お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

gooリサーチモニター

NTTコム リサーチモニターに登録!

ヴイナス戦記 舞台挨拶つき上映会

2019-10-06 | 映画2019

観てきました。

<新宿ピカデリー>

監督:安彦良和
原作:安彦良和(学研「NORA」掲載)
脚本:安彦良和、笹本祐一
キャラクターデザイン:安彦良和
作画監督:神村幸子
メカニックデザイン:小林誠、横山宏
メカニック作画監督:佐野浩敏
美術監督:小林七郎

 

懐かしかった!30周年でいろいろやってるんですね。

と、言いつつ上映当時も観たはずだけど、ほぼほぼ内容忘れてた。

味方のイヤな上司が池田秀一サンで、敵の親分が塩沢兼人サンってのが「時代」だけど、主役が少年隊の植草クンってのがなんとも。

そして主題歌が正に80年代メロディ!

安彦センセイの「封印してた」って発言がオドロキ。

 

【萌えポイント】

※記憶媒体がDISC!

 

70点。

 

公式サイト

 

コメント

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

2019-08-15 | 映画2019

観てきました。

<イオンシネマ板橋>

総監督:山崎貴
監督:八木竜一、花房真
監修:堀井雄二
原作:堀井雄二
脚本:山崎貴
音楽:すぎやまこういち

うーん。

…。

うーん。

いやー、観る前に「評判悪い」情報のみ耳に入った状態で鑑賞。

最後の最後で「評判悪い」理由がわかりました。

いやー、これは…。

「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」を楽しみに観に来たお客さんが怒るのは無理ないなあ。

個人的には、メタ展開キライジャナイから、ギリその場では腹立たなかったけど。

冒頭のゲーム画面とか「へー、こう来たか!」とワクワクした分、キツイものがあるかな。

でも、「堀井雄二監修」なんだよなあ。

確かに「ユア・ストーリー」でしたね。

 

【萌えポイント】

※フローラ選びたかった!

 

70点。

公式サイト

コメント

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲

2019-07-28 | 映画2019

観てきました。

<TOHOシネマズ日比谷>

監督:ティモ・ヴオレンソラ
脚本:ダラン・ムッソン

空前絶後の
SFアクション・
エンターテインメント

ナチスが恐竜に乗って
攻めて来たッ!!

 

アップル信者の感想が聞きたい!

相変わらずナンセンス。

館内もクスクスのさざ波。

なんだかいろんなオマージュ?パロディ?

小ネタいっぱいで、きっと気が付いてないモノもいっぱいあるんだろうな。

なぜ宇宙空間でスマホが通じるのか?

 

そしてラストシーン。

あのシンボルは反則だろう!

 

【萌えポイント】

※パワーポイント!

 

85点。

 

公式サイト

コメント

新聞記者

2019-07-15 | 映画2019

観てきました。

<新宿ピカデリー>

監督:藤井道人
原案:望月衣塑子『新聞記者』(角川新書刊)、河村光庸
脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人

内閣官房vs.
女性記者――

 

評判なので観てきた。

うーん、なんだろう。乗れなかった。

筋立ても映画としての盛り上がりもイマイチ。

フィクションならもっと原作寄りに作るべきだったと思う。

なんならドキュメンタリーで良かったんじゃあ。

 

【萌えポイント】

※ないかな。

 

65点。

 

公式サイト

 

コメント

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46

2019-07-14 | 映画2019

観てきました。

TOHOシネマズ上野>

監督:岩下力


乃木坂ドキュメンタリー。2018年一年間と今年の春まで。 やっぱり卒業はさみしくなる。いろいろ泣いた。

でも、一部で言われてるように、「これからこのメンバー中心でいきますよ」って匂いを感じなくもなかった。


【萌えポイント】

※なんて思ってたら翌日の選抜発表で4期生がセンターに!


