お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

2013 7~9月読んだ本

2013-09-30 | 読書
小説 仮面ライダー響鬼 (講談社キャラクター文庫)
きだ つよし
講談社


TV本編に出てきた「鬼の鎧」が何故変身忍者嵐に激似だったのか。放映から8年経って語られるミッシングリンク。折しもBSの手塚&石ノ森特集でやっていた「変身忍者嵐」。タツマキとかカスミとか、懐かし。まあ、ストーリー展開は「ありがち」の一言でしたが。響鬼の劇場版と嵐の萬画版が観たくなった。

真夏の方程式 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋


映画を観てから読みました。鑑賞時の最大の疑問点については一応納得できる心理描写が。確かに映像だけで表すのは難しかった感じ?

おジャ魔女どれみ17 ドラマCD付き限定版 (講談社ラノベ文庫 と 1-2-1)
クリエーター情報なし
講談社


一巻目が出た時は、ここまで巻が続くとは思っていませんでした。サッカー部にしても、ハナちゃんの件にしても、引っ張りすぎな感あり。まさか「おジャ魔女どれみ22」ってことにはならないよね?とか思っていても、個々のエピソードにはこんかいもしっかりホッコリしたり、ドキドキしたり、楽しませていただきました。
コメント

ドキドキ!プリキュア 第34話

2013-09-29 | プリキュア
「ママはチョーたいへん!ふきげんアイちゃん!」

ずっとご機嫌斜めなアイちゃん。マナたちはあの手この手でアイちゃんのご機嫌を取ろうとお世話をするが、うまくいかない。六花のママは「泣くのは赤ちゃんからのシグナル」とアドバイスを…。

脚本:成田良美
演出:入好さとる、小川孝治
作画:河野宏之
美術:田中美紀

「赤ちゃんの前では笑顔でいること!」

【今週のジコチュー】
※イーラ&マーモ。自販機ジコチュー。
アイちゃんが泣いたことでパワーアップ?
※イーラ。
バイクジコチューを生み出す。

【今週の変身】
※マナ&ありす&六花&真琴(私服から)。
※あとから亜久里(私服から)。

【今週の必殺技】
ときめきなさい!
※エースショット!バキューン!!
※プリキュア!ロゼッタリフレクション!!
※ダイヤモンドスマークル!
※プリキュア!ラブリーストレートフラッシュ!!

【今週の萌えポイント】
※「行ける!プリキュアを倒せる!」
惜しい!それは敗北フラグ!!

※母親の無償の愛。
「らしい」子どもだったマナ。
「らしくない」子どもだった六花。
二人が愛情深い性格に育ったのは、この母(達の愛)あればこそ、なのでしょうね。

※アイちゃんが泣くとジャネジーが強力になる。
その理由は次回に持ち越し?
王女は何を知っているのかな?

→ 家じゅうの鈴虫。イヤすぎる! web拍手お願いします。

東映公式

ABC公式

映画公式



ドキドキ!プリキュア 後期エンディングテーマ(DVD付)
クリエーター情報なし
SMD itaku (music)


プリキュア ボーカルベストBOX
クリエーター情報なし
SMD itaku (music)


ドキドキ!プリキュア キャラクターアルバム~SONGBIRD~
クリエーター情報なし
マーベラスAQL


Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア(DVD付)
クリエーター情報なし
マーベラスAQL
コメント

仮面ライダーウィザード 第52話

2013-09-22 | 仮面ライダー
「仮面ライダーの指輪」

脚本:會川昇
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛

「ここは、どこ?私は、誰?」
ベタベタやん。

カウントとしては52話ですが、やっぱり先週で「ウィザード」の物語は一区切りついていると思います。
今週は感想のみ。

※平成ライダー総登場は、無条件にワクワクしますね。
本人(?)役はディケイドと電王のみ?

※ライダーの指輪は冬の映画ムービー大戦以来の設定ですね。

※パラレルワールドの描き方としては、映画版よりこっちが好きだな。

※時系列的に、まだ力を持ってるビーストを出す、ってのは上手いな。

※子どもたちの希望は守りたいが、この世界を壊すわけにはいかない。
はたしてどう決着するのか、楽しみ。

【今週の萌えポイント】
※鎧武。
鎧の下のスーツの質感が!?

