英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

なんて綺麗なふわっふわ♪

2018-07-31 | 日記
確かに1泊で温泉に行った。
台風のせいで、1日休講になった。

当然、その『つけ』がきた今週。
今日も明日もフル回転だ。

分かっています、当たり前のことだしね。涙

とはいえ、やっぱり疲れる。
気圧のせいなのかどうなのか、頭痛もぶり返す。


何とか1日が終わる。
明日の分の家事も済ませたし。ww


そして深夜にこんな写真を撮って楽しむのである。
なんて綺麗なふわふわ♪ うふ♪




はい、いろいろ申し訳ありません。
コメント (6)

台風一過のスペアリブ。

2018-07-30 | グルメ
深夜、台風が通り過ぎていった。

昼前には、青空が見える。
でもね、雲の動きがおかしい。

いつもと逆じゃないですか!?
突風も逆から吹くし。


ネットで台風の進路を見て驚く。
こんなことになるなんて、センター試験の『地学』はどうなるのだろう?


とりあえず、早めの夕食を作る。
せっかくの台風一過、『ビールで乾杯』的な料理。ww
スペアリブを焼く。(実は昨日から漬けてあったのだ。)
あとは、夏野菜を、茹でたり焼いたりしただけである。





夜遅く、さくらを撫でようとする。
えっと、この顔って、どういう意味?ww






コメント (8)

暑い中、熱い麺を食す。

2018-07-29 | グルメ
温泉三昧から一転、土曜日は、1日授業を続けていた。
仕事を休んだのだから、当たり前といえば当たり前なのだ。涙

クーラーの効いたビルの中にいると、外とは逆に、どんどん体が冷えてくる。

昼頃には、頭がいたい、お腹が痛い、気分が悪い、肩が凝る、というイヤな状況になってきた。
台風のせいで気圧が低いこともあるのだろう。

遅めの昼ごはん、周囲のお客さん達が冷たい麺料理を食べる中、熱いうどんに熱いお茶を所望する。
とにかくお腹を暖めたい、冷たいお茶なんて、飲めるもんですか。涙




お腹が暖かくなって、少し体調は戻る。
そこから6時間教え続けての帰り道、こんどはふらふらとラーメン屋さんへ吸い込まれる。
熱々で、おねぎたっぷりのラーメンをすすり込む。




麺類ばかりで、栄養バランスも悪いし、塩分も摂りすぎだけれど、まあ、仕方ない。


日曜日の仕事は、台風のせいで全てキャンセルとなった。
結局は、この後のスケジュールが過密になるだけだけれど、それはそれ。
台風が東から襲ってくるという異常事態だ。
この頃異常事態が続きすぎて、不安が絶えない。
ザワザワと不穏な気配をなんとか乗り切りましょう。





コメント (6)

パソコンの向こうから様子を伺う猫。

2018-07-28 | 日記
温泉宿の夜、いつも眠剤を飲んで寝る母は、薬を忘れて眠れないという。

あれ?
さっきまで、深い寝息が聞こえていましたけれど?ww

それでも結局、二人して起きだして、深夜番組を眺める。


早朝にまた、お風呂に入る。
非日常の景色である。




当初は11時頃まで、部屋でぐだぐだする予定だった。
けれど、朝食後ふたたび布団にくるまる私を尻目に、母は出かける用意を済ませて朝刊を読んでいる。
明らかに、私が布団から出る時期を伺っているのである。号泣


仕方ない、出ましょうか。


チェックアウトをしての帰り道、『どこかで観光したい。』と言うけれど、こんな猛暑にあちこちウロウロも出来ない。
涼しいところと考えて、結局八幡市のコストコに寄る。ww


午後1時には家に戻って、パソコンの前に座る。
メールのチェックをしていると、パソコンの向こうから様子を伺う猫。

寂しかった?

