英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

中村文則

2014-01-31 | 日記




先日、本屋大賞の候補作品が発表された。

その中で、面白そうなものを2、3冊、アマゾンに注文した。

柚木麻子の「ランチのアッコちゃん」

中村文則「去年の冬 君と別れ」と「掏摸」

「ランチのアッコちゃん」はとても読みやすい連作だ。

とくに一作目の、表題作でもある「ランチのアッコちゃん」は美味しそうな食べ物の描写とともに、とても心に残るものだった。

だって、表紙もこんなに美味しそうなんですもん。ww



知らなかったのだが、去年の夏、大阪のデパートで、この短編集に出てくる色々な料理を、実際に作って販売したそうな。

行きたかったな~


中村文則に関しては、恥ずかしながら、この作家が、芥川賞を含む様々な賞を総嘗めにしているという事実を全く知らなかった。

本屋大賞の候補作である「去年の冬 君と別れ」を読んで一気に引き込まれた。

直ちに「掏摸」に没頭した。

今は、更に追加注文した、彼の作品4冊を待っている。

楽しみだな~


ところで、電子書籍は読みやすいのだろうか?

私は、本棚に本がずらりと並んでいるのを眺めたり、紙の感触を指先で感じながらページを繰るのが好きだ。

それに、電子書籍が出た当初は、読みたい本がほぼ皆無で、がっかりしたものだった。

ところが最近、電子書籍にスイッチする友人が多くなってきた。

文学作品も出そろっていると云う。
(さらには著作権の切れた古い文書は読み放題だしね。)

皆一様に、便利でいいとは云うけれど、やっぱり紙の書籍の魅力も捨て難いとも云う。

どっちやね~ん!ww

iPad一つに、読みたい本のデータをいっぱい詰め込んで、何処にでも軽々と持ち歩ける、というのは凄く魅力だ。

けれど、ノートパソコンとスマートフォンがあれば、iPadを買い足す必要もないしな。

持ち歩くときは、かさばるけれどね。


人気ブログランキングへ
コメント (2)

ご馳走なのに

2014-01-30 | グルメ



先週、「家族が帰省し、一緒にお昼を食べて、その後、結婚式場へ打合せに送り出して、とんぼ返りで仕事をし、その後、打合せが終わったからすぐ帰京するという話になり、急遽、欠席と返事をしていた保護者の夜の食事会に(間に合いそうになったので)途中から出席する」と云う、とんでもないスケジュールの一日があった。

友人のフレンチレストランに行った日の事だ。

遅れて向かった先は、「祇園 さヽ木」の向かい側にある、古いお屋敷を利用した、料亭のような焼き肉屋さんだった。

暗すぎて、全然写っていませんが。ww



遅れて行ったから、ばたばたと料理が出るのだが、友人のお店の美味しいフレンチをお腹いっぱい食べているから、なかなか箸が進まない。

この辺りのは、何とか平らげたのだが・・・

    

いよいよ佳境に入る、ここからが、食べられない!!!




前菜やなんか、なんにも要らないから、どうせならお肉だけ食べさせて~!!と叫んでも、後の祭りだ。ww

結局、持ち帰りの出来るビビンバだけを包んでいただいて、トボトボゲフッと帰ってきた。

もったいないし、料理にも申し訳ない。



次の朝、体重計が恐ろしい数字を示していた・・・のは云うまでもありません。とほほ


人気ブログランキングへ
コメント (4)

お義母さん!強い!!ww

2014-01-29 | 日記




お正月に、白寿の祝いをした姑が、家の中でこけて頭を打ったと云う連絡が入った。

すぐに義兄たちが病院に連れて行ったらしい。

後頭部を切っていて、結構な出血があったが、外傷だけで済んだという事で、そのままうちに戻って来た。

驚いた!

どんなに元気でも、年齢が年齢だから、やはりなにがあるか分からないな。


で、翌日、気になって電話をしてみたら、姑が電話口に出てくるではないか!


それがな、足が折れててん

ひぇ~!!?どういう事ですか、お義母さん!!