→ この話のコヨミは…? web拍手お願いします。

テレビ朝日公式

東映公式

映画公式

alteration (DVD付)
クリエーター情報なし
エイベックス・エンタテインメント


仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム パーフェクトパック(3BD) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


Life is SHOW TIME 初回盤 “戦
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


Blessed wind
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


Last Engage
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


奥仲麻琴PHOTOBOOK/かわいくてマコトにすいません!
クリエーター情報なし
講談社


トラベラーズ 次元警察 [DVD]
クリエーター情報なし
角川書店
コメント   トラックバック (1)

ドキドキ!プリキュア 第33話

2013-09-22 | プリキュア
「ありすパパ登場!四葉家おとまり会!」

ありすの家で五人でおとまり会。そこへ三か月ぶりにありすのパパが帰国。ありすに大統領との晩餐会への代理出席を頼むと、再び旅立って…。

脚本:米村正二
演出:田中裕太
作画:赤田信人
美術:猿谷勝己

「世界中の人を笑顔にするのが、私の夢なのです」

【今週のジコチュー】
※マーモ。ヘリコプタージコチューを生み出す。

【今週の変身】
※マナ&ありす&六花&真琴&亜久里(パジャマから)。

【今週の必殺技】
※執事拳法三式燕尾舞!
※プリキュア!ロゼッタリフレクション!!
※ロゼッタバルーン!いちにのさん!
※プリキュア!ラブリーストレートフラッシュ!!

【今週の萌えポイント】
※秘密基地!

※マナ、六花、ありすの出会い編。
以前ありす幼少時のブチ切れエピソードがあったけど、これだけ恩を感じていたら二人を傷つける者は許せないのも納得。

※策士セバスチャン!
その上腕っぷしも立つんだから、無敵よのう!

※一瞬でキュアロゼッタの正体に気付くパパ。
流石に人物の出来が違いますね。

今週もホッコリエピソード、ご馳走様でした。

→ 四葉邸の仕掛けの全容が知りたい。 web拍手お願いします。

東映公式

ABC公式

映画公式



ドキドキ!プリキュア 後期エンディングテーマ(DVD付)
クリエーター情報なし
SMD itaku (music)


プリキュア ボーカルベストBOX
クリエーター情報なし
SMD itaku (music)


ドキドキ!プリキュア キャラクターアルバム~SONGBIRD~
クリエーター情報なし
マーベラスAQL


Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア(DVD付)
クリエーター情報なし
マーベラスAQL
コメント

マン・オブ・スティール

2013-09-20 | 映画2013
観てきました。
<シネ・リーブル池袋>

監督:ザック・スナイダー
キャラクター創造:ジェリー・シーゲル、ジョー・シャスター
原案:デヴィッド・S・ゴイヤー、クリストファー・ノーラン
脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー

新スーパーマン、始動。
誰もが知るヒーローの、誰も知らない誕生の瞬間。


彼のことを初めて知ったのは幾つの時だったか。
アニメか実写か、何れにしてもテレビで観たのが最初でしょう。
コミックスやクリストファー・リーヴ主演の映画の頃は、すでに思春期真っ盛りだった記憶が。

日本一有名なアメリカンヒーロー。
そんな昔から知っていたにもかかわらず、実は映画館で鑑賞するのは今作が初めて。
バットマンの方はほとんど観たのですが、何故かこれまで琴線に触れなかった。
ところが今回は「ダークナイト」のクリストファー・ノーランと「ウォッチメン」のザック・スナイダーが組んでるって言うじゃありませんか。
一も二もなく観に行くことに。

いやいや、大満足。

好きだけど嫌いなノーランの倫理観。
彼とはまた違った濃密な説得力で迫ってくるスナイダーのヴィジュアル!

悩める孤高のヒーロー。
それぞれの愛情と信念でスーパーマンに「道」を示す二人の父親。

観たいもの魅せていただきました!

