緩和ケア医の日々所感

*** がんの症状緩和と子育てと ***

ESRD(末期腎不全)と終末期の違い。withhold, withdraw, stopの違いって、知っていますか?

2019年03月10日 | 社会時事
私は、医学部5年生のころ、卒後の進路について死の周辺領域に携わりたいと思い、緩和ケア、移植外科、救急外科を考えていました。その当時、緩和ケアを学べる病院はなく救急は体力的に不安だったので、移植、それも、当時は腎移植がメインだったので、腎臓外科という領域で、腎移植、透析、シャント造設などを学んでいました。そのようなこともあり、私が、緩和ケアに進路を変えたのは、腎移植、末期腎不全に緩和ケアの必要性を感 . . . 本文を読む
コメント

女性からだ会議®2019

2019年03月03日 | 社会時事
3月3日ひな祭り女性からだ会議®2019に登壇させていただきました。子宮頸がんの患者さん方が、予防や女性の体を考えていこうと立ち上げられた社団法人シンクパールさんが主催です。そのアクションは本当にエネルギー溢れていて、社会を変えていく力を感じます。情報発信は、色々な角度から注意を集めるその工夫はいつも感嘆です。さらに今回の催事の協賛・協力企業は14社も・・スゴイです。。そんなシンクパールさ . . . 本文を読む
コメント

池江さんのニュースで感じた痛みを大切にしたい。支え支えられる社会となるように。

2019年02月17日 | 医療
池江璃花子さんの白血病で日本中が揺れた1週間でした。この報道を通して感じたこと。このニュースを聞いた人は、他人事として聞いたのではなく、がんと診断された人が感じるショックやこれからどうなっていくのだろうという先の見えない不安や今までの自分から、他の自分へ切り替えなければいけないという喪失感など大小の差はあるとしても、自分の事のように痛みを覚える体験したのではないかと思います。私自身ニュースを聞いて . . . 本文を読む
コメント

私達はバランスのグラディエーションの中にある

2019年02月11日 | 社会時事
昨日は、「がんになる前にしっておくこと」のトークショーに登壇させて頂きました。寒かったのですが、天気が回復し、84席 満席!でした。消防法上立ち見ができないそうで、御帰りになられた方もいらっしゃったとのこと。ちょっと、切なかったです。。トークショーの前に打ち合わせをしていたときのこと。三宅さんが、撮影のカメラを回しながら気づいたこととしてお話しくださったことがありました。「健康って、バランスなんで . . . 本文を読む
コメント

明日2月4日は世界対がんデー 2月10日沢山の人に観てほしいなあ・・

2019年02月03日 | 医療
2月2日、映画が封切られました。初日は、大盛況だったそうです。同日、私は、日本アイソトープ協会の市民公開講座に女子医大の唐澤久美子先生と登壇させて頂いておりました。早速、映画を観に行ってくださった方からお声をかけて頂きました。2月10日11時50分~12時10分映画の後の、トークショー!登壇します。ドキュメンタリー映画「がんになる前にしっておくこと」場所;新宿 K’sシネマ2月10日( . . . 本文を読む
コメント

見えないものに気づける目を持ちたい

2019年01月28日 | つれづれ
最近、とても強く思うこと。見えないものにこそ、大切な意味がある沢山の見えるものに囲まれていると、見えないものはその次になっていきます。見えるもので目は止まってしまい、見えないものは見えなくなってしまいます。●癌は見えるものを相手にしますCTやMR画像に映る腫瘍シンチのスポット病理組織の異常細胞血液に流れるブラスト細胞腫瘍マーカー採血データこうした見えるものの先には沢山の見えないものがあります。 . . . 本文を読む
コメント (2)

映画:がんになる前に知っておくこと(15人の医療・体験者と共に出演しています)

2019年01月15日 | 医療
2月2日から、新宿 K'sシネマで「がんになる前に知っておくこと」という映画がロードショーされます。女優の鳴神綾香さんがご自身の乳腺に腫瘤が見つかったという背景の中、15人のがんに関する医療者やがん経験者をインタビューし、がんについて、知識を深めて行く過程をまとめたドキュメンタリー映画です。私も、緩和医療のことについて15人の一人としてお話しさせて頂きました。その時は、こんなロードショーになると意 . . . 本文を読む
コメント