今日、もう一度レントゲンを撮ってもらいにいったら、足の付け根が折れてるんやって。
足の骨やわ。



え!!???大腿骨が!??それとも、関節!!!?


でも、それなら、手術だろう。帰宅出来るはずがないし、第一歩けるはずもない。

とりあえず電話を切って、夫が義姉に確認の電話をした。

いや、恥骨のところらしいよ~
ちょっと痛いかもしれないけれど、普通にしていたら3週間くらいで治るって。
あれだけまともにこけて、これくらいで済んで、ほんとに良かったわ~!


え?じゃあ、ギブスも何も要らないってことですか?

そう!無治療よ♪♪

は~

夫と二人で力が抜けた。

どうやら、布団を降ろそうとして、よろめいて、頭と腰を打ったらしい。

よくもそれだけで済んだものだ。

お義母さん!

強い!www


人気ブログランキングへ
コメント (2)

桃の死

2014-01-28 | 日記



先週の終わり、母の愛犬のキャバリエが亡くなった。

桃という名だ。

人間でいえば100歳を超えていたが、遺伝子病で、早くからほぼ寝たきりの犬だった。

何年にも亘り、母が一人で世話をしていた。

桃は寝たきりなのに、床ずれも全くなく、ほんとうに行き届いた介護を受けていた。

けれど、母と桃は、相互依存の関係で、それが危うくて、心配していた。



案の定、桃が亡くなって、母はものすごく落ち込んでいる。

夫と相談して、無理やり、うちで一番おとなしいネコの「まみ吉」を、母の家に放り込んだ。

猫同士がケンカをして仕方ないので、しばらく預かってほしいという口実で。

乱暴なやり方だとは思ったのだが、母を独りにしておくのが恐かったのだ。

ネコを預けた時は、母は、まみ吉を膝に抱いて、頬ずりをしていたので、少し安心もしたのだが。





翌日、恐る恐る、様子見の電話をかけてみた。

電話口で、母が泣いている。

桃が死ぬ時に、約束したという。

死んでから一週間は、母のそばにるように、桃に頼んだのだと。

桃にその気持ちは伝わったと。

それなのに、全く知らないネコが、桃の代わりにここにいる。

桃に申し訳がない。


そこから声は叫びに変わった。


何で、まみ吉を連れてきたの!

早く連れて帰って。

桃がかわいそうでしょう!



私のしたことは、残酷な事だったのだろうか。

早急に過ぎたことは認める。

けれど、母が哀しみに沈んで浮かび上がれなくなることのほうを恐れたのだ。

元々、とてもネコの好きな人だ。

今まで何匹もネコを飼ってきている。

几帳面な人だから、ネコを預かったら、嫌でも何とか世話をしようとするだろう。

それだけでも、母の救いになると思ったのは、大きな間違いだったのか。



まみ吉を連れ戻してきた。

けれど、このままにしてはおけない。

1週間して、母と桃の約束の時が過ぎたら、もう一度、この子を連れて行こうと思う。


桃も、きっと分かってくれるだろう。



人気ブログランキングへ
コメント (4)

ビストロ・ラマージュ

2014-01-27 | グルメ



久しぶりに、友人のやっているフランス料理屋に行ってきた。

なにせ、ご主人さんとは中学から大学までの同級生、奥さんにいたっては、幼稚園から大学までずっと一緒だったという長いご縁だ。

小学校から大学まで一緒だった同窓生は、40人程いる。

その内、幼稚園からずっと一緒だった人は、半分くらいかな。

狭い社会です。ww

幼い頃から10代までを、ず~っと共有してきた仲だったけれど、大学で学部がバラバラになってからは交流はほとんどなくなった。

もちろん、3年に1回の同窓会では、顔を合わせていたのだけれど。


それが、facebookのお蔭で、また連絡をとりあうようになったのだ。

今では、同級生たちが、ネット上に集って、高校生の頃の様に、無駄口をたたき合っている。ww

これは本当に楽しいことだ。



で、そのお料理は………

見目麗しく、繊細にして大胆!!
(ちょっと褒め過ぎ?ww いえいえ、本当にそうなんです。)

