英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

春の話

2017-03-31 | 日記
通訳案内士の資格を取ったのは、もうずいぶん昔のことだ。
けれど、まったく通訳ガイドとしての仕事はしていない。
それでも、春と秋には必ず何件も、仕事の問い合わせの電話が入る。
観光庁のHPに登録されたままになっているようだ。

古い名簿を掘り起こしてまで、通訳ガイドを探さなければならいほど、京都の春と秋は外国からの観光客が多いということだ。
そりゃそうだ、春は桜、秋は紅葉、ですもんね。

今週の土日に桜が満開になったらいいなと思っていたけれど、どうやらもっと遅れるかな。
とても楽しみにしていたのだけれど、ちょっと残念。


閑話休題

姑は、さらに体が硬くなってきている。
毎日マッサージをしているのだけれど。
もう、泣くこともなくなった。
じっとまっすぐに横になっている。

けれどね、私たちの言葉は聞こえていて、それをちゃんと理解していることはわかる。
返事をしようとしても、言葉が出ないのだ。
これって、どれほど辛いことだろう。
何もわからなくなっている方が、ずっと幸せだと思ってしまう。

「呆ける」というのは、神様が老いた人々に与えてくださる、人生の「ご褒美」なのだろうなと思うのだ。



去年撮った、一番好きな円山公園の老木。
今年も立派に咲きますように。










コメント (6)

悪い顔

2017-03-30 | ネコ話(動物)
リビングで、珍しく仲良くくつろぐ2匹を見つける。
そーっと携帯で写真を撮る。




近づくと逃げられるので、思いっきり拡大して撮る。

栗吉の「悪い顔」にがっかりする。涙










コメント (6)

なーんちゃって言っちゃって。

2017-03-29 | 日記
昨日は「ちらし寿司」作りに体力を使い果たし、今日は、友人との昼食をはさんで、久しぶりの4コマの仕事で精力を使い果たす。

こんなことで、疲労困憊するとは、情けない。
ほんのひと月前まで、連綿と仕事をこなしていたのにね。


人とはいとも簡単に堕落するのである。


リビングで、栗吉があまりヒマそうにしているので、スーパーボールを転がしてみる。

はじめは、素知らぬ風を装っているのだけれど、我慢できずに、ボールを追いかけまくり、叩きのめすデブ。
その動きはあまりに俊敏で、写真のフレームに収まらない。


なーーんちゃって言っちゃって、でれでれと猫の様子を楽しんでいたのは私です。

コメント (6)

あ〜忙しい、いそがしい。笑

2017-03-28 | 日記
毎年、年末に、翻訳物のミステリーを一冊買って、お正月休みに読むのが習慣だった。
けれど、去年は、おばあちゃんズが相次いで亡くなって、本を読むどころではなくなった。


ところで土曜日に、丸善で、翻訳物のミステリーを一冊入手した。
ヨハン・テリオンの「冬の灯台が語るとき

「いろいろな賞を総ナメした、秀逸なミステリー」という帯に惹かれて買ったのだ。ww

日曜の昼過ぎから読み始めた。
止まらなくなった。
結局断続的に読み続け、月曜の午前3時に読了。

面白かった!


ネットで調べると、なんとこれは4部作だという。
「黄昏に眠る秋」に始まり、4つの季節を背景とした本が4冊出ているようだ。
これは読まねばなりませぬ。
勝手に手が動いて、アマゾンでポチってしまう。ww

本が届くまで、なにをしようかな。


そうだ、母がちらし寿司を食べたいと言っていた。
このあいだ、ネットで、「水玉ちらし寿司」というのが流行っているという記事をみたぞ。
  
(ネットより)

やってみよう!

赤かぶや日野菜、べったら漬けに卵の薄切りなどを、花型で抜いていく。

これがまあ、大変な作業でしたって!ww
(もう当分は、やらない。涙)

菜の花のお浸しに、とこぶしを煮付けたのをちょびっとだけ入れて、母に届ける。
夫の夜ご飯もおなじものだ。ww

  


今日は久しぶりに、仕事が3コマあった。
こうなると、やっぱり忙しいな、と思うのは、馬鹿ですか?涙



コメント (8)

懐かしい古い店

2017-03-27 | グルメ
四条木屋町あたりに、随分昔に、家族で出かけたステーキ屋さんがある。
通ったのは、もう、20年近く前だ。
まだやっているのかな?

