英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

もうこうなったら、お弁当だ!

2018-01-31 | グルメ
昼ごはんも夜ご飯も、コンビニ飯の状況が、たった3日も続くと、メンタルをやられてしまう。
いやもう、笑うしかない状況に陥っているのだ。

職場から、ご飯を食べに出たり、買いに行ったりする時間がない。
ビルの一階にはコンビニがあるから便利なはずなのだけれど。

コンビニのおにぎりばっかりなんて、いやああああああ!!


あ!
そうか!
お弁当を作って行ったら、隙間時間に、ちまちまと食べられるんじゃないの♪


ということで、ここ何回か、お弁当を持参して仕事に出ている。
授業開始は9時か10時なので、朝は少し時間がある。
どうせ夫のご飯は作らなくちゃならないから、それをちょちょっと詰めるだけで何とかなる。
で、食べられる時間に、何回かに分けて食べているのだ。

やっぱり自分で作ったご飯を食べるとなんだかホッとする。
美味しいかどうかは別としてね。ww


「パスタやら何やら食べに行ってるじゃないの♪」ですって?
そうなんです、そうなんですけれど、なんだかもう外食がイヤになったのだ。


ねえ、トン吉や、分かってくれるよね?




ああ、そうですか、そうですか・・・涙






コメント (6)

日本酒入りのボンボン♪

2018-01-30 | グルメ
いつものように、夜、姑の介護のお手伝いに行くと、義姉が、『はい、これ♪』といって、小さな箱を渡してくれた。

なになに?

日本酒のチョコレートボンボンよ♪
今日、デパートに行ったら目に付いたんよ。
好きでしょ?ww


キャーキャー♪
ワー ワー ♪ 



ちょっと、ちょっと、落ち着いて!
5つしか入ってないし。


それでもとても嬉しいのだ。
だってね、『日本酒』のボンボンですって!!

『嬉しいポイントが、そこか!』って?
いえ、義姉の気遣いがとても嬉しかったのは、当然の前提条件なのである。ww





スキップしながら家に戻ると、遠くに住む家族からのメッセージが入っていた。

キルフェボンで、1週間だけの『ストロベリーウィーク』ですって。
本当に美味しそう!
・・・私には食べられないけれど。号泣


ところで、これ、一人で食べるの?ww



i
コメント (8)

お箸のパスタ。

2018-01-29 | グルメ
疲れて帰る、帰り道。
今日も荷物は重い。

お腹が減ったな。

そうだ!
今日は夜ごはん、作らなくていいんだった♪
夫は出かけている。


でも、家で、残り物のおでんとご飯を食べながら、動画を見るのもいいな。
でも、あったかいものが食べたいな。
でも、やっぱり早く帰って、家でのんびりするのがいいかな。
『でもでもだって』の無限ループに嵌る。


ふと顔を上げると、目の前に、パスタのお店がある。
もういいや、今日は食べて帰りましょう。

初めて入ったそのお店は、お箸でパスタを食べさせるチェーン店だった。

ハーフ&ハーフセット、という、2種類セットのパスタを注文する。
熱々のパスタをお箸ですすりあげる。


ズルズルズル
背中を丸めて、ズルズルズル


なんだか哀しくなってきた。
うるさいことは言いたくないけれど、フォークに絡めて、一口で『パクリ♪』と食べる方が、美味しいと思うのです。

とはいえ、お腹がいっぱいになって、ちょっと元気が出る。
お味はとてもよかったしね。
ヨドバシカメラのスーパーで、野菜を買って帰ろう。
トン吉の『キャベツ』も買ってやらなくちゃね♪


お店で手に取った四分の一玉のキャベツのお値段は・・・250円ですって。

え?
ということは?

ひと玉、せ、千円っ!!!

大根1本600円の時よりも驚愕する。



うちに帰ると、やっぱり今日も、トン吉はキャットタワーの最上階にいる。




あれ?
ちょっと老けた?ww







コメント (8)

雪降るビアホール。

2018-01-28 | グルメ
土曜日、極寒の中、魔女の会が開催された。
ずいぶん楽しみにしていたのだ。
この日ばかりは、仕事を入れずに、時間枠を死守していたのだ。ww

細かな雪が舞う中、ビヤホールへと急ぐ。
4週間ほど前に予約の電話をしたのだけれど、その時点で、もう、午後5時からの枠しか空いていないと言われた、人気店だ。
いろいろなビールの飲み比べが出来るのだ。

綺麗な色のビール群♪



散々飲んで、お店を出ても、まだ7時半。
次行きましょう!