ダークナイトは焼けた鞭で心を叩かれ続けるような映画でしたが、こちらは太い石の棒でゴリゴリ胸を押し続けられるような作品。この感覚、私だけでしょうか。

次回作での競演が楽しみ。

【萌えポイント】
※ケビン・コスナーがおとっつあん!
悩める息子(フィールド・オブ・ドリームス。古ッ!)だったのが、すっかり頼もしい父親に。

85点。

公式サイト
コメント

仮面ライダーウィザード 第51話

2013-09-15 | 仮面ライダー
「最後の希望」

脚本:きだつよし
監督:中澤祥次郎
アクション監督:石垣広文

「行くか」

【今週の変身】
※メイジ。
※ウィザード。インフィニティスタイル。
※ウィザード。フレイムスタイル。

【今週の指輪】
※チェイン
※ジャイアント
※バリア
※メイジ
※サンダー
※ブリザード
※スペシャル
※インフィニティ
※ディフェンド
※ホープ

【今週の萌えポイント】
※僕専用
マヨラーまで真似しなくても!!

※まだ続きがあるみたいだけど、晴人とコヨミの物語として、実質的な最終回でした。
哀しいけど、テーマの通り「希望」を感じるラストではあったかな。

※「魔法」とか「色揃いの必殺技」とか、個人的に「戦隊」とのボーダーギリギリに攻めてきた印象の作品でした。

※「結局父親の妄執でした」って点は、平成では一番石ノ森テイストに沿った作品だったと思う。

※木崎たんのお茶吹き出しで締めるなんて、視聴者のニーズわかってるね。

→ 店員の彼は結局名前ないのね…。 web拍手お願いします。

テレビ朝日公式

東映公式

映画公式

alteration (DVD付)
クリエーター情報なし
エイベックス・エンタテインメント


仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム パーフェクトパック(3BD) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


Life is SHOW TIME 初回盤 “戦
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


Blessed wind
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


Last Engage
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


奥仲麻琴PHOTOBOOK/かわいくてマコトにすいません!
クリエーター情報なし
講談社


トラベラーズ 次元警察 [DVD]
クリエーター情報なし
角川書店
コメント   トラックバック (1)

ドキドキ!プリキュア 第32話

2013-09-15 | プリキュア
「マナ倒れる!嵐の文化祭」

文化祭の準備中に過労で倒れるマナ。六花はマナを幸せの王子と例えるが、その結末を知って心配した亜久里は中学に乗り込み大奮闘する。

脚本:田中仁
演出:牧野次郎、岩井隆央
作画:稲上晃
美術:飯野敏典

「通りすがりの小学生に怒られまして。何も言い返せませんでした…」

【今週のジコチュー】
※イーラ&マーモ。ブラッドリングでパワーアップ。
※イーラ。コーヒーカップジコチューを生み出す。

【今週の変身】
※マナ&ありす&六花&真琴(制服から)。
※亜久里(私服から)。

【今週の必殺技】
※プリキュア!ロゼッタリフレクション!!
※エースミラーフラッシュ!!
※プリキュア!ラブリーストレートフラッシュ!!

【今週の萌えポイント】
※回転コーヒーカップ。
出してあげるところが可笑しい。

※鉄人マナ、倒れる。
こーゆーときのためのシャルル人間態ではなかったのか?

※誰かにまかせっきりにするのではなく、足りないところを補い合って力を合わせる。
幸せの王子が配った愛は、みんなの心にちゃんと想いともに届いていた。

いつか与えられた愛を返しあえる世の中に。
いいテーマだなあ。

※イーラと六花。
改心フラグか、な?

→ キャンプファイヤーのやぐらでか過ぎ。 web拍手お願いします。

東映公式

ABC公式

映画公式



ドキドキ!プリキュア 後期エンディングテーマ(DVD付)
クリエーター情報なし
SMD itaku (music)


プリキュア ボーカルベストBOX
クリエーター情報なし
SMD itaku (music)


ドキドキ!プリキュア キャラクターアルバム~SONGBIRD~
クリエーター情報なし
マーベラスAQL


Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア(DVD付)
クリエーター情報なし
マーベラスAQL
コメント

ガッチャマン

2013-09-14 | 映画2013
観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:佐藤東弥
原作:タツノコプロ
脚本:渡辺雄介
キャラクターデザイン:荒牧伸志