ごめんね〜 ♪
ごめんね〜 ♪






コメント (6)

山あいの湯宿にて。

2018-07-27 | 旅行
短い7月の夏休み、実母を連れて、湯の花温泉に出かける。
と、言っても、この温泉は、京都市内から1時間もかからないのだ。

緑が美しい山あいの温泉だ。




3時に宿に着き、部屋に入って、そのまま足湯に浸かったり、お風呂に入ったり。

リクライニングチェアに揺られて目を閉じる母を見て、亡き父に感謝する。
母が見守られていることを感じたのである。

しばらくすると、驟雨である。
久しぶりの雨に、緑が強い香りを放つ。

足湯に浸かったり、温泉に入ったり、うとうと寝てしまったり。


あっという間に夕食の時間となる。
鮎と鱧のお料理だそうな。




食事を終えて、眠ってしまう。

深夜に目覚めて、動画を見る。ww

明日は、まっすぐ戻ります。







コメント (8)

背徳の味、お昼焼肉。ww

2018-07-26 | グルメ
暑い暑い夏の午後、友人たちと『肉』を食べにでかけた。

京都に初めてできた『東京ベースの焼肉屋さん』のランチが、それはお得で美味しいと聞いたのである。
夜と昼とでは、お値段が倍くらい違うんですってっ!
しかも、値段設定がダブルスタンダードで、東京より京都の方がずっとお安いんですってっ!

それだけ聞いたら、行かずばなるまいっ!


消費税・サービス料込みで2千円代のランチである。
ここは、オール個室である。
仲居さんがついてくれる。
これに飲み物とデザートがつくって、凄くない?ww




けれど、さらに凄いのが私たちの食欲であった。
追加でお肉を注文する。


すだれ状に伸びるお肉♪
ふ、ふふ、ふふふふふ♪






お昼焼肉って、なんだか背徳の気配が芬芬とする。
だってね、ビールを煽りながら、肉を焼くのである。
じゅーじゅーと、クーラーの効いたビルの一角で。

外は酷暑。







コメント (8)

祇園祭の後祭を忘れてた!

2018-07-25 | 日記
火曜日、夏バテ気味の母に鰻を届けようと、車で向かった。
先日の土用の丑の日に、食べ損ねていたのだ。


あれれ?
なんだか車が少ない。
通りが、ガラガラだ。


そうか!

今日は24日、祇園祭の後祭だったんだ!

忘れていた!
暑さで惚けたのか?
本格的に惚けちゃったのか!!?

大通りが通行止になるから、街中は車で走れない。
それで通行量が減っていたのだ。

とはいえ、その地域の居住者は、車で入ることを許される。
『ちょっとごめんやっしゃ♪』とばかりに、細い道を車で進む。ww


車を停め、四条通に出てみると、ちょうど最後の鉾が、前祭の時とは逆方向に通り過ぎるところだった。
間に合った、よかったな。






鉾を見送って、母に頼まれた用事を済ませに、四条通を東へ歩く。
三基のお神輿も、夕方の還幸祭のために、御旅所に戻ってきているんだな。




今年は酷暑のせいで、今日催される予定だった花傘巡行は中止となった。
各花街の芸妓さんたちや、サギの衣装をつけた子供達が延々と街を練り歩くのだ。
この炎天下で、何枚も着物を着込んで歩くなんて、殺人行為だったろう。

それにしても、雨や台風で中止になるならまだしも、酷暑のせいで中止になるとは、異常気象も極まれり、である。


ここからは去年の花傘巡行の写真です。

(平安女学院のサイトより)

舞妓さんやら芸妓さんやら、華やかなこと。

(アーバンホテルグループのサイトより)

祇園祭も、大きな行事は終わってしまった。
毎年ならここから本格的な夏になるのだけれど、今年はすでに超本格的な夏真っ盛りなのである。








コメント (8)

