お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

仮面ライダー響鬼 三十八之巻

2005-10-31 | 仮面ライダー
ドーン『敗れる音撃』
・ホイッスルすら補欠な明日夢
・ブラバン部の部長だったみどりサン。
・香須実ぬきのヒビキさん、気楽そう・・・。
・「タケシって誰?」
・「あきらのこと深く知りもしないでいい加減なコト言うもんじゃない」
・「名案だな」
・「無心になれたとき、俺は俺のリズムを取り戻すことができるんだ」
・「お前はもう師匠だろうが!」「俺も殴ってください!」
・「マシュマロ坊や」スーパー姫にも言われてる明日夢って・・・。

部長、京介よりやな役回りだよね。明日夢は早くブラバンやめて、軽音とかでバンドでもやったほうがドラムたたけるんじゃないか?
それにしても、京介は明日夢が気になってしょうがないのですね。いいコンビに見えてきましたヨ。

ヨブコの肩の「いかにも」なスピーカーは・・・・。
日菜佳、トドの妄想シーン以外、セリフなし?

次回(後編)、明日夢とみどりがどうやって逃げ出す(助けられる)のか?あきらの気持ちに決着はつくのか?トドはどこまでヘタレになっていくのか?
コメント   トラックバック (3)

義賊×偽賊 それはヒミツなの!!

2005-10-29 | 舞台
観てきました。劇団岸野組 15周年記念講演
<東京芸術劇場 小ホール2>

面白うございました。
ストーリーはありがちでしたが。

1時間45分 ナマ池澤春菜 堪能しました。眼福&耳福!!
コメント

捕まってる

2005-10-29 | 映画
真魚ちゃんが観たくなって、<劇場版> 仮面ライダーアギト PROJECT G4 ディレクターズカット版を衝動買いしてしまいました!!
<アナザーアギト>木野薫さんは出ていませんが、代わりにアダルトライダーとして<G4>水城史朗さんが大活躍!!
個人的には、小沢真珠さんの鬼気迫る演技は、この映画から始まってると思うナリ。
コメント

「マジレンジャー」の世界では「ヒビキ」は「テレビ番組」だった?

2005-10-26 | 特撮
スーパーヒーロータイムのエンディング、「たちばな」の中で壁掛けのテレビを見ているマンドラ坊やとスモ-キー。
よく考えるとシュールだよね。「ヒビキ」は「マジレンジャー」の世界では「テレビ番組」だったって言うこと?だって、明らかにあの2人(匹?)は「放送」を観てるよね。

そもそもあのテレビは誰が取り付けたのだろうか?「ヒビキ」のセットは「魔法」で出来ているとか?

まじめな話、あのエンディングはどっちのスタッフが創っているのだろう?井上敏樹氏が「・・・でござりますです~。」「・・・ダニャー」とか脚本を書いてるとしたら個人的には大受けなのですが!
コメント

仮面ライダー響鬼 三十七之巻

2005-10-23 | 仮面ライダー
「甦る雷」
・「あの人には近付くな」両親を魔化魍に殺された同士、シュキとあきら
・スーパー童子、覚醒
・「俺はいずれ、ヒビキさんの弟子になる」
・「わからないんです。どんな気持ちで鬼になったらいいのか?」「みんな自分自身、答えを見つけているんだ、思いっきり悩みながら」
・ほんとはトドのおばあちゃんより年上なシュキ
・ザンキ、変身!トドはあの荷物に気がつかなかったのか?
・音撃斬 雷電斬震

ザンキの胸のキズの原因はやはりシュキ。来週はそのキズが原因でザンキがピンチに?
あきらにとって鬼であることの意味の答えは出ず。鬼払いもうやむやになったので、イブキもその意味を示すことが出来ず。
「鬼であること」来週以降、あきらだけでなく、明日夢、京介もそれぞれの答えを見つけていくことになるのでしょう。
あと1クール弱、お話がどのように進んでいくのか?ザンキはどうなっちゃうの?

エンディングがないことに慣れ始めている・・・。

素敵なアニキ。斬鬼サラダ・・・食いてぇ。
コメント   トラックバック (2)

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者 再度

2005-10-23 | 映画2004・2005
アンコール上映観てきました。
<シネ・リーブル池袋>

「語ろうZガンダム!」を読み始めたところで観に行った所為か、とっても肯定的に見ることが出来ました。(^_^)
前回観に行ったときは、展開を追いかけるのがやっとで、ポジティブに楽しむところまでは出来てなかった。今回は筋運びは分かっているので、キャラクターの描かれ方をメインに鑑賞することができました。ゼータからの登場人物に比べて、元ホワイトベースのクルー達の大人な描かれ方、素敵でした。