その力は、正義か、破壊か――

たまったポイントで観ました。
だから、というわけではありませんが、巷で言われてるほど「ヒドイ」作品とは思いませんでした。

せっかく中村獅童出てくれてるのにラスボスがあれじゃショぼすぎんだろ、とは思いましたが。
あと、スパイ大作戦風味はいらなかった感。

設定のアレンジやキャラクターの改変も、許容範囲。
なにしろ、その昔本家がつくった「F」(個人的にはIIですらいろいろ許せない部分があるほどなのに)の「ドイヒー」さ。それを観させられた時の失望感に比べれば、屁でもないッス。
そもそも、レッドインパルス出てこない時点で「別物」なことは覚悟してましたし。

まあ、エンドクレジット後のアレは蛇足だと思いましたが。

いかん。
観てからだいぶ時間がたったせいか、印象を述べたら結局ほとんど誉めてない。

【萌えポイント】
※おはよう科学忍者隊。
本編より面白かった。

70点。

公式サイト
コメント

009ノ1 ゼロゼロクノイチ THE END OF THE BEGINNING

2013-09-11 | 映画2013
観てきました。
<新宿バルト9>

監督:坂本浩一
アクション監督:坂本浩一
原作:石ノ森章太郎
脚本:長谷川圭一

終わらせる、
この狂った世界を。


石ノ森章太郎氏原作のセクシースパイアクション。

本日はガールズナイトと題して、上映終了後に坂本監督、主演の岩佐真悠子さん、共演の長澤奈央さん、市道真央さんを交えたトークイベント付きでした。
事前にクレジットされていたこの四人に、更に当日観に来ていた緑川静香さんが加わり。
正にガールズトーク、賑やかな撮影裏話が楽しかった!

作品自体も面白かったです。
B級アクションの鑑のような作品。Vシネマを楽しめる人なら。
ちょっぴりセクシー。エロティック。

ただし、原作のテイストは初期設定にかろうじて残っている?って程度。
そして「スパイ」度低め。

あれ?褒めてない…。

【萌えポイント】
※石ノ森ガン!
手錠も石ノ森っぽくして欲しかった!!

75点。
でもソフト出たら買っちゃうかも。

公式サイト
コメント

スター・トレック イントゥ・ダークネス

2013-09-10 | 映画2013
観てきました。
<TOHOシネマズ日劇‎>

監督:J・J・エイブラムス
原作:ジーン・ロッデンベリー
脚本:ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン、デイモン・リンデロフ

人類最大の弱点は、愛だ。

新生スタートレック、第二弾!
待ってました!!

懸賞で当たったペア券、二枚とも自分で使っちゃった!
面白かったー!!

あまり事前情報を入れずに観に行ったので、今作の最重要人物の名前が判明したときは

「うそ」

と唖然としてしまいました。

そこからはもうワクワクしっぱなし。
いやいや、最狂の「敵」にヤングカーク&スポックがどう立ち向かうのか?
やや展開的に強引なところもありましたが、マッコイ、ウーラをはじめ、まだまだ未熟で結束も緩いクルー達にも、それぞれ見せ場があって!
老スポックも良かった(「カーンの逆襲」「ミスター・スポックを探せ!」を観ていたので、その言葉にウルウル!)。
クライマックスからの怒涛の展開もお見事!
スカッとしたね!

そしてTV版につながるラストシーン。
いやーファン冥利に尽きる演出でした。
第三弾はないのかなあ?

【萌えポイント】
※ドア越しのカークとスポック。
あざとい感動押し付けシーンなんですが。
それでもやっぱり二人の信頼感が…。
涙なしには観れませんなあ。

余談ですが、ディティールの追加要素はあるものの、変わらぬエンタープライズ号のシルエット。
宇宙船としてはかなり完成度の高いデザインですよね。
50年前のものとは思えない!

95点。

公式サイト
コメント

仮面ライダーウィザード 第50話

2013-09-08 | 仮面ライダー
「大切なものは」

脚本:きだつよし
監督:中澤祥次郎
アクション監督:石垣広文

「賢者の石をお願い…。晴人が、最後の、希望…」

【今週の変身】
※ウィザード。フレイムドラゴン。
※ウィザード。ウォータードラゴン。
※ウィザード。ハリケーンドラゴン。
※ウィザード。ランドドラゴン。
※ウィザード。インフィニティスタイル。

【今週の指輪】
※エクスプロージョン
※フレイムドラゴン
※コネクト
※デュープ
※サンダー
※テレポート
※チェンジ
※グラビティ
※プリーズ
※インフィニティ
※スペシャル
※エクスプロージョン
※キックストライク

【今週の萌えポイント】
※「コヨミが取り戻してくれた、俺の力だ!」

※キックストライクのぶつかり合い!
迫力!!