気分一新 ♪

2018-07-24 | 日記
月曜日、ようやくいつもの生活に戻る。
夏バテなんだかよく分からないけれど、これだけ外と中との気温差があると、血圧管理は難しいと実感する。
さすがに今回はビビりました。
こまめに血圧を測って、薬で管理する。
今更ながら、大事なことである。

日曜日、臥せっていると、ベッドの横に寝転がっている猫。
(猫の写真は撮る元気があるんだからね〜 ww)



丸々1日、この猫と一緒に寝ていたのだ。ww


さて、月曜日、気分一新、仕事に勤しむ。
おばあちゃんのお世話も再開だ。

猫のお尻も元気そう♪




けれどね、今日はお昼も夜も、コンビニご飯の1日だったのである。
とはいえ、こうやって並べたら、ちょっとは美味しそうに見える?ww
(特に、左の『夏野菜たっぷり冷製スープ』は、とても美味しかったのです。)





コメント (8)

夏バテ?

2018-07-22 | 日記
仕事が続く土曜日、なんとか1日を終える。

夕方から行こうと、とても楽しみにしていた映画(『ミライの未来』)も見られず、疲弊して消沈してベッドに横になる。

姑の介護も休ませてもらって、寝込む。

深夜に目覚めて、ため息をつく。

暑さにずいぶんヤられているようだ。

みなさまも、ご無理のないよう、お気をつけくだされ。





コメント (10)

土用の丑の日に、うなぎ登り 涙

2018-07-21 | 病気
酷暑の朝、母から電話が入る。

朝一番で、区役所と銀行に行ってくるね。

え?
ええ??

前にも言ったでしょ?
私が代わりに行くって!

けれど、母は聞かない。
タクシーで行くから大丈夫。
どうしても自分一人だけで行くと強弁し続ける。

じゃあどうしてわざわざ電話してきたの?ww
けれど、こうなったら絶対に家族のいう事など聞かないのだ。

わかったから、気をつけてね。
帰ってきたら電話して。
OS-1持って歩いてね。

と言って、電話を切る。
1時間ほど経って、私も出かける用意をしていると、案の定電話が鳴った。

あんまり暑くて、区役所だけで帰ってきたの。
銀行はまた今度にするわ。

「それみたことか。」という言葉を飲み込む。ww
「部屋を涼しくして水分補給!!具合が悪くなったらすぐに連絡すること!」と念を押して、私も家を出る。

外は、それはものすごい日差しだ。
プレス機でじわりじわりと押しつぶされていくような気になる。


へろへろで家に戻るけれど、今日も頭がいたい。
おかしいな、と思って、1ヶ月ぶりに血圧を測る。
(この頃、体調もいいし、薬も欠かさず飲んでいるので安心していた。)

なんと驚きの、187−99ですって。

そういえば、この頃、しょっぱいものをたくさん食べていた。
仕事も増えている。
てくてく歩くけれど、運動とはトンとご縁がない。

慌てて頓服を飲み、横になる。

夜になって、少し落ち着く。
けれど、今日は、これで休みます。









コメント (6)

思い違いだなんて言わないで。

2018-07-20 | 日記
ご存知の通り、京都市内は、とんでもない暑さだ。
早朝から、窓ガラスが熱い。

昼過ぎまで、家で仕事をしていたのだけれど、クーラーの効いている部屋から廊下に出ると、まるでサウナに入っていく気分になる。
サウナ、キライなのに。
屋内でも喉が乾くので、OS-1を飲み続ける。


夕刻になって、仕事に出る。
外はものすごい照り返しだ。
なんとか職場に着くと、今度は、クーラーが効きすぎて、だんだん寒くなる。
途端に、ガンガンと頭が痛くなる。

夜遅く、再び蒸し暑いアスファルトの道を、姑の元へと急ぐ。

おばあちゃんは、やっぱり大きく目を開けて、何も語らない。

家に戻ってシャワーを浴びて、ぼんやりとiPadの写真を眺めていた。

あらら?
3年前の写真だ。
この時と比べて、ずいぶん痩せたんじゃない!?ww

1日の終わりに、ちょっといい気分♪

思い違いだなんて言わないで。




コメント (8)