そこから歩いて3分の、イタリアンのお店に突撃する。
お酒2杯と簡単なおつまみの、『ちょい飲みセット』で気炎をあげる。

このお店を出たのが、9時過ぎだ。
私はここで、戦線を脱落する。
おばあちゃんが待ってますもの。

一人タクシーに乗る私を、次の店に突撃する魔女たちが、手を振って送ってくれた。

9時半に家に戻って、すぐにお風呂に入る。
・・・寝落ちする。

次に気づくと、10時5分前だ。
慌ててお風呂を出て、姑のお世話に行く。

でもね、ずっと湯船に浸かっていたから、体はポカポカだったのだ。
ありがたや〜♪

家に戻って、パソコンの前に座ると、上から見下ろす視線を感じる。


あら!
珍しい。
キャットタワーのてっぺんにいるのね。
・・・タワーが倒れなきゃいいけど。ww


コメント (8)

雪の日の自転車。

2018-01-27 | 日記
今日も今日とて、仕事に出かける。
ところが、午後に1コマ空きができたのだ。
前後を合わせると、3時間は自由だな。

どうしよう?
しなくちゃならない仕事もあるのだけれど。

ま、いいや!
美容院に行きましょう!


たまたまこの日は、自転車で来ていた。
えっちらおっちら自転車を漕いで、いつもの美容院に向かう。

ご存知だろうか、京都の街は、北から南へ、僅かに坂になっているのだ。
北が高く、南が低い。

・・・ちなみに、美容院は仕事場から北の方向にある。


北風が吹きすさぶ中、必死でペダルを漕ぐ。
いえね、この頃運動も全然していないので、平地でも自転車を漕ぐのはタイヘンなのだ。
ああ、それなのに、それなのに、微妙に坂道、しかも風に煽られたりした日にゃ、目も当てられないのである。涙


なんとか行き着いた美容院で、シャンプーとカラリングをしていただいて、首から肩も揉んでいただく。
至福のひとときだ。

ほげほげしながら、ふと窓の外を見る。


吹雪じゃないのっ!!?


絶望しながら、店を出る。


でもね、ちゃんと、ふくらはぎ位まであるダウンを着ているのだ。
フードも付いているしね♪
喜び勇んで、フードを被る。


え?
あの?
前が見えないんですけど?


そうなのだ、フードが大きすぎて、被ると顎まで埋まってしまうのだった。

このまま自転車に乗ったら、何にも見えない。
泣きながら、フードを外す。


カサカサの、氷の粒のような雪が吹き付ける中、仕事場へ無事戻りましたとさ。





コメント (8)

寒い夜には。

2018-01-26 | 日記
木曜日、朝、窓の外を見ると、真っ白だ。
雪も薄くは積もっているのだけれど、それが、カチカチに凍っているようだ。

恐ろしや〜

家を決して家を出る。
歩道は綺麗に凍りついていて、キラキラと綺麗なのだ。
けれど、この時期に、この職業で、「す◯ったり、こ◯んだり」したなんてことになったら、目も当てられない。
そろそろと、おっかなびっくり歩く。


今週は、関西圏の入試が目白押しだ。

火曜と水曜で、愛知医大に兵庫医大
土曜と日曜で、関西医大に大阪医大

これらの私学に受かって、景気良く国公立に挑む、という生徒は多い。
もちろん、国公立1本勝負の子達が一番多いのだけれど。

どうして、この時期に、強烈寒波が襲ってくるのでしょう?
お天気の神様、ケンカ売ってる?


夜遅く、おでんをコトコトと炊く。
そう、昨日買ってきた具材と、義姉からもらった大根を景気良く使って。ww

寒い夜には、煮物を炊くのがいいのです。

















コメント (11)

極寒のシクラメン。

2018-01-25 | 日記
雪こそ降ってはいないけれど、京都も極寒だ。
凍らない年もある庭の手水鉢にも、分厚い氷が張っている。

玄関のシクラメン、大丈夫かな?


いろいろ考えながらの、仕事からの帰り道、
パンを買おうと、ヨドバシカメラの地下のスーパーに寄る。
ここは、美味しいものが様々あって、『買い過ぎ要注意』な場所なのだ。


外は寒いな。
そうだ、義姉から大根をたくさんもらった。
おでん、食べたいな。

美味しそうなタコがある♪
あ、大好きなちくわぶだ♪
練り物も充実してるよね♪

ぼんやりと考えながら、次々とカゴに放り込む。


会計を済ませて、我に帰る。


今日、赤本を6冊持ってたよね?
で、こんなに買っちゃったよね?
これ、歩いて持って帰る?よね?


