英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

たこ焼きどっせ♪

2019-10-04 | グルメ
七条大橋のたもとに、たこ焼き屋さんができていることは、何年か前より知っていた。
屋台の延長のような、小さな店で、持ち帰りが専門だと思い込んでいた。
一度も行ったことがなかった。

ところが、ご近所さんから意外な情報が入る。

あの店ね、『七ちゃん』(『てつお』様のブログ記事を拝借しました。)って言ってね、中でちょっとした料理を出してはるのよ。
そこで飲めるし。
自家製の燻製もあって、結構本格的で、美味しいよ♪


えええ!!
そうだったの!!?
知らなくて、大損をした気分である。


早速今日、仕事帰りに、買いに行ってみる。
表でたこ焼きを焼いていて、中も狭そうだ。
でも、そこで若い人たちが、美味しそうなアテをつまみながら、しずかに飲んでるじゃない?


いいね、いいね、いいじゃない♪


けれど平日はふらっと立ち寄る時間もない。
とりあえず、たこ焼き6個入りを持ち帰り用に2皿注文する。

値段表を見て・・・おどろく。
「10月から値上げしてごめんなさい」と書き添えられている、その値段は、なんと6個入りで330円ですってっ!!

何種類かあるソースから『旨辛ソース』を選んで、熱々を持ち帰る。
大阪風の、タコだけのたこ焼きである。
キャベツなんかは一切なし。


でも、とろっとろで、すごく美味しいじゃないっ!?




ずいぶん特をした気分の深夜。



コメント (2)

和洋のコラボレーション?食のグローバリゼーション?

2019-10-01 | グルメ
またまた友人たちに連れられて、フレンチ専門と和食専門の兄弟の営むお店に出かけた。
三条商店街の近くである。
町家をそのままお店に仕立てた店だ。



和、洋、と、代わりばんこに供される。
この頃、この手のお店が多いのです。
和洋のコラボレーション?
食のグローバリゼーション?

まあ、美味しければなんでもいいのである。ww






洗いたてのシートの上で、夢見るトド。
(『トドな日記』は、もうちょっと続いたりするかも?知らんけど。ww)








コメント (2)

おでんをアテに、焼酎あおる。ww

2019-09-26 | グルメ
水曜日だけは、少し仕事が早くおわる。
で、夜のスーパーになだれ込んだ。

さて、何を買おうかしらん?

筑前煮もいいな。
キャベツと豚肉を炒めたのもいいな。
綺麗な鯛が安いから、鯛めしにしてもいい。

もちろん、明日以降の献立である。


山ほど買い込んで、家に戻る。
座る間もなく、台所に立つ、この感じが、ス・キ♪
(気持ち悪いですって?それを言うな!どすえ。ww)

まずは鯛の下ごしらえをして、焼く。
とりあえず、冷凍。

しばし迷って、鰹出汁をとる。

そう、あしたの献立は『おでん』に決定なのだ。
ちょっと涼しくなってきたら、こういうのがいいよね?
・・・単なる『気分の問題』なのだけれど。ww

色々下茹でやら何やらしたけれど、結局は『普段のおでん:適当炊き』が出来上がる。
家族の数も減ったのに、やっぱり土鍋いっぱい炊いてしまう。ww




料理が終わっても、22時。
いつもなら仕事中だ。


こんな日が
たぶん一番
好きかもね
おでんをアテに
焼酎あおる。ww


とりあえずは、奇跡のツーショット♪
(トドじゃないです、栗吉です。)






コメント (4)

とらや茶寮 一条店。

2019-09-25 | グルメ
9月24日は、実父の祥月命日だった。

朝から母を連れて、お墓参りに出かける。
大学生だった頃、突然逝ってしまった父に想いを馳せる。
色々あったけれど、なんとかここまでやってきたね、と、老母の背中をポンポン、と撫でる。


はい、ポン吉ですもの♪
ここはポンポン、とね♪
え?ウザいとか何とか?
煩いどすえほっといて!