75点。


公式サイト

コメント

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」

2019-03-17 | 映画2019
観てきました。
<シネマサンシャイン池袋>

監督:塩谷直義
演出:河野利幸、遠藤広隆
シリーズ原案:虚淵玄
脚本: 深見真
ストーリー原案: 塩谷直義
キャラクター原案: 天野明
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒
総作画監督: 恩田尚之、阿部恒、中村悟
作画監督: 中村深雪、古川良太、竹内知海、古川尚哉、市川美帆、黄瀬和哉、阿部恒、諸貫哲朗、新野量太、中村悟
美術監督: 草森秀一

※待ってました!狡噛編。
「恩讐の彼方に」って作者菊池寛なのか。
こんど読んでみようかな。

※フレデリカ、また出てきた。
そんなに悪い奴じゃなさそう…?

※テンジン助かってよかった!

※それにしても、シビュラシステムが支配する未来に、紙の煙草がまだ存在しているのでしょうか?

【萌えポイント】
※雨の中踊っている男。

90点。
コメント

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian

2019-02-17 | 映画2019
観てきました。
<シネマサンシャイン池袋>

監督:塩谷直義
演出:下司泰弘
シリーズ原案:虚淵玄
脚本:深見真
ストーリー原案:塩谷直義
キャラクター原案:天野明
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、青木康浩
総作画監督:阿部恒
作画監督:中村深雪、古川良太、阿部恒、諸貫哲朗
美術監督:草森秀一

※征陸&須郷編。
TV版1期の前のストーリー。
なつかしいキャラが続々。

やっぱり征陸サン、渋いねえ。カッコよかった。

【萌えポイント】
※花城フレデリカ。あやしい。

85点。

コメント

コードギアス 復活のルルーシュ

2019-02-10 | 映画2019
観てきました。
<板橋イオンシネマ>

監督:谷口悟朗
脚本:大河内一楼
キャラクターデザイン原案:CLAMP
キャラクターデザイン:木村貴宏
メインアニメーター:木村貴宏、千羽由利子、中田栄治、中谷誠一
メカニカルデザイン:寺岡賢司
美術監督:菱沼由典
ナイトメアフレームデザイン:中田栄治
ナイトメアフレームデザイン原案:安田朗

ネタバレが蔓延する前に観られて良かった!
個人的には「復活」に納得行ってない部分もある。
TV版できれいに終わっていたと思っているので。
とは言え、やっぱゼロはルルーシュじゃなくっちゃね。
(このアンビバレント…)
なにしろ展開が濃いい!
呉越同舟だけれども、ブリタニア、中華、黒の騎士団が共闘するシチュエーションに燃え萌え!
頑張って改変三部作観ておいた甲斐があった。
色んな感情が相まってのラストシーン。その感慨は、TV版を観ていたからこそ。
泣けた。

【萌えポイント】
※ルルスザ?スザルルの間に割って入れないカレン&C.C.

95点。

コメント

劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉舞台挨拶つき

2019-02-09 | 映画2019
観てきました。
<TOHOシネマズ新宿>

総監督:こだま兼嗣
原作:北条司
脚本:加藤陽一
キャラクターデザイン:高橋久美子、菱沼義仁
総作画監督:菱沼義仁
サブキャラクターデザイン:ことぶきつかさ、西村博之
作画監督:可児里未、田頭真理恵、松川哲也、寺尾洋之、仲盛文、竹内進二、伊藤裕次、鈴木卓也、赤井尚方
メカデザイン:石垣純哉、植田大貴

劇場版シティーハンター舞台挨拶付で観てきました!

面白かったー!!
いい意味で90年代テイストな、お定まりの展開が心地よく。
冴羽リョウの無敵ぶりをたっぷり堪能しました。

そしてなんといっても、ありそうでなかった「キャッツアイ」との共演。
劇中でかかる「Cat's eyes」に、ゾワーっとしました!できればフルで聴きたかった!

エンディングでは「待ってました!Get Wild!」最高!やっぱり心が震える!