電話をすると、元気なオーナーの声がした。

よし!
行くぞ!
と夫が立ち上がる。


狭い道に面した古い雑居ビルの階段を登る。
50数年前にオープンして以来、一度も改装をしていないという、カウンターだけの古ぼけた店内で、白髪のオーナーが料理の準備をしていた。
客は私達だけだ。

注文したのは、ロース(大)とヒレ(中)だ。
(大)は250グラム、(中)は200グラムで、(小)150グラム、というのもある。
なんと値段は、以前と全く変わっていない。
ステーキハウスにしては、驚くべき安さだ。


最初に、サラダとハムが出される。



そして、目の前の鉄板で焼かれた肉が、サイコロ状に切られて現れる。
昔々に流行った銀色のお皿に乗せられた、大量の肉。ww
お皿の半分は、肉が冷えないように、鉄板の上に乗っている。
(これは250グラムの方だ。上方に見える鉄板の古さがお店の年月なのだ。)



あっという間にペロリと平らげて、お腹をさする。
また、子供達を連れて、お邪魔しますと、挨拶をして店を辞した。

いつまであるだろうな、このお店。
オーナーはもう80歳近いだろう。
必ずまた、帰省する家族を連れて行こう。


帰りに丸善に立ち寄る。
本は読み飽きた、と思ったのだけれど、またまたふらふらと本の森に迷い込む。

1日中ここにいて、時々、ここのカフェでコーヒーを飲んで、名物のハヤシライスを食べて、好きなだけ本を買い込めたら・・・
なんて、想像している時が一番楽しいんだろうな。


家に戻って、パソコンの前に座ると、私の真正面に居座る猫一匹。
もうね、それだけで、至福のひと時が訪れる。
たとえ、目の前の猫が、デブでも、おっさんでも。ww


コメント (6)

怯えるてふ(濁点略)

2017-03-26 | ネコ話(動物)
お彼岸から一週間遅れで、実父の御墓参りに行く。
もう何度も書いたけれど、私の一番好きなお寺だ。




その後、京都イオンの百均へ。
改装されて、それは大きな店舗となっている。

ふらふらと店内を物色していると、
ねえねえ、ちょっと。」と声が聞こえた。

連れて帰ってよ。


しかたない、一緒に帰りましょう。ww




この子は、百均では超高価、200円もしたのだ♪
なんだか無駄に大きくてリアルだな。ww


怯えるてふ(濁点略)。ww



立ち直るてふ(濁点略)。ww



コメント (4)

堪能したのだ。

2017-03-25 | 日記
最近夫の仕事の関係で、朝が早い。

5時50分に起きて、朝食を用意して、夫を送り出した後、掃除洗濯を済ませて、ゆーーーーっくり夕ご飯の下準備をしても、お昼までには全てが終わっている。
姑も、デイケアセンターに行っているしな。

暇を持て余して作ったのが、お弁当風夜ご飯。ww



自然薯とトウモロコシの天麩羅と、合挽きと筍のレンコンはさみ揚げにゴボウの肉巻き。
出し巻き卵は、スノコがなくて、形がいびつだ。ww

延々とネットで過去の連続ドラマや映画を観る。

で、寝ているデブ猫を起こして、嫌がられる。




夜になって、2コマだけ仕事をして、姑の介護に行く。

家に戻って、頂き物の日本酒をガブ飲みする。




さてさて、もう堪能してしまった。
4月から、やっぱりしっかり仕事をしようっと。涙






コメント (6)

パクチーチップス♪

2017-03-24 | グルメ
カルビーから、ポテトチップス・パクチー味が出たと、パクチー友達 ww から教わった。
よく売れていて、すでに品薄になっているというではないか!

そりゃあ急いで、行きましたわよ、パクチーチップスを買いに、ファミリーマートへ!

チップスの置かれている棚は、確かに、半分くらい空になっている!
あわてて、1袋ひっつかんでレジに走る。ww


夜、お酒のあてに、夫に出してみた。
パクチーが苦手な夫が、普通にムシャムシャ食べている。

これ、パクチー味よ?

え?
・・・全然わからんかった!



そういうことなのだ。

カルディのパクチーチップスは、がっつりパクチーの香りがした。
けれど、カルビーのは、どうやら万人受けを狙ったようで、あんまりパクチーっぽくないのだ。
但し、ポテトチップスとしては、とてもおいしかったのである。




ところで、最近、デレ吉の日常生活の全容が明らかになってきつつある。
私がリビングにいる時間が増えたから分かっただけのことだけれど。ww


平日のある一日:
23時〜08時 私のベッドの上(爆睡)
08時〜09時 リビングのソファの上(寝たり起きたり)
09時〜18時 私のベッドの上(爆睡)
18時〜23時 リビングのソファの上(寝たり起きたり)


まあ、なんということでしょう! ww
24時間のうち、少なくとも20時間は寝ているではないか!