  






お昼から、至福の時間を費やしました。

ところが、実は、この後、仕事が1コマと、息子の学生時代の父兄の食事会が控えていたのだ。

お腹いっぱいでの仕事は、さすがに苦しい。

で、その後の食事会というのが、焼き肉だったと云う・・・涙

美味しいものをいただくのはとても楽しいことなのに、いくらなんでもお腹がいっぱい過ぎる。

なんでこんなことになっちゃったのか。

勿体ない、申し訳ない話だ。


この話は、またいつか。ww




人気ブログランキングへ
コメント (4)

お料理が余りに綺麗だから考えてしまった。ww

2014-01-24 | グルメ




久しぶりに、友人達に連れられて、昼食に出かけた。

しばらく、昼食会にも夕食会にも参加出来ていなかったので、とても楽しみにしていた。


新門前通を、四条から北へ数分歩いたところに、その店はある。




イタリア料理を供するらしい。


    


お皿の上に、絵が描かれているようだ!






凄いな・・・

料理をする人は、絵心も必要なのね、と今更ながら納得した。


才能と云えば、ある英語のテキストに、「7つの能力」という文章が載っていて、「IQだけでは計れない能力」について詳説されている。

この7つの能力の中に、spatial intelligence(空間的知能)というものがある。

この数値が高い人は、画家やエンジニア、ナビゲーターが向いているとあった。


イオンのトイレで迷子になりかける私には完全に欠けている能力だ・・・
(いつも、迷子になりかけるだけで、本当に迷子にはなりません!)


私には、musical intelligence(音楽的知能)もbodily-kinesthetic intelligence(身体的運動的知能)もない。

かろうじて、linguistic intelligence(言語的知能)が並み程度かな。


はぁ・・・


まっとうな人間になるのは、どうやらもの凄く難しいことらしい。ww
(ここでは、「まっとう」の定義については、ややこしくなるので言及しません。ww)


人気ブログランキングへ
コメント (4)

栗吉三態

2014-01-23 | ネコ話(動物)



夜中に栗吉が大暴れしていた。

何時もは簡単に登れるキャットタワーになかなか登れないらしい。ww



やっとのことで登ったら、今度は、天井から高みの見物?ww



その後、お疲れモードに突入。ww

  


たったこれだけ。

お騒がせしました。ww


人気ブログランキングへ
コメント

プリキュア?

2014-01-22 | 日記



烏丸通を車で走っていた。

目の端に、ちらりと異形のものが走る。


へ?


バックミラーを見ると・・・

プ ……… プリキュア?
(合ってる?)ww


大急ぎで車を左に寄せる。

待ち構えて、声をかけた。

一枚撮らせてくれる?

3人は、さっとポーズを決めてくれた。

凄いな♪♪




あ?

でも、女の子は真ん中だけ?

両端は男の子だ!

何かイベントがあるのかな?

寒いのにがんばってるな。

若いというのは、本当にすばらしい!
(本当にそう思ってます!)



人気ブログランキングへ
コメント (4)

北山通で

2014-01-21 | グルメ


仕事が一段落ついて、友人と植物園の近くの店へ買い物に出かけた。

途中で、お腹が減った。

以前から、気になっている店がある。

植物園の北門の近くで、植物園の敷地に入り込む形で作られた店だ。

まだ、一年も経っていないだろう。

噂では、店の奥は全面ガラス張りで、春には植物園の桜苑が一望出来ると云う。

今は冬だけれど、なかなか良さそうよね?



入って驚いた。

石釜が備えられていて、お店の人が、ピザ生地を、くるくると空中で廻しながら広げている!

ちょっと本格的?ww

  

注文したのは、マルゲリータのセットだ。

お、おいしい!!



