お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

ショックその後

2005-08-30 | 二十世紀青年
結局

あこがれの(?)眼鏡ッコには成れませんでした。
結膜炎が治ったところでお医者さんに
「やっぱり眼鏡作った方がいいすか?」と尋ねたところ
「裸眼で1.2もあるのに何で必要なの?」ということらしい。

こちらとしては「乱視」が気になっているのですが、
「老眼鏡はまだ早いですよ」の一点張り。
意志の疎通は難しい・・・・。

コメント

亡国のイージス

2005-08-27 | 映画2004・2005
観てきました<新宿ピカデリー1>
プラモデルが当たった。
【感想】
好きな俳優さんが多いので、最後まで飽きずに見れました。
ただ、ストーリー自体は、長い原作をはしょっている所為か、
ところどころハテ?と感じてしまうところあり。
人間関係も同様に良く分からないところが。

クライマックスの盛り上がりも、イマイチに感じました。
もう少し演出のやり様があったのでは?
テロの恐ろしさの演出が徹底的に足りない感じ。
演出なのか、「アメリカ人の編集」が悪いのか?

あと、この展開であの扱いなら女工作員いらね。すっぱり切っても
話つながるぞ。
コメント

帝国歌劇団・花組 スーパー歌謡ショウ

2005-08-18 | 舞台
観てきました「新・青い鳥」
<厚生年金会館>
今年は初めて2回見ました。
生のお芝居はやっぱりいいよね。
でも今年は今までで一番「劇中劇」の扱いが薄かったよ。
その分、日替わりゲストや久しぶりのすみれさんを“たっぷり”堪能出来ましたけどね。
今年のメンバーがこんなに豪華だと、来年はどうなるんでしょう?
今から楽しみ。
コメント   トラックバック (1)

ショック!

2005-08-17 | 二十世紀青年
ずっと左目がおかしいので、今日やっと目医者に行きました。
しばらくほっておいたためか、結膜炎が結構重症になっていると言われてしまう。一ヶ月位地道に目薬で直していくしかないそうです。

が、ソレよりもショックだったのは、生まれてこの方ン十年 1.0以下に落ちたことの無い視力が「低下」している、とはっきり指摘されたこと。
「老眼」で「遠視」で「乱視」だそうな。視力検査だと1.2くらいまで「見えて」しまうので、「いままで発覚しなかったのでしょう」と。特に乱視はずっと持っていたはず、とまるで「生まれつきの不治の病宣告」を受けた気分でした。「自分は目がいい」と思っていたので余計ショック!10歳くらい老け込んでしまいました・・・。
「若いうちは矯正力があるから余計分かりにくいんですよね~」と医者に軽く言われ、さらに10歳くらい老け込んでしまいました・・・。
コメント

お台場に行きました

2005-08-13 | 二十世紀青年
今年は並ばずに入れました。
いつも思うが「モノを創るチカラ」ってどんなものでも
素晴らしいと思う。
もう10年くらいちゃんと絵を描いてない。
残暑見舞いからはじめるかね・・・。
コメント (1)

ハチミツとクローバー

2005-08-06 | 漫画
「ハチミツとクローバー」原作7巻をついに読み終わってしまいました。
アニメが始まってから、1巻からゆっくり読みすすめていたつもりでしたが、いつの間にか既刊を全て読み切ってしまいました。
これからはしばらく間が開かないとコミックスで読めないのか。さみしい。

と思っていたら、8巻が8月19日に発売されるじゃないですか!
買わねば!!

でも、そのあとはやっぱり・・・・。
小説は読むのに何日かかかるので、続き物でも一巻をゆっくり味わうことが出来るけど、マンガって一気に読んじゃうんで、
次が出るまでさびしい・・・。
コメント