※やっぱりラスボスはソラ=グレムリンでした。
うーん。
もっともっとサイコな人物に描かれていればなあ。
小物感否めず。

※コヨミに触れられなかった笛木…。
無残。

→ コヨミは消えたまま…? web拍手お願いします。

テレビ朝日公式

東映公式

映画公式

alteration (DVD付)
クリエーター情報なし
エイベックス・エンタテインメント


仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム パーフェクトパック(3BD) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


Life is SHOW TIME 初回盤 “戦
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


Blessed wind
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


Last Engage
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


奥仲麻琴PHOTOBOOK/かわいくてマコトにすいません!
クリエーター情報なし
講談社


トラベラーズ 次元警察 [DVD]
クリエーター情報なし
角川書店
コメント   トラックバック (1)

ドキドキ!プリキュア 第31話

2013-09-08 | プリキュア
「大貝町大ピンチ!誕生!ラブリーパッド」

町の人たちが眠りから目覚めないという不可解な事件が発生!決死の覚悟のグーラ&リーヴァにプリキュアは歯が立たない。

脚本:成田良美
演出:三塚雅人
作画:山岡直子
美術:田中里緑

「あー泣いた泣いた!すっきりした。落ち込むのはもうお終い。さあ、反撃だよ!」

【今週のジコチュー】
※グーラ&リーヴァ。
●人々にジコチューの芽を植え付ける。
●合体。

【今週の変身】
※マナ&ありす&六花&真琴(私服から)。
※亜久里(私服から)。

【今週の必殺技】
※プリキュア!スパークルソード!
※プリキュア!ダイヤモンドシャワー!
※プリキュア!ラブリーフォースアロー!
ときめきなさい!
※エースショット!バキューン!!
※プリキュア!ロゼッタリフレクション!!
※プリキュア!アブリーストレートフラッシュ!!

【今週の萌えポイント】
※六つ目!「みんなで力を合わせれば、不可能はない!」

※今年はついにノートパソコンからタブレット端末に。
ドキドキ!プリキュア マジカルラブリーパッド
クリエーター情報なし
バンダイ


※「絶対にあきらめない!」
キター!!

※これまでは4+1の変身だったから名乗りが別だったけど、ここにきて五人での名乗りに!
新兵器&必殺技も手に入れて、めでたしめでたし。

と思いきや、ベールの悪だくみ勃発。

盛り上がってまいりました?!

→ ベールラスボス的なフラグ? web拍手お願いします。

東映公式

ABC公式

映画公式



ドキドキ!プリキュア 後期エンディングテーマ(DVD付)
クリエーター情報なし
SMD itaku (music)


プリキュア ボーカルベストBOX
クリエーター情報なし
SMD itaku (music)


ドキドキ!プリキュア キャラクターアルバム~SONGBIRD~
クリエーター情報なし
マーベラスAQL


Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア(DVD付)
クリエーター情報なし
マーベラスAQL
コメント

宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く

2013-09-05 | 映画2013
観てきました。
<新宿ピカデリー>

原作:西崎義展
総監督・シリーズ構成:出渕裕
キャラクターデザイン:結城信輝

第23話「たった一人の戦争」
脚本:森田繁 絵コンテ:樋口真嗣、出渕裕 演出:別所誠人 キャラクター総作画監督:前田明寿 キャラクター作画監督:石原満、岸本誠司 メカニック総作画監督:西井正典
第24話「遥かなる約束の地」
脚本:大野木寛 絵コンテ:佐藤順一 演出:蛭川幸太郎 キャラクター総作画監督:結城信輝 キャラクター作画監督:高木弘樹、松原秀典 メカニック総作画監督:西井正典
第25話「終わりなき戦い」
脚本:村井さだゆき 絵コンテ:大倉雅彦 演出:大倉雅彦、野亦則行 キャラクター作画監督:前田明寿、石原満、岸本誠司、山岡信一、乗田拓茂、小林千鶴、堀たえ子、高木弘樹、松原秀典 メカニック総作画監督:西井正典
最終話「青い星の記憶」
脚本:出渕裕 絵コンテ:京田知己 演出:榎本明広 キャラクター作画監督:結城信輝 キャラクター作画監督協力:山田勝哉 メカニック総作画監督:西井正典