さて、帰ろうか?
あれ?まだ10時過ぎだ。


よし!

御所の西側にある、『とらや』へ行ってみましょう。
綺麗なお庭があったはずだ。

それは狭い駐車場(碁盤の目の細い道に面しているのだから、仕方ない。)になんとか車を停めて、茶寮側に出る。

途端に、この景色である。




店内ではなく、庭側に出て、ゆっくりと庭園を眺める。




『くず切り』と『あんみつ(小)』ですって♪




母が、すてきね、と、ため息をつく。

何十年も経って、やっと母の泣かない祥月命日を迎えた。


コメント (2)

忙中閑あり:ドルフにて。

2019-09-23 | グルメ
日曜日の午後、久しぶりに時間があって、Facebook仲間の方の個展に出かけた。
それはエネルギッシュで魅了的な方だ。

一つ、魅入られてしまった絵があった。
小ぶりな作品で、その名も『forest』
不思議な色の森の中に、おおきな白い月が浮かんでいる。

暫し佇む。


さて、夜の授業まで、まだ時間があるな。
そういえば、お昼を食べていなかったぞ。

同志社高校の近くまで足を運ぶ。


店に入るなり、驟雨だ。
サンルームのガラスを、雨水が伝う。




美しい雨粒を眺めながらいただいたのは、サンドイッチにアップルパイを一口。ww

忙中閑あり。









コメント (4)

体によくないプリン体。ww

2019-09-17 | グルメ
弾丸家族が帰り、いつもの授業も終えて、パソコンを前に、座っている。

疲れたな。


遅い夜ご飯を、もそもそと食べる。
昨日の『ミニヨンちらし寿司』の残り物だ。

けれどね、イクラが余ったていたから、大量にぶっかけた、超絶豪華版なのである。

うふふ♪ あはは♪


どうしてそんなにイクラがあったのだ?ってお尋ねですか?

今回は、お安い筋子を見つけて、一か八かで買ってみたのだった。
友人に教えてもらったり、クックパッドにご教授願ったり、試行錯誤で、筋子をイクラに変身させる。
今までトライしたことがなかった。

けれど、何とかかんとか、そりゃあ山ほどのイクラが仕上がった。
誰にもおすそ分けもせず、それをぜーーーんぶ平らげたのでした♪


・・・体に良くないプリン体。ww


静かになって、安堵する猫。








コメント (2)

ミニオンのちらし寿司ミッキー添え ww

2019-09-16 | グルメ
帰省中の家族の夜ご飯を作ろうとしたのだが、どうしても、ゆっくり作る時間がない。

悩んだ末に、いつものちらし寿司だけ作って、あとは、デパ地下に頼ることにする。

こういう時、仕事場が伊勢丹に近いと、とっっっても便利なのである。ww

唐揚げに、サラダに、エビのアヒージョやらなんやら買い込んで、家に戻ったのが、午後5時、そこから、大騒ぎをしながら作った『ミニオンのちらし寿司、ミッキー添え』ww





昨今は、可愛い便利な食材がある。ww


猫は相変わらず、むっつりとはしているけれど、大丈夫よ、もう、みんな帰っちゃうからね。ww





コメント (4)

飲茶よ飲茶❣️(追記あり)

2019-09-13 | グルメ
もう12年も前に、東京の大学に行った、元生徒から連絡が入る。


先生、元気にしてるか?
今京都に帰ってるんよ、久しぶりに。
なんか美味いもん食わせてくれ〜〜〜〜


え?
あなたもう30歳を過ぎてるでしょ?
子供もいるよね?ww

とはいえ、連絡があるのが嬉しい。


そそくさと出かけるのは、街中にある中華料理屋さんだ。
ランチに、美味しい飲茶のビュッフェがある。
初夏にも一度行っている。
べつにいいよね、好きなんだもの♪


男子は食べる量が違う。
前菜から、蒸し物やら焼き物やら揚げ物やら汁物やら、片っ端から平らげる。
そりゃあ気持ちのいい食べっぷりだ。

ただね、その子の言うことが・・・


おお、これ美味い!!
うう、これ美味い!!