人生の中で一番強いストレスは・・・年の明けに想うこと

2019年01月06日 | 医療
新しい年になりました。昨年末は、何かと「平成最後の〇〇」が連呼されましたが、いざ、新年を迎えると、気持ちも新たに、節目としての歴史を感じています。人生には、沢山のストレスがあります。もっとも大きなストレスは、配偶者の死だと言います。TH.Holmes, TH Rath. J of Psychosomatic Res., 1976そして、クリスマス、お正月と続くこのシーズンは、見送った大切な人との思 . . . 本文を読む
コメント

企業さんとの距離感

2018年12月24日 | 医療
このクリスマスシーズン、家族が我が家に集い、食事を共にしました。20年来飾ってきたクリスマスツリーと共に、次男が結婚し、子どもが生まれ、さらに、この春には長男も結婚することとなり、3人増えた食事に、いつも以上に華やぎました。話しは変わり・・このところ、ずっと考えていたこと・・医師のプロフェッショナリズムとして企業の方々とどのように共働していくかということ。利益を追求する企業に依頼された医師が宣伝的 . . . 本文を読む
コメント

以前、緩和ケア病棟でそれは違う・・と思ったこと。

2018年12月16日 | 医療
緩和ケアは医療的必要度をはるかに通り越した過剰な医療の中で亡くなっていく人々の尊厳を取り戻そうという市民運動から展開していたったものです。向いている先は、患者さんがどのような状況にあっても最大のQOLを維持できるようよりよくあり続けること(Well-being)を目指すものです。そんな原点を改めて意識しようとしてふと思い出したことがありました。 もう相当前のことです。友人の医師から、おじい様がが . . . 本文を読む
コメント (2)

ある食道がんの患者さんのこと

2018年12月02日 | 医療
10数年以上前のこと。他の医療機関にいたころのことです。ある食道がんの患者さんをがん治療医から入院中に依頼を受けて看ていました。頚部の疼痛には、NSAIDs、オピオイド、鎮痛補助薬としてまだ、プレガバリンはない時代でしたので、クロナゼパムとカルバマゼピンでコントロールをつけて、退院されました。とても、細かく医師や看護師の説明をメモに取られており、病棟スタッフは、少し抵抗感を持っていたようでした。退 . . . 本文を読む
コメント

明日、Webライブ講演に登壇します

2018年11月25日 | 医療
明日、19時からWeb講演に登壇いたします。シオノギ製薬医療情報ライブ配信サイトよりWebライブ講演2018年11月26日(月) 19:00~20:00スキルアップがん症状緩和~オピオイドの副作用対策を中心に~薬剤師さんを対象としたわかりやすい内容でと、ご依頼を頂きました。症例からオピオイド導入処方例を提示した後、オピオイド副作用のレビュー(国家試験レベルに簡単に)悪心・嘔吐の開始初期に多い2つの . . . 本文を読む
コメント

お父さんの絵(3)

2018年11月11日 | 医療
「お母さん、色んなのを描いてたよ。 (描いた蝸牛をさして) これ、お母さん。・・・・ (ちょっと小さい蝸牛を描いて)これ、私。 (もっと小さい蝸牛を描いて)これは、弟。」  (しばらく、手は止まっていました。    そして・・、点々で蝸牛を描き始めました。    他より、大きく、でも、点線なので、色は薄い蝸牛でした)「これは・・誰?」「これはね。 お父さんだよ・・。  . . . 本文を読む
コメント (12)

思い出せないお父さんの顔(2)

2018年11月04日 | 医療
ある日のグループワークのテーマは亡くなった人の絵を描いてみようというものでした。  その日、みほちゃんの隣に座った私はじっと止まって動かないみほちゃんにゆっくりと話かけました。  「どんな気持ちかなあ・・」  「だって、お父さんの顔知らないんだもん。描けないよ」 「そっか、顔知らないんだね」 「お母さんね、写真とか、全部しまっちゃったんだ。  昔はあったような気がするんだけどね」「お母さん、 . . . 本文を読む
コメント (5)

みほちゃんとグリーフワーク(1)

2018年10月28日 | 医療
お天気だった今日、コアラカフェ®に参加しました。大切な大人ががん体験者の子ども達のサポートグループです。月1回の日曜日の午後2時間、板橋区の大学施設で開催しています。久々の小学生のファシリテーターです。20年ほど前、シンシア ホワイトさんがまだ、ダギーセンターのトレーナーだったころ、ルーテル学院大学が学術振興会の助成で招聘し、国内ではまだほとんどなかったグリーフワークのサポートグループのト . . . 本文を読む
コメント (2)