おたおたと、荷物を引きずって、極寒の街を歩く夜。号泣


戻ると、すべてのシクラメンが、屋内に避難していたのだった♪






コメント (8)

握り寿司のロリポップキャンディ

2018-01-24 | グルメ
仕事の通り道で、いつもの、京都タワーの○○水産をのぞく。
この前みたいな、美味しいカニのお弁当、出てないかな?ww

見渡すと、残念ながらカニ弁当はなかった。
今日は、普通のマグロの握りが6貫で千円だ。
中トロも大トロも出ていない。

こりゃダメね、と思いながら、さらに売り場を眺めていると、ありました!
うふふ♪のお寿司。大トロ弁当のような豪華さはないけれど。ww
これで千円ですって♪



さらに、『お寿司パフェ』が380円。
かわいい♪

・・・ネーミングはもう一つかも?




他には、なんと、新発売の『寿司キャンディー』なるものも売り出されていた。
大ぶりの握りの形の、いわゆるロリポップだ。ww


(画像はネットより拝借)

思わず店員さんに話しかける。

ザンシンですね〜♪

すると、店員さんがニコニコしながら答える。

お土産用に売れたらいいなと思ってね♪


な、なるほど。
やっぱりこのお店、目が離せないのである。ww


ところで、年末にくも膜下出血で倒れた義兄は、無事退院して自宅療養中だ。
その母、つまり私の姑も、寝ついた原因はくも膜下だけれど、手術は大成功で、麻痺も出なかった。
この春で、満102歳だしね。
夫も、両肩の医療用ホッチキス(ステイプラー)が全部取れて、さらに調子に乗っている。


つくづく婚家の人たちは強い!と実感する極寒の冬。







コメント (8)

外は極寒でも雪解けは近い?かな?

2018-01-23 | ネコ話(動物)
遅くに家に戻って、栗吉、ではなく、さくらを膝に乗せる。
まだまだリビングに放つと逃げるのだけれど、これくらいはさせてくれるようになっている。

今まで背中を掻いてもらう気持ち良さを知らなかったのよね。
掻こうとする手が近づくと、怖くて噛みついちゃったのよね。

ほんの少しだけ、心を開いてくれたように思うのだけれど、これは思い上がりでしょうか?涙

けれど、『雪解け』は近いと思いたい。





深夜を過ぎて、夫がおもむろにカバンからタルトを出してきた。
お土産だという。
出すのを忘れていたらしい。

いくら寒いからといって、いままで冷蔵庫に入れてなかったの??
・・・いったい何時間放置されていたのだろう。


ま、美味しかったのですけれど。








コメント (12)

いい日。

2018-01-22 | 日記
日曜日、仕事でいいことがあった。
センターの結果にずっと落ち込んでいた子が、猛然と勉強を始めたのだ。
安堵する。


ほっとするとお腹が減る。

よし!
岩倉(京都市の北の地域)に行きましょう♪
高校生の頃から知っているお店で、カフェ飯だ♪
(通っていた高校から、歩いて1分なのだ。ww)

ゆっくりと食事をとって、久しぶりにほっこりとする。
気づけばもう、閉店時間だ。




家に戻って、ソファで動画を観る。
結局、『グレイズアナトミー』のシーズン11までを観終える。
現在、アマゾンプライムで観られるのは、ここまでだ。
いいドラマだった。
いろいろ感慨に耽る。

あれ?
もしかして、abcのサイトで続きのシリーズも観られるんじゃないの?

ワクワクしながら、iPadを操作していて、気づく、足元に、大きな毛玉があることに。




不思議なことに、この毛玉は触ると広がって、




あらら、お顔が見えました♪





付記:お目当てのグレイズアナトミーの続編は、結局米国のサイトからは観られませんでしたとさ。涙







コメント (11)

聞いてらっしゃいます?

2018-01-21 | ネコ話(動物)
仕事が終わって、介護も終わって、お風呂に入って、パソコンの前に座る。

今日みたいな日は、何も書くことがない。


どうしたものかとぼんやりと白い画面を見つめていたら、猫が足をひっかく。

おや?
遊んで欲しいの?

・・・それとも、私が遊んでほしがっているだけだろうか?
猫を愛しているつもりだけれど、猫に愛されたがっているだけだった?