・・・語彙力のなさは相変わらずである。


1ラウンド目の蒸し物、の、一部。ww



2ラウンド目の蒸し物、の、一部。ww




今でもお腹がいっぱいだ。笑



コメント (6)

『なるホット』な牛タン弁当。

2019-09-09 | グルメ
歓喜のコンサートから明けて、翌日。

・・・現実に戻る。


とっとと京都へ帰らなきゃ!
台風も近づいているし、仕事も待ち構えている。


新幹線のチケットは早めにとっておいたから、大丈夫だったけれど、どの便も満席のようだ。

電車が東京駅を出る。
どうしても食べたかった、『瞬時にあったかくなる牛タン弁当:駅ナカ人気No3』をおもむろに取り出す。
『なるホット』という加熱器ですって。
思わず脱力する。ww


そこでちらっと隣の席の方のお弁当を盗み見る。
『柳川飯弁当』ですって?」


あれ?
そっちも美味しそうじゃない?
いやいや、牛タン弁当に集中するのだ。

黄色いひもを、ゆっくりと引っ張る。
これで5分待ったら、熱々のお弁当なのである。




5分のところを3分待って(3分以上は待ちきれないんですって!)お弁当の蓋を開く。

嗚呼!
湯気が、湯気が立っているのです!!


喜び勇んで、お箸を入れる。

ガツン!

あれ?
こんなに深い丼風なのに、そこが浅い??

思わず麦飯をかき分けると、そりゃあ底の浅いこと!
お弁当の3分の2は、温めるための仕掛けだったのだ。


少なめご飯の、ヘルシー弁当ね?

・・・でもまあ、一応『病み上がり』なのだから、そっちのほうが良かったのだと、やせ我慢を言ってみる。涙










コメント (4)

『桃のコンポートのトースト』か『きのこの山』か?ww

2019-09-05 | グルメ
テレビで、桃農家の方が、美味しいトーストの食べ方を紹介されていた。

ちょっと固かったり、傷んだ桃は、砂糖少々でちょっと煮て、バターをたっぷり塗ったトーストに乗せたら美味しいと。
コンポートを作ってパンに乗せたらいいってことね。


そのまま、忘れていた。



今日、急に甘いものが食べたくなった。

・・・なんにもない。

けれど、桃は1つ残っている。

・・・だいぶ傷んでいるけれど。


よし!
やってみましょう!


こんな感じ?




確かに美味しかった。
とーーっても『お上品♪』な感じ。
色はもう一つ。



本当は、『きのこの山」とか、そういう系を食べたかったんですけれど。ww







コメント (4)

ランチ会@祇園

2019-09-04 | グルメ
バタバタしていた夏の終わりに、久しぶりに友人たちとお昼ご飯を食べに出た。

嬉しいな♪
ここ数日は、おかゆくらいで何も食べられなかった。

でも、もう体調万全、なんでもこいっ!なのだ。


久しぶりの祇園である。
やっぱりいいな。




こう見えて、和食のお店ではない。
イノヴェイティブ・フュージョンですって。
フレンチとイタリアンと和食の融合、的な?




今回のお題は『白露』である。




けれどさすがに食べ疲れる。
かえってすぐに、横になる。


・・・颯爽とあらわれる、極彩色の宇宙人。ww



夢も見ないよりは、ずっとマシだと(夢の中で)話しかけたら、ネオンカラーのマシンガンで撃たれてしまった。


・・・ぜんぜん痛くなかったけれどね。ww


コメント (4)

なんだか寂しいね。

2019-08-25 | グルメ
久しぶりに、イノダ本店に、遅いお昼を食べに行った。
『イタリアンスパゲティ』を注文して、タバスコを、ワサワサとかける。


あらら、いいよね、このケチャップ感♪





そういえば、鳥たちはどうしているだろう?
3年前は、みんな、つがいでいたのだけれど。

(以前)