第二部がとっても楽しみ。恋人たちの解釈も新しい側面が見られるのでしょうか。

でも、やっぱりハヤトがアウドムラに乗り移るシーンが新描きなのがもったいない。他にもっと新しくするところがあるだろう・・・。
コメント

家裁の人

2005-10-22 | 二十世紀青年
とある書類の開封の立会いを裁判官にしてもらうために、
家庭裁判所へ行ってきた。
審判所というところに入った。
ちっちゃいけど、ちゃんとテレビで見る法廷みたいでした。
前に裁判官と書記の事務の人。
申立て人(原告?)とその他の関係者(被告?)に
分かれて座った。
真ん中には証言台みたいなモノがちゃんとあり、
部屋の後ろには傍聴人?(その他の関係者用?)のための席があった。

用事が済んで日比谷公園の中の松本楼でカレーバイキングを食した。
食べ放題のカレーはうまかったが、
実は変化に乏しく、意外と量を食べられなかった。
コメント

松本まりか

2005-10-21 | アニメ
「シュガシュガルーン」(タイプしてみるとわかるすごいネーミング)のショコラ役の声を聞いて、「独特だなぁ~。新人かな?」と思った。
今日、「Paradise Kiss」観てて、同じ人が出てると思い調べてみた。(関係ないけど「パラキス」ってミカコ出るんですね。しかも声が宍戸留美、期待!)
何作も声優している人であることにびっくり。しかも「蒼穹のファフナー」の真矢だったのか!
こりゃ気が付かなかった!
コメント

WILLCOMでPDA

2005-10-21 | 二十世紀青年
Windows Mobile 5.0 搭載の PHS 端末W-ZERO3が12月上旬に発売!

しかも5万をきる価格。この発表があるまでは
WX310SAドムカラーを買う気満々だったのですが、悩む・・・。

でも、Windowsベースは嬉しいが不安

メーカー公式
コメント

仮面ライダー響鬼 三十六之巻

2005-10-16 | 仮面ライダー
「飢える朱鬼」
・巫女さん・・・。鎧より怖いよ。
・裁鬼・・・。
・「鬼であるってことは、鬼であっちゃいけないってことかな」久々のよく分からない説明。「禅問答」って。
・「鬼をやめさせられた人だ」
・花が火の鳥に。カッコイイ。
・「鬼になるべきではない」ヒビキより説明うまいっす。
・DA一匹に破壊される鎧?
・日菜佳、モッチー出演なし。

変身用の道具って、個人に固有のものじゃなかったのですね。
弦の武器もギターだけじゃない。でも竪琴がどうやって剣に?音撃震はどこにつけるの?

自分の師匠のことは、トドには隠してた、っていうかウソ教えてたんすね。ザンキさん。

いやいや、ハードな展開になってきましたね。
来週は斬鬼復活?胸のキズってのがキー?やっぱり前のノツゴとの闘いで?
アキラの迷いに答えは見つかるのか?

嵐、かっこよかった。今回だけじゃもったいないっすね。でも設定から言って、一体だけとは限らないかな。
コメント

日本武道館

2005-10-16 | 音楽
行って来た。
I’veサウンド堪能。
楽しゅうございました。
コメント

牙狼~GARO~ 第二話

2005-10-15 | 特撮
「陰我」
やってるの忘れてました。
チャンネル回したら終盤のバトルシーンだった。
うーん、雨宮テイスト全開。

しかし、変身後の姿はキンピカすぎる!
百式とかゴールドセイントが実写になっても
あそこまでじゃないだろう。

うん、次回は忘れずに最初から観よう!
コメント

劇場版 仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼 二回目

2005-10-09 | 映画2004・2005
観てきました。
<王子シネマ>
なんだろう・・・。
一回目に観た時に感じた違和感がなくなってる。
フィルムが変わる訳無いから、
自分がTV新体制(劇場版と同じスタッフ)の「響鬼」に
大分慣れたのカナ?

2回目で筋がわかってる分ゆっくりみれたこともあるのかな。
あらためて面白かった。
キラメキと麻美いらね、とか言ってスマン。
いまは全部 ありだな、と思える。
劇場版 特別限定版DVD買わねば。

と思ったら 今日TV見逃した・・・。
コメント

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]

2005-10-08 | 映画2004・2005
ゴームズ、観てきました。
<池袋シネマサンシャイン>
【感想】
ムッシュムラムラがいいトコ取りだった。
ジェシカ・アルバが相変わらず可愛美かった!
映画としては、X-MENとMr.インクレディブルを
先に観ちゃっている身としては、どうしても比較してしまう。

しかし、出掛けないって約束を誰も守ってないよね・・・。
だから事件が起こるんだって。
コメント   トラックバック (1)

王子 DE カルチャ-

2005-10-08 | 二十世紀青年
今日は友人と王子で一日過ごしました。
9時から王子シネマで映画鑑賞、2時から王子小劇場で友達のお芝居を観劇。
間、少し時間が空いたので飛鳥山公園へ移動。
紙の博物館、北区飛鳥山博物館、渋沢史料館へ。
渋沢邸跡の晩香廬、青淵文庫も公開中だったので大正時代の建築を堪能できました。

カルチャーな一日でした。
コメント