あの、聞いてらっしゃいます?ww






コメント (6)

へろへろ七五調。

2018-01-20 | 日記
まいにち仕事の連続で

書ける言葉もございません

けれど、ですけど、少しずつ

前進しているこどもたち

きっと何かを学ぶでしょう


ところでうちのおでぶちゃん

7週間も家出して

何を学んだことでしょう

いいのよいいのとりあえず

おうちでのんびりすればいい

今もとなりで伸びてます

きのうの夢を引きずって

今でも不安になるのよね

またまた出てっていかないで

おねがいだからうちにいて

とってもウザい七五調

お目汚しなのよごめんなさい





閑話休題
以前にも書いたのだけれど、野菜が高いのです!

冷凍庫にスペアリブがあったのを思い出して、スペアリブと大根の煮物を作ろうと思ったのだ。
けれど、あるとおもっていた大根が、野菜庫を探しても探しても出てこない。
仕方なく、近所の八百屋さんに買いに出た。

こんにちは!
おだい1本ください!

おだいね、あるんやけれどね・・・

え?
もしかして、高い!?

ごめんね、1本600円なんよね。


ろっっっっっぴゃくえん!?


あ、半分でもいいですよ?

見せていただいた大根はそれは立派なきれいな大根だったのだ。
・・・こんなの最近見たことがない。

えと、その、あの、半分ください。


買ってきた半本300円の大根。
お高いと思う分だけ、いつも以上に美味しかったのである。ww












コメント (6)

『よそいき』のメンチカツ。

2018-01-19 | 日記
忙中閑あり、ということで、友人たちが、お昼ご飯を食べに連れ出してくれた。
街の洋食屋さんだ。

名物のメンチカツ♪
正統派のメンチカツがちょっとだけ『よそいき』になっている。ww




外に出ると、春のようなお天気だ。
気分も晴れます。


さて、センター試験の集計も出て、受験生たちも志望校が定まる時期となる。
ここから本番までの彼らの集中ぶりは、それはすごい。
その集中力を、1年でも維持できたら、あっという間に第一志望校合格!だと思うのだけれど、なかなかそうはいかないのが人生だ。



おや?
珍しくなんだか考えているような。
何を考えているか知りたくはないけれど。ww







コメント (6)

ムカつく話。

2018-01-18 | ネコ話(動物)
朝方に夢を見た。

昔のように5匹の猫がいる。
黒猫、キジトラ2匹、ベージュに三毛。
3年前に、家で元気に暮らしていたメンバーだ。


夢の中では、だれかの結婚式で、家にいろいろな人たちが出入りしている。
「必ずドアを閉めて!」と言っているのに、誰もきちんとドアを閉めない。

ベージュと三毛が逃げだす。
絶望しながら、必死で追いかける。
なんとか家の中に戻す。

すると、こんどは残りの3匹がいない。
半泣きで追いかけて抱きしめる。

ところが、また誰かがドアを開けたままにする。
再びベージュと三毛が逃げ出す。
髪を振り乱して追いかける。
なんとか家の中に戻す。

またまた残りの3匹が出て行ってしまう。
絶叫しながら追いかけて、抱きしめる。


延々と繰り返される同じ光景
目覚ましが鳴って、飛び起きるまで。


昔飼っていた猫たちは、自由に家の外と内を行き来していた。
だんだん外の交通事情が悪化して(米国の911以降、観光客が激増したのだ。)外に出すのが恐ろしくなった。
そして、猫たちは完全室内飼いとなったのである。
街中だしね、仕方ないけれど、それでいいと思っている。

そして、ご存知の通の、その後の『ベージュの家出』が、こんな夢を見させるようだ。


ムカつくわっ!!
ゆっくり寝たかったのに!!








コメント (2)

猫の腹に顔を埋める。

2018-01-17 | 日記
お正月休みのある日、12月に亡くなった友人をしのんで、友人4人で食事に出かけた。
30年来の友であり、20年来、月に一度美味しいものを食べに行く仲間たちの一人でもあった、かけがえのない人だ。
彼女から学んだことがどれほど沢山あるだろう。
静かにグラスを合わせる。

食事の初めに、『ぬた』が出てきた。
久しぶりに食べたな。
この頃あんまり見かけないお料理よね?

酢味噌で和えた、タコとウドと九条ネギ。
噛みしめていただく。
「みんな残された人生を、大切にしていかなくちゃね。」と語り合って、その場を後にする。





今日、その時のことを、ぼんやりと思い出していた。
そして、現在の状況に思い至る。

まだまだ人生の門も開いていない若い人たちが、自分の人生に絶望するなんてね。
毎年、毎年、そうだけれど、
センター試験の悲喜こもごもは、抱えきれなくなりかける、こともある。
猫の腹に顔を埋める。


















コメント (8)