それに味を占めて、ふたたび、日曜日に同じ店に出かけた。

今度はランチのセットを注文する。

ポークのステーキのようなものが現れた。

これも、凄く美味しい♪

お値段も、950円で、可愛らしい。ww

食べ放題のフォカッチャやバゲットに、サラダとスープがつく。

ワインが400円で、コーヒーとドルチェを追加しても、プラス500円。

なんてリーゾナブルなんでしょう♪♪





店からの帰りに、ふと大文字を見ると…… 雪で「大」の字が白くなっている!




清々しいです。




人気ブログランキングへ
コメント (4)

雪だるま

2014-01-20 | 日記


センター試験の2日目

色々心配ではあるけれど、2ヶ月ぶりに仕事のない日曜日だった。(お正月の三が日と、結婚式を除く。)

何時もより少しだけゆっくり起きて、カーテンを開けると……

雪だ!!!



慌ててテレビをつける。

さらにネットで天気予報を見る。

生徒たちの試験に影響はなさそうだ。

ちょっとホッとする。

英語の試験は一日目だったので、確認済みだ。

去年並みか、ちょっと易化してるかな?



その後、用事があって北山に出かけた。

雪はほとんど溶けていたけれど、可愛い雪だるまに出会った。



夜になって、次々と電話がかかり始める。

いい知らせ、悔しい知らせ、色々だけれど、心機一転、二次試験と私学入試に向けて、再始動!




人気ブログランキングへ
コメント (4)

四条通で凍える。

2014-01-17 | 日記


夕方に、河原町四条に向かっていた。

時間に余裕があったので、歩いて行こうとしていた。

その日は一日中、家で仕事をしていたので、外がとても寒いことにあまり気づいていなかった。

だから、普通にコートを着ただけで、マフラーも手袋も、何も持っていなかった。


しばらく歩いて、気がついた。

あれ?

ひょっとして、もの凄く寒い?

けれど、今更家まで、マフラーやなんかを取りに戻る時間もない。

ままよ、とばかりに、また歩き始める。


さ………さむい。


だんだん耳が痛くなってきた。

手先も冷たくて痛い。

その内、頭まで痛くなってきた。

四条通の真ん中で凍え死んだら、恥ずかしいな、とか、朦朧とする頭で考えている内に、やっと目的地に着いた。

そんな状態で、授業を2時間して、ヘロヘロになった。

帰りは、タクシーで一目散に家に帰った。

24時間エアコンをつけっぱなしの暖かいリビングで、ネコたちは幸せそうに眠っている。

文明の利器よ、ありがとう。ww


人気ブログランキングへ
コメント (2)

桜ネコにやられました。

2014-01-16 | ネコ話(動物)



これは、家庭内ノラ猫の桜だ。

近所のノラ猫が、裏の家のベランダの下で生んだ子だ。

親がいなくなり、たった1匹いた兄弟も車にひかれて亡くなり、一匹でさまよっていたのを、無理やり保護した子だ。

(顛末は以前ブログに書いたことがある。)



ノラの親に徹底的に仕込まれていたのだろう。

人間は敵だと思っている。

狭い部屋にいるときは、逃げられないので、私が触っても、抱いても、おとなしくしているのだが、リビングにいるときは、逃げ場が沢山あるので、ゼッタイに触らせない。

(あ、夫にはふにゃふにゃ言いながらすり寄ってます。これもムカつく!ww)

けれど、昨日はどういうわけか、桜のご機嫌が良くて、(これが誤解だと、後ほど判明する。ww)ちょっと触らせてくれた。

調子に乗って、抱きしめたら、突然腕に噛み付いた!

たまたま半袖だったので、上腕部に、綺麗に4つの歯形がついた。

大急ぎで消毒したので、いつものような大事にはなっていない。

はぁ~

いつになったら心を許してくれるんだろう。

三毛猫は執念深いらしいから、まだまだダメだろうな。涙

ほら、睨んでます。ww




ネコ飼い修行は今日も続く。ww


人気ブログランキングへ
コメント (4)

大型犬

2014-01-15 | ネコ話(動物)



たまたま通りかかった道ぞいの店の前に、若いゴールデンがつながれていた。

1才くらいかな?