(現在)




(以前)


(現在)



なんだか寂しいね。


コメント (3)

生ビールの一夜。

2019-08-12 | グルメ
世間は連休のど真ん中、仕事帰りに、ちょっとビールを飲みに街に出る。


夜の鴨川べりは、それは賑やかだ。
夏の間だけ出される床も、どこも満席のようだ。

床ってね、風情があっていいとか言われているけれど、そりゃあ暑いのです。
ベランダみたいなものだから、クーラーなんてないし。
川面から吹く風も生暖かいのを通り過ぎて、熱波のようだ。
それでもやっぱり、床には不思議な魅力がある。





こんな暑い夜は、やっぱり生ビールでしょ♪
新京極の『キリンシティ』に行こう!

やっぱり直営店で飲む生は、格別だ。
普段はビールはあまり飲まないけれど、これだけは、別なのだ。ww


見よ!!
レギュラーとラージの大きさの違いを!!




見よ!!
最高のビールのお供を!!





帰り道、南座の前から空を見上げると、ちょっと太った半月が輝いている。

綺麗な夜空だ。

けれど、この晴天は、もう続かない。



15日から出かけるのだけれど、台風直撃ですって。号泣

コメント (6)

声高く『ハンバーーーーーグ♪』と叫ぶ。

2019-08-06 | グルメ
月曜日、いつものように、コツコツ働く。

休憩時間は、今日は午後4時から2時間ある。
お昼ご飯は食べていない。
夜ご飯も、食べられなさそうだ。

変な時間だけれど、とりあえず、きちんと食事を摂りましょう、そうしましょう!


地下街に降りると、いつも長蛇の列の『キャピタル東洋亭』の前に、誰も並んでいないぞ?
最近はいつも、アジアの方々でいっぱいなのだ。
流石にこんな時間にご飯を食べる人は少ないのかな?


久しぶりに入ってみよう。

ここは昔からトマトがひとつ丸ごとのサラダと、ハンバーグが有名だ。
高島屋内にあるお店も、いつも列ができている。


何年振りかな?
10年振りくらいかも?

店内に入り、早速ハンバーグを注文する。
待つともなく、懐かしいトマトのサラダが現れる。
昔と寸分違わぬサラダである。ww




次に、アルミフォイルに包まれた、大きなハンバーグに、付け合わせの、まるごと1個のじゃがバターがやってくる。

ハンバーーーーーグ♪




うひひ♪
この時間帯は、コーヒーが無料でついてくるんですって♪
それだけで得した気分である。





ゆっくりのんびりして、仕事に戻る。
2時間くらい休憩時間があったら、なかなかいいよね。
コメント (4)

金魚にアジサイにひょうたんに・・・ポンタ。ww

2019-08-04 | グルメ
酷暑の、四条河原町へ、買い物に出かけた。

途中、四条大橋を渡っていて、気づいた。
土日は、川岸で『鴨川納涼まつり』をやっているんだ。

『納涼』という言葉が不似合い過ぎて、憐れを誘うけれど、まだだれもいない真夏の午後の会場は、なんだか風情がある。




ジュンク堂で、中身を検討しながら、とりあえず、赤本と実戦問題集を、合計6冊、
実母にお弁当と甘いもの、
それに、化粧品を少々。
これだけ買い物すると、結構重い、というか、ものすごく重い。

片手に日傘、もう一方で、全部の紙袋を抱えて、ゼイゼイ言いながら歩く。

夏を恨むのは、こういう瞬間である。


夏の和菓子は、とても綺麗だ。
二条若狭屋と、本家玉寿軒に千本玉寿軒の、涼しげなのを選ぶ。
水中のキンギョや、ひょうたんや、紫陽花。





お店で、ガラスケースの奥にふと目を移すと、『ポンタ』がいたのだ!

亀屋良長が作ったんですって!!1日限定10個で、1つ540円!
一瞬で売り切れるらしい。

確かに可愛くて美味しそうです、特におへそが♪ ww







コメント (6)