・・・突然ジャンプして、キャットタワーに飛びついたりするのに、どうして「ぎっくり腰」とか「四十肩」とかにならないんだろう?

・・・不思議だ。













コメント (9)

こんな日。

2017-03-23 | 日記
水曜日、夕方まで仕事がなかった。
ご飯の準備も、掃除も洗濯も、前日の深夜に終えていた。
追い詰められて動くのが苦手なのだ。ww


朝から本を読もうと思っていた・・・のだけれど、アマゾンのプライムビデオに手を染めてしまった。

翳りゆく夏」全5話を延々と観てしまったのだ。


もうそれはね、重たい話だった。
けれど、小説で読みたかった。
知らなかったのだ、原作を。


結局、昨日のカレーにキャベツの千切りを添えて、夕ご飯の準備、終了。ww


・・・まあ、こんな日があってもいいかな♪





コメント (4)

喧嘩を売っているわけではない。

2017-03-22 | ネコ話(動物)
栗吉につきまして、皆様から様々なツッコミをいただいた結果、現実の姿を受け入れることにいたしました。


現実の栗吉


うふ♪
やっぱり可愛い? ww

・・・家ネコがたった2匹になって、愛情が濃縮されてしまっているのだ、と「客観的に」分析してみる。涙



はいはい、これで手打ちです。
栗吉の真実


え?
特別可愛い!!?






いえね、喧嘩を売っているわけではございません。ww

コメント (10)

ウザいんですけど?ww

2017-03-21 | ネコ話(動物)
あのですねっ!
色々コメントでご指摘があるようですが、うちの栗吉は、可愛いんです♪
木の芽立ちの候だとか、真実を見る目が曇ってるだとか、さまざま仰っているようですが、違うんですっ!!

ほ、ほらね♪
可愛いでしょっ?
うちの子の、小さい頃ですの。ww



あ、あれ?
偽装ですって?
これは某S画伯のお家の美猫ちゃん、なんかじゃなくて、うちの栗吉の幼少の頃ですからねっ!!



えっと、色々ごめんなさい。



ところで、さくらは、私がいないときは、ソファの上にしつらえた、ネコ用電気シーツの上でまったりしている。




ほらね?
イカ耳じゃないから、きっと、きっと、私を嫌ってないと思うのだ。



遠くから撮ったんだろうって?

・・・色々ウザいんですけど? 涙


コメント (8)

やっぱり似てない?ww

2017-03-20 | 日記
久しぶりに、街へウィンドウショッピングに出かけた。
四条通から河原町へ
最終目的は、丸善だ。
一度、丸善の書籍部でゆっくり本を見たかったのだ。

BALビルの地下1階と2階に広がる、本の森。
ゆっくりゆっくりと、本を選ぶ。

村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス(上・下)」と、森見登美彦の「ペンギンハイウェイ」
そして、安部公房の「飢餓同盟」ww

村上春樹は、「再読計画」の一環だ。
安部公房も、「再読計画」に入ってもらう。
高校生の頃、どういうわけか安部公房に傾倒してしまい、授業中もなんのその、延々と読み続け、全冊読破をしたはずなのだけれど、今となっては忘却の彼方なのだ。

丸善の喫茶室に入って、コーヒーを注文し、「羊をめぐる冒険(下)」を読了する。
ここのコーヒーが、意外なほど(失礼!)美味しかったのだ。
サイフォンでたてた、たっぷりの、熱々のコーヒー♪

うふ♪
至福の時だったのである♪



帰りに実家の母の様子を見に寄る。

母が言う。

この頃、ももちゃんとそっくりの別の子がきてるんよ。
ももちゃん、どうしたんやろう、全然こないんよ。涙
今も、その、そっくりの子がきて、ご飯を食べた後、じっとしてるんよ。


え?
そうなの?

慌てて庭を見る。
・・・確かに古い机の上に、猫が一匹座っている。



おや?
でも、この子、ももちゃんやんっ!!



