:高雄統子
演出:高雄統子
作画監督:植野千世子

夏休みもお盆を過ぎたある日、ハルヒからの緊急招集が。SOS団のみんなで市民プールに行って遊ぶことに。その帰り、喫茶店でハルヒが出してきたのは残りの夏休みの「活動予定表」。

マジで今何話目なんだっけ?

あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!
「おれはTVの前で今週の「涼宮ハルヒの憂鬱」を観ていたらいつのまにか先週の話をやっていた」
な…何を言っているのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…再放送だとか録画だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

流石に感想も無くなってきたぜ。
それにしても、台詞的にはほぼ同じモノを、4回も繰り返してちゃんと違うように演じる声優サン達はやはりプロですねえ。流石。

【今週の萌えポイント】
※15000回以上も、みくるちゃんの浴衣姿に感動する事が出来るキョン。 羨ましい。

→ ああ、ナンか足りないと思ったら鶴屋さんの出番がないジャン。 web拍手お願いします。

公式サイト

涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)
谷川 流
角川書店

このアイテムの詳細を見る

Super Driver

ランティス

このアイテムの詳細を見る

止マレ!

ランティス

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (27)

仮面ライダーディケイド 第23話

2009-07-07 | 仮面ライダー
「エンド・オブ・ディエンド」

脚本:井上敏樹
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛

「俺はお前を信じている。何故なら、お前の弱さを知ったからだ」

ディエンドの世界。フォーティーンに支配される人々。その責任は全て大樹にあるらしい。

【今週の変身】
※ディケイド
※ランス
※ラルク
※グレイブ
※ディエンド
※ディケイド コンプリートフォーム
※アームド響鬼

【今週の萌えポイント】
※キバーラに優しくするユウスケ。 洗脳の効果ってそれだけか!

※なんか、普通に面白かった。
士が大樹を説得するくだりなんか、良い言葉のオンパレードだったんですけど。
おかしいな?石田演出と井上脚本で「納得」するなんて。
まあ、ストーリー上の細かい齟齬はありましたが、それはいつものことですし。キニシナイ。

※やっぱり。
フォーティーンがやけにアッサリ倒されたと思ったら。
先週予想した、黒田クンラスボス説が当たってました。
ちゅか、黒田クン、他の出演者との演技力の差が激しすぎる。
もっと村井クンとの絡みとか観たかったなあ。

【今週のカードGET】
※ナシ。

【今週のタイツ】
※ハイソックス。ピンクと紺のボーダー。
※ハイソックス。クリームイエロー。

→ 「それっぽいこと言う」て。ホントのこと言っちゃダメ! web拍手お願いします。


テレビ朝日公式

東映公式

Journey through the Decade
Gackt
エイベックス・マーケティング

このアイテムの詳細を見る

Masked Rider series Theme song Re-Product CD SONG ATTACK RIDE Third featuring DEN-O KABUTO HIBIKI

エイベックス・エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (18)

プリキュアで589アクセス!

2009-07-06 | プリキュア
昨日のここのアクセス数が、普段の日曜日の倍になってました。
びっくりしてアクセス解析を見てみたら。

gooの場合、アクセスカウントにロボットサーチも含まれてしまうので、大抵はTOPページ(ページ指定のない「http://blog.goo.ne.jp/edomu」)が一番アクセス数が多いことになっているのですが、昨日の結果を見ると、そのTOPページが513なのに対して、フレッシュプリキュア22話のページアクセスが589!!
一ページの一日アクセス数としても最多記録です。(ブンブンカウンターの方で見ても334PVだって)

ウチくらいの規模のブログでこんなに凄い事になっているのですから、アチラ様やソチラ様のブログがどんなことになっているか。
(今ランキングを見たら、案の定・・・。ウチですらgoo内で286位ですから)

プリキュア人気、恐るべし。
コメント

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

2009-07-05 | 映画2008・2009
観てきました。
<新宿ミラノ1>バルト9は夕方まで満席だったのに、こちらは昼過ぎにちょっと並んだら入れました。

総監督・企画・原作:庵野秀明
監督:摩砂雪、鶴巻和哉
脚本:庵野秀明
キャラクターデザイン:貞本義行
メカニックデザイン:山下いくと
作画監督:鈴木俊二、本田雄、松原秀典、奥田淳

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」から約2年。待ち続けた第2弾。

濃密。
ただその一言に尽きます。
相変わらず多大な情報量とそれから生み出される新たなクエスチョン=Qに圧倒され、翻弄されまくりました。

「全く新しい展開」と言いつつ、大筋はコレまでの物語とほぼ変わらず。ただ、配役や登場人物の行動をかなり細かく、あるいは大胆に「変えて」いるため、一度見ただけでは筋は追えても意味は追えず。
さあ、もう一度は観に行かなくちゃあ。

【萌えポイント】
※「碇」を取り巻く3つの「波」。 新キャラはともかく、レイとアスカの萌え度がアップしとる!

90点。(完結までの暫定点ですが)。

公式サイト

劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に [DVD]

キングレコード

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)