・・・不審。ww

2018-07-19 | ネコ話(動物)
朝、銀行に行こうと、表に出る。
とたんに灼熱の日差しが打ちつける。

その光線が、お、重たい・・・
真綿の布団を被っているようだ。

見えない布団を引きずりながら、なんとか家に戻る。


リビングでは、いつもの光景だ。







そんな猫を尻目に、なんとかいろいろ準備を終える。
ちょっと時間ができたな。
CASTLE』でもみましょうか♪

そう、今嵌っている動画は、アメリカ製のテレビドラマの『事件もの』なのだ。
1話完結型なので、後を引かなくていいのです。ww

タブレットで動画を真剣に見ていると、その向こうから視線を感じる。


なにか、御用でした?




もしかして、何かやらかした??
・・・不審。ww


コメント (6)

炎天下のもと、いろいろある。

2018-07-18 | 日記
朝、バタバタと出かける用意をしていると、そとで『パン!ガシャン』という乾いた音がした。
この音は、ぶつかったな。
窓から外を見ると、大通りで軽自動車とバイクがぶつかっている。
バイクの人は腕から血を流して起き上がれない。

軽自動車のほうは、老夫婦で、車から出たものの、オロオロしているだけのようだ。
すると、近くの人たちがわらわらと集まってきて、電話をかけたり、行き交う車の整理をしたりし始めた。
間も無く、救急車もやってきた。
よかった。

昨日に続いて、今日もこんなことになるなんて。
やっぱり異常な暑さな上に、今日は祇園祭で、京都のど真ん中の通りが通行止になっている。
車に乗る人達も、急いでいたり、イライラしたりしているのかもしれない。

炎天下のもと、アスファルトの上を歩いていると、
みなさま、お気をつけください。



わざわざお尻をこちらに向けて眠る猫。
この子が熱中症になることはない。
交通事故に遭うこともない。
申し訳ないけれど、感謝。


















コメント (4)

灼熱の日の出来事。

2018-07-17 | 日記
海の日の祭日で、いよいよ宵山だった月曜日。
(火曜日は『山鉾巡行』だ、行けないけれど。涙)

朝、大量の本と資料を持って家を出る。
まだ9時過ぎなのに、すでにクラクラとするような灼熱の日差しだ。

午前の仕事を終えて、昼ごはんを食べに出かけたその先は、新阪急ホテル内のバーだ。
そう、このバーでは、お昼にそれは美味しいカレーランチを提供してくれるのだ。
前回、講師仲間に連れて行ってもらった時は、カレーじゃなくて、山菜ピラフをいただいたのは前述の通り。
そのときは、このお店はふつうにカレー屋さんだと思っていた。ww

チキンカレーなら、コーヒーおかわり自由で、税サ込みの750円!
ホテルとは思えないお値段で、しかも、超穴場だから、昼でも空いている。
さらに、バーだから、クッションはふかふかで言うことなしだ。
その上、一度行くと延々に使える『サラダ無料券』をいただけるので、実質カレーにサラダとコーヒーがついているということになる♪




いい場所を教えてもらった。
カレーも、いろんな種類があって、どれもこれも美味しいんですって。
ハヤシライスも絶品らしい。
次に来るときは、何にしよう?ふひひ♪

などと考えながら、ホテルを出た。
で、前方を見る。

おじいさんが横断歩道で、車道に体を乗り出して倒れているではないか!