ねえ、この子、ももちゃんよ。

でも、なんか雰囲気が違うんよ。
なんかしんどそうやし。
毛もボサボサやし。
あんまり動かへんし。涙


いえいえ、十分ふっくらとしてきれいやし。笑
大丈夫よ、いつものももちゃんよ。


母まで、悲しいことを探して不安になっているようだ。
姑のことを話していたから、移っちゃったんだろうか?涙

母よ、大丈夫!
ももは元気です。笑



うちに戻ってリビングに入ると、なんだか恐ろしい視線を感じる。



嗚呼、おまえだったのね。涙




ところで、昨日の九州の保護猫と栗吉が似ている(と私が思う)件
「木の芽立ちでおかしくなってる。」とか「あんた大丈夫?ww」とか、いろいろ反論をいただいたけれど(笑)、ねえねえ、こんな感じだったら、似ていると思いません?
これは、保護した直後の栗吉なのです。


やっぱり似てない?ww



・・・似てない。



コメント (8)

心の外側と内側

2017-03-19 | 日記
朝目覚めて、ぼんやりと、3年前、栗吉が出奔した時、栗吉を見つけるために決定的なアドバイスをくださった、ローズマリーさんのブログ、こはる日和.を眺めていた。


あれ?
栗吉、なんでお前が九州で捕まってるの
!!?




いや、これは、栗吉ではない。
けれど、瓜二つじゃないの!
この、九州の子にも、幸せが訪れますように。





午後になって、「羊をめぐる冒険(下)」を読んでいた。

こんな文章が現れる。
「地獄だよ。羊は思念だけを残していくんだ。しかし羊なしにはその思念を放出することはできない。」

ここで、姑のことが頭に浮かんだ。

姑は、少し前には、「言わなくちゃならないことがあるのに、言葉がどんどん逃げていく。どうしたらいいの!!」と私の腕を掴んで何度も訴えていた。
今は、一言二言の言葉しか出せず、あとは、苦しげに顔を歪めて、ポロポロと涙を流しつづける。
思念が頭の中をぐるぐる回っているのに、それを言葉にして外に出せないんだろうか。
それとも、これは「姑の外側で流れている涙」で、心の中では、もう思念は回っていないのだろうか。

姑の心の外側と、内側。
表面上の姑は泣いているけれど、本当の姑の心は、もう何も患うこともなく、悲しみなど感じていないのだったらいいのだけれど。

考えても前に進まない。
私たちは、淡々とお世話をする。
世間話をしながら、突っ込んだり笑ったり。
それでいいかな。















コメント (4)

ラクレット2回がけ♪

2017-03-18 | グルメ
大丸京都店で、「パンフェスタ」が開かれていた。

チーズが大好物の母に食べさせたかったものがあるのだ。
「ドンクのホットドッグラクレット2回がけ」だ♪

目の前で、熱したチーズをごそっと削って、たらーりとパンの上に乗せてくださる。
それも2回!!
高齢者の食べ物じゃない気もするのですが。笑

(参考資料:ラクレット ww)


少食の母には、半分ほどしか食べられなかったのだけれど、それはそれは喜んだのだった。
痩せ型の割に、コレステロール値の高い母には、あまり勧められたものじゃなけれど、ほんのたまにはいいよね?





姑をみていて、つくづく思うのだ。
食べられる間に、食べたいものを、少しでも食べられる幸せが、どれほど大切なのか。
姑は、母よりはるかに年上だ。99歳までは、好きなものを少しずつ食べていた。
今は、何を話しかけても涙を流して、黙して語らず、ひたすら体を縮こまらせている。
食べる楽しみなど、とうの昔に失ってしまった。

老いることの現実は、本当に厳しい。


あなたはまだ若くて、幸せね。
・・・それにしては、不満そう?ww







コメント (7)

おっしゃる通り。涙

2017-03-17 | 日記
水曜日、十数年ぶりに新ジャガのコロッケを作ったのだけれど、ずいぶん余ってしまった。
二人分だけを作るのは、なかなか難しい。
もったいないな、どうしよう。

昔はいくつ作っても、あっという間に、なくなったのにな。


木曜は、朝から勉強会だった。
久しぶりだったので、それは疲れてしまった。

夜ご飯、どうしよう。


そうだ、ハヤシライスのインスタントのルーがあった。
よし♪
手抜き料理でいきましょう!


玉ねぎときのこと牛肉を炒めてルーを入れて、10分でハヤシライスのソースが出来上がる。

余ったコロッケと残りご飯とハヤシライスのルーを一皿に乗っけて、大量のパセリを散らし、トマトを飾る。


なんとか格好がつきました。
コロッケも消費できたしね。ww




「村上春樹再読計画」は今のところ順調だ。

ねじまき鳥クロニクル→騎士団長殺し→風の歌を聴け→1973年のピンボール→羊をめぐる冒険←現在ここである。

もしかして、ハルキストになっちゃってる?
いいえ、違うのだ。
私は熱狂的な「ファン」ではない。

え?
ほとんど同義だって?

いや、違うのですって。

おや?
どーでもいい、とな?
そーですね、ごめんなさい。(棒)












コメント (6)