新宿で観て良かった。
舞台挨拶の神谷明さん、伊倉一恵さん、戸田恵子さん、お元気そうでなにより。
まあお目当ては生キョウリュウバイオレットだったのですが!?(///∇///)

【萌えポイント】
※「Cat’s eyes」
※「Get Wild」


80点。

公式サイト
コメント

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」

2019-02-03 | 映画2019
観てきました。
<池袋シネマサンシャイン>

監督:塩谷直義
演出:黒川智之、下司泰弘
シリーズ原案:虚淵玄
脚本:吉上亮
ストーリー原案:塩谷直義
キャラクター原案:天野明
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒
総作画監督:中村悟
作画監督:新野量太、古川良太、鈴木俊二、森田史、中村悟、諸貫哲朗
美術監督:草森秀一

霜月&宜野座編。

うーん、佳作?
常森の出番少なし。

霜月もかなりやり手になってきたねえ。

宜野座はん、やっぱり正義の人やなあ。

※核廃棄物ってあんなに無造作に触って大丈夫なの?

【萌えポイント】
※保留。

75点。

コメント

十二人の死にたい子どもたち

2019-01-27 | 映画2019
観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:堤幸彦
原作:冲方丁
脚本:倉持裕

文庫を読み終わってから観に行こうと思っていたのですが、公開初日二日目の感想の賛否両論の激しさに、つい気になって観に行ってしまいました。

結果からいうと、私はこの映画楽しめました。

確かに、CMのつくり的には「12人の死にたい少年少女が集まった廃病院で起きるクライムサスペンス」風な仕上がりだったので、「期待と違った」って意見はまあしょうがないかな、と。いかにも「連続殺人…?」みたいなアオリでしたから。

ほぼ12人の若手俳優さんだけで進むストーリーでしたが、イイ感じに特徴あるキャラクターが繰り広げる謎解き群像劇として、みごたえありました。

中でも特に、新田真剣佑くんの演技がよかった。
それまで、ギラギラした役柄の作品ばかり観ていたので、「へえ、こんな押さえた演技もできるんだ」と観入ってしまいました。

【萌えポイント】
※嵐活動休止発表。
映画観終わって、観客が一斉にスマホつけたら、件のニュース。女性客たちは映画の感想もそこそこに「え?ウソ」「え?活動休止?」とザワザワ。
きっと一生忘れない光景でした。

85点。

公式サイト
コメント

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

2019-01-03 | 映画2019
観てきました。
<イオンシネマ板橋>

監督:山口恭平
アクション監督:宮崎剛
原作:石ノ森章太郎
脚本:下山健人
特撮監督:佛田洋

時代が終わる。
すべてがはじまる。


冒頭、TV総集編が始まったかと思った。
ゲイツの名字を初めてちゃんと聞いたよね。
アタルの年齢設定にちょっと無理やり感。
ライダーがTV番組と言うメタ設定は大好物なのでOK!

事前に発表されてたアナザーが電王とWな時点で、やっぱ良太郎、翔太郎、フィリップの登場を期待しちゃうよね。
その意味では電王組登場は贅沢なファンサービスでしたな。

20作平成ライダーを観てきて良かったと素直に思える映画でした。

20年間ほぼ主役ライダーを演じてきた高岩成二さん、あらためてリスペクト!

【萌えポイント】
※うーん。やっぱここは良太郎と四タロスしか。

80点。

docomoのアイツ探しちゃうよね。

※公式サイト
コメント

映画 HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ

2019-01-03 | 映画2019
観てきました。
<イオンシネマ板橋>

監督:宮本浩史
原作:東堂いづみ
脚本:香村純子
総作画監督:稲上晃
CGディレクター:カトウヤスヒロ
美術監督:杉本智美

まだやってた!観れて良かった!

ここ数年、秋も春も映画館に行ってなかったのですが、やっぱ初代が出るなら、と観に行きました。
15年プリキュアを観てきて良かったと素直に思える映画でした。
続々出てくる懐かしいキャラにワクワクしながら鑑賞!
巨大モフルンに萌え。

「メモリーズ」の意味が深い。
ミラクルライトのシーンでは、ちょっとウルっときました。

それにしても映画第一作と比べて、CG含め作画クオリティの変化に驚き。

もうちょっとしたら、母娘二代のプリキュアファンなんて層も出てくるのでしょうか。
すごいコンテンツになったなあ。

【萌えポイント】
※やっぱ、みなとみらいが襲われないとね!

90点。

※公式サイト
コメント