すでに何人かの人たちが周りを囲んでいる状態だ。
そこにいた若い女の子が、救急車を呼ぶ電話をかけていた。
で、中年の男性たちが3人くらいで、声をかけている。
倒れた時に頭を打ったらしい。
左手からも出血している。
男性の1人が、倒れる瞬間を見ていらしたらしい。
バタンと倒れて、頭を損傷しているかもしれないから、動かせないと仰る。

けれど、おじいさんの倒れているのは、灼熱地獄のアスファルトの上だ。
地面を触ってみる。

熱いっ!!!
このままだと、火傷をしてしまう。

思わず、持っていたタオルを頭の下に敷いて、むき出しで地面に接している手足も、なんとかティッシュでおおう。

なかなか救急車は来ない。
すると、通りかかった中年女性が日傘を差しかけた。
さらには、男性が目の前のコンビニで氷を買い込んで持ってこられた。

そうこうするうちに、救急車がやってきて、おじいさんは首を固定されて救急搬送されていった。

だれかれとなく、会釈しあってその場を離れる。
みんな、捨てたもんじゃないじゃない。
おじいさん、熱中症じゃなかったのな。
ご無事を祈ります。

それにしても、私はこういう状況に対する遭遇率が、もしかして高い??
街中だからだろうか。



さて、その後、午後の授業は連続6時間、その後質問受けやら何やらして家に戻ると9時前だ。
急いでご飯を食べなくちゃ♪

そこで思い出す、昨夜、カレーを大量に仕込んでいたことにっ!!!

今日もカレー♪
明日もカレー♪


るるる〜♪
ららら〜♪
と、号泣しながら猫の写真を撮って、心を落ち着かせた夜。




コメント (6)

宵々山の昼、食べたことのない料理を作る。

2018-07-16 | 日記
日曜日は1日お休みだった。
朝から空は真っ青で、予想通りの酷暑になりそうだ。
この暑さの中、夫はゴルフに出かける。

・・・頭おかしいんじゃない?ww

当初の予定では、『静かで涼しいおしゃれなカフェ』なんかに行っちゃって、書き物仕事に励もうということだった。

けれど、外は暑そうだ!!
それはそれは暑そうだ!!

結局、ガンガンにクーラーをかけたリビングに篭って、授業の準備と勉強会の準備、それにいくらやっても全くできない『おフランス語』の宿題をする。


あっという間に午後になる。


お昼に何を食べようか?

そうだ、このあいだ鶴橋で買った『冷麺』を作ってみよう!
商店街をウロウロしている時に、お店のおばさんが、賄い用に作っていたのがあんまり美味しそうで、教えてもらった冷麺だ。
麺を50秒くらい湯でて、好きな具を乗せて、最後にコチュジャンがメインの特性ソースをかける、それだけですって♪

けれど、
好きな具って、何?
何を乗せたら美味しいの?
ちゃんと聞かなかった・・・

とりあえず、冷蔵庫をのぞいて、きゅうりともやしとカニカマボコを見つける。
あと、コストコで買った『ビビンパの素』っていうのがあったっけ?

あれこれ適当に乗せて、できたのが『韓国風なんちゃって冷麺』である。
見た目は美味しそうだ♪




しかし食べてみると、なんだかもう一つだ。
そういえば、そもそも本物の『韓国冷麺』を食べたことがない。
食べたことがない料理を作ろうというのが無謀だったかな。


7時ごろになって、やっぱり惹きつけられるように、宵々山に出かける。
『コンコンチキチン』は、心と体に染み付いた音なのだ。
幼い頃、小学校から帰って水風呂に浸かっていると、外からお囃子を練習する音が聞こえてきたものだ。

今年は異常に早く梅雨が明けたので、宵山で雨が降ることがない。
宵山には必ず梅雨の最後の土砂降りがふる。」というジンクスも、温暖化の異常気象には勝てなかったようだ。

それがいいことなのやら、そうでないのやら。
そうでないです。





などと、宵山への『熱い思い』を書いたけれど・・・
はい、結局往復90分で帰ってきたのです。

だってね、やっぱりものすごい暑さだったのだ、分かっていたけれど。涙
コメント (6)