ものすごくお行儀がいい。

ちょっと撫でてみると、ぶわんぶわんとシッポを振り回して、じゃれ始めた。

見よ!この、荒ぶるシッポを!!ww



ちょ、ちょっと……… 私のワンピースに噛み付くのやめてくれる?ww



甘えて、甘噛みするのはいいけれど、人の手を、犬用のガムかなんかと間違えてる?




20分程も、この犬に遊んでもらいました。

忙しい、いそがしいと言っているくせに、こういう時間は全然惜しくない。ww

やっぱり、大型犬っていいな。

以前うちにいた、イングリッシュセッターのファル吉は、ここまで大きくはなかったけれど、やっぱり全身全霊で遊んでいた。

懐かしいな。




けれど、もう、大型犬と真摯に向き合って、一緒に暮らして行くだけの体力は私たちにはない。

大きい犬は、力も強いし、きちんとしつけなければ、危険でもある。

若い間は、デーブルや椅子の足を齧ったり、破壊したりする。ww

ああ、それでも、大きい犬を、もういちど飼いたいな~


人気ブログランキングへ
コメント (4)

つい昨日のことですの。

2014-01-14 | 日記


随分寒くなったので、ネコたちに、湯たんぽを献上した。

ベージュ色の湯たんぽにゆったり身を寄せる、ニャア吉とチコ吉。

君たち、幸せね~♪



昨日は成人の日だった。

所用で四条の高島屋に出かけたのだが、振り袖姿はほんの数人しか見かけなかった。

一時間も居なかったから、見た数も少なかったのかもしれないけれど。

以前は、右を見ても左を見ても、見目うつくしい着物を着た女性が歩いていた気がする。

振り袖ではなくても、付け下げや小紋なんかを着て、20才ではなくとも、着物を着ることを楽しんでいたような感じだった。

成人の数自体も減っているけれど、振り袖を着る人の数も少なくなってきたのかな。

寒い、色の少ない季節に、蝶の様に華やかに舞う振り袖は、とても素敵なのだけれど。


ところで、私の成人式の写真を去年パソコンに取り込んでいたのを思い出した、と、とってつけたかの様に言ってみる。





この色あせ方は、一体、何十年前の写真なんだ!

ちょっとボケた写真を出して、ごまかそうとしてるんちゃうん!

大体、若い頃の写真をブログに載せるなんて、考え方がサイテーや!

「アテクシ、若い頃はこんなざんしたの♪」なんて言っている、その根性が気に食わん!

なんて声が飛んでくる・・・気がする。


デフュフュフュ、分かっちゃいるんどすけどね~ 




あ、この写真が、何十年前のものかにつきまして、ひと言申し上げます。

十の位を四捨五入したら、つい昨日の写真です!(キッパリ)ww


人気ブログランキングへ
コメント (4)

街路樹の伐採

2014-01-13 | 日記



仕事で烏丸通を歩いていた。

並木の植わっている歩道で、夜になると、鳥が沢山戻ってきて、ねぐらにしていた。

あれ?

何だか風景がヘンだな。

並木が所々切られている。



並木の種類を変えるらしい。




え~?

仕方のないことなのだろうか?

園芸のことはよく分からないけれど、この切り方は、見ていて辛い。

まだ根っこは生きているんだから。



家の川向かいに、大きな桐の木がある。

落葉が凄いからと、枝が全部切り落とされたことがあった。

葉っぱが一枚もなくなった状態だった。

友人と、木が苦しそうだね、と言っていた。

大きな幹と根っこだけが残っているのだから、それはしんどいだろう。

枯れてしまわないかと心配していた。

春のことだ。

ところが、2ヶ月くらいして気がついた。

幹から小さな葉っぱがいくつか出ている?

夏になった。

枝が出て、葉が増えて、あっという間に、木が緑色になっていった。

びっくりしたな。

更に同じことが、もう一度繰り返された。

二度まで丸裸にされた桐の木は、ふたたび枝葉をつけた。

枯れてしまうと思っていたその木は、今では以前より大きくなっている。

烏丸通の木も、なんとかならなかったのかな。




人気ブログランキングへ
コメント (2)