※ついにラスト。
出渕監督、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

※上映版はちょっと未完成(?)なのか尺が短いとのこと。
でも、全然気になりませんでした。

※リメイクとしては、ストーリー展開においては旧作の「アレ」な部分をいっぱい補完してくれて、一応納得の出来でした。
しかし、ドラマ的には
1.ヤマト側の(描写される)キャラクターの増加
2.ガミラス側のキャラクター背景、ドラマ描写の増加
もあって、「大満足」とはいきませんでした。
個人的には、沖田&進の(擬似的な)父子関係、島が空気(ていうか初期のチャラ男的描写が中盤以降なくなったこと)、最終話のデスラー(思想、行動ともに)の描写など、「残念」なところも多く。

…ガミラスの反乱勢力が最終話に出てくると思ってたよ。

言いだすときりがありませんね。
でも、全話おおむね楽しく観賞したので、良かった。
TV版をハードディスクに残しておこうっと。

続編はあってもいいと思いますが、映画程度の尺で。
その際、あのデスラーには出てきて欲しくないなあ。

【萌えポイント】
※波動砲を塞がれたヤマト。
賛否両論あると思いますが、個人的には納得の描写でした。

90点。

公式サイト
コメント

パシフィック・リム

2013-09-02 | 映画2013
観てきました。
<池袋シネマサンシャイン>

監督:ギレルモ・デル・トロ
原案:トラヴィス・ビーチャム
脚本:トラヴィス・ビーチャム、ギレルモ・デル・トロ

人類最後の望みは、この巨兵。

友人に誘われて2D版を鑑賞。
特撮・アニメファンの評判が高かったので、期待していったのですが、私にとってはB級の域を出る作品ではなかったかな。
話もSF考証も「大ざっぱ」。
白黒映画かと勘違いするような色彩。
老眼にはつらいよ。

とは言え、ロボットの重量感はなかなかのものでした。
何度も描かれるKAIJUとのバトルシーンはかなりアツかった!

「シンクロ」の設定とか、唸らされるシーンもあったけど。

なんて、四の五の言わずに勢いを楽しんだもの勝ちな作品なのでしょうね。

【萌えポイント】
※初めて菊地凛子が普通に良いヤツな役やってる映画を観た。

75点。

公式サイト
コメント

仮面ライダーウィザード 第49話

2013-09-01 | 仮面ライダー
「サバトの幕開け」

脚本:きだつよし
監督:諸田敏
アクション監督:石垣広文

「俺が、最後の希望だ!」

【今週の変身】
※ウィザード。フレイムスタイル。
※ウィザード。フレイムドラゴン。
※メイジ。
※ビースト。
※ビーストハイパー。

【今週の指輪】
※フレイム
※スペシャル
※フレイムドラゴン
※コネクト
※エクスプロージョン
※テレポート
※チェンジ
※エクリプス
※ビースト
※ハイパー

【今週の萌えポイント】
※「お前は今日から自由だ!仁藤攻介!」

※ついに行われたサバト。
それを阻止したのは古の魔法、ビーストとキマイラ。
そしてついにその契約終了。
これで仁藤が死ぬ危険はなくなったけど、ベルトも壊れてしまいました。
今後ビーストは続編とか映画とかに出れない?

※うーん。
肝心のサバトの時に役立たずだった主人公。
展開的にしょうがないとしても、ヒーローとしてどうなの?
この後コヨミを救えても、引き換えにしそうになったものは大きすぎるのでは?

→ 笛木コート暑そうだな。 web拍手お願いします。

テレビ朝日公式

東映公式

映画公式

alteration (DVD付)
クリエーター情報なし
エイベックス・エンタテインメント


仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム パーフェクトパック(3BD) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


Life is SHOW TIME 初回盤 “戦
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


Blessed wind
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


Last Engage
クリエーター情報なし
エイベックス・マーケティング


奥仲麻琴PHOTOBOOK/かわいくてマコトにすいません!
クリエーター情報なし
講談社


トラベラーズ 次元警察 [DVD]
クリエーター情報なし
角川書店
コメント   トラックバック (2)